ファンタジックな画像で癒されてね☆・*゜
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
June 11, 2017

天秤座の木星が順行:バランスの取り直し

テーマ:星の話☆・*゜ &考察

今年立春開けから逆行していた木星が、9日満月のすぐ後から一旦動きを止めて(留は見た目が動かない時間があります)6/10から順行。

 

木星は幸運の星として知られ、ジュピターの名を冠し、社会の発展繁栄を司る惑星です。満月の夜にじっと留まり、今までの出来事を味わいながら、変わり始めた世界とのバランスが取れるようメッセージを送ってくれていたようです。

created by NASA

 

昨年9月9日から天秤座を運行する木星は、自分と他人や社会を天秤にかけ、どちらにとっても良いバランスを見つけ出すために、土星と連絡?を取り合いながら働いています。

 

逆行を始めたのは今年2月5日。サビアンでは「蝶の左側にある3番目の羽」。内なる魂の声を聞き、自分の意思で外界の中を自由に飛び交うための羽が生えようとしていたところ。

 

木星が応援して発展や繁栄に導いても、自分の魂の声に耳を傾け、自然の法則に沿った意思を持たぬまま、羽だけが生えても上手に舞い飛ぶのは難しからでしょうか。本来の自分をもう一度見直して、バランス感覚を整え直すための逆行でした。

 

 

4月8日には衝(180°)。サビアンでは「隠れている泥棒集団」が牡羊座に滞在する太陽「魔法の絨毯」と地球を挟んで向かい合います。隠してあるものが陽に照らされて露わになってしまうような。逆に隠しておきたいことが増えてしまうような(^O^;)

 

政治や社会情勢、スキャンダルなどを見返して見ても、隠しておきたいことやそっとしておきたいことが、良くも悪くも大きく取り上げられていたりします。個々人の出来事の中にも、世の中で自分がより良く暮らして行けるようになるために、必要なことや不要なことが現れやすくなっていたようです。

このころは、土星も逆行を開始し、社会の秩序と繁栄のバランスを調整し、整え直す作用が、見直しを促し始めた時でもあります。風に乗って煽られがちな火星が情報をかき集めていましたから、「自由に飛び舞われる真の幸福」につながるものごとは、発展の糸口を垣間見せていたことでしょう。

 

 

ゼウスにまつわる神話でもわかるように、木星は雷を落としてみたり美人をさらって自分のものにしてしまったり、力のあるものならではの、「ま、いいんじゃない〜」的なゆるさや曖昧さ、けっこうおおげさな方法を用いて広げてくれたりもします。大ごとに発展しすぎて困ったり、なんてこともありえるのです。

 

気学で「太歳」と呼ばれる吉方位も木星が坐する方位を示しています。使い方や解釈を誤りとんでもないものが広がっていたり、侮りや傲りがあればうまく生かせなかったりもします。

間違いなく言えることは、幸運へとつながるように広がりを与え、発展させてくれることだけで、何が広がって行くかは本人次第ということでしょう。

 

幸運の星木星は、その人がより良い方向へと進めるように天の法則に則り、思ってもみないものごとを広げてくれたりもするのです。

 

 

 

話しがそれましたが、6月10日の留から順行へ向かうサビアンは「正午の昼寝」。

満月の夜木星は太陽と約120°のトラインで、これからの目的に向かう意思に可能性を与えてくれました。無理をしないで仮眠をとると物事の効率が上がります。自分にふさわしい居心地の良い場所はどこなのかを探せるように。勘違いしていたり、惑わされていたものから解放され、気持ちを整えていけるようにと休息を与えてくれたのでしょう。

 

木陰のカフェテラスで、通り行く人達をゆっくりと眺めながら、ビジョンを再構築する感じが似合います。ここ数日は、順行になったからと慌てないで、今までを振り返り、今後に活かせるように一息入れて、次の蟹座の新月までに整理してみるのも良さそうです。

 

次の木星のキーポイントは、逆行を始めた位置に戻る9月7日頃でしょうか。天秤座的な発展性が整い、10月10日には蠍座へ移り新しいテーマで動き始めます。年に一度の太陽との合(0°)は10月27日。

秋には木星の働きが変わり、世の中にも変化が出て来そうですね。

 

逆行中の土星についてはこちらを↓

http://ameblo.jp/urha-alimama/entry-12264228963.html

 

 

木星/国立天文台 天文情報センター

 

 

保存保存

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
April 10, 2017

見え方を変えて:土星逆行によせて

テーマ:星の話☆・*゜ &考察

4月6日から土星が逆行を始めましたね。

 

ギャラクティクセンター(銀河の中心方向射手座27°あたり)にたどり着いて、新しい時代の基礎が完成するのかと思ったら逆戻り。一旦見直して固め直す感じです。

 

2016年の夏(8/13)、射手座9°47から順行して新しい土地作りに励んできたのですが、今年の8月25日射手座21°10まで見直しにもどって行くきます。

順行に戻って、自分の家山羊座にたどり着くのは12月20日、冬至の頃。

クリスマスは、ゆっくり家で迎えられそうかな。^^;

 

6月15日夏至の頃、地球に一番近いて太陽と衝(180°)なので、それまでには点検を終わらせて、手抜きのないよう補強や修繕箇所を見つけておきたいですね。

 

順行に戻る夏の終わり頃には、少し無理してでも頑張った価値が得られ、目標に向けて安定感のある作業に取り組んでいけそうです。

 

 

 

土星は2020年まで山羊座を運行して行きます。

東京オリンピックは日本の在り方を問いかけるきっかけであり、象徴的な含みを持って様々な物事に影響を与えています。

前回の東京オリンピック(1964年)をきっかけに大きく日本が変わっていったように、今回も前と後では別世界になって行くでしょう。

 

 

理想の世界(水瓶座)に行く前に、自分の暮らす社会、自分の国、自分の地球(星)を整え、基礎をしっかりさせるのがまず先。そのための射手座的な理想の追求がとても重要なのだと思います。

 

 

今回の土星逆行は、創造力が不足していること示しています。

 

ワクワク楽しみにすることはとても大事なことですが、自己満足の欲望を実現しようとしているならば、踏みとどまる必要が出て来るでしょう。

目先の夢や望みを叶えた後、その先にある本当の幸せにつながることもあり得ます。しかし、すんなりと手放しで喜んでいられるかは疑問です。

 

平凡な暮らしの中に見つけだす豊かさが

不変の宇宙の法則とつながっている宝もの

 

後ろめたさや罪悪感、不安や心配がぬぐいきれずにいるならば、価値観の見直しをお薦めします。

 

フェアな精神で競い合い高め合うことで得られる価値観と、欲望を追い求めライバルを蹴落として得た価値観。どちだも同じ成果は得られても、満足感や幸福感に大きな違いがあることはおわかりでしょう。

 

社会の一員であり、国家の一員であり、地球の一員であり、

太陽系の一員であり、銀河の一員で宇宙の一員である私たち。

 

調和し協調し合いながら

生かし合い高め合うために

譲るところは譲り守るところは守り

本当の平和で穏やかな世界を目指して

 

愛と勇気で創り上げていく世界は

無限の可能性を秘めています。

 

思い描く未来のビジョンに想像される世界は

時を経て実現されて行きます。

 

 

逆行は、地球からの見かけの状態。実際の土星は逆戻りなどしていません。地球暦のように太陽中心の視点から見たら、順調に前へ進んでいますが、地球の上に暮らす私たちには、太陽とは位置関係が変わり、届く波動も感じ方が変わります。

 

加えて、惑星達が次々向きを変えたり、重なったり。

トランスサタニアンの惑星も太極へと繋ぐために関わって、ミクロからマクロまでとにかく忙しい日々が続きます。

 

 

 

  • 8日 木星がおとめ座で衝。
  • 10日 水星が逆行
  • 11日 早朝に月と木星が合、15時すぎに満月
  • 13日 金星順行へ
  • 14日 天王星 合
  • 17日 月と土星が合

 

 

へリオセントリック(太陽中心)にみると、

土星はまだギャラクティクセンターにたどり着いてはいません。地球からは土星の向こう側でも、太陽から見ればまだずれている状態ですね。

 

土星は着々とギャラクティクセンターに向かいリセットの準備

木星は膨張力?

 影響力を拡大し地球を飲み込んで太陽とスピカの橋渡し?

水星はレグルスとお話中

火星はアルデバランと太陽を結び新しい行動計画を開始

ジュノーが銀河中心とお話し中

金星は地球を追い越し、楽しそうに地球の夜明けを彩ります

冥王星は宇宙の法則の管理官ですかね♪

 

 

 

思いつくまま書き連ね、相変わらずの曖昧な文面ですが、

満月に気づきや悟りを受け取り、未来に生かすお役に立てましたら幸いです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
August 12, 2016

ペルセウスと流星

テーマ:星の話☆・*゜ &考察

ギリシャ神話の英雄ペルセウス

彼の神話の中に、流星との関係をほのめかすシーンがあるのをご存知ですか。

数々の冒険の末、アンドロメダを海獣から救いだしたお話しは有名ですが、冒頭の出生の段で語られています。

 

ペルセウスの誕生

アルゴス王アクリシオスには美しい娘ダナエがいました。しかし息子には恵まれず世継ぎが欲しくて、デルフォイで神託を求めます。そして、「息子は生まれないが男の孫が生まれるだろう。汝は孫に殺されるだろう」と告げられました。

 

王は驚いて、娘に男を近づけないようブロンズの塔(一説には地下室)に閉じ込めてしまうのですが、これに目を付けたのがギリシャ神話一の浮気者ゼウスです。

ゼウスは気に入った女性と仲良くなるためなら、あの手この手、あらゆる手段を屈指して自分や相手を変身させていますが、今回はなんと黄金の雨(シャワー)に変身です!

 

ダナエの寝室に黄金の雨となって降りそそぎ、やがて月満ちて息子ペルセウスが産れます。

 

 

 

ダナエと金のシャワー第2作  ティツィアーノ・ヴェチェッリオプラド美術館

ティツィアーノの第1作にはダナエの横には天使が描かれていますが、こちらは侍女でしょうか。

エプロンを広げて金の雨を集めていますよね^^;

 

クリムトのダナエ

 

 

 

 

神話の時代にも、星座が空に割り振られた時代にも

流星は降りそそぎ、夜空を飾っていました。

 

今よりもずっときれいに✨

 

ペルセウスの神話の黄金のシャワーは、

ペルセウス座を放射点とする流星群のことでしょう。

 

 

神話によくあるパターンへ

ギリシャ神話に限らず、親が子供や子孫に殺されるのを恐れて、川や海に流したり、殺してしまうパターンは多いですよね。

 

アクリシオス王は娘と孫を手にかけるのは忍びなく、ダナエーとペルセウスを箱に閉じ込めて海に流してしまいます。

 

運よく箱はセリーポス島に漂着し、漁師のディクテュスに救われて、母子は平穏な暮らしを送り始めるのですが、領主がダナエに横恋慕。

ここからペルセウスの試練と冒険が始まって行きます。

 

関連記事

ペルセウスの家系 ペルセウスとアンドロメダは親戚でした。

 

おまけ

ペルシャ王家の祖とも言われるペルセウスは、ローマ時代からミトラ教と関連していることは知られています。ミトラ神はある解釈では「宇宙」「太陽」「雨の運び手」だとか。牡牛座の上に位置するペルセウス座は、ミトラ教の占星術においても重要な意味を持っていたようですが、まだ明確な資料が見つからないので、ご想像にお任せします。

 

お盆休みはペルセウス座流星群を見よう✨

 

 

参考資料

https://ja.wikipedia.org/wiki/ペルセウス

https://es.wikipedia.org/wiki/Mitraísmo

http://www.constellationsofwords.com

保存保存

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
February 09, 2016

春節ですが、あなたの1年の始まりはいつですか?

テーマ:星の話☆・*゜ &考察
どこからその1年を初めとするか、その基準は自由。

お正月のお祝いが何度も続いていますが、
個人的に春節はしっくり来ないので、その違いを意識してみました。


koyomi
今の日本では、明治6年から太陽暦/グレゴリオ暦が導入されています。

太陽暦は、太陽の動き=季節変化をもとに作られた暦で、多くは冬至を基準に季節変化を捉えています。
グレゴリオ暦は、1582年2月24日ローマ法王グレゴリオ13世により導入された太陽暦で、現在世界的に使われていますが、他にも、古代エジプトの暦やマヤ暦などいろいろなあり、1年の始まりも様々です。


日本で長いこと使われていた旧暦は、太陰太陽暦です。
基本的には月の満ち欠けを基本としますが、1太陽年とのずれを二十四節気を使って季節が大きくずれないように調整しています。
二十四節気は、太陽の視黄経(地球から見た太陽の位置)を角度で24等分し、黄経が0°、15°、30°、・・・となる瞬間を節としています。
立春を正月として、1年を始める暦がこれですね。


中国の春節は太陰暦のお正月

太陰暦は、月の動き/満ち欠けが基準ですから、日常生活の中で時期を知るのにわかりやすく、昔から誰にでも取り入れやすい暦でした。

共同で作業をするためなら、
「次の満月までに畑を耕そう!」とか
「三日月だからそろそろ始めようか」などなど
夜空を見上げていれば、だれにでもおおよその目安になりますから便利ですよね。

太陰暦は、月を基準にしていますから、とても日常的な物事のサイクルです。

最近は、月の満ち欠けを中心にしたカレンダーや暦も増えて、活用されている方も多いかと思います。




そうそう、
地球暦は太陽を中心に地球が太陽系の中でどの位置にいるかを示す暦です。

太陽暦は地球から見た太陽の位置なので、1年で一巡りするのは同じですが、地球暦と視点が異なります。
地球暦を世に出す時、始まりの起点をどこに置くか、考案者の杉山開知氏もだいぶ悩んでおられたのを思い出します。
なぜ彼は悩んだと思いますか?
同じ暦を使うことで、集合意識が出来上がって行くからです。

地球暦は、その暦が産み出す世界観が今までの暦よりも遥かに広く深いので、日常の自分に結びつけるには、少々かけ離れて感じる方もいるでしょう。

個人の問題や日常の大切な出来事は、月をはずして考えないわけには行きません。


お誕生日を基準にした1年は、さらに個人的な暦が作れますよ♪



私たちは目的に合わせて多様な暦を使いこなして行くことで、大きく変わろうとしている地球を知り、その上に暮らす日常を調和させて行けるのではないかと思います。




余談ですが
大国中国が、月を軸にした暦をメインにおいているのが少々気にかかるのは私だけでしょうか。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
December 19, 2012

今年の冬至は、いつもと何が違うのか?

テーマ:星の話☆・*゜ &考察
毎年訪れる冬至が、今年はなぜ特別なのでしょうか。

マヤの暦が終わるから…
隕石が落ちて来る…
etc,

みょうな予言も飛び交い、終焉説まで出て世界中が騒がしくなっていますが、多くの人にとっては、日常としては何も変わらないいつもと同じ1日として過ぎて行く事でしょう。

およそ1万2000年前、アトランティスが未曾有の天変地異により海底に没したと言われています。(プラトンがどこかに書き残していたような記憶が…)

人類が、文明の力の使い方を間違えたまま、行き着く所まで行ってしまったから、壊してやり直す為だったとも言われています。

エドガーケーシーのリーディングによれば、その時の過ちを正し、本当の理想的な世界を作る為に、現代の人達の多くは転生して来ているそうです。

西暦2000年を向かえる時も終焉説が飛び交っていましたが、悠久の時の流れを考えるならば、あの頃から引き続き新しい時代の黎明期であり、今も一つ一つ何かが変化して行く区切りのようなものではないかと思います。


マヤの人々は、正確な天体の動きを知っていました。いくつかの暦を目的に会わせて使いこなしていたようです。

今年の冬至は、その暦の中の一つ、紀元前3114年に置かれた基準日からの経過日数で表された、長期暦(ロング カウント;Long Count)と呼ばれるカレンダー(13baktus=187200日、約5129年でリセットされる。1baktus/144000日)が、リセットされ、新しいサイクルに入る時と重なります。また、ビーナストランシットや金環日食など、長期的なサイクルでしか起きない天文現象とも重なって特別でした。

13bakutus×2サイクルで約1万0258年ですから、アトランティスが滅亡してから、少し後に新しいサイクルに入ったと考えても良さそうですね。


およそ5000年前は、メソポタミアやエジプトが石器時代から青銅器時代に移り変わる頃。日本では縄文後期。新しい時代の大きな流れが訪れていました。


北極が歳差により位置を変え1周するのに約25800年。多少ずれそうですが1万2000年前は、反対側に位置していたのも興味深い。。。
北極の位置が変わるという事は、黄道(太陽の通り道)も今と違うのですから、住む場所によっては、日照も変わるのですよね?(私の頭では追いつかない(^_^;)

1万2000年前は、氷河期が終わり「人類の時代」が始まった時でもあり、人類が文明を作り始めた頃。

マヤの長期暦は、大きな節目を示すサイクルとして考えて良さそうです。


大きな変化は、私たちの時間感覚では、じわじわと時間をかけてやってきます。
いつの間にか。でも振り返るとあの頃に…。
突然やってくるのではなく、兆しに気が付かない(気が付けない)から、急にやって来たように感じることもたくさんあります。

昨日と今日がいつ変わったのか、何によって意識するかで違ってくるように、大きな時代の変わり目を知る為に、今年の冬至は一つのポイントとして捉えるのが良いかもしれません。

銀河系の中心方向に太陽が位置するのが冬至です。
太陽の向こうにある銀河系の中心を意識して過ごすことで、太陽系の一員として、地球の上に暮らしている奇蹟を実感出来る貴重な時間。

それぞれが、命の尊さと喜びをより豊かな心で味わえますように…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。