ファンタジックな画像で癒されてね☆・*゜
☆・*゜夜空に輝く星はたくさんのことを教えてくれます。


ホロスコープからの星詠みなど、alimama☆Yukinaがのんびり気ままにお届けするブログです。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
February 11, 2017

満月:春の息吹を行き渡らせ準備を始める

テーマ:インフォメーション
旧暦の元旦、水瓶座で始まったひと月も満月になりました。
 
太陽は冬の眠りから目覚めた身体に
春の日差しを行き渡らせようと穏やかに微笑んでいます。
 
輝く月がほんのひととき輝きを抑えているのは
沸き上がる思いを使いこなして行けるように
いったん鎮め見極めて進むように促しているのかもしれません。
 
 
自分の気持ちを確かめ
意志を添えて、自分らしい形を与えて行くひと月の満月です。


心の内に潜む痛みや恐れも今ならよく理解して
勇敢に自分らしい働きが出来るように整える事が出来ます。
驚きを伴う困難が訪れたとしても
それは、より良き未来へと繋ぐための試練です。
 
獅子座の月は、自分らしく輝くために
求めている人生、理想の生活を手に入れるために輝きます。
垣間見える不安があるならば
それは自分の落とす影かも知れません。
 
本来の自分らしさを発揮する方法を希求し
無理と思えるものもチャレンジして、成功する姿を思い描くことで
胸に抱える不安や心配を払拭して行けます。
 
自分にふさわしい居場所に辿り着けるよう
困難も乗り越えて行ける、精神力を鍛えるのに良いときです。
 

無意識、見えない世界から現実化するものが
希望に満ちたものとなるように
少し背伸びしてでもひと頑張りするときなのです。
 
今の自分がどうであれ
これからの自分がどのようになって行きたいのか
それだけを意識して整えて行きましょう。
 
偏見を無くし、素直に人としての原点を受け入れてみると
今の自分には無い新鮮な閃きと出会え
新たな希望にチャレンジする勇気が得られるでしょう。
 
 
必要なものごとしか動いていない。
必要なものごとだけが動いている。

喜怒哀楽に伴う感情が
これから必要なものと不要なものを教えてくれています。
 
大切な家庭、家族達は
自分を支えている基礎となりやる気を支えてもくれますが
時として心が映し出す痛みや恐れにも繋がっています。
 
心の中で自分らしさを失っていると感じるならば
自立した個人として新しい形を与え
伸び伸びと理想を目指し本来の自分を発揮する努力が
本当の自分の居場所を照らす灯りを守ります。
 
 
内に秘めた輝きは
すぐに表に出す必要はありません。
ゆっくりと思索し、言葉にし
試しながら外へと広げて行けばいいのです。
 
春の息吹をからだの隅々まで行き渡らせ
内に眠る本来の自分を目覚めさせ
輝く人生を歩む準備を始めるとき。
 
まだしっくりと馴染まないものは
発声練習でもするように
言葉にし、語り
演じてみるのも良いでしょう。
 
 
 
今一番大切なことは
 
何が表に現れようとしているのかを
掘り下げて、見つけ出し
磨き上げておくこと。
 
気持ちを整え育てて行くこと。
 
 
 
今夜には乙女座へと移って行く月が
新たな知恵を添えてくれるでしょう。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
February 10, 2017

地球の影に隠されて

テーマ:どんな日?
明日の満月は半影月食。
 
日本では明るい日の照る時間で、
見られないし、注目されてはいないけれど…
 
 
自分が落とす影で、輝きが損われてはいないか?
を問いかけて来そうです。
 
次の新月は金環日食ですが、
これもまた南の洋上で、ほんのわずかな時間にしか現象が見られないからでしょうか、夏のアメリカでの日食ばかりが注目されています。
 
調べていても「ほんとに今回の満月は半影月食なの?」と
疑ってしまうぐらい注目度が低い(^_^;)
 
 
 
ひっそりと
 
でも確実に
 
この星に何かを投げかけているんだと思う。
 
 
気にかけた人にしか
 
気づけないものが
 
この地球(ほし)にはあるのです。
 
 
日常には関係ないと思っているから
どうでもいい事なのか?
 
ちょっと自分に問いかけて
 
満月のメッセージを受け取る準備してください✨
 
 
 
月食については↓
国立天文台月食各地予報 
NASA Lunar Eclipses
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
February 04, 2017

立春:2017 心のありか思いのゆくさき

テーマ:四季八節など
立春は、暦など使われる二十四節気の始まりにあたります。
1年の起点は様々に定義され、日本ではグレゴリオ暦による1月1日が一般的に使われていますが、気学では二十四節気の立春を起点に考えます。他に新月の日から始める旧暦の元旦。春分や秋分が起点になっていたり様々です。


さて、2017年2月4日 00:42 一白水星中宮の1年が始まりました。
 
今年の気学中心に見た1年は、
一白水星中宮 
干支:丁酉 は火気-と金気-の組み合わせ 
 丁は陰火 柔らかいく。灯火、薪。
 酉は陰金 取り入れたものを入れる器、発酵して酒となる。

恵方:壬(みずのえ)陽水 大海大河。
   一ヶ所に留まらず廻る。才知勇気、策略。
丁酉:日暮れの町灯り 繊細さと度胸の良さが同居。愛情過多。芸能に才あり。

一白水星 
計画準備し春に備える。辛抱の年でもある。思念し発見発明へと育てる時期なので、大事を行う時ではない。産みの苦しみの意から困難も。 流水の意から親愛。交わりセックス情事。秘密。
中年男 塩辛い 飲料、流動的なもの サービス業 飲料業塗料など 冷静さから思想哲学、書道家 
長続きしづらいので常に廻らせて行く事が肝要。
金銭は貯まりにくく、貯蓄よりは使い方を重視。
 
今年は心を見極める前半、思いが形なす後半。 精神、心の開花の年。
今まで積み重ねて来たものの価値を確かめ先行きを計り、新たな思いを添える年。
感極まり強く押し出していく人もいるでしょう。嫉妬やなどマイナスの感情も強く押し出されてしまう可能性があり、精神的に弱い面が協調されたりします。思慮深く深めて、新たな考えや思いを持つ人も増え、情に流されない思いを育て実践していくでしょう。どちらにしても親和性が大事になって来ます。

西洋占星術では魚座10°付近の海王星が、水気を満たして行くような感じが満ちています。世の中の動きは控えめで、それぞれが将来に向けた意気込みを内に秘めてはいますが、表だって目立つものは少なく、端から見れば物足りなさを感じる方もいるでしょう。

木星と土星が秋までセキスタイル60°で、仕事や義務を重視する一方で、自分が負う必要の無い責任をはっきりと見極めようと働きます。気学の年盤では、巽宮に九紫火星、乾宮二黒土星が同会。天道が 通っているので見極める事と一般大衆に意識を向ける双方が大事と考えられます。
様子を見ながら慎重に進めて行くことで、今年後半にその価値が生かされて行きます。

研究開発を進めてきたものが整い、地道な努力を重ねて来た人は応援を得て喜びに繋がって行きます。
本当に価値あるものが世に出て来ます。思い込みや観念で見極めらず、名声や権威に踊らされてしまうと、後々後悔します。広い見識を持ち、真の価値観を見つけ出すのにも良い時ですから、向学心向上心を持ちましょう。

官公庁や大手企業は、大衆を支援して吉。支持を得て新しい糸口が見つかる兆しです。しかし上から目線で、独善的になると思わぬ落とし穴が待っているでしょう。

太歳の木星は兌宮(西)三碧に座し、器(酉は器の形)を広げることを手伝います。発展の種を収穫し納めますが、幾分かの不足を感じたり、満足感が得られなかったりもしがちです。手当たり次第に集めるよりも、数年先に新しく芽吹かせるための、次に繋がる種を宿した実を集めるときです。
欲張らずに「足るを知る」。たくさんあれば良いのではありません。大切なものを入れる器が壊れていたり、小さ過ぎはしないか? 大き過ぎて、重過ぎて持てなくなっていないか? そんなことに気を向けてみる事も今後に繋がって行きます。

恵方歳徳神は坎宮(北)の六白金星暗険殺にあり、他動的な災いの中にも吉と転ずるものが潜むので、天に通づる気持ちを保つ事が大事。南北の方位を30°でとるならば、恵方はちょうど乾宮と坎宮の境目。母性を司る二黒土星と天意の父性を司る六白金星を結び、母性あふれる天意を内に秘め、未来へと夢を廻らせて過ごすと良さそうです。

離宮(南)の五黄土星は自我を見極め。物事決めつけない事が大事。精神的に自信がついて独善的に物事を進めて行きたくなります。しかし、それが本物でなければ自爆も。極端な結論を急いで出しがちになりますが、丁寧に吟味するゆとりと、魂の声に耳を傾けるセンスを磨き生かして行きましょう。


節分すぎには天王星と土星がトライン。土台を覆すような出来事が驚きを伴って起きて来そうです。
慌てず騒がず、未来へと繋がる、これからのために必要な変化を冷静に判断し、明るく発展的なビジョンに繋げて行ってください。


一白水星は思いの在り方によって、吉凶が別れます。
不安や心配の思いが、思わぬストレスとなり、身体や心を蝕んでいないか見直してみましょう。見えない所、人には言えずに来た秘密などが表に現れて来たりもします。
思いやりが報われて新たな展開が生まれて来たり。逆に、情に流されて物事を決めてしまったり。情感に働きかける物事が鍵を握る1年です。
 
2011年、大きな変化に遭遇し、新たな思いを胸に抱いたあの時を思い起こしてみるのも良さそうですね。自分も他の人々も、今どんな思いに育て上げて来たかが見てとれる1年です。
 
思いやり。
慈しむ心。
 
排除せずに調和するための知恵。

軽やかな思いに込めた夢と希望を見つけ、発展させて行く。
 
少女のように春の暖かな日差しを求めて…✨
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
February 01, 2017

恵方ってなんだろう?

テーマ:どんな日?
節分には恵方巻きが定番のようになっているけれど
ウィッキによれば、セブンイレブンが名付けの親と言う話しも?
 
もともと、節分の縁起物として関西で食べられていた太巻きが
2000年頃から、あたりまえのように全国展開してますね。
 
土用の丑の日のうなぎのように、だれかが節分の縁起物として考えたようですが、年越し早々便乗商品が並び、何でもかんでも「恵方○○」とか名を付けて、いっぱい出回っているのを見るとちょっと首を傾げてしまいます。
 
縁起をかつぐのはいい事だと思いますが、あまりにもかけ離れた商魂逞しい商品を見ると「ご利益あるのかな?」と思ってしまうのは、私だけでしょうか。
 
 
そもそも恵方って何でしょう。
 
恵方とは歳徳神のいらっしゃる方角と言います。
 
歳徳神の在する方位を恵方(えほう、吉方、兄方)、または明の方(あきのかた)と言い、その方角に向かって事を行えば、万事に吉とされる。
本命星と恵方が同一になった場合は特に大吉となる。しかし、金神などの凶神が一緒にいる場合は凶方位になる。
(https://ja.wikipedia.orgより引用)
 
その年に割り当てられた十干によって決まる。どうやって?

十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)は、木火土金水と五行の陰陽を繰り返して行くのですが、戊己は方位を持たないので、その年の十干がそのまま恵方にはなりません。
陽の干は自らが徳神であり、そのままその年の徳神となりますが、陰の干は干合する干が徳神となっています。
 
干合は、
甲-己、乙-庚、丙-辛、丁-壬、戊-癸の5組


陰の気は干合する相方の陽の気の方位をあてます。
戊は土の気なので、割り当てられる方角が無いのでく化した火の陽の干、丙にあてられているようです。

そうなのか!
恵方には土の気は存在しない。木火金水だけ。
 
今まで、暦を頼り切っていて、あまり考えた事が無かったので発見です。
(^_^ゞ
 

 
2017年は丁酉年の恵方は「壬(みずのえ)」
丁の年ですが、丁は陰の火なので干合の壬が徳得神のいる方角です。
 
いろいろ調べてみると、方位の割当には正確な度数があるようです。
起点の立春:水瓶座15°との関係性があるのかはっきりしませんが、24節気の節目に大きく関わっています。
 
立 春:大陽黄経315度  水瓶座15° 
恵方・壬:大陽黄経255度  射手座15°(大雪)
 

十干陽の気は四季の節気から30°に位置し、その季節の陽の気を得て満たして行く時期、陰の気は節気から60°に位置し、その季節の盛りを過ぎ終盤に向けて備え整えて行く時期にあたります。節気が「生」ならば、陽の気が「旺」、陰の気が「墓」に当たることになります。
歳徳神は、その歳の十干に対して、旺の気を得るにふさわしい方位と言えそうです。
 
 
今年は、恵方の近く射手座に土星が滞在しています。
恵方巻きをかぶりつきながら、土星の波動も受け取ってりながら、安定した発展を望むのがちょうど良い時なのかもしれませんね。
 
壬は、とどまる事の無い河を現します。
思い(水)を凍り付かせて頑になるよりも、柔軟に流れて行くことで開運して行けそうな恵方です。
 
諸説いろいろあるので、根拠に辿り着くのは難しそうです。そろそろ立春、これからの1年をまとめないとなりませんね。また気が向いたら調べてみます。
 


 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
January 30, 2017

新月:2017年の始まり春節は意思確認から始めよう

テーマ:新月と満月メッセージ
1月の新月は、旧暦の元旦。
月のサイクルで廻る新しい年を迎え、
気持ちが新たまった方も多いのではないでしょうか。
 
 
自分の気持ちを確かめ
意志を添えて、自分らしい形を与えて行く。
 
これまで計画して来たものを実行に移す時がはじまります。
 
まず、自分の思いを確かめ
しっかりとした意志を刻み込む事から始めましょう。
 
 
 
新たに発展し広がりを持たせるために
火星がやる気を煽り立て
衝動的な思いに火が付きそう。
 
優雅に今の状態に満足していていいのか?
という問いかけもありそうですね。
世の中のルールや秩序に則って変えて行く。
勇気を奮い起こし行動しても
多くの人の理解や同意を得る努力を惜しむなら
争いごとは絶える事なく続くでしょう。
 
 
 
友愛の水瓶座ですが、個々人の個性を尊重し
互いが利害を越えて結びつくのですから
その前に、自分らしく自己を失う事無く、
周囲に現して行けるようにる事も大切です。
 
 
大陽と月は、目立つオーブを摂る事無く
木星と土星のセキスタイル(60°)がこれからを象徴しています。
 
世の中全体が、
慎重に合理的な計画を立て、成長発展の方法を見い出す。
バランスよく、広げたり絞り込んだりが出来る時です。
 
対人関係の中に、大きなチャンスが見つけられるのですが
飛びついて実践する前に、慎重に現実的な方法を探してみると
今後の成長がさらに楽しみになって来ることでしょう。
水星と海王星が、月と太陽に働きかけ
メッセージを運んでいました。
 
さりげなく、モヤモヤと
大した事でもなく…
気にかかる程でもなかったかもしれません。
 
ボーッとした感覚が解き放ったものがあったようですが
奥深いメッセージは簡単にはわかりません。
理解を深めるために耳を傾け意識を広げて
思い起こしてみると
自分自身の事がよく解るきっかけが眠っていそうです。
 
ただ、内省に重きを置いた時間はそろそろ終わり。
見出したものを現実の中で試してみたり
身に付くように訓練するひと月です。
 
何を思い描き、何を考え
どのような世界を自分の回りに広げて行きたいのか。
 
ビジョンやインスピレーションを
文字にし、言葉にし、芸術や音楽に表現するのもよいでしょう。
 
精神面を鍛え、趣味や教養を高めることで
必要なものに絞り込んで行くことができます。
 
内面に向かうよりも
内から湧き出るものに現実的な形を与えていきましょう。
 
 
 
魂の求めるものが
表ににじみだしてキラキラと輝いてはいませんか?
 
偏見を無くし、観念を捨て
子供たちのようなピュアな心で眺めてみれば
未来へと向かう理想的な姿が見えて来るでしょう✨
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。