ファンタジックな画像で癒されてね☆・*゜
☆・*゜夜空に輝く星はたくさんのことを教えてくれます。


ホロスコープからの星詠みなど、alimama☆Yukinaがのんびり気ままにお届けするブログです。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
August 24, 2016

急がなくて良いから

テーマ:新しい未来のために✨

 

 

こころの在り方に合わせて

何をするかが決まる

 

こころの在り方に合わせて

何をしているのかが現れてくる

 

 

感じるままを表現するのは自由だけれど

感じ方の癖を野放しにしていてはいけないのです

 

 

 

変えたい

変わりたい

 

どんな変化もあなた次第

 

 

衝動に駆られ

わけもわからぬままに流されて

こころの在り方に気付いても

 

そのままにしないで

それでいいと決めてしまわないで

 

 

少し外から

少し横から

 

視点を変えて

視点を加えて

 

 

何かに足止めされるなら

そこには何か意味がある

 

 

 

あなたに必要なことも

ここ(地球)には必要ないのかもしれない

 

あなたにいらないものでも

ここ(地球)には必要なのかもしれない

 

 

 

理想を叶えるには知恵がいるけれど

偏りのない広く見通す知識が役立つ

 

 

 

肩の力を抜いて

楽しみながら追い求め

 

よりよきものを形にしてほしい

 

 

 

ゆっくりとね

 

慌てても形にする準備が必要なのだから

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
August 18, 2016

目を凝らし意識を向けて

テーマ:新しい未来のために✨

子供のようなこころを取り戻し

見果てぬ夢に形を与えよう

 

 

相反するもの

似て異なるもの

 

理想と現実

 

向かい合うものの中に

己の姿をみつけ

 

 

 

あるものはギャップを感じ

夢をあきらめ

新たな夢をみつけ

 

あるのものは可能性をみつけ

さらに夢を広げていく

 

 

現実とは思えないようなことが現実で

これしかないと思っていたものが

幻だったかもしれない

 

 

悟りをもたらす焔は

ゆっくりと凝視することで光りを増し

様々な可能性を垣間見せる

 

こころを研ぎすまし

内と外を結び

静々とゆるみを添えて

 

輝く未来を探し現実化する力は

夢に熱を加え

思いを浄化して得られるだろう

 

 

自分自身を他人に委ねてはならない

 

手綱を握り

多くの可能性を開いて行くのは自分自身

 

 

内なる焔に形を与えるのはあなたの他にない

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
August 16, 2016

何を感じているのだろう

テーマ:canopuメッセージ

今夜月は水瓶座に入る。

 

その前に、

二日後の満月に向け、今何を感じているのかを知ることは

これからのためにとても大きな意味を持つだろう。

 

 

 

本当の喜びとは何か

 

本当の愛とは何か

 

永遠に答えのでない

 

だが、しかしとても大切なもの

 

 

 

感じているものを意識して

 

言葉にしてみるといい

 

 

現してみることで

 

自分では気付けない発見があるだろう

 

 

 

もやもやと雲間に見え隠れするものは何か

 

尋ねてみれば何か答えが見つかるかもしれない

 

 

 

こだわりを手放し

 

少し肩の力を抜いて

 

 

急ぐ必要はない

 

今は感じること

 

感じているものが何かを知ること

 

 

流されること無く

 

意志を持って進むために

 

 

今何を感じているのか

 

たとえそれが、マイナスに思えるものでも

 

知る価値は大きいだろう

 

all around me surprise by gorilla 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
August 15, 2016

ペルセウスの家系

テーマ:神話、伝説

 

ギリシャ神話の英雄ペルセウス

 

ゼウスとダナエの間に生まれた半神は

 

女神アテネに加護を受け、

数々の冒険を繰り広げていきます。

 

彼の家系をたどり、物語の舞台を追うとエーゲ海とアフリカが海で繋がり、密接に関わっていたことが伺えます。

 

『メドゥーサの頭を持つペルセウス』

アントニオ・カノーヴァ作(1800年頃)

 バチカン美術館所蔵

 

ペルセウス冒険の背景と家系

ペルセウスが生まれたアルゴスは、今も残るギリシャの古代都市です。

アルゴス平野周辺は女神ヘラの信仰が厚く、新石器時代から人が暮らすミケーネ文明が栄えた豊かな土地でした。ペルセウスは、ミケーネ王家の創始者とされており、ミケーネ文明は地中海交易で栄えていた古代文明の一つです。

 

地名となったアルゴスは、ヘラの命を受けゼウスの愛人イオを見張っていた百の目を持つ巨人、アルゴスに由来しているとも言われています。(イオもアルゴスの王女でした)

 

 

アポロドロスに寄れば、ペルセウスの冒険談は、ペルセウスの祖父アクリシオス(アルゴスの王)と、アクリシオスの双子の兄弟プロエタス(反目するティリンスの王)との確執に起因するといいます。この双子、お腹の中に入るときから争っていたとか。彼らは争う中で盾の使用を最初に開発しました。

 

争いの結果、アクリシオスはアルゴスを、プロイトスはティーリュンス、ミディア、ヘライオン(ヘラの神殿)を支配しました。(ティリュンスはヘラクレスの生地とも言われちょっと興味深いのですが、別の機会に調べてみます)

アルゴス平野の中心地は、今も残る交易の大事な要所でしたが、彼らが争うことで王国が分断されてしまったようです。

 

アクリシオスは、『娘の生んだ男の子に殺される』という神託を受け、娘ダナエに男を近づけないようにしていました。しかし、ゼウスの金の雨によってペルセウスが誕生します。ある説では、プロイトスがダナエに言いよっていたので、なおさら恐れていたとか。せっかく勝ち取ったアルゴスですから、なんとしても自分の血を引く跡取りが欲しかったのでしょう。しかし、神託は自分の死を預言しました。

 

王は娘と孫を手にかけるのは忍びなく、ダナエとペルセウスを箱に閉じ込めて海に流してしまいます。箱は運よくエーゲ海に浮かぶセリーポス島に漂着し、漁師のディクテュスに救われましたが、ディクテュス兄弟で王のポリュデクテースがダナエに恋をして、邪魔なペルセウスにメデューサ退治を命じます。ここから有名なペルセウスの冒険が始まります。

 

ポリュデクテースは、一説にはナウプリモス(水のニンフ)の子孫とあります。

ナウプリモスは、アルゴス王ダナオスの娘の1人アミューモーネーと海神ポセイドンの子。アルゴス王のダナオスはアクリシオスの曾祖父に当たり、なんと親戚のおじさんでした。彼はペルセウスによって石にされたと言われていますが、一説にはダナエーと結婚し、ペルセウスをアテネ神殿で育てたとされています。

母子を助けたといわれる養父ディクテュスは、里親として最初から約束が出来ていたのかもしれません。

 

ペルセウスは、南ギリシャミケーネ王家の創始者とされています。ギリシャ神話の英雄ですから、もともとこの地の民族の家系かと思っていましたが、アルゴスの王の歴史を辿るとエジプト王の娘リビュエー(アフリカ)とポセイドンの子ベーロスから続く家系に行き当たります。彼の血筋はアフリカ、エジプト周辺と縁が深いようです。


 

ベーロスの子ダナオス王(ペルセウスの祖父アクリシオスの曾祖父)には兄弟がいました。それぞれが古代ギリシャの要所の王となっています。

  • アイギュプトス(エジプト)
  • ダイナオス(アルゴス)ーアクシリオスーペルセウス
  • ケフェウス(エチオピア)ーアンドロメダ
  • ピネウス(トラキア/エーゲ海の北東、現トルコのヨーロッパ側あたり)

 

ピネウス(トラキア)はアンドロメダの婚約者として登場します。海獣の生け贄となったアンドロメダを救い、結婚の許しを得たペルセウスを殺そうと陰謀を企み、メデューサの首によって石にされてしまいます。

系図から分かるように、アンドロメダも親戚ですね。

 

彼らが象徴する国々は海に面し、海神との関わりは切っても切れなかったのでしょう。どの家系にもポセイドンと関わる娘が登場し子孫と繋がっています。

古代エジプトの勢力が、海を越えてエーゲ海周辺と頻繁に交易していたのでしょうか。古代エジプト文明の伝播の歴史でもあるように思えます。

 

 

ギリシャの神々の王ゼウスは、この物語では冒頭にしか登場しません。

ペルセウスがゼウスの息子であるとして、アルゴス王家のギリシャでの地位を確立し、アルゴスやミケーネの支配を確固たるものにするためだったのでしょうか。

 

古代ギリシャ文明は、紀元前20世紀頃に北方から南下したギリシャ人が、その前にあったミノア、ミケーネ文明を飲み込んで生まれています。ゼウスを頂点とする神話は、およそ紀元前15世紀頃に遡ると考えられ。物語が語られた、ホメロスの二大叙事詩『イーリアス』と『オデュッセイア』都市国家が成立しだした紀元前8世紀ごろと考えられています。ゼウスの金の雨が金貨として表現されているのも、富をもたらすものとして象徴的意味を持たせた、古代ギリシャのために付け加えられたお話しなのかもしれません。

ダナエーと降り注ぐ黄金のしずく。ルーヴル美術館

 

 

海神ポセイドンは取り立てて目立つ聖地がありませんが、海洋を支配していた勢力が神話の中で血脈を繋いで来た歴史を感じます。

 

ポセイドンは女神アテネとアテネの領地争いで負けてしまったり、神話の中で様々に対立しています。陸に定住した人達と海を渡って来た人達との権力争いですね。

 

アルゴスは、紀元前5世紀のスパルタとアテネの争いでは、アテネと同盟を結んでいます。スパルタは、紀元前10世紀ごろ祖先がギリシア北方から南ギリシャのペロポネソス半島に侵入し、ミケーネ時代の先住民を征服している北から来た人達です。

 

女神アテネは、多数存在した城塞都市の守護女神であったと考えられ、ゼウスの頭頂部から生まれた処女神として、ギリシャ神話に融合されたオリンポスの12神、古い地母神の一柱です。知恵、芸術、工芸、戦略を司る女神はときおり盾を持ち描かれます。

 

盾の歴史を調べてみると古代ギリシャに行きつき、アルゴス王アクリシオスと双子の兄弟プロエタスの争いから、盾の使用が開発されたというのも興味を引きます。

 

ペルセウスが切り落としたメデューサの頭は、女神アテネの持つ盾に据えられます。

 

左はメデューサのもとに駆けつけるポセイドン。メデューサの撃ち落とされた首の上にはペガススが見えます。右がペルセウスとアテネ。(ボストン美術館コレクション)

 

メデューサは、ポセイドンの愛人でとても美しかったのに、ある日アテネの神殿でポセイドンと睦み合ってしまったため、アテネの怒りをかい醜い姿に変えられてしまいます。彼女は、西の彼方のオーケアノスの流れの近くに住むとされ、古代ギリシャの世界観では、リビアの西の果て、モロッコ辺りを示していたようです。

 

ポリュデクテースがメデューサ退治を命じたのは、アテネの協力を得てアフリカ沿岸に勢力を伸ばそうとしていたからかもしれませんね。

 

ペルセウスがメデューサを退治しに行く時には、アテネから青銅の盾を授かり、女神に手を引かれて顔を見ないようにして見事に首を打ち取ります。神話の中で、盾が身を守る優れた武器であることが強調され、アテネの強さを裏付けていますよね。

 

ゼウスの頭から飛び出して来た女神アテネが、実はポセイドンの娘でリビアの湖で生まれたと言う異説もあったりします。

 

 

ペルセウスの物語の背景には、ギリシャに点在した都市国家の興亡の歴史が潜んでいるようです。エーゲ海を中心に繰り広げられる古代の歴史が時を経て語り継がれ、ギリシャ神話の中にちりばめられています。

 

 

おまけ
アンドロメダとペルセウスはゼウスとイオの子孫です。

牝牛となってアルゴスに見張られていたイオは、助けられてからもヘラに追われギリシャからエジプトまで各地を彷徨いました。リビアの地名のもととなっているリュビエーはイオの孫です。

 

 

参照

 

 

Greek mythology:  http://www.theoi.com

constellations of words:  http://www.constellationsofwords.com

家系図 https://ja.wikipedia.org/wiki/ベーロス

 

Pseudo-Apollodorus, Bibliotheca 2. 43 - 44 (trans. Aldrich) (Greek mythographer C2nd AD) :『ビブリオテーケー』偽アポロドーロス

 

パウサニアス(2世紀ギリシアの旅行家で地理学者)

『ギリシア案内記』 1. 14. 6

寺院の横にあるアテネ像を見た時、青い目を持ちリビアの伝説を伝えていることが分かった。リビアの言い伝えでは、女神はポセイドンとリビアトリニース湖の娘で青い目を持つ。この青い目はポセイドンのようだ、と語られています。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
August 13, 2016

待ってました!土星順行

テーマ:新しい未来のために✨

8月13日 18:50(JTP) 

射手座で3月25日から逆行していた土星が順行です。

 

この時間は、ちょうど火の星座で太陽月天王星がグランドトライン。

南の空には、月と一緒に土星や火星アンタレス。

西には金星水星木星が…

見つけられるかな☆・*゜

 

 

新しい作物をみんなで創りだして行くために

古く固められてしまった土地や

じめじめと水はけの悪くなった土地を

 

掘り起こし、空気を入れ耕し直して

不毛な大地を豊かな土壌にするためだったのが今回の逆行でした。

 

 

いよいよ土を整えて

新しい種まきの準備です。

 

 

自分らしく、自分の特質を活かして

個と全体を調和させ

両立して行けるように

少し背伸びしながら整えるのに良い時期。

 

夢を叶え実現して行くために

土星は基礎となる精神を安定させ、踏み固めてくれるでしょう。

 

新しく始めること

不安で手を付けられなかったことに着手してみると

思わぬ結果が生まれて来るかもしれません。

 

俯瞰して洞察することで

自分の成長を阻んでいたものが解放され

恐れること無く社会にとけ込みながら

自分を保つ知恵や勇気が湧いて来ます。

 

形ばかりかけ声ばかりだった物事に

命を吹き込みましょう。

 

自分で決めてしまった限界を超えて

オリンピックの選手じゃなくても

まだまだ出来ることはたくさんあります。

 

秋の気配の中で

実を結ぶための作業が始まりました。

 

チャレンジの結果はのんびり待つ

育つまでの時間は惜しまぬようにね。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。