女性の4人に1人は、安い商品を求めてスーパーを渡り歩くが、男性の4割は「妻にはしてほしくない」-。東京スター銀行が20~40代の男女を対象にした調査で、節約や家計に関する男女間の違いが浮かび上がった。
 調査は既婚547人、未婚728人の男女計1275人を対象にインターネットを通じて実施。未婚者には「配偶者がいるとしたら」を前提に回答してもらった。
 調査結果によると、男性が「妻にしてほしくない節約術」として多く挙げたのは、「スーパーの袋を大量に持って帰る」(54.1%)、「よほど汚れていない限り、風呂の水は2回使う」(44.6%)「1円でも安いものを探してスーパーをはしごする」(41%)の順。一方、実践している節約術があると答えた女性に尋ねたところ、風呂水の再利用は26.5%、スーパーのはしごは26.8%が実際に行っていた。
 男性にこうした節約術を嫌う理由について聞くと、「節約ややりくりに意味がない」とする答えが最も多く、「細かい管理をされると悲しくなる」「モチベーションが下がる」などの意見も。中には、「自分が愛して一緒になった人には、そういうことをしてほしくない」という意見もあった。 

【関連ニュース】
遺体の女性は29歳ホテル従業員=血痕わずか、別の場所で殺害か
病院で死亡の2人は母子=次男がナイフで無理心中か
切れないナイフ、男性を釈放=銃刀法違反容疑で逮捕
手配の男、殺人未遂などで逮捕=警官刺傷、殺意は否認
ナイフで突然女性襲う=殺人未遂容疑で27歳女逮捕

愛子さま「毎日ご通学」(産経新聞)
ヤマザキマザック 美術館オープン、絵画など展示 名古屋(毎日新聞)
再び時効直前に起訴=暴行事件、DNAが一致-解体業の男、関与認める・水戸地検(時事通信)
防衛相が普天間問題で「極めて大変」参院外交防衛委員会で(産経新聞)
<四日市南署>留置場の管理ずさん 少年の「携帯使用」問題(毎日新聞)
AD