アウディA4

車検&鈑金でご入庫です。

お客様ご依頼で運転席のパワーウィンドウ修理も承りました。

ウィンドウが全く動かないとのことです。


浦裏整備手帳

早速、故障診断です。

モーターは動いています。

レギュレーターか、スイッチが怪しい。

スイッチの単体点検はOK。

そうなると、レギュレーター。

点検すると滑車が割れてしまっていました。


浦裏整備手帳

交換になります。


浦裏整備手帳

新品のレギュレーター。

この交換が中々厄介ガーン


浦裏整備手帳

赤丸のトルクスで留まっています。

裏側から!

手も工具も入りませんガクリ

ディーラーに確認すると、横の黒いサッシを外せばアクセス出来るとのこと。

しか~し、この子は溶接されてますよ溶接面(ハンドシールド)ディーラーさん!

もう信用できません。


浦裏整備手帳

ドアミラー、ガラスを含んだウィンドウのサッシまるごと外します。

これでやっと、ボルトがお目見えです!


浦裏整備手帳

ほぼパネルのみ。

ここまでばらさないと交換できません。レギュレーター、、、。

絶対壊れないものなら、どんな組み付けしても良いと思います。

、、、でも壊れちゃってますよね、アウディさん怒

工賃も掛かってしまうし、、、。

う~ん、どういう考えだかわかりません???


逆の手順で組み付けて完了です。



AD

インプレッサ ベルト交換

テーマ:

スバル インプレッサ

車検にてご入庫です。


浦裏整備手帳

ボクサーエンジン、いわゆる水平対向エンジンですね。


浦裏整備手帳

ベルトに亀裂が、、、交換です。

こちらのお車のベルト交換はとっても簡単。

赤丸のカバーを外します。


浦裏整備手帳

オルタネーターの取付ボルト(12、14?mm)を緩めます。

共締めのカバーが外れます。


浦裏整備手帳

黄丸のロックボルト(12mm)を緩め、アジャスタボルト(12mm)を緩めていきます。

オルタネーターベルトを外します。



浦裏整備手帳

2本目も黄丸のロックボルト(12mm)を緩め、アジャスタボルト(12mm)を緩めていきます。

ベルトを外し、2本とも交換です。

逆の手順で調整、組み付けで完了です。


お気に入り工具③


浦裏整備手帳

スエカゲツールのミニラチェットビットセット。


浦裏整備手帳

短いプラスビットを取付ると高さ、わずか1cm位です!

クリアランスのない所では大活躍です。


以上、インプレッサ ベルト交換でした。


浦安自動車



AD

メルセデスベンツ Aクラス

レバースイッチがぐらついてウィンカーを出すとハイビームになってしまう。

とのことで、ご入庫です。


浦裏整備手帳

浦裏整備手帳


ステアリングホイールを外していきます。

と、その前に最近のお車には、ほとんど装着されてるエアバッグ。

作業中にドカンならないように、必ずバッテリーマイナス端子を外しましょう!

ドカンなったら10万円は下りません。ケガしますしねBON!


浦裏整備手帳

浦裏整備手帳

バッテリーは運転席のフロア下にあります。


浦裏整備手帳

外して数分まってから作業開始です。
ハンドル裏のトルクス(T27)を左右、外します。

すると、エアバッグのパッドが外れます。


浦裏整備手帳

ハンドルを留めているヘックス(10mm)を外します。


浦裏整備手帳

組み付け時にズレないようにスプラインにアイマークしておきます。

その後ハンドルを引っこ抜くのですが固着していると、抜けたときに勢いあまってケガをする可能性があります。

その為、再度ヘックスを軽くはめます。

ストッパーにする訳ですねストップ


浦裏整備手帳

2本のビスを外すとカバーが外れます。


浦裏整備手帳

この3本のビスを外すとレバースイッチが抜けます。

新品と交換して逆の手順で組み付けます。


浦裏整備手帳

外したレバースイッチ。

レバーの押さえ部分が割れています。


以上、Aクラス レバースイッチ交換でした。



浦安自動車













AD