1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-25 17:32:22

戦わなかった候補者の戦いの記録・浦野英樹選挙報告会

テーマ:ブログ

戦わなかった候補者の戦いの記録・浦野英樹選挙報告会
~衆院選撤退。かく戦えり~

希望の党、大分3区公認決定。しかし、公示3日前に撤退表明し立候補辞退。激動・急変の衆議院選挙、候補予定者の周辺・水面下で何が起きていたのか?なぜ自らの意思で野党候補一本化したのか?当事者としての経験を、広く共有する為に、浦野英樹がギリギリまで、その裏側を語ります。

選挙について学びたいという方であれば、浦野への応援の有無、支持政党関係なく、報告会も懇親会も参加可能です。ふるってご参加ください。

参加希望者は、浦野宛メールかメッセージをお願いします。
(懇親会参加希望者は、その旨合わせて記載ください)

平成29年 12月9日(土)時間: 17時~18時
会場:ホルトホール大分2階セミナールーム
大分市金池南1-5-1(大分駅上野の森口すぐ)
【入場無料】
会場整理の都合上、事前に参加申込をお願いします
(当日16時まで、メール・FBメッセンジャー・LINE可)
連絡先: info@urano-office.biz


【懇親会】
終了後、希望者にて懇親会も開催。場所 大分駅周辺にて
会費 3500円程度(多少変動あり) 
※参加希望者は、出席の連絡に合わせて懇親会も参加希望の旨、連絡ください

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-10-28 17:40:12

手続きなくして立候補(撤退も)なし

テーマ:大分から国政挑戦
選挙に立候補する際は、供託金を支払う必要があります。基本は「個人」で法務局にて供託の手続きをしますが、衆議院選挙で政党公認で立候補する場合は「政党」が供託する形になります。(私は参議院選挙の地方区も立候補したことがありますが、参議院選挙地方区は政党公認であっても「個人」で供託します。)

国政選挙では、公認料の名目で政党から供託金も含めたお金が候補者サイドに交付されることが普通ですが、今回の希望の党独自候補は、自腹で個人で用意したお金(300万円)を政党の名前で供託する流れでした。※比例分供託金は別途用意。

私の場合は供託手続後に、立候補取りやめとなりましたが、その場合「政党」が供託金「取戻」の手続きが必要になります。(選挙で一定レベルの得票を得た場合は「返還」)選挙管理委員会に「立候補しなかった証明」を政党宛に発行してもらい、政党の登録印を押した書類を法務局に提出します。

写真は、手続きの関係で訪問した希望の党本部が入居しているビル。池袋の雑居ビルのワンフロア、世間の「党本部」のイメージとはかけ離れた狭い事務所でした。党にはいろいろ言いたいこともありますが、この狭い事務所で、めまぐるしく情勢がかわる中、極めて限られた時間の中で、全国の候補者の事務的な作業・サポートを行なっていたことを考えると、事務方の皆様には頭が下がるのみです。

希望の党に限らず、今回の衆議院選挙は、事務方の負担・苦労は半端ではなかったかと思います。「手続きなくして立候補なし」とは、政治の世界の先輩の言葉ですが、事務代行を生業をとする者としても、事務スタッフへの感謝の気持ちは大切にしなければと、今回の経験で改めて学びました。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-10-23 21:01:46

衆議院選挙が終わって 撤退と感謝

テーマ:大分から国政挑戦
衆院選が終わりました。

私としては、公示3日前に撤退し、候補者でない立場で迎えた選挙でした。

いままで立候補を検討して、最終的に出馬しなかった選挙はありますが、ほぼ準備が整った上での撤退は、初めての経験でした。

供託金の手続き完了、立候補書類の事前審査も完了。ポスター等の印刷物は、紙は確保・デザインは完了し一部進行、選挙カー・看板類もデザイン完了で制作にとりかかったところでストップ。選挙スタッフも、選挙期間中の為に、予定を空けてもらっていました。

正直、このタイミングでの立候補取りやめは、いろんなところに迷惑がかかってしまいます。特に、今回のような急な選挙で、超特急での準備をお願いし対応いただいたにもかかわらずストップすることになってしまい、そこにかかった労力に対しては、本当に申し訳ない思いです。にもかかわらず、いやな顔ひとつせず、対応・協力いただいた業者・関係者の皆さん、予定をあけてくれていたスタッフの皆さんには感謝の思いでいっぱいです。

選挙というものは、立候補するにも様々な方の協力が必要ですが、撤退も多くの皆さんの協力なくしてありえません。今回、撤退という選択を実現できたことに対して、改めてお礼申し上げます。

また、選挙期間中、たくさんの皆さんより、電話やメッセージをいただきました。いただいた意見はしっかり受け止め、今後の進む道を考えてゆきたいと思います。ありがとうございました。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース