ちょっとばかり惰眠をむさぼっていた「日刊鼠小僧」が、再び目覚めました。


 持って生まれた嗅覚を活かし、屋根裏伝いに嗅ぎまわり、国際、政治、経済、社会、宗教、スポーツ、芸能、さらに目下、世界中で話題の特許戦争までシュアを広げ、取立ての情報を発信します。


 時には、世間の裏街道や路地裏まで入り込み、新聞、週刊誌、TV等で報じることのない厳禁ネタも暴露―。ご期待ください。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-01-10 12:07:07

「特殊詐欺」に騙されるな! 絶えない中高年の被害者たち。

テーマ:社会

 警察庁のまとめによると、昨年1年間(11月末現在)だけで「おれおれ詐欺」や、ウソ話で、儲け話を持ちかける「金融商品取引名目」の被害総額が425億円!その被害者の大半が中高年の人たちである。

 ここではまだ捜査の手は伸びていないが、トラブルが増幅中というこの種の話を2題。

 福岡県福岡市に住むS子さん(67)は実質的には損はしていないものの、「『被害者の会』を結成してでも、被害に会った人たちのために被害金を取り戻してあげたい」と憤るダマされた話とはこうである。

 知人の紹介で、滋賀県草津市にある「A社」の会員になったことが被害のスタートになった。「A社」が制作している「お守りカード・ストラップ1セット(10個)」を、2万5000円で購入し参加した。「1ポジション30万円で打ち切り、配当がある週は1口2500円が入ってくる仕組みで紹介料はなく、配当目当てに自分で自分を紹介する人が多くなり被害額が増えていったのです」(Sさん)

 A社発行のパンフを見ると、霊能者の協力でデザインした「お守りカード」とは、このカードを購入すると、宇宙の最高パワーを受けられ、あらゆる良い方向に向けてくれるというスグレモノ。

 このあたりからもう話はウソ臭い。さらに、知人や友人を勧誘してカードを買わせ、購入者が増えるに連れてA社から10万、20万円と現金がバックされる。これは100万円コースの人に限られ極めて少ない。さらに「ウイクリーボーナス」なるものが自動的に加算されてくるというシステムだ。

 俗に言う「ねずみ講」(無限連鎖講)である。

 会員を増やし続けない限り、“親ネズミ”には現金が入ってこない。Mさんがダマされたと気が付いたときは、みんな(約100名)で総額5千万円程つぎ込んだ後だった。


 A社に解約届と商品の返品をしたが「整理中」とのことで、1年待ったが未だ1銭も返金されていない。しかもA社の怪しげなカード販売事業は、「B社」(京都府京都市)に変更していたのである。被害者数が増えており、今後、社会問題に発展しそうである。

2つ目の「特殊詐欺」は、本社を香港におくファンド会社「C社」(社長は日本人)が舞台である。北海道苫小牧に住むI子さん(75)さんは、知人から、「投資したら、絶対に毎月、配当3割」を出すという話に乗り、総額、700万円出費した。


月々、3割配当のファンド会社などあるわけがない。しかも、出費後、窓口になっていた「C社」(東京・西新橋)は、昨年2月に閉鎖してしまった。

 I子さんはショックを受けて脳梗塞を起こし、現在、療養中である。




詐欺師たちの殺し文句―あなたの「欲」と「迷い」を見逃さない! (主婦の友新書)/日名子 暁
¥820
Amazon.co.jp

悪質商法のすごい手口―ここまで巧妙ならみんなだまされる!知っておきたい被害の実態と対処法/著者不明
¥1,890
Amazon.co.jp

悪徳商法 わざと引っかかってみました/多田 文明
¥650
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-12-10 12:07:07

大阪・高槻市議会 北岡隆浩市議の評判 <下>

テーマ:政治

 大阪・高槻市議会に所属する北岡隆浩氏の評判は、同市民でも複雑。賛否が二分されているようだ。
 高槻市を相手に、前回で、片っ端から裁判を起こしていることは伝えた。その“正義感”はさておき、パフォーマンスが鼻もちならないと言うのである。


 10年前の2003年4月、北岡氏は、高槻市議会議員選挙に落選すると、東大阪市に住所を移し、同年9月に行われた東大阪市議会議員選挙に立候補。その立候補の姿が市民の目を点にした。なぜか、注目を浴びたかったのか、正義の月光仮面ならまだしも、覆面レスラー姿で登場したのである(落選)。


 どのような選挙戦術を使おうとそれは勝手だろう。だが、高槻市の市民たちが素朴な疑問を抱いたのは、高槻市で落選したわずか半年後に、もう高槻市に背を向けて、他の市議会選挙に立候補したことである。当然、高槻市の市民は、こういう市議の変節が、高槻市民にふさわしい市議かどうかと疑惑を抱いた。

 さらにもう1点。3年前の2010年6月、高槻市議会で、「従軍慰安婦問題」について、政府に誠実な対応を求める意見書が審理され、賛成多数で可決された。

 北岡氏は祖国が朝鮮半島で、日本に帰化(1981年)したことはすでに述べた。当然、氏も先頭に立ち、賛同するだろうと思われたのである。しかし逆に、「日本軍による強制連行はなかった」等、反対の姿勢を見せたのだ。「正義感」の人一倍強い北岡氏には、同胞を思うという優しさがなかったのだろうか。


 このような北岡氏の行動・言動は全て選挙に当選するためだけのパフォーマンスとしか思えない。

「おろかもの」の正義論/小林 和之
 
¥777
Amazon.co.jp

正義という名の凶器 (ベスト新書)/片田 珠美
 
¥840
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2013-12-09 12:07:07

大阪・高槻市議会 北岡隆浩市議の評判 <上>

テーマ:政治

 全国紙や週刊誌、テレビのニュース番組、あるいは主に主婦が好むワイドショーにも登場し、顔や名前が知られている国会議員は少なくない。胸に似たようなバッジを付けていても、これが都道府県市町村の議員になると別。何か事件でも起こさない限り、全国的に知られることはほとんどない。


 もっとも、原発反対!の活動家や、酒気帯び運転による交通事故、あるいは賄賂を受け取ったなどの地方議員が、全国紙の社会面やテレビ報道を賑わすことはたまにある。


 そうした中で、大阪と京都のほぼ中間に位置する大阪府高槻市(人口、約36万人)の北岡隆浩市議の評判が、良くも悪くも全国的に知られ始めた。
 今年、43歳になる北岡市議は、祖国が朝鮮半島で、1981年10月に帰化した人物だが、氏のホームページ「高槻ご意見番」を開くと、その“正義感”ぶりに圧倒されるのだ。


 市議会を被告にして、よくぞこれほどの裁判を起こせるものかと感嘆させられる。「脱・バラマキ!」、「脱・隠ぺい!」、「脱・公務員厚遇!」の3つの主張をモットーにしてこれまで起こした裁判が「公文書開示請求訴訟」、「宴会公用車不正使用訴訟」、「有給職免改ざん訴訟控訴審(住民訴訟)」、「違法有給職免訴訟(住民訴訟、3件)。勝訴した裁判もあるが、被告の市側は、裁判のたびに莫大な人件費と弁護士費用等、市の税金で賄わなければならない。


 市民の余計な税金出費を思うと、司法に頼ることなく民主主義の日本である。税金で運営する「市議会」の質疑で、解決できる案件はなかったのか、と北岡市議のパホォーマンスを批判する声も多く、その声がさらに拡大中である。


その「正義」があぶない。/小田嶋隆

¥1,575
Amazon.co.jp
正義をふりかざす君へ/真保裕一
¥1,680
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-10-08 12:07:07

お相手の男性は、大手タイヤメーカー子会社の元社長〈パート2〉

テーマ:社会

 アルバムを見て昔の思い出にふけるどころか、心臓が破裂するほどのショックを受けたのは主人である。しかも、その相手の男性から妻にかかってきた電話を、なんの疑いもなく何ども受け継いでいた自分のアホらしさに、息がとまるほどの憤りを感じた。


 男の正体は、元ブリジストンタイヤ・子会社社長のA氏で、B夫人とは九州・佐世保にある高校の同窓生。地元で何十年ぶりかで開かれた同窓会が、2人を引き合わせたらしい。よくあるケースである。


 A氏も都下に住んでおり、それから2人だけのデートが、頻繁に重ねられていく。2人の親密度が数年に及ぶ時間の経過とともに深まっていったようで、最初は手帳に、「Aさん」と記録されていた。だが、そのうち、「A」と呼び捨てにされ、最後の方では苗字が諸略され、名前で記されていたのである。夫は、「黒革の手帳」を振りかざしながら、施設に入居中の夫人を責めに責めた。


 夫人は、デートの際には手をつなぎ、「黒革の手帳」に書いてあった「キス」までは認めたものの、肉体関係まではガンとして認めなかったらしい。最後になって、むしろ、「そんな昔話し!」と開き直ったようだ。


 夫は妻に問い質してから日をおかず、今度は相手のA氏を都内の喫茶店に呼び出した。午前から夜9時半頃までテーブルを挟んで向き合い、やはり「黒革の手帳」を見せながら詰問したという。


 A氏は、当初、逃げていたようだが、結果的に、付き合いを認めた(後になって否定)。妻を殺してもまだ気がすまないというB氏は、今年に入ってA氏の自宅に、責任を問う2通の内容証明を郵送した。


 A氏の夫人にも事の経過が明らかになったのだろう。1通の詫び状もなく、A氏の弁護士から返事が来た。「今後、この問題はすべて私を窓口にしてください」―と。
 B氏も、かつての新聞社同僚や弁護士に相談し、民事訴訟への道を模索している。


不倫の恋で苦しむ女たち (新潮文庫)/亀山 早苗
¥460
Amazon.co.jp

みんなの不倫~お値段は4493万円!?~ (宝島SUGOI文庫)/露木 幸彦
¥680
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2013-10-07 14:07:07

「黒革の手帳」に記録された「ブリヂストンタイヤ」子会社元社長の不倫騒動〈パート1〉

テーマ:社会

 俗に言う「不倫」は今や、そう珍しいことでもない。


 だが、登場人物が、世界に知られるタイヤメーカー、ブリヂストン子会社の元社長と、お相手が、大手新聞社OBの夫人という不倫なら、関心の度合いも倍加する。


 情報の発信元は九州・佐世保だが、この手の話しは広がるのが早い。やがて、一部のマスコミにも流れ始めた。複数の情報をまとめると、経緯はこうである。

 昨年の暮れ、都下に住む大手新聞社OBのB夫人は、痴呆症の症状が進行し、専門の施設に入居した。ここから不倫の幕が開く。
 ご主人が、妻の寝起きしていた部屋に入り、乱雑に積まれたアルバムなどを整理していたとき、分厚い「黒革の手帳」が出てきた。


 何気なしにペラペラとめくって見ると、2002年~2008年頃に渡った行動が断続的に記録されていた。俳句作りや美術館巡りを趣味にしていた懐かしい妻の字である。
 時々、手帳には自作の俳句が書かれていた。俳句を読むと、男女の恋が匂ったのである。しかも、妻と行ったことのない都市ホテル名が次から次と記録されていた。
 「東京・新宿の京王プラザホテル」、「同、文京区のフォーシーズンホテル」、「同・池袋のメトロポリタンホテル」・・・。同行した相手の男性名が実名で書かれていた。


ブリヂストンの光と影/木本 嶺二
¥2,310
Amazon.co.jp

不倫の恋で苦しむ男たち (新潮文庫)/亀山 早苗
¥460
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。