自分の能力を限界突破!させる瞑想。

瞑想・宇宙幾何学アートのご紹介

***********

このブログは、精神レベル・意識レベルなどの内面の成長・向上が大好きな”YUHRL 2α”が書く、内面の成長・向上を促す為のブログであり、その過程で創造した宇宙幾何学アートもご紹介しています。

***********

日々の瞑想は自分の能力や精神面を無限に高めてくれるものであり、瞑想を実践して感じた世界を紹介しています。

基本的には宇宙幾何学アートの紹介をしていますが、健康や超能力、瞑想を通じてご縁を頂いた”神さま”達との会話などの記事も度々出てくるのでお楽しみくださいませ^^

色に関する話が出てきますが、詳しくはこの記事でお話ししています。

(http://ameblo.jp/uranai-k/entry-12166142810.html)


※”YUHRL 2α”はどの宗教団体にも属しておりません。

テーマ:

 

あなたのパーソナルエリアはどこからどこまでですか?

 

みんなに溶け込むのが苦手だから、小さめに…小さめに…こじんまりと自分を保つ。

 

コッチの人は仲が良いから仲良くするけど、アッチの人はわかんないから様子見で…。

 

人によってパーソナルエリア「自分の領域」の大きさは様々だと思います。

 

 

境界線と言う意味でも同じことですが…

 

線引きをすれば好き嫌いが生まれる。

 

境界線を引くことによって敵と味方と分ける。

 

自分のエリアが狭ければ狭いほど、世界が狭い。

 

他人との触れ合いは世界との触れ合い。

 

人の数程、世界の数はある。

 

世界に触れること、それは楽しみ悲しみ怒り戸惑い…この世界で存在している理由そのものなのかもしれない。

 

境界線なんてない方が楽しい。

 

「楽しい」とは怒りや悲しみと言った感情も含んだ意味でもある。

 

 

パーソナルエリアを広くするのではなく、

 

パーソナルエリアを無くすという生きかたはどうだろうか。

 

広くする一方では、いつまでたっても境界線は消えないのだ。

 

 

パーソナルエリアと言う風船を、針で突いて割るというイメージだ。

 

パーソナルエリアを打ち砕くのだ。

 

急に、知らない人と馴れ馴れしくするんだとか、そう意味ではない。

 

とりあえず、線引きを無くすことから始まるのだ。

 

 

もちろん、

 

初対面でも、近い人と同じように接することが出来れば、自分にとっても相手にとっても包み隠すことのない信頼感と言う意味で、かなり心と心が通じ合いやすくなるのだ。

 

境界線は、心と心が通じ合う阻害もしていたのだ。

 

急にタメ語で話したら良いということではない。

 

(初対面での常識とは別の話だ。)

 

相手にウソをつかない。

 

自分にウソをつかない。

 

相手を選んで、本音を言わない。

 

常に自分の本心を表現する。

 

自分の本心を伝えることによって、自分も楽だし相手にとっても楽。

 

好きなことも嫌いなことも好きだという人間なんて信頼できない。

 

好きなことは好き、嫌いなことは嫌い。

 

(ただし、言い方には気を付ける)

 

 

相手にウソをつくということは、自分にもウソをつくと同意だ。

 

 

 

 

自分のパーソナルエリアという概念を無くす。

 

=何者に対してもウソをつかないということ。

 

憎しみ、怒り、悲しみと言う楽しさを受け入れること。

 

すべてを愛せる心を持つこと。

 

 

パーソナルエリアを持っている、広げる努力をする程度では、ある一定の固定概念からは抜け出せない。

 

固定概念を打ち砕くこと。

 

それは、自分の世界を打ち砕くこと。新しい世界を見いだすこと。

 

 

自分のパーソナルエリアが目に見えるとしたら…

 

どこにありますか?

 

想像で良いので可視化してみましょう。

 

次に、それを大きな針で突き破り、風船が弾けるみたいに盛大に割れたイメージをしてみましょう。

 

それで、あなたのパーソナルエリアは割れました。

 

「私のパーソナルエリアは無くなりました」と言っても良いかもしれません。

 

人には人それぞれの方法がありますから、統一すれば誰でも出来るというものではありませんので一概に言うつもりはありません。

 

ただ、パーソナルエリアを割るという考えが出てきただけでも、大きな一歩なのではないでしょうか。

 

(´∀`)

いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>