対面占い師・電話占い師として成功するための心理学とカウンセリングスキル講座

占い師になりたい、占い師として集客を頑張りたい、電話占い師・鑑定師として成功したい、心理を学びたい、リピーターを増やしたい、という方々のためのお役立ち情報をお伝えしています。

■2017年1月、ヘイズ中村先生のセミナーが開催されます!■




2日間でプロ占い師に必要なタロットのスキルをマスターできます!

プロとして活躍したい占い師さん必見のセミナーです!


NEW !
テーマ:

皆さん、こんばんわ

 

占い師の集客とリピートを応援する

スピリチュアルビジネス・コンサルタント ミスカトニックです。



 

相談者の問題や悩みって、本当に解決が難しいものなのでしょうか?

 
確かに、相談者の悩みに耳を傾けていると、「さて、どうしよう」と思うことがありますよね。

 
しかし、こうした事ってありませんか?

 
つまり、相談者も私たち占い師も、自ら悩みを解決困難な方向で考えてしまっている、と。

 
例えばです。

 
不倫関係があるとしますよね。

 
この不倫の問題って、何が「問題」なのでしょうか?

 
相談者の多くは、私たち占い師にこう言います。

 
「既婚者と付き合っているのだけど、相手がパートナーと別れてくれない」

 
この時、私たちは瞬時に考えます。

 
「どうやったら、相手はパートナーと別れてくれるのだろうか?」

 
パートナーが相手と別れるかどうかは、相談者にはどうすることもできません。

 
だから、相談者は解決が難しいと考えてしまうのです。

 
でも、(少々極端な例ですが)不倫の問題が…

 
「パートナーと別れたいと思うほどに相談者が魅力的ではない」

 
という問題だと理解したらどうでしょう(相談者には大変失礼ですが)。

 
そうすると、「じゃあ自分をより良くしよう!」となりますよね

 
また視点を変えて…

 
「相手の離婚へのモチベーションを高められていない」という問題だったら?

 
コミュニケーションを改善しよう!となりますよね。

 
このように、ある現実(不倫)があっても、その意味付けは多種多様です。

 
そして、意味づけによって問題は意外と解決の糸口が見えてくるものです。

 
この辺はアタマの体操なのですが、ちょっと視点をずらして相談者の相談に耳を傾けてみてください。

 
意外な解決策が見えてきますよ♪

 
では、今日も良い鑑定を!

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】
【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さん、こんばんわ

 

占い師の集客とリピートを応援する

スピリチュアルビジネス・コンサルタント ミスカトニックです。

 

 

占い師へのクレームで一番多いのは、実は「当たり外れ」ではありません。

 
クライエントを不快にする占い師の言動なんですね。

 
占い師によって傷つけられた、というクライエントの訴えは非常に多く、その大半は実は避けられるものばかりです。

 
では、占い師のどんな言動がクライエントを傷つけるのでしょうか?

 
代表的なものは…

 
(1)クライエントに非がある、という決めつけ
→例えば復縁などで、「自分自身の原因を反省しましたか?」等という発言
 

(2)問題の原因に対する過剰な質問
→原因をあれこれ聞かれるのは、クライエントにとっては非常に不愉快なものです。

 
(3)方向転換を促す説得
→クライエントの心の準備ができていないのに、願望を手放すよう占い師が説得モードに入る。

 
という3つです。

 
これらすべて、占い師側に悪意があるわけではありません。

 
しかし、占い師側の「正しさ」は、時にその「正しさ」ゆえにクライエントの思いを置いてきぼりにしてしまいます。

 
私たち占い師に「正しさ」があるように、クライエントにも「正しさ」があります。

 
そのクライエントの正しさを尊重するのが、「気持ちに寄り添う」という事なんですね。

 
では、今日も良い鑑定を!

 

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】
【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さん、こんばんわ

 

占い師の集客とリピートを応援する

スピリチュアルビジネス・コンサルタント ミスカトニックです。

 

 

 

「人を好きになると、なぜか怖くなって逃げたくなるんです」

 
こうした訴えをするクライエントは、同じようなパターンで関係を壊してしまいます。

 
どうして、このようなパターンは繰り返されるのでしょうか?

 
人を好きになると、ある現象が必ず発生します。

 
それは…

 
自己評価と他者評価のギャップ

 
なんですね。

 
つまり、好意を持たれるという他者からの評価。

 
そして、自分が自分に対する評価。

 
このギャップが大きいと、人からの評価(好意)はミスマッチに感じられます。

 
その瞬間、相手からの好意があるがゆえに、その関係は居心地の悪いものに変わってしまいます。

 
その対策は、ちゃんと認めて受け入れる事です。

 
「私の事を好きでいてくれてありがとう」

 
という言葉と共に、愛されていることを受け止めることなんですね。

 
最初は違和感があるかもしれません。

 
でも、受け止めるうちに、少しずつ他者からの好意を通して自分自身を愛せるようになります。

 
「ありがとう」という魔法の言葉とともに、受け止められるようにサポートしてくださいね

 
では、今日も良い鑑定を!

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】
【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さん、こんばんわ

 

占い師の集客とリピートを応援する

スピリチュアルビジネス・コンサルタント ミスカトニックです。

 

 

 

クライエントの抱えている問題が問題でなくなる時は、大きく分けて3つあります。

 
例えば恋愛だと…

 
(1)方向性が変わった
 →新しい好きな人ができた、など
(2)問題が解決した
 →恋愛が成就した、というパターン
(3)それどころじゃなくなった
 →仕事など、今までとは違う課題に集中しなくてはならなくなった

 
そして、これら3つはかなりの部分…

 
「偶然」

 
に依存しています。

 
逆に言えば、です。

 
偶然に訪れる機会に対して開かれた姿勢を取れるように準備をしておけば、かなりの確率で転機を掴むことができるわけです。

 
だから、私たちはクライエントに訪れる変化に対して感度を高めておく必要があるんですね。

 
クライエントの問題に意識を向けることも大切です。

 
でも、その問題以外の変化にも意識を向けるようにしておいてください。

 
そこから解決の糸口が見つかることはたくさんありますからね

 
では、今日も良い鑑定を!

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】
【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さん、こんばんわ

 

占い師の集客とリピートを応援する

スピリチュアルビジネス・コンサルタント ミスカトニックです。

 

 

私たち占い師の活動の多くは、クライエントの行動を促すことに使われています。

 
しかし、なかなか行動しない!というのが皆さんの実感ではないでしょうか?

 
実は私も、「クライエントがなかなか行動に移さない!」と悩んでいました。
 
 
でも、あるきっかけがあってから、そうした事に悩む回数はずっと減ったんですね。

 
それは、行動を促すときに使うコトバを変えてみたんです。

 
どうしても新しい行動をするとき、クライエントも私たちも…

 
きちんと、完璧に、ちゃんとやろう!

 
と考えがちになります。
 
 
でも、こう考えてしまうと、新しい行動で失敗することが難しくなりますよね。

 
私たち占い師は、出来るだけクライエントに失敗して欲しくありません。

 
だから、ついつい「きちんとした」行動にしようとしてしまいます。

 
その親切心(?)が逆にクライエントが行動できなくなる原因だったんですね。
 
 
なぜなら、その新しい行動が「失敗できないもの」になればなるほど、クライエントは行動しにくくなるのですから。

 
だから、コトバをほんの少しだけ変えてみたんです。

 
それは…

 
「これは実験だから」

 
というもの。

 
つまり、実験的に試してみてよ、というニュアンスですね。

 
このようにして、「失敗しても大丈夫だよ」というメッセージを暗にクライエントに渡すようにしたんです。

 
そうすると、驚くほどクライエントが行動をするようになりました。

 
気楽に取り組んで、失敗したら気楽にやり直せる

 
その方が実は行動は定着しやすいんですね。

 
ぜひ、「まぁ、試してみてよ」というアプローチを活用してみて下さい

 
では、今日も良い鑑定を!

 

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】
【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)