オレが卜部だ!

サイバーエージェントのエンタメ事業本部、本部長のブログ


テーマ:
毎月楽しみにしている社内報のSGE TIMESにある
日高さんのスタンスを明確にするというリーダーについての話題の中で

決めにくいことでも大事なことを曖昧にしてはいけません。
決めた後で変更になるのは良いですが、決めないのはダメです。


という話がありました。

特にスタートアップにとって決断していくことは
とても重要なことだと言えるでしょう。

自分がリーダーの時はあまり意識することなかったですが
決断を実行していく立場になり、どうすればスムーズにリーダーに
決断をしていってもらえるかを考えること多くなってきました。

さきほどのコラムをもとに考えてみると、
リーダーが決断することが大事なのであれば、
変化に強い組織を作るかが大事になってきます。

今開発中のAbemaTVのような新しいモデルの場合は
最初から正解にたどり着けるわけではありません。

作っている間に環境も変わりますし、
触ってみて初めて分かることもありますし、
新しい情報もどんどん入ってくるので、
変更は出てくるし、むしろ変わっていくべきと言えるでしょう。

そういった変更が出てきた時に、
「1週間前はこういってたじゃないですか」
「一度決めたことを変更するのは嫌です」
といったようなことが出てくる組織だと、
リーダーの決断をいちいち鈍らせてしまいます。

過去に決断したものでも
その進んだ道が間違っていれば
躊躇なく引き返す


これは優れたチームリーダーの共通点だと思います。

締め切りが迫ってきたり、
時間が足りなくなったりしてくると、
変化への対応がついつい鈍くなりがちなので
改めて意識していきたいと思っています。
AD
いいね!(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
1年の振り返りということで久々のブログです。

今年の春にテレビ朝日との共同出資で「AbemaTV」を設立して以来、
その他業務をすべて引き継ぎ、立ち上げに集中した1年でした。

サイバーエージェントにもテレビ朝日にもこれ以上ないぐらい協力してもらい、
来年春のリリースに向けて目処がたってきました。

設立当初はモックもなくなかなか理解してもらえなかったり、
新しいビジネスモデルゆえに手探りな部分も多く、
特に立ち上げ期のメンバーには苦労をかけたと思います。

また私自身取締役1年目で実力不足、経験不足な部分もある中で
一緒に立ち上げてくれている皆様には本当に感謝しています。

たくさんの方の協力があって、優秀なメンバーが揃ったと感じています。
ただ、優秀なメンバーが揃えば成功に近づくと思いがちですが、
それは危険な考え方です。

優秀なメンバーは集まっても、バラバラの方向を向いていれば
あっという間に崩壊してしまいます。

新しいビジネスモデルですし、
急激にプロジェクトのメンバーも増えています。

その状況の中「ある」のか「ない」か分からない市場で勝つためには
成功を信じてどこまで執着していけるかにかかっています。

その執着心こそが
細部へのこだわりをうみ
多くの困難を乗り越える覚悟をうみ
結果的にプロダクトに雲泥の差をうみ出します。

年末最後のミーティングが終わりましたが、
不安な要素はなくなったわけではありません。

最後まで不安は拭えないし、リリース後も多くの困難が出てくると思います。
一つ一つに執着して不安を潰していきましょう。

来年もより一層まずは自分が一番執着していきたいと思っています。

最後になりましたが、社内外問わず一緒に立ち上げていただけるメンバー募集しています。
社内向けにはキャリチャレ出しています。
興味ある方は応募して下さい。

AD
いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日のエンタメ事業本部総会にて
半期スローガンとしてエンタメ事業本部の掟を発表しました。



概ね好評ではあったがこんな声を耳にした。
「結局同じことを10個並べただけでしょ」
「掛け声だけじゃん」
「卜部さんなのにマイルドですね」


違うわい!!
分かりやすく、伝わりやすくするために
オブラートに包んでやったんだよ


ということで、そんな行間の読めない愚か者たちのために
裏スローガンを用意した、

ものづくりに集中するために頭に叩き込んでもらいたい。

一、ものづくりに集中せよ!
ものづくりに集中するためには、それ以外のことを捨てるところから始めねばならない。
先週一週間の時間の使い方を紙にすべて書き出してもらいたい。
もし半分以上がものづくり以外に使っていたならば、即レッドカードである。

二、ものづくりに集中せよ!
プロダクトができてないうちからプロモーションを考え始めるなど愚の骨頂である。
そういう人に限ってプロモーションしてもどうにもならないプロダクトを作っている。
いいものをつくればプロモーションのことなどその他大勢の人が勝手にやってくれる。

三、ものづくりに集中せよ!
世の中にはインターネット系ベンチャー企業が集まるパーティーがあるらしいが、
そんなところに自分のプロダクトを宣伝しにいってはいけない。
ものづくりに集中しているものは決して自分の口で語ってはいけない。
プロダクトで語れ。
プロダクトこそ全てでありそれで伝わらないものに価値はない。

四、ものづくりに集中せよ!
ものづくりに集中していると時折正解が何か分からなくなる。
しかし安心して欲しい、正解などないのだ。
正解を探し続ける行為こそがものづくりであり、正解を見つけたと思っているならば集中できていない何よりの証拠だ。

五、ものづくりに集中せよ!
ものづくりへの妥協こそ我々の最大の敵である。小さな妥協が後の大きな差となる。
想像してもらいたい、ライブ会場の何万人のお客さんを前にボタンが外れている衣装で出て行くだろうか。
画面の向こう側の何万人のユーザは細部まで見ている。
ものづくりの神様は細部に宿るのである。

六、ものづくりに集中せよ!
ものづくりに集中することはとてつもなく苦しいことの連続である。
誰も気づかないような細かい改善を繰り返さなければいけない。
これを乗り越えるためには理屈を超えた感情が必要である。
自分のプロダクトを狂ったように愛さなければいけない。

七、ものづくりに集中せよ!
「上司がこれでOKと言いました」
この言葉ほど危険なものはない。
上司は君よりもそのプロダクトに関して詳しくない。
上司の方が詳しければその時点で失格だ。
ものづくりはどこまでも上を目指していかなければいけない。

八、ものづくりに集中せよ!
ものづくりのチームは将来の何十万人、何百万人のユーザの代弁者だ。
当然意見が違って当たり前である。意見が違えば摩擦が起こる。
摩擦を避ければそこに待っているのは凡庸なプロダクトだ。
摩擦を恐れるな、本音で語り合え。

九、ものづくりに集中せよ!
自分たちのものづくりに集中する余り、競合の研究を忘れてはいけない。
人間の能力等DNAレベルでみれば差はない、競合を甘く見るな。
敵を知り己を知れば百戦殆うからず。

十、ものづくりに集中せよ!
新規サービスを立ち上げるのは修羅の道である。
ものづくりに集中する覚悟がないものには去ってもらわなければならない。
覚悟のない人が乗っている船はやがて沈みゆく。
覚悟のある人のみが乗っている船には自然と覚悟のある人が集まってくる。

十一、ものづくりに集中できるのは周りの協力のおかげ!
我々がここまで振り切ってものづくりに集中できるのは
影で我々を支えてくれる人たちがいるからである。
ものづくり以外のことはすべて忘れたとしても、
支えてくれる人たちへの感謝だけは忘れるな!

AD
いいね!(27)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。