別れ

テーマ:

別れた。



なんだか、すごくいい子で。

「別れたくないよ」

「ほんとに大好きだよ」

ってたくさん言ってくれて。


でも最後には「もう決めたんだよね?まりちゃん頑固だもんね」って言ってた。


「人前でなくの親父の葬式以来だわ」

とか言ってたんだけど、泣いてるのに笑ってくれて。

笑わせてくれて。


あたしが泣いたら、だきしめてくれた。

あたしは泣くべきではないのに。



あたしはいつまでも成長してないね。


AD

何度でも、振り出しに戻る

テーマ:

最低なことを書くわ。

あたしのこと嫌いにならないで。




あたしね、最近彼氏ができたの。

それを報告すると同時に、もう1つ報告があるの。


もう別れたいの。



なんかね、勢い?雰囲気?

あたし流されたみたい。

付き合ってみたらどーにもこーにも。

なんで付き合ったんだけ?みたいな。



彼氏にはこうであってほしくないみたいなのがね、ことごとくあてはまるし。

「大好き」って言われて、「あたしも」って言えない。

その言葉を待ってるのわかるんだけど。

あたしはどうにかして別れを言い出す流れをつくろうと黙ってみたりして。

ああ、でもなんだか言い出せないうちに時間だけだらだら。


でも、ね。

言う。


言うわ。






それでね。

あたしやっぱり夜間が好き、みたい。

多分。



うそつきで女にだらしないバカなダメ男。



どうやったら嫌いになれるの?



別の恋?



ねぇ、どうやったら夜間以外を好きになれるの?



どうしてここに戻っちゃうの?







バカだと思うでしょ?

あたしも思うの。



まず、ちゃんと別れる。

そこから。


AD

脱ダメ子ならず

テーマ:

ひさびさに覗いたら。。。

めっせじ機能。

あらら。びっくり。




まぁいいや。



昨日、夜間にあったわ。

一瞬。


偶然。でもないかな。

夜に学校行ったの。

財布なくしたから。


そこに行けば授業後の彼に会うかもって思った。

行かなきゃな理由はあったから「わざわざ」ではない。


でも財布なくしてめっちゃへこんでる時でも「会うかな」って思ったら、その瞬間少し嬉しい自分がいた。



どうしようもないだめ女。



教室がある階でエレベーターから降りたらちょうど夜間部達が乗ろうと待ってたとこだった。

びっくりした顔してた。


あは。


あたしは彼ら(夜間部の残って練習してたメンズ)に一言だけ声かけて、そのまま止まらず歩いてった。

振り返らなかったし、振り返りたいとも思わなかった。


顔を見て、満足したの。

学校きて練習して帰るってのは元気な証拠だから、安心したの。



数分後、電話がきた。

多分みんなと別れた後にかけたのかな。

相変わらず、ずるい。


でも、電話くれたのが嬉しかった。

そこにいる理由を話したら心配してくれた。


「今どこ?」


きてくれるの?

でもね、いいや。


「友達がきてくれたの」


友達ってゆうか元彼。

元彼ままにもらったものだったのね。

で、偶然「ない!!」てさがしてる時に彼から電話あったから言ったの。

したら駆けつけてくれたのさ。


元彼来てなかったら、あたしどうしたかな?



ね、どうしようね。

あたし、まだ夜間のこと好きなのかな。


目の前にいたら、愛しく思ってしまうかも。



でも、まぁ。

それでもいいや。

なんかもぉね。考えるのめんどい。


AD