笑う角には何とやら。

テーマ:

過食が止まらない。


なかなか眠れない。

肌が荒れてイライラする。



どうした、あたし。



夜間とは今はうまくいってる。

多分ね。

なかなか会えないけど、電話くれたり夜間家に誘おうとしてくれたり。

昨日の夜は今日のあたしの朝バイトがあって会えなかったから、あたしのsこの先しばらくのバイト曜日を教えた。

そしたら休み合わせてみるって、言ってくれた。

3月末までの日曜のどれかで江ノ島行こうね、とも確認し合った。


まだそんなにたくさんは休みとれないはずなのに、前よりか少し余裕が出てきたのか、ちゃんと連絡くれて誘ってくれる。


うまくいってる。



でも、会えてない。

会いたい。



さみしいのかな。

よくばりになった。


付き合ってないんだよって、自分に言い聞かせる。



笑う。

無理にでも。


笑顔でいれば、何だかイライラもおさまってく。

口角をあげたままで長く不機嫌ではいられないもんだよね。


笑う。






今度会ったら、泣くかもしれない。

AD

1度日記に登場したことがあるはずなのだけど、消してしまった記事だと思うので覚えている人がいるかどうかは怪しいけども。

あたしのバイト先にはやたら美人(小雪似)な社員さんがおります。

あたしの1こ上。

で、そんな小雪フェイスでもんごいB型な性格なのね。

ほんっと笑えるくらい。


もちろん大好きであります。はい。


小雪さんもあたしのB型的性格を愛してくれているようで「やっぱBANちゃん好きだわー」とかよく言ってくれてときめいちゃう☆


で、あんまりシフトかぶんないんだけど、会うとよく恋バナすんだや。

まあ、あたしの恋バナはみなさんご存知のようにダメダメじゃない?

彼女もね、なんかダメダメなんだよね。

美人なのに・・・。


年末あたりに「これは・・・いけるか?」みたいな男がいたみたいなのね。

でもでも、年が明けたらその彼がすっかり話題にのぼらなくなったんできいてみたら。


小雪「あー・・・彼ね。すっごいAな人なんだぁ」


あたし「あぁー細かいんだ?でも、あたしも長く付き合った人Aですよ?うちらがコレな分、ちょっと細かいくらいの人の方がいいのかも、とか思ったり思わなかったり」


こ「どっちよ。や、や、や、でもねー、きいて!!一緒にご飯したのね?彼の車で出かけて。席着いて、食事出てきて、そしたらさ、いきなりね?」


あ「?うん、いきなり?」


こ「俺、サイドミラーしまってないかもって、そわそわしだしたの。」


あ「・・・はい?」


こ「ほんと、はい?だよね!サイドミラーだよ?しまってないのがどうした?って感じじゃん?そしたらやっぱ彼、散々迷った末に席立って駐車場に戻ってったの!サイドミラーしまうために!!!食事きてるんだよ?何かもー無理ぃー。彼氏とかならまだしもさ、いい感じくらいの男にそーゆーだるいことされると好きになる気うせる」


サイドミラーて。

男も細かいけど、それでやる気を完全になくしてる小雪さんにもうける。



で、で、今月にはいって、久々に会って恋バナ風味な流れになったからきいてみた。


あ「サイドミラー君は?」


こ「あはははは!!サイドミラー君!!!いたいた、そんなの!」


いたいた、って。

あんたがほんのりラブりかけた人ですよ!!


で、1番最近会った時には「恋バナ風味」とすらも絞りだせないほどに乾いた日々を送っていたらしく。

疲れたーもうやだー彼氏ほしーと駄々っ子のように。

しかし続いた言葉がひどい。


こ「なんかさー、もう、好きになるまでがめんどくさいんだけど。いい男がいきなり都合よく「好きです!!」とか言ってきてくんないかなー」


あ「・・・あー、なんかあれだ。あたしこの人好きなったらいいのかーって感じで楽チンってこと?」


こ「そうそうそうそう。あれっあたしもしかして終わってる?」


「終わりすぎてる・・・めんどくさいって!!や、実際めんどくさいですけどね。いやいや。」


恋ってそんなだったか??

まぁ、そんな時もあるさね。


そんな小雪さん、あたしは激ラブです。

しかし、同性でよかった・・・。

彼女にうっかり惚れたりしたら大変だもの。


彼女から幸せな恋バナがきける日はくるのか??

そんな日がきたらぜひココで報告したいと思います。

ええ。


とか人のこと気にしてる場合じゃないのよね。

あたしはいつも彼女に夜間のダメっぷりを笑われてますもの。

あはん。

AD

絶妙のタイミング。

お前はどこで見ていたんだ。


えーと、なんかね、不安定期に突入しかけたのよ。

昨日の夜、なんかもう全てが嫌になって「もういい。無理。あたしは降ります」とでもメールしてしまおうかと思っていたの。

でも、とりあえず落ち着こうって思って。

ここを開いてダカダカとやるせない気持ちを打ちつけていたら・・・件名も本文もない空メールが。

夜間から。


え?


何?



「ごめん、間違えちゃった☆」とか可愛く言うのかと思って待っていたけれど、待てど暮らせど第2波は来ず。

罠か?また罠なのか?

あたしはまた釣られているのか??

と斜めな見方をしてしまいつつもどうにも気になる。のでメール。


「空メールだよー。誤送信?」


ふう・・・こんなメールにとても時間がかかるかかる。

普通じゃん、とお思いのアナタ。

そうなの、普通なの。

普通っぽく送りたかったの。

本心は「何何??どうしたの??プチ久しぶり(バレンタインのありがとうメール以来)の連絡だけど何も書いてないって何??間違えたの?ならなんで次のメールくんないのー。何か意味深なの??」くらいテンパっているのだけれど、目指すのは「別にそんなに気になるってわけじゃないんだけど、ちょっとどうしたのかなって思ってね」風味なメール。



書いてて鬱になってきた・・・。

あほか。

間違えただけに決まってるじゃんかね。

それくらい、彼からの連絡に過敏になってたってことで許して。



実際、書いたメールをクリアしてから送ってしまっただけだったらしいんだけど。

彼はどうやら近況報告やら江ノ島デートの日程のこととかでけっこうな長文をつくったとのことで空メールになっていたことに凹んでいたよ。

可愛いじゃないか。


そんなこんなでメールのやりとりがやんわり復活。



・・・あれ?

あたし、不安定期にはいりそうなんじゃなかったっけ?

もう無理ーとか言ってたアレは誰だ?



メールの言葉に一喜一憂。

いつもどーりのあたし。


今日も元気に片想い♪


AD

ちーよーこーれーいーと!!

テーマ:

何も用意していなかった。

夜間にどころか義理も、誰にも何もあげる気が起きなかった。

朝バイトや学校で、可愛い子達が「作ってきっちゃった☆」と配るお菓子をモッシャモッシャ食べても、やはり自分もあげねば!!な気分にはなれず。


でも、授業後に先輩ねぇさんと話していたら夜間に会いたくなった。

モメているにも関わらず男前への本気チョコを用意していて「約束してないしさ、会えるかわかんないんだけどね。こわいなー」なんていいながらメールして、男前からの「会えるよ」って内容の返信も何だか嬉しそう?な感じだったのを見てうらやましぃなって思ったの。


会いたい。チョコあげたいな。

喜んでほしいな。笑ったとこみたい。


夜間に「今日ガッコ来る?」とメール。

そのままあんまりガッコから離れない場所でチョコさがし。

アフターヌーンティーが妥当かな。と。

妥当ってのは、もらってもそんなに重くないだろうし、それでもそれなりに美味しいかなってこと。

彼女ならね、重いの選んだっていいんだろうけど。

ってゆうか彼女なら手作りしたいところだ。


買ったはいいけど、夜間からの返信がない。

・・・しかと?いやいや。仕事かね。

夜間部が始まる時間になってもその後少し待っても返事ないから、仕方なくトボトボ駅に向かいました。


そしたら夜間からメール。

遅くなってごめんね、今仕事終わってこれから学校に向かいますとのこと。

がっこからの最寄駅つかわずに遠い駅まで歩いていたおかげで(歩くの大好きだから)まだ電車に乗っていなかったあたしは慌てて引き返し改札でスタンバイ。


もっと可愛い格好してくればよかった、とか夜間が好きそうなあの香りつけてきたら良かったとか、色々後悔。


でも、夜間があたしを見つけて、笑ってくれたから全部とんだ。

一瞬しか会えなかったけど、その笑顔がみれただけで満足だ。


うん、いいバレンタインだった。

来年は、ちゃんと前もって用意しよう。

どんなにやる気でなくても。


金稼ぐにゃー

テーマ:

ちょっとのんびりペースだったバイトを、今週からまた元のアホみたいなシフトに戻そうと思います。

ってゆうか、人足りないって。。。

んー、、、どっかできいたハナシだね。

これが夜間にバレたら怒られるでしょうな。

・・・あんまり連絡してないから、バレることもなさそうだけどね。

あ、やべ。切なくなる。やめやめ。

で、バイト。

ひっさびさにビーバー君とかぶったりして「やばい!!ひさしぶりすぎる!!」とか言って顔見ただけでお互い笑ってしまった。

意味わからん。何がおかしいんだ。

いや、でもやっぱ癒されるわ。

これからは週2くらいで会えそう。

やった☆

残念なことにもう1人のお気に君、猫少年は2ヶ月ほど会えません。

キャナダに語学留学ってさ。

似合うような似合わんような。

や、似合わん。

1月後半のね、留学前の最後のバイトの日に一緒だったのね。

で、あたしがあがる時間と彼の休憩時間がかぶって一緒に話してたの。

したら「甘いもの好きすか」って、バッグからスティック状のチーズケィキが。

「大好き!!」って言ったら2つ取り出したうちの片方を差し出して「あげる」って。

やばい可愛い・・・猫君ごと頂いてもいいっすか??

あ、ダメ?

そうか。残念。

そんなわけで、2人でモシャモシャ。

「んーごめんさい、あげたのにイマイチだったね、これ」

「んー、や、美味いよ?」

猫君がくれたものだし、美味いさ!!(ばか)

しかし、ちょっと気になることが。

どことなく、これ、手作り感があったりなかったり・・・。

「何でちぃずけーき?」

「あー誕生日だったんで、友達がくれて」

あー・・・ラブ入りくさい。

食べちゃったよ。

「おお、おめでとう!!てゆうか、手作りじゃん。イマイチっておい。しかも人にあげちゃうし。いや、美味しくいただいちゃったけどね?ありがとうだけどね」

「1人で食うのもさみしーじゃないすかー。イマイチはイマイチだし。」

「それさ、くれた子に言うの?イマイチとか、他の女にあげたとか」

「わざわざ言わないけど。きかれたら言う。別に、なんともなくないすか?」

「・・・刺されないでね」

んーーー。

すっげ美形君なんだけどね。ずっとハニーが出来ない要因が何だかわかるような気がするわ。

でも、その後にこってわらって

「でも、BANさんが美味いって言うならもらって良かった。俺も、1人で食うより美味かったですよ」

って。

あら。あらあらら。

おばちゃん引っかかっちゃうとこだったわ。

なぁに、ちゃんと女が喜ぶ言葉は知ってるんじゃん。

「調子いいなあ」なんて笑いながらも、嬉しかったりして。


年上に気に入られるのわかるわ。

気まぐれで、無神経。でもたまーに、おっと思わせること言ってみたりね。

疲れそう。でもハマる子はハマりそう。

あたしには彼は若すぎてだめだけどね。

そう若いんだわ。

なんか、滲み出る空気が若い。

誕生日って、二十歳の誕生日ですってよ。

そらひっかかんねぇわ。


さ、稼ぐかね。

おばちゃん、若者にはもうついてけにゃーのよ。

寝坊君

テーマ:

土曜の午前中、親友みずき嬢から 着信。



彼女にはこないだ会社関係の飲みで知り合ったお気に君がいる、ってはなしはきいてた。

その彼に富士急でぇとに誘われたってこともきいた。

で、そのでぇとがこの日。10時に待ち合わせしたらしい。

初でぇと☆


・・・来ないらしい。

・・・・・・しかも連絡つかないらしい。


「ありえない!助けて!!」


ありえないだろ、ほんと。

会社関係だってゆうからバックレは無いだろうから、単純に寝坊だなと思いつつも彼女の元へ向かいました。

あたしが着くのに1時間くらいかかったの。まあ、その間に連絡くるよね、普通。

それは予想してたから、あたし必要なくなる可能性大じゃんね。

だから、あたしも買い物するつもりで出ていったのさね。


着いて「連絡きた?」ってきいたら、寝坊したってゆう謝罪メールがきたとな。

・・・メール?電話じゃなく?謝るのに?


はい、ダメ男確定。


で、そのメールでは富士急はもう無理だろうけど、今日遊びたいみたいなことが入っていたから彼女も許して返信したのね。

そしたらね、そっから返事こないのね。


・・・・え??


意味わかんない。

2度寝?


「怒る気力もない・・・。てゆか、こんな扱い初めてなんだけど。わざわざあたしが電話してあげて怒るとかしたくない」


彼女はそのメールから数時間後に

「帰ります」

とメール。

やはり反応ナッスィング。


てなわけで、その日は2人で男や仕事について語り合ってすごしました。

終電くらいまで一緒にいたのかな。


途中お互いアツく語りすぎて寝坊君のことなど忘れていたのだけど、夜んなってまだ連絡ないことに2人したまた驚き。

言い訳メールの1つもこない。

事故?親が倒れた?携帯故障??実は彼女持ちで、彼女にばれた?

などなど色々な事態を想像。


もう、何でもいいからとりあえず理由が知りたいよねってことで「どうしたの?」みたいなメールを送信。

それにも返信はなく。

思った以上のダメ男ぷり?


次の日、電話があったそうです。

ものすごく謝っていたとな。

おばあさんが亡くなったとのことで・・・。


み「それにしたってメールくらいできるだろって思うけど・・・まあ、亡くなったとかきいたら何も言えないわ。許しちゃった」


まあ、怒れない。

けど、本当に・・・メールくらいできるだろってのは思ってしまうよ。

最初の謝罪メールの時点で、彼は寝坊していて、彼女は待ち合わせ場所に着いてて1時間以上待っている状況よ?

身内に不幸があったってゆうのは確かに大変なことだけど。

ショックだろうし、あわただしいだろうし。

それでも待ち合わせをしているのだから「ごめん、行けなくなった。また連絡します」くらいの連絡は最低限やるべきことだと思うのだけど。


で、2人はまた会うことになったみたいなんだけどね。

なんだか、大事な友人がそんな男に引っかかってほしくないって思う。


あたしがダメ男にひっかかっておいて言うのもアレですがね。。。

うん・・・「そんなヤツやめなよー」とか、言われる側だからね、いつも。

あは。

そうか、あたしを心配する友達はみんなこんな気持ちかあ。


とりあえず、その寝坊君の今後の頑張りを見ようかって結論。

ああ、心配・・・。

続き。

テーマ:

さっきの日記のつづき。


って思ったら、ねぇさんからメール。

ケンカはしたけど、今は落ち着いてるとな。

良かった良かった☆


まあ、ちょっと色々問題があって簡単に「ヨリ戻す!!」とはならないんだろうけど。

でも、ずっとケンカしっぱなしではなくってちゃんと話し合えているなら、とりあえず良かった、なのさ。


ねぇさんは良くも悪くもとっても「オンナ」なんで、感情論に走りがち(あたしもそうだけど、彼女にはとうていかなわない・・・)だから、ケンカになるとすごい激しいみたい。

また泣きはらした目で月曜に会うのでは、と心配だったのさ。

落ち着いて、ゆっくり話し合ってきてほしい。。。


男前、頼むぜ。


で、ハナシを戻します。

続きね。サプライズ。


電話からしばらくして、うちらが買い物してるとこに男前氏がやってきたのね。

ほんとはそこであたしは帰るはずだったんだけど、ねぇさんは乗っていけと。

買い物に誘っておいて男がきたらバイバイって置いていくのはさすがに・・・ってことらしく、男前車であたしの定期券圏内の駅まで乗せてくれることに。


うん、えっと・・・お気使いは嬉しいのですが。

それはつまり、こんな微妙な状況の2人と一緒に車に乗れと?

ねぇさんに負けて乗りましたけど。けど。

正直きつい。

なんか、すげー空気読めない子みたいじゃん。

どどどどどどうしよう・・・早く駅!駅着いて!!


とか思って後部座席でちっさくなってたら。

助手席のねぇさんが突然窓にはりついて「停めて停めて!!」と叫んだ。

それきいて外を見て、びっくり。


「停めて!あれ、BANちゃんの好きな子!!」

通り過ぎたばっかの交差点で、夜間が信号待ちしてたの


停めて、窓を開けて夜間を呼ぶねぇさん。

びっくりしてキョロキョロする夜間。


「あんたが窓あけないでどうすんの!!」

男前車は窓開けないと車内が見えません。

ってゆうか後ろは窓あかない。ドアあけにゃーいけんのね。

「やだやだやだ!!あたしすっぴん!!」

「だいじょーぶ、可愛い!!あ、気付いたかも。こっちくるよ。」


夜間が車に近付いた頃あたしもそろそろとドアをオープン。

学校前にドコモショップに行くとこだとゆう彼。

電話中、異常な雑音がはいる携帯だったんで多分その修理。

そんなこんなでほんのすこーし話せただけだけど、しかもあたし超すっぴんだけど。

嬉しい。


で、夜間とバイバイしてまた駅へと向かう車。

「えへーあたしえらい??」

と可愛く笑うねぇさん。超えらい!!

しばらくしてから「ねえ・・・あたし達がテストだったんだから夜間もテストだよね?」とねぇさんがポツリ。

「うん、そですね・・・・って、夜間部始まってんじゃん!!遅刻じゃん!!あの子何やってんの!!」

「だよねえ?」


最近仕事のせいで学校をやすみがちだった彼・・・もしや、テストのこと知らない??

有り得る。


あわてて電話・・・つながらない。

多分、修理に出してしまった後。。。


あわわわわ。


まあ、多分遅刻でも今回は試験監督役が甘い先生なんで普通に受けれる、はず。

テストを知らなかったなら勉強してないだろうけどね・・・。



会えたのは嬉しいけど、もしかしたら全然喜べない状況かもしんない。

こわいよぅ。


確かめるのがこわくてメールしてないさあ。

追試受けたらいいだけなんだけどさ、いま彼のモチベーションがこれ以上下がるのだけは避けたいんだ。

どうかどうか、遅刻でも普通に受けれてますように。

欲を言えば、ちゃんと受かってますように。



テストだったの。

だから、いつもより早く終わって、ましゅーちゃんと先輩ねぇさんとお茶。

そんで、マシューちゃんとはバイバイして、買い物したいという先輩ねぇさんとブラブラ。

ねぇさんとの買い物はいつも楽しい!!

彼女は元アパレル関係だから見る目あるし。

アドバイスはいつも適切☆

そんなに気を使わなくても、テンポが同じくらいだから疲れないしね。




で、そん時に見たバレンシアガのバッグに2人してヨダレ・・・。


あたし、ブランド物にはほとんど興味ないんだ。

ウン十万もするのにたいして可愛くもなくて(可愛くないよね?)他の人とかぶりまくるバッグなんていらねーって思う。

バッグ好きだけど、安くて可愛いのっていっぱいあんじゃん。

そっちの方がいいじゃん。

そう思ってたのに。



ちょっと前に20万弱くらいのバレンシアガを雑誌で見て一目ぼれ。

そんな高いヤツ初めて「欲しい」って思った。

実物を初めて見て、ショーケースから出してもらって2人でメロメロ。

改めて「買いたい!!」ってなった。

人とかぶるのは嫌だけど・・・欲しい。

高くても、その価値があるって思える。

貯金して、買うかも。

すぐは無理だけど、いつか・・・。


手にとったそれは16万いくらか。

が、頑張る!!


そんなこんなできゃあきゃあ言いばがら色々みていたら、ねぇさんの携帯に着信。

男前氏だ。

日記に書いていなかったかもだけど、先輩ねぇさんはこないだ男前にお別れを告げてきました

わがままねぇさんと頑固男前。

ぶつかってばかりで「好きだけど、本当にもう無理・・・」とな。



だから一応2人は別れてるってことになってる。

それでも男前からは時々メールがくる・・・みたいな日々が続いてて。

で、突然今日話し合おうって。


頑張ってくれ男前。


とりあえず男前は車で来るってゆうんで、あたしはそのタイミングで入れ違いで帰ることにして一緒に待っておりました。

そしたら、ちょっと嬉しいかな??なハプニングが。

嬉しい・・・・多分。


ハプニングな内容は後で書きます。

落ち着いた、かも。

テーマ:

落ち着きました。

多分。

やー、取り乱しちゃったわ。


とりあえずね、考えには口出さないことにしたの。今は。

疲れてたり、落ち込んでたり、嫌ンなってる彼のメンタルな部分を心配しようと思う。

彼がちゃんとした判断を下せるように。間違えないように。

気持ちが病んでいたらネガティブな答えしか出せないかもしれないしね。


電話の時に「仕事を詰めすぎだから休みな」って言ったのね。

カラダ壊したらほんと意味ないから人いなくたって無理やりにでも休みなさい。

それはいつも言ってることだったから「どうせ言ったってきぃてくんないけどねー」って付け足したら「そんなことない、ありがとう」って返してくれた。


で、さっそく次の日仕事場で休みが欲しいって言ったらしい。

あらあら。いつになく素直。

ってか、そんだけしんどかったんだろうな。

かなり気が楽んなったってさ。良かったよ。

本当に、おかしいくらい働いてたもん。

2人くびんなったから人いないっつって休みの日がないの。

昼勤か夜勤かもバラバラ。

ありえん。


お礼と報告のメールの最後には「じゃあ、予定合わせて江ノ島行こうね」って書いてあった。

江ノ島、チケの期限内に行くのは無理かもなーって思ってる。

休みとれたなら、休ませてあげたいし。

それでも、大事な休みをあたしとの約束のために使おうと思ってくれてるんだと思うと嬉しい。

それがわかったから、それだけで救われる。


江ノ島、いつか行こうね。

いつかでいいよ。

やくたたず。

テーマ:

さっき書いた日記のことなんて、一瞬にしてどうでもよくなった。

どうしよう。


なんでそんなに弱いの。

学校では他の誰にも言っていないという弱さを、あたしにまず見せてくれるのは嬉しい。

でも、あたしはあなたをそこから引き上げてあげられる強さなんて持ってない。

疲れてるあなたに、何をしてあげたらいいかわかんない。

みんなに言う時は、きっと決めた後でしょう。

あたしは、何て言ったらいいの。



あたしに答えを求めていないのなんて知っている。

あたしが何を言ったって、自分で決める人だから。

それでも、あたしは何か言わないと。


違う。

何も言わずに見守ればいいかな。


わかんない。

どうしよう。

泣きたい。



助けたい。

そんな気持ちだけ空回りしてる。


吐き出した言葉を全部受け止める。

今できるのは、本当にそれだけ。