ヤンマーは6日、コンバインの部品に法定基準(重量の0.1%)を超える石綿が含まれていたとして、販売店などを通じて部品を10日から無償交換すると発表した。

 部品の生産を委託した中国企業が指示を守らず、法定基準以上の石綿を含むゴム製パッキンを使用していた。石綿はパッキンに練り込まれ、パッキンも密封されたケース内にあり、飛散の恐れはないという。

 対象のコンバインはこのパッキンを使って、07年2月~10年1月に製造した計1347台。型番はAG460、AG467、AG470、AG570、AG572。【青木勝彦】

【関連ニュース】
石綿:中皮腫死の教員に労災認定 学校での被害認定は初
アスベスト:中皮腫死、教諭の公務災害認定へ 小学校、体育館の石綿原因
アスベスト:石綿被害で建設関係者提訴 県内は38人 /神奈川
街かど:アスベスト被害者の会発足へ /京都
トーヨーボウル:廃虚10年…ヤオマサが取得、解体へ 解決に道筋--大井 /神奈川

「県警に行って」無賃乗車の男を現行犯逮捕(読売新聞)
メタボ健診、対象と知りながら未受診が3割(医療介護CBニュース)
「αリポ酸」で震え、めまい、動悸 「サプリメント信仰」は危険(J-CASTニュース)
<凧あげ>大空高くバラモン凧 長崎・五島市(毎日新聞)
<巻機山>男女5人を救助 新潟・群馬県境の遭難(毎日新聞)
AD