共産党の市田忠義書記局長は5日の記者会見で、与謝野馨元財務相や平沼赳夫元経済産業相らによる新党構想について「沈没しかけた泥舟から早く飛び出そうという感じで、顔触れを見ると憲法改正と消費税増税という最悪のコンビだ。新党どころか旧党のような印象で、新しさは全く感じない」と述べた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<京都大>「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)
職場がん検診「受けたい」97%=実施2割、情報不足も-官民プロジェクト調査(時事通信)
社民党がサイパン、テニアンに視察団 受け入れ意思の再確認で(産経新聞)
強盗殺人で無職男に無期懲役=酒店主襲い5万円奪う-千葉地裁(時事通信)
親鸞 750回御遠忌前に「鸞恩」くんなどキャラ3体(毎日新聞)
AD