千葉県鎌ケ谷市は25日から、学校の春休みに合わせ、市議会の委員会室を市内の児童・生徒に自習室として開放する。庁舎の有効活用と、将来の有権者に地方自治に親しんでもらうのが狙い。

 1年間のうち委員会室が使われるのは、市議会定例会(年4回)での計18日程度。市内には子供が休み期間に自習できる公共空間が少ないことから、市職員有志が施設の有効活用策として発案した。

 全国でも珍しい取り組みといい、定員50人。「地方自治は民主主義の学校」と言われるが、名実ともに学びの場となった部屋でヤジを飛ばしたら、センセイではなく反面教師と言われそう?【荻野公一】

広末涼子さんが追突事故=乗用車に、けがなし-東京(時事通信)
「無戸籍の子」救済へ改正案=議員立法目指す-民主研究会(時事通信)
名護市で米軍車両が追突逃走、子供2人けが(読売新聞)
給与未払い、阿久根市の敗訴確定へ(読売新聞)
黄砂、九州から北海道にかけ観測(読売新聞)
AD