1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-05 18:57:19

ファイルNo,307 F様 R1Zメンテその1

テーマ:R1Z

先日入庫したF様のR1Zです。

 

他店で購入されてまだそれほど経っておらず

外装関係は抜群にきれいです。

ですが乗り出してみるとエンジンの正面の油汚れがとても酷く、

許容レベルを超えています。

購入したショップにてエキパイの再脱着を施すも

あまり状態が進展しないので見て欲しいとの事。

 

入庫時のエンジンの写真が抜けてしまいましたが

確かにすごい汚れ方です。

当初YPVSバルブの吹き抜けか?

とも思いましたがそれだけではなく、

クランクケースの合面からも吹き抜けている感じでした。

走行距離はメーター読みで15000キロちょい

 

↑クランク左シールです。

 だいぶ消耗している様です。

↑クラッチ周辺はきれいですね。

 ストレーナーも交換の必要がありません。

 

↑シリンダーです。

 YPVSバルブシールは多少なりとも吹き抜けてきますが

 バルブの状態は意外に良さげな感じです。

↑今回はO/Hを最小限に済ませるため

 ボーリングは行わない予定でした。

 シリンダー内に大きな傷もなくまずはホットしました。

↑↓ノーメンテの車両ですと腰上パーツにガタが出て

   バルブホルダーの合面もガビカビになってくるのですが

   両サイドとも問題無し。   

↑YPVSバルブも再利可能。

↑ホルダーも再利可能状態で驚きました。

 パーツ同士の相性が良かったのか?

  一度腰上のメンテを行っているのか?

  乗り方が上手いのか?

 いずれにしても珍しい事です。

↑ピストンも清掃して再利します。

 因みに純正スタンダードサイズです。

↑ヘッドの燃焼室も問題無し。

↑クランクの開きは問題無し。

↑ですがクランク左シールの当り面が心配の種です。

 右側はセパレート式になっているので

 スペーサーカラーを交換すればOKですが

 左側はシャフトにダイレクトなので

 シールリップの当り面の状態が悪くなると

 シールを新品に交換しても早期に吹き抜けてくるのです。

 ここでクランクをどうするかはF様に決めて頂きます。

 

↑肝心のクランクケースの合わせ面ですがご覧の通りです。

 入庫してエンジンをかけた時に合わせ面に気泡が出たのですが

 やはり吹き抜けていたのだと思います。

↑クラッチは問題無し。

↑シフトシャフトはシール漏れしていましたので

 お約束の交換です。

↑エンジンマウントボルトも腐食大ですので交換予定。

 

↑オイルポンプは再利の予定。

 もちろんガスケット類は交換しますので

 一度清掃して様子をみます。

 その他ミッション系の写真はいずれ組み上げ時にまとめてアップします。

 

 と言う事で今回の車両は間違いなくきれいな個体でした。

 大切に保管されていたのかもしれませんね。

 それでも経年劣化によるトラブルは避けられませんので

 そろそろ私のRZRなどもエンジンのメンテを考えないと

 駄目な頃合いかなぁ~なんて思ってしまいました。

 前回O/Hしてから10年以上経ってますからね

 シール類がヤバいかも・・・

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-12-04 15:10:21

ファイルNo,306 M様 RZ前後ブレーキ換装オーダー

テーマ:RZ125/250/350

ファイルNo,252 E様RZ リヤブレーキマスター変更

↑以前当店で施工した記事を見てオーダー頂きました。

 

今回のオーダーは前後にAPレーシングの

キャリパーを採用したいと言うものです。

 

スイングアームの垂角その他、

ドラム用のビートのステップも全く同じ仕様ではなく

(ペダルが他車のものと交換されている)

前回のデーターはそのまま生かせませんので

色々と考えながら進めさせて頂きました。

↑入庫した状態ですでにTZの足回りが

 入っておりますがブレーキ関係は未処理。

 ステップはビート製のドラム用です。

↑APのキャリパー

 前後とも同じものを取り付けます。

↑このAPのキャリパーは

 ローター外径に対してそれほどフレキシブルではありません。

 今回の組み合わせではローターがパットが飛び出てしまいます。

 ですがアクスル側に寄せると本体が干渉する。

 パットの飛び出しに関しては妥協するしかありません。

↑まずは何時ものごとく仮プレートを製作してみます。

 ボルト穴には必ず遊びがあるため

 図面上で計算してボルト位置を割り出しても

 実際に仮プレートで試してみると

 遊びの状態によってはキャリパー本体と

 ローター外周部が干渉したりします。

↑完全にボルト位置を把握するまでは

 何枚も仮プレートを製作します。

↑ボルト位置が定まった後に本格的に設計に入りますが

 これがまた一回で決まらないわけでして

 現物大にプリントしては確認して微調整を行います。

↑完成したサポートを仮組します。

↑いい感じに収まりました。

 因みにスポークとキャリパーの干渉を防ぐため

 ローターも若干外側にオフセットさせてあります。

↑±0.01のシムを加工してあります。

↑こんな感じでセットしてローターをオフセットしてあります。

  

 今回分割式のシムを採用したのは

 PCDが大きくオフセット量が少ないので

 リング形状で製作するのが精度的に難しいからです。

 

次にリヤ側です。

 

↑リヤもローターのオフセットが必要でした。

 こちらはリング状のスペーサーを製作して対応

 精度は±0.01 4mm厚です。

↑リヤサポートの製作工程は省きますが

形状は写真のCです。

↑トルクロットを固定するステーを製作。

↑スイングアームに固定して溶接します。

↑トルクロットを取り付けるとこんな感じ。

さて いよいよステップ側です。

↑今回のRZはTZのスイングアームの角度が

前回のオーダーとは異なるため

マスターを固定するプレートの製作と言いますか

位置関係で難儀しました。

結局プレートを3段階で調節できるように製作しておいてから

現物合わせで位置を確定させ

その後にカム関係の加工に入った次第です。

↑ビートのステップをバラし カム部分を改造します。

↑マスターの角度に合わせてステーを新設。

↑ペイント 

↑3段階の内 一番下の穴を採用しました。

 ブレーキスイッチと連動するバネもバッチリ機能します。

予定より3日ほど遅れましたが

何とか完成しましたのでこの後納車となります。

 

※マスターはRZRの純正新品

 マスターカップはポッシュ製

 ホース類のフィッティングは当店では今回行いません。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-29 13:27:45

ファイルNo,304 VFR750FにVTR1000SP,XV(TR1)にDUCATIの三又完

テーマ:日々の作業

ファイルNo,304 VFR750FにVTR1000SP、XV(TR1)にDUCATIの三又

 

↑まずはXVから・・

 ステムシャフトワンオフ完了!!

  7075材+ハードアルマイト仕様です。

↑よくある事ですがノーマルのステムシャフトを引き抜くと

 写真の様に内壁がカジリ気味になっている場合があります。

 スイングアームのピポッドベアリング圧入部などにも見かけます。

 ワンオフシャフトを圧入する前に面を整えておきます。

 

↑DUCAのトップブリッジに合うように

 カラーもワンオフしました。

 

↑トップ裏から差し込んでクランプボルトを締めればOKです。

 

↑表面はこんな感じになります。

 

↑XV用の純正シールを取り付けるための

 段付きスペーサーを製作して取り付けます。

 

↑シール取り付け完了。

 

↑ベアリング取り付け完了。

 

↑↓車体落ち込みではありませんので

   三又のみの検証からできる限りの配慮はしましたが

   何か不都合があればご一報頂ければと思います。

↑取りあえず送って頂いたXVのWリングナットを付けて梱包しますが

 リングナットの上下面が思ったより段付きになっているため

 新品を調達した方が良いかと思います。

 

↑次にVFRの方もシャフトをワンオフ。

↑アンダーブラケットの内壁を整えてから

 シャフトを圧入→シールとベアリングレースを取り付けました。

 

 

↑今現在7075材でシャフトを製作する場合は

 非貫通タイプでもシャフトの上下先端にφ8の穴を20mm程度開けています。

 ※アルマイト業者さんの要請

 貫通ナットの場合は雨水が溜まるため

 サービスで樹脂のキャップを付ける事にしました。

 

 と言う事でこれから梱包して明日発送となります!!

 

 それにしてももう明日で11月も終わりとはねぇ・・

 一ヶ月間がなんて早いのでしょう。

 11月前半は納車ラッシュだったため保管スペースにも

 余裕が出来たのですがこの一週間でまた埋まってきました。

 ホントにありがたい限りです。

 

 12月は中旬に不在になりがちですが

 17日に恒例のクリスマスコンサートがあります。

 この所の数年はソロで出演していましたが

 今年はボーカルを担当してもらう女性とユニットを組んで

 出演する事になりました。

 私は伴奏とコーラス担当となります。

 ドリカムと今井美樹の曲をカバーするのですが

 ユニットでの出演は急遽決まったため

 私の方がまだコードの選定やコーラスライン等仕込みの最中です。

 12月10日(土)のGLS-TAKUレッスン時間を一時間早めて

 最終調整に当てたいと考えていますが

 きっとコンサート当日は緊張するだろうな・・・

 まぁ うがい薬をかかさず

 風邪やインフルエンザにならない様に頑張ります!!

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-24 20:21:29

2016.11.24 Z1のメンテ

テーマ:Z400~1000 Z1 Z2 FX等

いやはや めちゃ寒いですねぇ・・・

早く風呂に入りたい~

 

と言う事でI 様のZ1の初期点検終わりました。

 

オーダー内容は下記の通り

 

1. エンジンはO/Hしてあるのに調子がイマイチ。

 キャブを見て欲しい。

2.ブレーキペダルの感触がおかしいので

 原因の探求及び修理。

 

 

エンジンをかけてみると2発死んでるような状態でした。

かかりが悪くオーバーフローも激しい。

 

取りあえずキャブを取り外して点検を始めたところ

同調を行うためのアジャスターが欠けていて

そのままでは回せない状態でした。

同調は見た目にも思いっきり狂っています。

↑キャブは一旦全バラしてから

 仮組し直した時の写真です。

 

更に分解して行くとフロートも含めて

インナーパーツの交換が必要である事が判りました。

ドレンプラグのネジもバカになっていた。

 

ここまでくるとあえて純正キャブに拘る必要が

あるかどうかと言う判断に迫られまして

結局FCRを新調する事になりました。

 

ブレーキペダルの感触が悪かったのは

軸受の腐食が原因でした。

↑グリスも塗布されていなかったので

 尚更です。

この部分をメンテする事で踏み込みの感触は

良くなりましたが戻る際に引っかかりが発生します。

↑それはブレーキスイッチのバネとペダルを連結していた

金具の遊びが大きく、

踏み込むたびに金具の向きが変わって

他のパーツに干渉するのが原因でした。

対策を取って完了。

↑その他リヤブレーキシューは新品が組み込まれていましたが

 当りがほとんどついていない状態でした。

 ドラムカバーとトルクロットを連結する

 ボルトの装着状態が悪かったので修正。

 

 その他ドラムロットもあちこち変形していたので

 できるだけ修正して組み直し。

 細かい事ですがこれだけでも感触は格段に良くなりました。

 

 今回は全体の写真はあえてアップしておりませんが

 キャブ関係が入荷次第作業を再開します。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-23 12:01:26

2016.11.23

テーマ:日々の作業

昨日の天気は最高でしたが

本日は寒すぎる・・・

しかも雪になる可能性有 ! ?

これからストーブ用の灯油を買いに行ってこなければ・・・

 

本日の私の仕事はまず

K様のワンオフカラーを仕上げて発送。

それからH様のスイングアームの加工とパーツの組み付け。

その他 計算書と見積もり書の作成と言ったところです。

↑アルマイト出ししていたサポート類も出来上がってきました。

 月末にかけてその他のワンオフ物やオリジナルパーツの製作、

 ステム関係のオーダーも完成させる予定です。

 

↑店長の方はE様のRZRのメンテが

 本日中にガソリンタンクを除いて完了予定です。

 タンクは残念ながら穴が開いて再生困難となりました。

 ホント ヤマハで再生産してくれれば良いのにと思います。

 この後I様のZ1のメンテ検証に入り

 その後は月末までM様RZの作業に入ります。

 

 その他新規での打合せが何件か入っているのですが

 いずれも自走持込の天候次第と言う事になります。

 一人営業日でなければ打合せの後に

 そのまま車両をお預かりして

 最寄りの「北総線白井駅」まで車で送って行くこともできますので

 気軽にご相談ください。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。