大相撲の元横綱朝青龍の主治医を務めていた本田昌毅医師(39)と、本田医師が代表を務める会社が東京国税局の税務調査を受け、2008年までの3年間に計約1億円の所得隠しを指摘されたことがわかった。

 収入の一部を申告から除くなどしていると認定されたという。

 申告漏れ総額は約3億円で、重加算税や過少申告加算税を含む追徴税額は約1億円とみられる。関係者によると所得隠しを指摘されたのは、本田医師と、病院運営会社「ホンダメディカルホールディングス」(東京都港区)。本田医師は精神科医として活動しているほか、ホンダメディカルを通じ東京など10か所で美容外科クリニックを運営、美容外科医として報酬を得ている。

 同局の調査で、ホンダメディカルを巡って、実態のない経費を計上し、法人所得を少なく申告していると指摘されたほか、個人所得の一部を除外していると判断されたという。本田医師は読売新聞の取材に、「前の税理士にめちゃくちゃな申告をされた。見解の相違で、架空経費の計上はない」とし、既に修正申告に応じて納税を済ませたという。

5613匹 春風に泳ぐ 「世界一こいのぼりの里まつり」(産経新聞)
<殺人容疑>21歳長男を刺した父親逮捕 茨城(毎日新聞)
菅氏「鳩山首相は4年続けるべき」(産経新聞)
落選候補に実刑判決=北九州市議選の偽投票用紙事件-福岡地裁支部(時事通信)
気象庁係長をすりで逮捕 出勤途中の地下鉄内で(産経新聞)
AD