平沼赳夫元経済産業相を代表とする新党「たちあがれ日本」は12日午前、会派結成を衆院事務局に届け出た。一方、自民党は、新党に加わった与謝野馨元財務相と園田博之氏の会派離脱を、また、保守系無所属議員による会派「国益と国民の生活を守る会」は平沼氏の会派離脱を、それぞれ届け出た。衆院の新しい勢力分野は次の通り。
 民主・無所属クラブ310▽自民・改革クラブ116▽公明21▽共産9▽社民・市民連合7▽みんなの党5▽国民新3▽たちあがれ日本3▽国益と国民の生活を守る会2▽無所属4。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<訃報>日比野元治さん82歳=元戸田建設専務(毎日新聞)
「孤独死」身近に感じる高齢者は4割超―内閣府調査(医療介護CBニュース)
医師会と市長の対立が泥沼化、学校医不在にー山梨・上野原(医療介護CBニュース)
<大阪地裁>小林死刑囚に尋問…拘置所内、名誉棄損訴訟で(毎日新聞)
新党結成へ5日夕最終調整 平沼、与謝野氏ら(産経新聞)
AD