1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018年02月12日(月)

2/25アッパー新年祭り・残席3!/東京五輪の最終聖火ランナーは長嶋茂雄さんできまり!/他

テーマ:ブログ

<次回イベントの案内>
舟木昭太郎トークとオークションの午後PART13
「アッパー新年祭り」

藤原敏男、猪狩元秀両レジェンドを迎えて新年を盛大に祝う!
増沢潔、ミッキー鈴木、武藤英男、土屋ジョー、金沢久幸の元チャンプも参加!


2月25日(日)銀座セントポールズサロンでの「アッパー新年祭り」(13:00~15:30)の参加予約状況をお知らせいたします。

2月12日現在・残席3名です!

参加ご希望の方は、早目のお申し込みをお願いいたします!


[お申し込み&問い合わせ]
㈱アッパー TEL:03-3649-0620 E-mail:sf.uppper@gmail.com
upper@Lapis.Plala.or.jp line messeengerでも可。
(住所/氏名/年齢(任意)/電話番号を明記の上、お申し込みください。締切2月20日、定員になり次第締切とさせて頂きます。)
*場所は、東京メトロ銀座線銀座駅B5出口すぐ。千疋屋ビル6階です。

--------------------------------------------
[随感]ピョンチャン五輪印象
~東京の最終聖火は長嶋茂雄さんだ!~
[学習]9回目を迎えた舟木塾
~偉人賢人に学ぶ~
~出来る男には流儀がある~
[虫歯]日本の保険医療と口腔ケア
~現行の医療制度は守れるのか~

--------------------------------------------

[随感]ピョンチャン五輪印象

東京の最終聖火は長嶋茂雄さんだ!

ピョンチャンオリンピックの開会式で私が印象深かったのは、五輪賛歌の韓国人オペラ歌手、各国の韓国人との混血児たちによる国歌合唱、それに聖火を灯したキム・ヨナ。韓国でのジョン・レノンのイマジンの合唱には少々違和感を覚えたが、五大陸の人々のスポーツの祭典とあれば、こういう手もあるかなと得心した。

~想像してごらん みんながただ今を生きている~

~Imagine all the people living for today~

全体的に奇抜な演出もなく緩やかに自国の歴史を表現していたのは良かったのでは。五輪マークをドローンで空中に掲げるなど最新技術も駆使、韓国のテクノロジー立国の片りんをアピールしたのだから。

キム・ヨナの聖火点灯で頭を過ぎったことは、20年東京での最終点火儀式は果たして誰に委ねられるのだろうかという点。私の意中の人は、長嶋茂雄さん。彼ならば日本国民挙って賛成するのではあるまいか。一野球ファンに留まらず広く国民から愛される永遠のスーパースター。健康を患いながら懸命に生きる姿は共感を呼ぶだろう。

1996年アトランタ五輪、パーキンソン病で苦闘するモハメド・アリさんが最終ランナー、小刻みに震える手で火を灯し、見る者の感動を誘った。長嶋さんは、その光景とダブる、これで決まり!でもね、その時は長嶋さん、○○君と一緒じゃないとやらない、とゴネないで。


[学習]9回目を迎えた舟木塾

偉人賢人に学ぶ

共に学ぶと始めた「舟木塾」もいつの間にやら9回を数えた。1回から3回までは代々木上原駅周辺の喫茶店を転々としたが、いまでは代々木八幡駅前の3坪ほどの小さなカレー店の空き屋を無料でお借りして隔月開催している。参加者は4~5人の小規模のもので午前10時30分から約1時間30分、コーヒー飲みながらのフランクな集いである。少々危ういが私が水先案内人というわけである。

教材は黒崎健時著「必死の力・必死の努力」を紐解いてその教え、強くなるための極意を説いたり、現役時代の具志堅用高さんての闘いに臨む心構え、13度防衛は徹底した自己管理にあった事など、私が取材を通して目撃した事を私なりに咀嚼して伝えるのだが、元来話下手なのでよく伝わっているかどうか。


出来る男には流儀がある

それでも勝又厚男、土屋ジョー、竹井克彦の3氏は休まず来てくれている。塾を開く隣がカレー店だから、終了後にカレーを御馳走することもある。具志堅さんはカレーを食べるときに、先ずすることはスプーンで、ご飯を半分にカットする、食べ残す量を決める。これも体重管理の彼の流儀なのだ、と締めの雑談。出来る男には流儀があるの喩。

9回目となる今般は私のバイブル「菜根譚」(岩波書店・今井宇三郎訳)を教材にした。中国明代の末期儒・仏・道の山教を兼修した洪自誠が自身の人生体験を元に纏めた書で豊饒な味わいがあって、本にはびっしりと付箋が貼ってあり、かれこれ20数年前から私の座右の1冊である。

私は漢文はからっきしダメだから、直訳されたものを私なりに付加して意訳することになる。耳中常聞逆耳之言、耳障りな忠言でもをよく聞きなさい、自分のためになることだから~、とまあこんな具合に、兎に角菜根譚は、咬めば咬むほど、読めば読むほど味がある。言葉の宝石箱だといったら、早速土屋ジョー君が、アマゾンで菜根譚の一般版と、ジュニア版の二冊を購入しましたとのメールを頂いた。嬉しい現象だ。土屋ジョー、向上心あり!


[虫歯]日本の保険医療と口腔ケア

現行の医療制度は守れるのか

3度の食事のあとは必ず入念に歯磨きして、更にうがい薬でグチグチ、3か月に一度の定期検診も受け、虫歯、歯周病には細心の注意を払っているのにだ。虫歯がありますね、と突然歯科医からいわれ驚いた。10年このかた無かったのに上部奥歯にできた。痛くも何ともないが、削られ銀歯を埋めた。歳も歳だから保険が利く範囲でいいですよ、と医師にいったら、保険一割負担でしょう、だったら安く済みます。じゃ、それでお願いします、となり結果は1,350円也で済んだ。妻に、安かったと言ったら「毎月あなたは幾ら保険料を払ってると思うの!?」とカウンターパンチを食った。

でも安いよ。友人に銀歯だと5万は取られる、と脅かされていたのに拍子抜けした。日本の医療制度は世界一である。我々はこの制度を享受するためには、なるべくお医者さんにかからぬよに心掛けなくてはなるまい。倅に「キューバなどは医療費がタダで受けられるらしいね。」といったら「クオリティーが劣る。日本は(多少)金は掛かっても、質の高い医療を受けられる。」と一蹴された。

生命の元はお口から、病気を貰うのもお口からその割に口腔ケアはおなざりになっている。歯磨きが終われば、指で歯茎をマッサージ、終わったらベロのストレッチ、出したり引っ込めたり、左右に動かしたりする。夕食後は一切食べ物は口にしないのに、虫歯になった。磨き方が足りないらしい。虫歯とは何とも厄介なものだ。それにしても年々医療費が膨れ上がり、何処まで現行制度を維持できるのか心配である。


舟木塾の常連、キックボクシング土屋ジョー会長(左)と

ヨガインストラクター勝又厚男さん(右)と。


DVD再入荷のお知らせ

お待たせ致しました!完売となっていたDVDが入荷しました!

「カンムリワシ 具志堅用高」    
~ 世界タイトル全15戦 ~ 第1部 [戴冠]

商品番号UD-1、4,762円+税
(制作著作発売:TBS、販売:UPPRER)

お申し込みはupper@lapis.plala.or.jpまで。

詳細はUPPERホームページをご覧ください

※下記会社からもアッパーDVDの申込が出来ます。
【株式会社クエスト】
 TEL:03-6380-3031 FAX:03-3209-5535
 東京都新宿区高田馬場1-28-10三慶ビル3階
 www.queststation.com


Upper Official Siteへ

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年02月05日(月)

一撃必殺でV2を果たした具志堅用高の愛弟子・比嘉大吾、猛襲は見る者のハートを打つ/他

テーマ:ブログ

<次回イベントの案内>
舟木昭太郎トークとオークションの午後PART13
「アッパー新年祭り」

藤原敏男、猪狩元秀両レジェンドを迎えて新年を盛大に祝う!
増沢潔、ミッキー鈴木、武藤英男、土屋ジョー、金沢久幸の元チャンプも参加!


2月25日(日)銀座セントポールズサロンでの「アッパー新年祭り」(13:00~15:30)の参加予約状況をお知らせいたします。

2月5日現在・残席5名です!

参加ご希望の方は、早目のお申し込みをお願いいたします!


[お申し込み&問い合わせ]
㈱アッパー TEL:03-3649-0620 E-mail:sf.uppper@gmail.com
upper@Lapis.Plala.or.jp line messeengerでも可。
(住所/氏名/年齢(任意)/電話番号を明記の上、お申し込みください。締切2月20日、定員になり次第締切とさせて頂きます。)
*場所は、東京メトロ銀座線銀座駅B5出口すぐ。千疋屋ビル6階です。

--------------------------------------------
[随感]羽生結弦最後の挑戦
~ぶっつけ本番の賭け、ミラクルを願う!~
[拳闘]一撃必殺でV2果たした比嘉大吾
~猛襲が見る者のハートを打つ~
[槐の木]公園の一隅に立つエンジュ
~この木なんの木気になる木~

--------------------------------------------

[随感]羽生結弦最後の挑戦

ぶっつけ本番の賭け、ミラクルを願う!

9日に迫ったピョンチャン冬季オリンピック、フィギュアスケート羽生結弦選手に私は最も注目する。ぶっつけ本番で果たして大丈夫なのだろうか、彼は競技を完遂できるのだろうか、団体戦の出場を見送ったのは当然としても、やはり不安が残る。出場する競技は、16日がショートプログラム17日がフリーとなっている。昨年11月、練習中に転倒右足を捻挫して乾坤一擲の大勝負である。

2連覇がかかる五輪だ。金メダルなれば実に66年振りの連覇だそうだから、フイギュアスケート競技の連覇がいかに難しいかを物語る。私の家内は暮の12月13日、左足関節複雑骨折で40日間入院し、退院しても週1回リハビリに通う。療法士がいうには、完治までは1年かかるそうだと。

確かに、骨折と捻挫では、相違があるが、足首関節の怪我は治り難い。それでなくとも、硬い氷上。その上で、難度の高い3回転4回転ジャンプを繰り出すのだから、当然足首に全体重がかかる。負担は測り知れず、それを練習したまま調整治癒していくとなれば、甚だ厄介な命題だ。断崖絶壁の氷壁を登攀する如し、頂上を極めるのは困難、試練を乗り越え金メダルを手にするはミラクル。

ミラクルを願う、勝負曲はショートプログラムで「ショパンのバラード1番」フリーで使うはソチと同じ陰陽師のメロディーか、羽生結弦の舞いよ軽やかであれ!右足首が安穏であれ!只々無事を祈るのみ。


[拳闘]一撃必殺でV2果たした比嘉大吾

猛襲が見る者のハートを打つ

WBC世界フライ級王者比嘉大吾、フエンテスを152秒KOはまさに鎧袖一触、一撃必殺のボディーブローであった。これでデビュー以来15戦15KO、本当に頼もしい逸材だ。公私ともにお付き合いのある具志堅会長の愛弟子なだけに、私は格別嬉しい。

勢いにのる比嘉も具志堅会長に言わせれば、「比嘉はここ1週間はよく眠れなかったので心配していた」そうな。ふるさと沖縄での凱旋試合とあってやはりプレッシャーが相当あったのだろう。

そういえば師匠・具志堅会長は、1987年(S62年)3月8日具志川市で14度目の防衛戦でフローレス(メキシコ)に、12回KOされ防衛記録を阻まれた。ふるさとでの王座陥落、結局引退。今も鮮烈に残る、あれは篠つくような雨の夜であった。或いは子弟共々そのジンクスが頭から離れなかったのかもしれないが、いずれにしてもそれは杞憂で終わった。いまの比嘉にジンクスは無用。

それでも悩め、苦しめ、かくて強くなる。具志堅会長も現役時代は控室で試合を待つ間は「ここから逃げ出したいと何時も思った」それが人間だ。比嘉大吾の称賛してしかるべきは、勇敢なハンターであること、攻め込むときに躊躇しないことだ。その、果敢なる猛襲が見る者のハートを揺さぶり動かす、プロの見本である。私の老後の楽しみがまた一つ増えた。


[槐の木]公園の一隅に立つエンジュ

この木なんの木気になる木

♪この木なんの木 気になる木 名前も知らない 木ですから♪ (日立の樹) 有名なCMソングだが、ずっと気になっていた木がラジオ体操に毎朝通う大山公園の一隅に、円形のコンクリートに囲われて孤高に佇む。気になって仕方がない。それでとことん調べて見ることにした。結果は、大変ありがたい木であった。以来私は密かに件の木に向かって、日々礼拝している。

珍しい字を書く。木へんに鬼と書き「槐=エンジュ」と読む。中国原産、7~8月淡緑の白色の蝶形花大きな円錐花序となって付き、秋、花が終わると数珠状豆果を結ぶ。いまの季節、剪定され丸坊主の寒々とした姿で誰も意に介さない。ところがこの槐の木は、縁起の良い恐れ多い木なのである。以下その謂れ。

◎中国では昔から尊貴の木「尊木」として尊重され、周の時代(2000年位前)の宮廷には3本の槐が植えられ朝廷の最高地位の三公は毎日その木に向かって跪拝し学問をした。
◎その丈夫な性質と名前が「エンジュ=延寿」に通じることから、中国では「出世の木」や「長寿の木」「学問の木」として大切に扱われた。仏壇などにも用いられる。孔子を祭る湯島聖堂に立つのは流石である。
また宇佐八幡宮の槐は「平産の幸ある木」「安産の守り神」として信仰されてきた。木に赤い布を巻いて祭る槐の木もある。
◎花の黄色い色素はルチンで高血圧の薬、また乾燥して止血薬として、果実は痔薬となる。云々。
◎花言葉:幸福、上品

とまあ、こんな具合で大変ありがたい木なのに、何ら表記もないのは残念だ。公園課も気を利かして、木札などぶら下げて欲しい。最近公園内、至近に保育園ができた。説明文言があれば父兄が子供たちに木の由来を語り継ぐだろう。私も折に触れ太極拳仲間に、槐の講釈を垂れる。夏、花の咲く頃が待たれる。
出典:HORTI、Wikipedia、MICHIKUSAK、広辞苑。

冬の寒々とした空の下、大山公園に孤高に立つエンジュ。


DVD再入荷のお知らせ

お待たせ致しました!完売となっていたDVDが入荷しました!

「カンムリワシ 具志堅用高」    
~ 世界タイトル全15戦 ~ 第1部 [戴冠]

商品番号UD-1、4,762円+税
(制作著作発売:TBS、販売:UPPRER)

お申し込みはupper@lapis.plala.or.jpまで。

詳細はUPPERホームページをご覧ください


Upper Official Siteへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年01月29日(月)

尚武の国ジョージア(グルジア)、栃の心、クロム・ザザ、ビターゼ・タリエル、チョチョシビリ/他

テーマ:ブログ

<次回イベントの案内>
舟木昭太郎トークとオークションの午後PART13
「アッパー新年祭り」

藤原敏男、猪狩元秀両レジェンドを迎えて新年を盛大に祝う!
増沢潔、ミッキー鈴木、武藤英男、土屋ジョー、金沢久幸の元チャンプも参加!


2月25日(日)銀座セントポールズサロンでの「アッパー新年祭り」(13:00~15:30)の参加予約状況をお知らせいたします。

1月30日現在・残席10名です。

参加ご希望の方は、早目のお申し込みをお願いいたします!


[お申し込み&問い合わせ]
㈱アッパー TEL:03-3649-0620 E-mail:sf.uppper@gmail.com
upper@Lapis.Plala.or.jp line messeengerでも可。
(住所/氏名/年齢(任意)/電話番号を明記の上、お申し込みください。締切2月20日、定員になり次第締切とさせて頂きます。)
*場所は、東京メトロ銀座線銀座駅B5出口すぐ。千疋屋ビル6階です。

--------------------------------------------
[随感]氷点下続き
~老々介護の日々~
[賜杯]栃ノ心の初々しい優勝
~暗い雲吹き払い、共感を誘う~
~尚武の国ジョージア~
~スターリンを生んだ国~
[狡猾]北朝鮮に振り回される五輪
~危機感がないね~

--------------------------------------------

[随感]氷点下続き

老々介護の日々

22日は大雪、以来まだ道端には残雪あり、公園の中にあるグランドは白衣のままで、子供たちは野球の練習は当分お預け。予報によれば週末又雪が降るかも知れないという。温度もここ9日間は氷点下が続き早朝の太極拳、ラジオ体操も辛い。1月もあっという間に終わり、何だかせわしない。

左足関節複雑骨折で入院していた家内が27日、40日ぶりに自宅に帰還したが、まだ片足歩行でままならない。当分は買い物に、雑用にと老々介護だ。40日間せっせと病院通いの身から解放されたのは嬉しいが、いまは家庭内で転ばないかと心配している。年寄りの怪我は家庭内が60~70%というからご同輩は気を付けて。


[賜杯]栃ノ心の初々しい優勝

暗い雲吹き払い、共感を誘う

栃ノ心の優勝はほろりときた。初々しい外国人力士の賜杯、モンゴル勢の優勝にはなかったものだ。日馬富士の暴行、引退から立行司式守伊之助のセクハラ事件と相撲界は、暗い雲が立ち込めていたのに、彼の優勝が一気に雲をさらった。優勝力士インタビューは、心の籠った愛情あふれるもであった。それにしても栃ノ心は男前だね。

親方へのお礼、後援会、応援してくれたファン、そして故郷ジョージアに住む母親、夫人への感謝の言葉と愛が滲み出ていた。それがまた共感を誘った。サンボ(ソ連の格闘技)の欧州代表の17才の時来日、18才で初土俵、恵まれた体躯とパワーで出世街道を上るも、13年の名古屋場所で右ひざ靭帯2本切断で、幕下55枚目まで落ちる。

そのとき相撲をやめようと何度も思ったという。人生須らく辛抱也、耐え忍んだ時期があったればこその今場所の賜杯がある。人間もがき苦しむも糧となる。されば挫折を恐れるな。でもね、モンゴル横綱日馬富士が引退、白鵬休場で栃ノ心は救われた。健在なら鉄壁の連合艦隊に、孤軍奮闘賜杯に手が届かなかったかもしれず、あるいは鶴竜が援護射撃を受けて浚ったのではないか。その意味で運もあったといえよう。


尚武の国ジョージア

ジョージアとはアメリカのジョージア州かと頭を過(よ)ぎる。元の国名はグルジア、私は、こちらの方がなじみ深い。尚武の国、多くの偉大なる格闘家を産んだ。クロム・ザザ、ビターゼ・タリエル、ショータ・チョチョシビリと日本人に馴染みの選手が出た。

その中でもチョチョシビリはミュンヘン五輪軽重量級(100㎏級)金メダリスト、モントリオールでは無差別級で銅メダルと輝かしい記録を残して、1989年4月来日、新日本プロレスのリングに上がり、猪木と異種格闘技戦に臨む。そして裏投げ3連発で5R猪木をKOして凄みを見せた。

タリエルは極真空手から総合格闘家として前田日明率いるリングスに登場、パワー溢れるファイトでファンを魅了した。「タリエルは当たった感触が日本人とは全く違うんだ、骨が固く太い感じで、あれはミネラルのたっぷり入った硬水を飲んでいるからじゃないかな。」前田さんが言った。懐かしい、輝ける黄金のリングス時代!


スターリンを生んだ国

ジョージアの政界に目を転じれば、何と言ってもこの人だ。ヨシフ・スターリン、軍人でもある。ソビエト連邦共産党書記長となり、のち歴史に名高い大粛清を敢行して政敵らを次々に処刑した。日ソ不可侵条約を破棄して、ポツダム宣言を受託した日本に対して宣戦を布告したのも彼だった。北方領土問題もスターリンによるものだ。グルジア→ジョージア、栃ノ心のお陰で勉強になった。ワインの発祥の地であるそうな、飲んでみたい。


[狡猾]北朝鮮に振り回される五輪

危機感がないね

ピョンチャン(平昌)冬季五輪は何やら北朝鮮の狡猾な外交に韓国はその掌で躍らさ翻弄れているとしか見えない。この軟弱さは一体なんだ。恰も庇を貸して母屋を取られた格好だ。

双方の代表会談では、韓国が核、ミサイル廃絶を一言でも持ち出せば、じゃオリンピック参加はしないぜと韓国を脅す。譲歩に譲歩を重ねて、女子ホッケーでは統一チームの結成になり、統一旗の下入場行進することになった。北の美女応援団も旅費を韓国持ちで招待することになったそうな。

北朝鮮は強請れば何とでもなると、自信を深めたろう。韓国は巨額の費用で開催も危ぶまれたのに、他人のまわしでチャッカリ相撲を取り、国威発揚する、では韓国国民も怒るだろう。五輪期間中は米韓演習も中止、その分安心して核ミサイル開発に専念できるとあれば北朝鮮の思う壺だわな。

各国が圧力強化に腐心するというのに、北の隣国韓国文大統領はとんだ甘ちゃん、太陽作戦は過去3度の五輪でいずれも失敗済みなのに、自国開催で、国旗も掲揚できない。北朝鮮の高笑いが聞こえてくるようだ。もう後戻りは出来ない。


公園早朝6時30分頃の光景。左グラウンドには一面の雪が残る


DVD再入荷のお知らせ

お待たせ致しました!完売となっていたDVDが入荷しました!

「カンムリワシ 具志堅用高」    
~ 世界タイトル全15戦 ~ 第1部 [戴冠]

商品番号UD-1、4,762円+税
(制作著作発売:TBS、販売:UPPRER)

お申し込みはupper@lapis.plala.or.jpまで。

詳細はUPPERホームページをご覧ください


Upper Official Siteへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年01月23日(火)

2/25アッパー新年祭り残席僅か!!/望郷の雪、追憶の雪/横綱の相次ぐ休場に思う事/他

テーマ:ブログ

<次回イベントの案内>
舟木昭太郎トークとオークションの午後PART13
「アッパー新年祭り」

藤原敏男、猪狩元秀両レジェンドを迎えて新年を盛大に祝う!
増沢潔、ミッキー鈴木、武藤英男、土屋ジョー、金沢久幸の元チャンプも参加!


2月25日(日)銀座セントポールズサロンでの「アッパー新年祭り」(13:00~15:30)の参加予約状況をお知らせいたします。

1月22日現在25名となっており残席は12名です。

参加ご希望の方は、早目のお申し込みをお願いいたします!


[お申し込み&問い合わせ]
㈱アッパー TEL:03-3649-0620 E-mail:sf.uppper@gmail.com
upper@Lapis.Plala.or.jp line messeengerでも可。
(住所/氏名/年齢(任意)/電話番号を明記の上、お申し込みください。締切2月20日、定員になり次第締切とさせて頂きます。)
*場所は、東京メトロ銀座線銀座駅B5出口すぐ。千疋屋ビル6階です。

--------------------------------------------
[随感]望郷の雪、追憶の雪
~東京に雪が降った日~
[休場]横綱の相次ぐ休場に思う事
~稀勢の里は引退への序曲か~
[誕生]車中出産の報道に落涙
~幸せになってね、と祈る~

--------------------------------------------

[随感]望郷の雪、追憶の雪

東京に雪が降った日

雪の降る町を 雪の降る町を
思い出だけが 通りすぎてゆく
雪の降る町を 遠い国から落ちてくる


大寒波が到来して、関東地方にも雪が久しぶりに降った。高英男が歌うメロディーを思わず口ずさむ。こんな悠長な気分でいたら豪雪に苦しむ人々には、何をバカな、と罵倒されるだろう。それでも私の心は高揚して、さらに止まらず。

雪は昼過ぎから本格的な大雪になった。最寄りの幡ヶ谷駅まで出掛けたら、横殴りの吹雪のようなもので、傘を差しても役立たず坂道をのぼるにも難儀した。5時過ぎスーパーで買い物して帰る頃は益々激しくなり、積もった雪を踏みしめる、ギュウギュウという悲鳴にも似た声音を久しぶりに聞いた。

ふるさとも雪景色だろう。ふと雪に覆われた福島県東白川郡鮫川村の村落を思い浮かべる。こんな夜は熱燗にしよう。雪は人恋ふ。望郷の雪、追憶の雪。ドアを開け外を覗いたら、雪はやむ気配は微塵もない。明日は雪掻きだ。


[休場]横綱の相次ぐ休場に思う事

稀勢の里は引退への序曲か

大相撲は白鵬に続き稀勢の里までも早々休場して盛り上がりに欠ける初場所となった。3日から3連敗の白鵬は、横綱審議委員からその張り手やカチアゲは横綱に相応しくないと注意されてか影を潜め、とんと勝てなくなった。右腕のあのサポーターはカチアゲ用だったのではないか、と疑う。

攻めの最大の武器を失って、これから先思うように勝てなくなると予想する。しきりに取沙汰されるモンゴル勢による談合(勝負の貸し借り)もできなくなり、いまこそ好機なのに日本人力士に精彩、気迫乏しく相撲人気はまた低落するに到のではと危惧する。

稀勢の里の休場は5場所連続、で来場所の状況いかんでは当然進退論が飛び出すだろう。過去、武蔵丸や貴乃花が同じような軌跡を辿り結局引退に追い込まれている。横綱に手が届いた瞬間、既にその時点で燃え尽きていたように思えるのだ。稀勢の里の途中休場は、引退への序曲かも知れない。少年時代に相撲を愛して、千代の海の大ファンだった者として、最近の力士の余りのモロさ脆弱な体を憂う。

ついでに、腕から足までのサポーターは痛々しく、その上、絆創膏までべたべた貼って土俵に上がる力士の姿を見るのも、へきえき、何とかして欲しいものだ。サポーターと絆創膏がないだけでも、力士はすっきりするのに。せめて、5~6分の勝負事の間、土俵上だけでもそれらを禁止出来ないものか。さすれば、大相撲は遥かに見栄えしよう。


[誕生]車中出産の報道に落涙

幸せになってね、と祈る

19日午後常磐線の車中で出産したニュースほど最近心和ませるものもない。隣り合わせた最上都寿美(つづみ)さん(40)が女性の出産に対応した様子が、20日朝日新聞夕刊に載っていた。陣痛から破水まで、咄嗟の行動がまるでドラマ仕掛けのようだ。

「最上さんは四男の着替え用にと持っていたバスタオルを女性の体の下に敷き、合わせてもう一枚を女性客に渡し、周囲から見えないように持ってもらった」(朝日新聞引用)まもなく「オギャー」の元気な女の赤ちゃんの声、安産だった。

良かった、良かった。何故かオジサンは、涙が出てしまった。尊い命が見ず知らずの温かいアシストがあって誕生したんだもの。世知辛い世の中に咲いた一輪の赤い花。
~♪こんにちは 赤ちゃん 私がママよ♪~、幸せになってね、と祈る。


22日夕刻、近所の商店街の雪景色2点



Upper Official Siteへ

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年01月15日(月)

眼力流石、鬼の黒崎/週一ランチの友・元リングサイドクラブ大友氏/元ランカー岩佐氏は建設業社長

テーマ:ブログ

<次回イベントの案内>
舟木昭太郎トークとオークションの午後PART13
「アッパー新年祭り」

藤原敏男、猪狩元秀両レジェンドを迎えて新年を盛大に祝う!
増沢潔、ミッキー鈴木、武藤英男、土屋ジョー、金沢久幸の元チャンプも参加!


<お申し込み・お問合せ>
㈱アッパー
TEL,E-mail,LINE,MESSENGERいずれでも可。
TEL:03-3469-0620 E-mail:sf.upper@gmail.com
注:早々に満員御礼、締切が予想されます。応募はお早めに!

--------------------------------------------
[随感]お年寄りに告ぐ
~厳冬は猛暑に通じる~
[天才」公式戦で佐藤名人を破る
~藤井総太は将棋界のアインシュタイン~
[懐古]増沢潔に敗れたその後の錦利弘さん
~私の人生は増沢によって狂った~
[飲み会]増沢潔さんを囲む
~栄光の日々を語る~
~黒崎健時会長は勝者ズバリ!~
[朴訥]キックボクシングの元ランカー
~岩佐正夫さんは建設業社長~

--------------------------------------------

[随感]お年寄りに告ぐ

厳冬は猛暑に通じる

週末12,13日は殊の外寒く太極拳する指先が凍えるように冷たかった。 家を出るのは5時25分だが外は闇の中、寒いのか猫の鳴声もトンと聞かない。天空には蛾眉の月、まだ街灯も煌々と明かりを放つ住宅街を公園に急ぐ日々。新潟では豪雪で電車が停まったまま乗客は24時間も閉じ込められた。これだけ科学が進んでいるのにどうにもならないとは、自然恐るべしだ。アメリカではフロリダでも何十年振りとかで降雪があり、氷柱が街角の噴水で見事なオブジェを見せていた。厳冬は、猛暑の夏に繋がるとは昔から定説だ。とくに今年の夏は特にお年寄りは用心していた方がいい。


[天才」公式戦で佐藤名人を破る

藤井総太は将棋界のアインシュタイン

凄い天才が現れたもんだ。藤井総太4段、29連勝のあとは何と佐藤天彦名人まで倒してしまった。驚天動地とはまさにこれ、将棋界のアインシュタイン、まだ童顔の中学生15才だぜ。折しも津江章二著「藤井総太 名人をこす少年」(日本文芸社1300円+税)~藤井総太、連勝劇の裏側と強さの秘訣~を読んでいた。表紙には賞状を手にする少年総太君のあどけない笑顔、この少年がプロデビュー1年で名人を下したとあっては、異変。次は2月17日、朝日杯準決勝で国民栄誉賞の羽生善治名人と当たる。凄いことになった。

因みに津江章二さんとは旧知の仲である。その津江さんから、この度藤井総太の本を出しました、というメールが届いた。私が読みたいので買います、と返事を出したら丁寧なメモを添えて上梓したのを早速送ってくれた。「舟木さんとボクシングの本を作ったのが今役立っています」試行錯誤で発行した「日本名ボクサー100人」(日本スポーツ出版社)がそれ、でこの後「世界名ボクサー100人」と続いた。

いずれも津江さんと、私の合作。雑誌は予想を超え売れた。この種のものは、本邦初出版だったからだ。津江さんは、共同通信に席を置きながら徹夜で手伝ってくれた。ボクシング、プロ野球、そしていまは囲碁・将棋チーム編集長と多彩な経歴で、将棋の本なのにボクシングや野球の話題が散りばめられて読んでいて楽しい。将棋はアマチュア四段、豊富な知識とその温厚な人柄で棋士たちの絶大な信頼を得る。彼の情熱の一冊、どうぞご愛読を!


[懐古]増沢潔に敗れたその後の錦利弘さん

私の人生は増沢によって狂った

つくづく最近思うに格闘技の編集者を長くやってきて良かったな、と思う。その延長線上に「舟木昭太郎のトークとオークションの午後」があり、毎回のイベントで暇を持て余すこともない。今回で13回を迎え先般は40年以上のキャリアを持つキックボクシングのファンだという印刷会社会長の大友勝さんに、イベントで出会った。最近は週一で昼食を共にして頂いてる。伺えばキックのリングサイドクラブの一員だったそうな。社長さんしか入れない特別な集まりで、選手を厳しく監視していた。的確な叱咤激励、リングサイドから発す切り裂く声は、試合の花であった。

その大友さんから思いがけない事をお聞きした。「しばらく前のことですが、新宿で偶然に錦利弘君に会ったんです。立ち話だったんですけど、彼はこう言うんです『私の人生は増沢(潔)によって狂わされてしまった。』と。寂しそうでした。」キックボクシングの勝敗が選手一人の人生までも左右するとは、何とも複雑な心境である。敗戦の十字架を背負いながら生きる錦織利弘(本名)さん、試合の事は忘れて。
改めて、鉄腕・錦と謳われた、あの勇姿を顧みる。勝負の敗者が、イコール人生の敗者ではないのに、錦君は自縛から逃れないでいるのだ。「我々(リングサイドクラブ)は、この試合はゴングの舟木さんならば、どう書くだろうと、毎月ゴングを楽しみにしていましたよ。」の言葉には胸が熱くなった。懐古談は私にとっても勉強になる。大友さんいつも私の知らないこと教えてくれ、ありがとうございます。


[飲み会]増沢潔さんを囲む

栄光の日々を語る

9日には、お世話になる銀座セントポールズサロン森社長の招待でその増沢潔さんを囲み銀座の夜を楽しんだ。私の他にセントポールズサロンで手伝う町田礼一さん、彼は増沢と同じ山田ジムで稽古していた。
しかるに話は弾んだ。石川県(増沢さんの出身)の吟醸酒持参で杯を重ねボルテージは上がり、錦との二連戦、当時の状況などたっぷり聞かせてもらった。

勝者増沢の人生は、錦とは正反対に陽のあたる坂道で「錦に勝った後は、3人のスポンサーに毎晩交代で接待され、クラブやキャバレー三昧、夢のような生活を送りました。彼女も何人にもできました。ファイトマネーは、タイトルマッチで50万、ノンタイトルで30万(1971~1974)でした。スポンサーからのご祝儀は出るしキックボクサーになって良かったとつくづく思いました。ただ、チケットが私でも手に入らず苦労しました。」まさに天国(増沢)と地獄(錦)というわけだ。


黒崎健時会長は勝者ズバリ!

そこで追記、錦×増沢第1戦を近藤敬さん(デイリー・スポーツ運動部長)と黒崎健時目白ジム会長、私の試合前のやりとりを再現してみよう。近藤部長が「先生(黒崎会長)勝つのは間違いなく錦ですやろ?」(近藤部長は錦と同じ愛媛県)と自信たっぷりに先生に向かって言った。
「舟木さんは?」先生が私に問う。
私も「勿論、錦でしょう。」これを受けて先生は薄笑いを浮かべて言った。「いいの?マスコミがそんなことで。賭けてもいいよ、増沢が勝ちます、あと30分後にそれが証明されますから、篤とご覧になって下さいな。」
結果はその通りだった。小さな巨人・大沢昇、日本人初のムエタイ王者・藤原敏男を生み出した鬼の黒崎、眼力流石であった。私は全てに於いて頭が上がらない。


[朴訥]キックボクシングの元ランカー

岩佐正夫さんは建設業社長

こんな華々しい話題ではないが全日本キックボクシングJ・ウェルター級で活躍した仙台青葉ジムの往年の名選手岩佐正夫さんには、心打たれた。次回のイベントでチラシ&ポスターへの掲載をお願いした。それに対して二つ返事で了承してくれたことだ。正直そんなに旧知の間柄ではないのに、朴訥で人柄が滲み出た応対は近来味わうことなかった清々しいものでした。

岩佐さんは地元宮城県亘理郡で、総合建設業を「岩佐組」を営む社長。キックボクシングを糧に事業で成功している、嬉しい話だ。岩佐社長ありがとうございました。広告と聞いて、またぞろどこぞの広告屋さんが蠢くのかな。広告を労せずものにする。黒崎健時会長御健在(闘病中)なれば、きっとこういうだろう。「このウスタワケ!広告なんていうもんは、身を粉なにして足で歩いて取るもんだ、それが出来ないならやめちまえ!」

人生に感動あり、また嫌悪感あり。その落差に味があり発奮ある。今回はキックボクシングに纏わる隠れた逸話を長々綴りました。いかがでしたか。


津江章二著「藤井総太」本、タイムリーに世に出た。

 

鉄腕錦を二連破した元全日本ウェルター級初代王者

増沢潔さん。

Upper Official Siteへ

 

2018年01月08日(月)

嵐のような松の内終わる/神保町に戦友たちが集まった/他

テーマ:ブログ


--------------------------------------------
[随感]大掃除、大晦日、正月
~嵐のような松の内終わる~
[闘将]王監督へ暴行の汚点
~星野仙一花の生涯~
[旧交]戦友たちの宴会
~神保町にかつての仲間が集まった~
[開催]アッパー新年祭り
~メインゲスト藤原敏男、猪狩元秀の両氏~

--------------------------------------------

[随感]大掃除、大晦日、正月

嵐のような松の内終わる

新年もあっという間に1週間過ぎてしまいました。関東地方は大晦日から正月7日は幸いかな晴天が続きました。複雑骨折で中野の病院に入院してた家内は31日一時帰宅した。2日夕方には戻ったが、短い正月気分を味わい戻って行った。久しぶりの一家団欒はといいものだ、としみじみとした。

一方大掃除から正月の飾り付けと主夫はてんてこ舞い、夕食後は風呂もにも入らず寝てしまった。ということで恒例の雲照寺の除夜の鐘も突けなかった。元旦は、太極拳とラジオ体操から帰ると禊の朝風呂、さっぱりしてお屠蘇で家族3人元旦を祝う。

氏神の代々木八幡宮は、11時過ぎ1人でお参り。結局1時間ほどならび本堂に参拝できた。お賽銭を真中、左右に投げ入れ、ありがとうございますと礼拝する。それにしてもくたびれた。寒中長時間並ぶは年寄りには毒、来年からは3日にしようと決める。

破魔矢、お札、お守り3人分買って帰る。代々木八幡宮は最近パワースポットとあって以前にもまして混雑するようだ。外国人の姿も目立つ。帰宅すると年賀状が待っていた。今年からアドレスのある方にはmessenger、LINEなどで代用させて頂いた。宛名を綴るだけでもしんどくなって、失礼とは思うが致し方ない。寄る年波には勝てない。七草粥、松飾を外して嵐のような松の内は終わる。


[闘将]王監督へ暴行の汚点

星野仙一花の生涯

野球人星野仙一さんが70才の若さで逝去為された。数々の栄光に彩られた野球人生は、文字通り花なの生涯であったといえよう。強気をくじき弱気を助ける、そんな男気をグランドで発散、そのファイティングスピリットは、巨人戦ともなるとマックスに達した。燃える男、闘将の呼称がいつの間にかついた。

アンチ巨人の私としてはその姿が小気味良かった。ピッチャーとしての現役時代はもとより、監督になっても星野仙一という男のスタイルは変わらず、巨人が強くなければプロ野球はつまらない、が口癖で楽天の監督に就任して、平成25年その巨人を倒して宿願の日本一になった。

マー君(田中将大)のメジャーへの花道を飾ったのも同監督であった。日本シリーズでは、ペナントで優勝に最大貢献したマー君に、シリーズ決定のラストイニングを任せ、味のある演出を見せてくれた。とまあ、ここまではメディアと同じスタンス、美談。

死せる者を美談で弔うは礼儀ぞと言われるまでもないが、人間だもの毀誉褒貶は付き物だ。マスコミは何処も触れてはいないが、私は、巨人×中日戦で、死球を巡り巨人王貞治監督に詰めより、拳を目の前に振りかざし胸元を掴んだ、あの行為は、いまでも苦々しく思っている。俗に言う闘将、燃える男の美談では済まされない出来事だ。

あの温厚で誠実な紳士、レジェンド王さんに取った非礼は、俺たちの監督に喧嘩を仕掛けたと、大リーグだったら収拾の就かない大乱闘になっていたことだろう。あの瞬間懸命に星野監督を諭す王監督の姿が目に焼き付いている。王監督自身その件について語るのを未だ耳にしていない。出来た人間だ。だから私はこよなく王さんを愛する。逝去を悼みつつ、こんな事があったと一言いわせてもらった。でもね、死は全てを洗い流す。星野仙一さん、お疲れ様でした。


[旧交]戦友たちの宴会

神保町に仲間が集まった

私が興した会社、アッパーで共に汗を流した仲間が7日宵、神保町の台湾中華店に集まり旧交を温めた。集まったのは吉川、山本女史、安村、鈴木、舟木の面々で遅れて豊島女史が職場から駆け付けた。神保町に在った会社創業時から働いていた者も、途中入社の者も久しぶりの歓談だった。時には社長の私が知らない話題も出て、そんなこともあったんだな~と懐かしかった。皆さん、現役だから仕事が入ったため来られない仲間もおり、改めて再会を誓って一足先にその場を後にした。

日本スポーツ出版社を退職して、神保町に開いた事務所は、寄せ集めの謂わば野武士軍団で、よくぞ次々雑誌を出したものだと、振り返ると不思議な気になる。事務所は次第に出版の時代が終焉を迎えたのと、私自身が平成18年夏に脳梗塞に倒れたのを機に約5年で閉鎖した。苦しき事のみ多かりき会社経営だったが、この時の経験がいま役に立っている。あの5年間共に働いた仲間は、苛烈な戦闘を潜り抜けた”戦友”であると心中深く感謝あるのみ。会社を離れた後も人生の荒波にもまれながら、各分野で活躍しているのを見るのは嬉しい。


[開催]アッパー新年祭り

メインゲスト藤原敏男、猪狩元秀の両氏

次回イベントは2月25日(日)13:00~15:30 銀座セントポールズサロンで開催される”舟木昭太郎トークとオークションの午後PART13”「アッパー新年祭り」です。メインゲストは、藤原敏男さん、猪狩元秀さんです。
参加費は男性5,000円、女性4,000円。募集人員37人。
参加ご希望の方は、住所、氏名、電話番号を明記の上、下記にお申し込み下さい。早々に満員締切が予想されます。

(株)アッパー(お問合せ&申し込み) E-mail:upper@lapis.plala.or.jpまたはsf.upper@gmail.comまで。
お申し込みはお早めに!


松の内最後7日のベランダからの朝日!




Upper Official Siteへ

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年01月01日(月)

2018 明けましておめでとうございます!アッパー代表 舟木昭太郎より新年のご挨拶&初ブログ

テーマ:ブログ

本年もご愛読の程、宜しくお願い申し上げます!!~


--------------------------------------------
[随感]2018年初めてブログ
~今年は歴史のターニングポイント~
[平昌]氷上、ジャンプ競技
~日本女子が躍動冬季五輪~
[野球]二刀流が席巻するか
~大谷がメジャーデビューする日~
[拳闘]今年期待する軽量級二人
~比嘉大吾の試合に注目せよ!~

--------------------------------------------

[随感]2018年初めてブログ

今年は歴史のターニングポイント

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

正月休みはいかがお過ごしだったでしょうか。

大晦日東京にも初雪です。俄に暮正月の風情が出てきました。

北陸山陰、あるいは新潟、東北、北海道では大荒れの豪雪に見舞われている。米国や欧州などでも同じようだ。冬は豪雪、夏は猛暑洪水、いよいよ地球は我々に牙を剥き出した。傍若無人、遣りたい放題、地球人はその代価を未来永劫に払わなければならない。

今年の最大の行事といえば、天皇陛下の退位、皇太子殿下の新天皇即位。そのため4月下旬~5月上旬にかけては10連休になるとの見通しも。この歴史のターニングポイントに我々国民は目撃者として参加する僥倖あり、しっかりと脳裏に焼き付けようと思う。で年号は?政府は既に有識者(国文学者、中国文学者、哲学者など、戦前なら東洋思想の第一人者安岡正篤)依頼し協議し最終的に「年号」を決定する運びになると思われるが、決定した年号を今回は安倍総理が晴れがましく掲げる。年号は「〇〇です」と宣言する。昭和、平成と経て、新御代と私も三代を生きるわけで、何だか一気に老いたような気がします。


[平昌]氷上、ジャンプ競技

日本女子が躍動冬季五輪

2月は韓国平昌(ピョンチャン)で冬季五輪が開催される。隣国北朝鮮はこの期間大人しくしていて欲しいものだ。同大会ではスピードスケート女子の小平奈緒&高木美帆は金メダル有望だ。女子追抜きでも最強の布陣が出来て、ソチでのメダルゼロの屈辱を晴らしそうだ。ジャンプ高梨沙羅はソチの無念挽回のときだが、大舞台1発勝負に弱いのが心配。伊藤有希の方が、むしろ金星を挙げるかも。女子フィギュアは、大本命、ロシアのメドベージェワが怪我で不参加、宮原知子にもメダルの希望が出てきた。怪我から復調し何より表現力豊かになった。躍動の日本女子!そんな見出しが躍るよ、きっと。


[野球]二刀流が席巻するか

大谷がメジャーデビューする日

メジャーリーグは何と言ってもエンゼルス入団の大谷翔平だ。二刀流のデビュー戦は湧くだろう。トークもスマイルも米国人好みで、チームにもファンにも好かれそう。異国にすんなり溶け込みそうだ。彼は活躍しそう、私の予感。ヤンキース田中将大、行き先がカブスなのかダルビッシュ有、千両役者の揃え踏み、2018メジャーリーグは、夢のまた夢!ボクシングは井上尚弥と比嘉大吾の二人が私の今年の注目選手。井岡一翔は残念ながら引退表明してしまった。


[拳闘]今年期待する軽量級二人

比嘉大吾の試合に注目せよ!

暮にWBCフライ級王者比嘉大吾陣営は、WBA王者井岡に統一戦を呼び掛けていたらしい。実現していたなら熾烈な攻防が見れたのに惜しまれる。その比嘉は2月4日沖縄凱旋で、モイセス・フエンテス(メキシコ)と、V2と15連続KOの日本記録に挑戦。具志堅会長がV14戦でフローレスに12回KO負けしてタイトルを失った苦い思い出の地、子弟の故郷である。今回は愛弟子が鬱憤を晴らしてくれるだろう。比嘉は軽量級を超越したパワーとテクニックの比類なきチャンプ、具志堅会長と二人三脚で何処まで成長するか見守りたい。


元旦の初日の出、拙宅のベランダより

初詣、代々木八幡宮にお参り。御神籤は「大吉」と出た!


Upper Official Siteへ

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年12月26日(火)

2017年の感謝を込めて。UPPER主催イベント 皆さんのご支援で12回到達!/他

テーマ:ブログ

クリスマスも終わり、今年最後のブログとなりました。
今年も1年御愛読ありがとうございました。
新しい年も御支援御愛読の程よろしくお願いいたします。


株式会社アッパー
代表取締役 舟木昭太郎


--------------------------------------------
[感謝]UPPER主催イベントを振り返る
~皆さんのご支援で12回到達!~
[競馬]有馬記念を制覇キタサンブラック
~サブちゃんへ馬の恩返し~

--------------------------------------------

[感謝]UPPER主催イベントを振り返る

皆さんのご支援で12回到達!

「舟木昭太郎のトークとオークションの午後」を今年は都合10回開催した。キックボクシング、シュートボクシンにムエタイ、女子プロレスと4競技のイベント、中でも7月開催のムエタイの回では、伝説の英雄シリモンコン・ルークシリパットが来日してくれた。

稲田保雄さんのご尽力に負うもので、航空券を提供してくれたのだ。急遽来日のシリモンコンさんに、会場の銀座セントポールズサロンの参加者から驚きの喚声が上がった。無理もない、前プミポン国王に拝謁を許され、メダルを授与された日本なら差し詰め国民名誉賞的英雄の降臨、であった。

彼は現役時代に着用したサイン入りトランクスを持参してくれ、競売用にとに提供してくれたり、貴重な写真(前プミポン国王との拝謁&ファイティングポーズ)を参加者に配ったり、イベントを盛り上げてくれた。藤原敏男さんや佐藤正信との再会では、懐かしそうに旧交を温めていた。彼の実直な人柄は参加者を魅了した。こんなサプライズ、来年も出来たらいいなと、今から思案中である。

今年の一連のイベントでは藤原敏男、シーザー武志、猪狩元秀、佐竹雅昭、増沢潔の各氏、忙しいところを快く出演を引き受けて下さり、私を助けてくれました。持つべきものは友、改めて深謝申し上げます。

土屋ジョー、金沢久幸、酒井秀信、勝又厚男の各氏も私を陰で支えてくれました。かように多くの力の結集で回を重ねて12回、お陰さまで軌道に乗って参りました。来年は更なる躍進の年と決意し、エンジンを噴かします。皆さん倍旧の御支援御指導程を宜しくお願いいたします。


[競馬]有馬記念を制覇キタサンブラック

サブちゃんへ馬の恩返し

馬主が北島三郎さんのキタサンブラック、強かったねえ。本年最後のG1有馬記念で、一度も先頭を譲らず逃げ切った。見事なラストランだ! 獲得賞金が18億7千万だと。今年度G1-4勝、計7勝。まさに赤兎馬、神馬。種付け料はディープインパクトの1000万円に対して兄貴ブラックタイト(キタサンブラックの父)は50万円だと聞く。デイープと同じ血をわけながらレース実績がないためこの評価、不肖の父という事だろうが、くそ!今に見ていろ!!と、不屈の魂で、子供(キタサンブラック)は立派に花を咲かせた。

ゴール板を過ぎて返し馬では、オヤジ見たか!とばかりキタサンブラックが天を見上げ嘶いた、ように私は想像した。伝え聞くところによると、サブちゃんは、この馬を買うか買うまいか、大いに迷ったらしい。ところが、何処か違うと感じて買う決心をした、と。あるいは赤い糸で結ばれていたのかもしれない。キタサンブラックの余生は種牡馬として、二世を誕生させること。種付け料として、莫大な金がまたサブちゃんに入る。「神様がくれた」とサブちゃんは言う。買ってくれた者への馬の恩返しにしては、大き過ぎる。躍動するキタサンブラック二世を早く見たいものだ。

有馬記念で思い起こすのは、1968年(S43)第13回のレース。当時の人気ホースは加賀武見騎乗のアサカオー、野平祐二のスピードシンボリが本命対抗で、モンタサンが3番人気。当時私は学生で目黒駅前のパブバー でボーイとしてアルバイトをしていた。そこに競馬が趣味の馴染みの客が居た。決まって7-8、3-5を真っ先に押さえ、それから2,3点をアッットランダムに馬券を買うお客だった。下宿先が後楽園場外馬券場に近いことから私は、馬券を買うのをよく頼まれた。

その日も勿論、7-8を特券(1000円)で2枚買った。アサカオーが1番人気、2番人気スピードシンボリ。馬場状態は前日の雨で悪く外枠が有利だったのか、7番(リュウズキ)8番(ニューオンワード)で決まった。配当金枠連7-8 3,030円×2枚=6,060円、つまり6万円余り、その夜はご馳走になり、お小遣い5,000円も貰った。当時苦学生の私にとって5000円は大きく助かった。因みに加賀アサカオーは6着に沈んだ。有馬記念の思い出遠くにあり。


今年の「舟木昭太郎のトークとオークションの午後」
ポスター&写真アラカルト。
(写真/堀田春樹)

 

 



ご支援・ご参加・ご愛読くださった皆さんに感謝感謝!!

 

2018年もよろしくお願い致します!!

新年のブログは1月10日スタートです。

 

Upper Official Siteへ

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年12月18日(月)

『アッパー忘年祭り』盛大に今年最後のイベント!!/年賀状を一部メールにしました/他

テーマ:ブログ

今年1年大変お世話になりました。
来るべき新たな年もご指導ご鞭撻の程

よろしくお願い申し上げます。
  株式会社アッパー
  代表取締役 舟木昭太郎


盛り上がったアッパー忘年祭り!!
開会の挨拶で不肖、舟木が。

 

佐竹、藤原、サミー中村各氏に挟まれて記念写真!
↓詳しくは下で

--------------------------------------------
[随感]盛大に今年最後のイベント
~アッパー忘年祭りは熱く燃えて~
[競争]女子スピードスケートの快走
~小平奈緒&高木美帆に目を見張る~
[年賀]歳の波には逆らえず
~年賀状を一部メールにしました~

--------------------------------------------

[随感]盛大に今年最後のイベント

アッパー忘年祭りは熱く燃えて

今年の師走は殊の外忙しく走り回っている。17日のイベントの最後の準備に取り掛かっていた3日前、家内が自宅の階段から誤って滑り落ち、足首を骨折、救急車で運ばれた。幸い頭部に怪我は負わず大事には至らなかったが、以後病院通いの日々、残るは倅と二人の男所帯で家事やら洗濯やらでパニック、今更ながら女房の有難さが身に染みる。正月恒例の伊豆方面の旅行もキャンセルして、静かな年末年始になる。人生、予期せぬことままありか。今年は読書三昧、それもいい。

12月17日の「アッパー忘年祭り」は満員御礼、50名近い参加者を迎えて盛況でした。これも参加者、ゲスト藤原敏男さん、佐竹雅昭さん、増沢潔さん、関係者、ボランティアの皆さんのお陰です。この場を借りて御礼申し上げます。名菜館は料理が美味しく量が多いというので、参加者から評判の良い会場です。ゲストお三方のスピーチも三者三様、味があり、皆さん聞きほれておりました。一芸に秀でた者は、やはり人を引き付ける魅力あり。

オークションでは最大の目玉「日本キックボクシング連盟創成期の東洋ウェルター級チャンピオンベルト」が50,000円で落札されました。購入者は、レフェリーのサミー中村さん。勿論私の鑑定書付きです。流石、サミー中村さんは職業柄、ベルトの価値がお分かりになる、と感じました。同ベルトは、現在某キックボクシング団体代表を務める方に名誉称号として贈られたものです。

その他では藤原敏男さんの座右の銘を色紙に認めた「一道懸命」も4点出されて、弊社DVDと抱き合わせで15,000円~20,000円であっという間に売れ切りとなりました。全て藤原敏男氏とアッパー両落款印あり、加えて通しナンバー1~4の数字入りというレア品、額に入ってそれは神々しいものでした。大事に飾って欲しいと存じます。

イベントは3時間を超えても熱は下火にならず燃え盛り、飲んだビールが60本、ウイスキー3本、ワイン5本、焼酎1本、日本酒2本…飲みに飲んだりでした。日本酒はいわき市から駆け付けた佐藤守利さん差し入れの、世界のVIPの晩餐会使用の高名なものもありました。抽選で新米2㌔が7名に差し上げられました。こうして今年最後の「舟木昭太郎のトークとオークションの午後PART12」はお開きとなりました。二次会は近所の竹井克彦さん(同会の代表幹事)の経営する居酒屋「居留座」に20名程が集まり別れを惜しんでいました。

皆様、今年一年本当にお世話になりました。来年もご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。行く年くる年、良い新年をお迎えください。

新春第一弾は、2月25日(日曜日)13:00~15:30、銀座「セントポールズサロン」での”アッパー新年祭り”です。お友達をお誘いの上、是非参加してください。主催者一同心よりお待ち申し上げます。


[競争]女子スピードスケートの快走

小平奈緒&高木美帆に目を見張る

世界を転戦戦うスピードスケートのワールドカップ(W杯)各地を転戦する小平奈緒(31)と高木美帆の二人は向かうところ敵なしの快進撃を続ける。その小平はソレトレークシティー1000㍍で、遂に1分12秒18の世界新記録を打ち立てた。日本女子選手が個人の五輪種目で世界記録をマークするのは初めてというから凄いもんだ。中長距離のエース高木美帆(23)も開幕3連勝を飾るな断トツの強さを見せている。団体でも日本女子は優勝した。

一昔前は、スケート競技と言えば、オランダ、米国、ロシアが圧倒的に強かった。歯が立たず見ていてずーっと苦い思いをしてきた。特に女子スピードは、叶わなかったのに、いつの間にかその牙城を崩してしまった。頭一つ身長の違う相手をだ。何がそうさせたのか、小平はオランダに単身長期修業に出て、徹底的にフォームの改造をしたらしいが、異国で歯を食いしばって頑張り通したのが良かったのではないか。技術も精神も鍛えられ鋼のように逞しくなった。小平も高木も平昌では大いに期待できよう。頼もしい大和撫子である。


[年賀]歳の波には逆らえず

年賀状を一部メールにしました

衰えとは厄介なものだ。心も体も委縮して、とりわけ視力の減退は為すすべもなく年賀状を書く事もままならぬ。そこで今年から祝賀のご挨拶をメールアドレスがある方には、メールにて失礼させて頂きます。住所を綴るも儘ならず、年寄りの我儘とお許し願いたい。

合わせて少々年賀状の苦言を申し上げたい。僭越ながら、表裏印刷しただけの年賀状を頂いても私は余り嬉しくありません。無味乾燥だもの。何か一言二言自筆で付け加えただければ、賀状に血が通うというものです。

年賀状で思い起こすのは、寺内大吉さん(僧侶・作家=故人)です。先生からは毎年年賀状を頂いました。思うに先生は恐らく何千枚と認めるはずなのに、必ずペンで一言書き記す、印象深く心のこもったものでした。年に1度の年賀状、そうありたいものです。


~「アッパー忘年祭り」グラフィティ!~ 

写真:堀田春樹

酔いが回らないうちに全員集合!

 

藤原敏男さんの乾杯の挨拶

 

元K-1の雄、佐竹雅昭さんの味のある乾杯前の挨拶

 

銀座「セントポールズサロン」森社長の乾杯の音頭!

 

ベルトを落札してご満悦はサミー中村さん!

 

懐かしい!元キックボクシングリングサイドクラブの大友さん(左)と藤原さん。


Upper Official Siteへ

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年12月12日(火)

土屋ジョー「JT祭り」を観戦/エンゼルスに入団決まった大谷翔平/羽生語録に偉業達成の秘密あり/他

テーマ:ブログ

<アッパー忘年祭り・満員御礼>

定数45名に達しましたので締切とさせて頂きます。ご応募ありがとうございました。尚、ご不明な点等ございましたら下記まで連絡下さい。
(株)アッパー
TEL:03-3469-0620/FAX:03-3469-0685/MAIL:upper@lapis.plala.or.jp

藤原敏男、佐竹雅昭、増沢潔ら各氏をゲストに迎え

盛大に今年のファイナーレを飾る!

 

--------------------------------------------
[随感]エレサレム、冬鍛える、イベント動向
~トランプ大統領の愚行~
[進路]エンゼルスに入団決まった大谷翔平
~二刀流はメジャーを席巻するか~
[禁止]ロシアのドーピング問題
~IOCがみせた毅然たる裁定~
[七冠]勝負師の挑戦
~羽生語録に偉業達成の秘密あり~
[興行]JT祭りを見に沼津へ
~地元に密着するキックボクシング~

--------------------------------------------

[随感]エレサレム、冬鍛える、イベント動向

トランプ大統領の愚行

神を司る宮司姉弟が殺人事件とは、畏れ多い。富岡八幡宮を支える氏子もさぞ震撼しているに違いない。アメリカでは、エレサレムはイスライルの首都、とトランプ大統領が宣言して、また余計なことをやらかし、世界は風雲急。いくら敬虔なユダヤ教の娘婿が進言したとして、世界の平和・秩序を徒に乱す愚行、世の中には敢えて解決を図らずそっとして置く方がバランスが保たれ、良い場合が多い。エレサレムは将にそれ。イスラム圏の民は黙ってはいまい、騒擾騒乱必至。ポチよ、米国に決して追随してはならない。

今年も残り3週間となった。街にはまもなくジングルベルが鳴り響く。公園の木々はいつの間にやら裸坊主、北風に必死にしがみつく枯葉1枚、命尽きるまでの懸命さよ、と、しばしば足を止める。凍てる月は、西に傾きながら、太極拳の空に漂う。師走向寒、老いたる身にいよいよ堪える。太極拳、ラジオ体操、今年は2日、3日と休んだことあり、何となく弱ったと感じる。軽度の脳梗塞を猛暑の日に農作業に熱中して患い担当医に叱られた。心は若いが体は枯れた。冬に鍛えろと叱咤、草木は極寒の中、エネルギーを備蓄して春を待つ、冷たい風雨に晒され、花となり実となり緑葉となる。心身磨くは、冬ぞと己を戒める。

幸い「舟木昭太郎のトークとオークションの午後」は、12月17日で12回を迎える。昨年夏のトライアルから始まった。多くの皆様のご協力で継続さて頂いて、今回は2週間前満員の締切、一年の最後のイベントで竜頭蛇尾に終わらず、尻上がりでのフィナーレ。されど来年も欲を出さず精々45名が限度と己の器量をわきまえる。毎回レジンド格闘家を招き楽しく語らう場を設ける、がモットーなれば殊更スケールアップする気などなし。しかし新規開拓、来年はボクシング、空手のイベントを立ち上げたい。既に意中の人あり。継続に意義あり、習慣化に意義あり。新たな年もご指導願います


[進路]エンゼルスに入団決まった大谷翔平

二刀流はメジャーを席巻するか

日ハム大谷翔平投手のメジャー球団はロサンゼルス・エンゼルスに決定した。背番号は17。アメリカン・リーグ西地区、今季はポストリーグに出られなかったが、常に優勝候補に上るチームである。1961年創設の若い球団だが、2002年サンフランシスコ・ジャイアンツに勝ちWシリーズを制した。監督は自身ドジャース時代、捕手として2度のWシーリズ優勝経験があり、その采配ぶりは「知将」と呼ばれ、スモール・ベースボールを信条とするあたり日本の野球に通じる。キャッチャー出身ということで、投手育成に関しては心強い。同球団には10勝投手が2人だけで、ピッチャー大谷に寄せる期待は大きい。

打者では今季、打率306厘、33本塁打のマイク・トラウトがいる。外野手で攻守好打のメジャーを背負う若きスター。もう一人、ドミニカ共和国出身で、2010年から3割、30本、100打点を10年連続マークし、ホームラン通算614本のアルバート・プホルズがいる。こちらはDH専門、今季は241厘で打撃は振るわず、大谷のDHの頻度が増える可能性がある。二刀流を目指す彼はこうしたチーム事情も考慮してのことだろう。トラウトにプホルズ、そして大谷の豪華クリーンナップ、そうあってくれ。本拠地のアナハイム、近くにデズニーランドある。私も夫婦で行ったことが有る。とにかく素晴らしいところだった。

西海岸(温暖な気候)、日本選手が在籍していないことが、大谷の条件だったと聞くからチーム事情と相まって結論を出したと思われる。私はヤンキースかドジャースと推察していたが、敢えて日本人がいない球団んを選んだ。その孤高の選択に彼の並々ならぬ決意を感じて喝采!大谷の出番、それチャンス、IT'S"Sho-Time”(ショータイム)だ!ラリー・モンキー(マメジャースコット)が球場を揺るがす!二刀流がいよいよメジャーに見参だ。来季のMLB(メジャーベースボール)は、待ち遠しい。


[禁止]ロシアのドーピング問題

IOCがみせた毅然たる裁定

来年2月に韓国平昌(ピヨンチャン)での冬季五輪、ロシアが国家として参加できなくなった。組織ぐるみのドーピング隠蔽問題でIOC(国際オリンピック委員会)が発表した。厳正で公正なスポーツマンシップを掲げるオリンピック精神、些かでも疑念を抱かせることが有ってはならない。ロシアの国旗が掲揚できない冬季五輪、寂しいが当然だ。IOCの長期にわたる調査を経ての結論、その毅然たる裁定に敬意。国家としては認めないが潔白を証明された選手は参加を許可された。プーチン大統領も不満を述べながらもこれを容認。フィンギュアスケート世界女王メドベージェワも参加可能、先ずは一安心。


[七冠]勝負師の挑戦

羽生語録に偉業達成の秘密あり

羽生善治(47)がこの度竜王の竜王タイトルを獲得して史上初の「永世七冠」の資格を得た。私はへぼ将棋打ちで、棋譜などを詳しくは知らず、語るは恐れ多いのだけれど、「才能とは続けられること」~強さの原点~(PHP=羽生善治著)読むと彼が何故偉業を成し得たのか、その片鱗が伺えるのだ。

「いくら考えても将棋のコツがわからなかった。コツをつかんで好きになることがありますが、私はその逆でいくらやってもわからないことに魅力を感じました。大人になってもいまだそれをつかめなくて、だから夢中でいられるのだと思います。」

「将棋にはここだ!という勝負どころが必ずあります。そのときその場面でいかに深い集中力を発揮できるかが重要である」

「勉強でもスポーツでも、大切なことは[継続]すること」

「才能とは一瞬のきらめきのようなものと思っていた。才能とは何かと問われれたならば、十年、二十年と同じ姿勢で同じ情熱を傾けられる力のことだと思う」(人間力ー船井幸雄×羽生善治対談)

いずれも含蓄豊かな言葉に、彼の勝負魂、人生観、そして何事にもあくなきチャレンジ精神を感じる。皆さんも羽生さんの命の言葉を噛み締めてみてください。


[興行]JT祭りを見に沼津へ

地元に密着するキックボクシング

10日は土屋ジョーさんの「JT祭り」を観戦に沼津まで出掛けた。彼の地元興行である。もう37回を数えるという「蹴拳」は蹴拳プロ(坂元孝弘代表)とJTクラブジム(土屋ジョー代表)のコラボ。会場は市内プラサヴェルデ沼津、収容人員300にという事だが立ち見が出て超満員だった。

アマチュアの数試合あり、その後プロが4試合、秋山勇太×ムンサレック(延長1R引き分け)、〇岡部誉也×斎藤佑斗(判定2-0)〇林京平×ジャオサム(2RKO)〇堤価月×嶋田将典(判定3-0)。いずれも熱戦で場内を沸せた。JTジム所属選手が3名で、メインから3試合を占めて各々勝利を収めたので、地元ファンは大喜びだった。

地元に密着した興行を定期的に開催している土屋ジョー会長の弛まぬ努力には敬服する。自らもスペシャルエキビジションでタイのジョム選手と行い、やんやの喝采を浴びた。判定では地元贔屓が少々見られたが、こうした点を改善してより発展して貰いたいものだ。

写真/JTクラブジム提供
リングサイドでJTクラブジム土屋ジョー会長と。

 

勇壮な岡部誉也の入場シーン!

 

試合後のポーズは勝者林京平選手

 

<今週の推薦歌謡曲>
『佐渡の夕笛』 丘みどり(紅白初出場)
『流氷の宿』 大月みやこ
 『命の恋』 神野美伽

Upper Official Siteへ

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。