SPA Trail June 15, 2014

テーマ:
{D095076C-D43C-40EA-B68B-6AD318B88D78:01}
SPA TRAIL 50Miles / 81.1Kを走ってきました。四万温泉から草津温泉を駆け抜けるレース。温泉と温泉を繋ぐからSPA trailです。
結果は14:19:13。制限時間の15時間をなんとかクリアできました。13時間台のゴールを目指していたのですが…結構頑張ってこの時間。まだまだ走力がたりません。

{B85B0196-9A9B-4CC4-9913-248C30967643:01}


会場入りするまでは、エントリーを後悔するほどビビっていましたが、みんなとバスの中でおしゃべりしたり、ブリーフィングに参加したりしていたらなんだか気持ちが高揚してきました。

今回はトレイル鳥羽ちゃん、TEAM JET、ROD!!、MRHのメンバーと一緒のお宿です。お宿を貸し切りみんなでご飯。あーだこーだ言いながらレースの準備です。
みんなの補給食などがみれて勉強になりました。

他のチームのみなさんとご一緒できて、ちょっと新鮮で楽しかったです。
{6BF12CA7-0330-422E-842F-19CAB10A87BD:01}

{8E19DE53-152A-48EB-BA40-6D3B606F24F2:01}
5時スタートなので夜明け前に会場へ。

{6DFF3827-0263-41FA-905B-CD560047E9E7:01}

{1DE98AB6-2F43-4916-9B75-5DF257BF3DAA:01}
今回はロングディスタンスのレースのため、シューズはHOKA Stinsonをチョイス。ザックはUltimate Direction AKモデル。
実はHOKA、買ってから数回しか履いておらず、今回ようやく出番が回ってきたわけですが、あまり履きならしていなかったため、右足の親指脇に水ぶくれができてしまいました。とはいえ、今回はHOKAで正解でした。80K走った後も足のダメージはほとんどなし。驚きました。
(一部泥んこ祭りのトレイルあり。この時は失敗したかと思いましたが、翌エイドで水洗いしていただいたので助かりました)
ザックはお気に入りのUD。こちらも実は、これまでは前ポケットにUD付属のボトルを入れて走ったことがなく、付属のボトルを付けて走るのが少し不安でした。これまでは2回りほど小さいシンプルハイドレーションを入れてました。ところがこちらも、思いのほか気にならず快適に走ることができました。最後の方は鎖骨付近が当たってちょっと痛くなってきたので、もっと長い距離の時は少し考える必要がありそうですが。

さてさて、出発です。いいお天気でいい気温。出だしは好調です。
{A2F4A1FB-F8EF-4E66-844B-061C5A4DBBAA:01}


{E525D6DE-AD64-4F77-BB8B-F4356EDC8258:01}

{2AFC4447-D2C3-42E9-B4E8-52DA2E2FA07D:01}


{2AC4D530-D309-4C80-9848-973CBA6283B5:01}

A3のエイドです。野尻湖周辺は絶景なのですが暑く体力を奪われました。今回は補給に固形物をあまり持っていかなかったのでもうこの頃にはおなかペコペコです。
このエイドでおうどんをいただき、腹ごしらえ。友人からお饅頭も分けていただきました。やっぱりおにぎり持ってくればよかったと後悔。
ここでも仲間と出会えて元気をもらいました。

{F458673F-B305-4F1F-9DCB-BA8571C7237E:01}
{BAE4465D-306D-4C59-BECD-ADF5EE392F32:01}

{0EA21BDE-EFCD-44F3-85B0-C3DA65787C26:01}

{A462815C-7791-4D3C-831D-2456D9C63535:01}
野反湖周辺、弁天山に向かうトレイルは本当に美しく、絶景が続きます。自然のままの美しい森がとっても印象的でした。

A4手前、泥んこ祭りがありました。A4には足湯もあります。ここで5分ほど足湯をした友達は足が見違えるほど復活したと話していました。

{AB21B934-D1C3-4382-B8E1-CF8EEE2E239B:01}
ボラの方が撮ってくださいました。

この辺りからあまり記憶なく。長いロードの登りがありました。とにかく時間との戦いだったので、がんばって走りました。A4-A5だと思います。

A5でヘッデンを装備し、最後の10Kへ。最後の登りが終わりに差しかかった頃、急に雨が降り出してきました。あと数キロなので、レインウェアを着ずに走り切ろうと思っていたのですが、途中で雨が強くなり、慌ててレインを羽織りました。
最後のくだりは、雨のせいでスリッピーに。すでに暗くなってしまっていたのでハンドライトを片手に、重力にまかせて走りました。75K以上走ってきたのにこんなに走れるものかと、自分でも自分の足に驚かされました。
最後の6Kの下りを駆け抜ければゴールです。最終の東京行きバス(19:30)で帰ってしまう友達に会いたい一心で走りましたがタッチの差で会えず残念でした。
でも、お宿をご一緒した鳥羽ちゃん、ROD!!の仲間がゴールで待っていてくれました。みんなの顔を見たときはうるっとしてしまいました。

{CC7EAFDC-71C3-48A9-86EA-BE52D13488A5:01}
ゴール後にROD!!の仲間と。

{E56592C8-E037-43F9-AAE8-1B0413C0A2BD:01}
Photo by Kurokawa san


今回の想定タイムはこんな感じでした(手書きのタイムが想定タイム)。エイドの休憩時間を考慮していなかったのですが、A3までは想定タイム通り、エイドを出発することができましたが、A3-A4で思いの外時間がかかってしまって少しずつ遅れ、結局20分ほど目標タイムをオーバーしてしまいました。
{0369F950-171F-424B-B378-C139D571F165:01}

これまでで最長の距離を完走できた喜びで辛さはすっかり吹っ飛びました。
そんなものなんですね。また長い距離を走って見たくなってしまいそうです。

SPA Trail - 地域の方々がとても温かく、いろんな場所で温かい言葉をかけていただきました。大会に関わった全ての方々に感謝いたします。
今度はプライベートで遊びに行きますね。

うさウサギ



AD
穴は後日埋めるとして。
近頃の事を書いて行こうと思います。

戸隠マウンテントレイル。
3年前に一度走ったことがあったレース。その時はMRHCのメンバー10人ほどで参戦しました。
今回はROD!!のみんなと参戦です。
{2CF906FD-7E6D-4DB6-B2C7-3F4D0A7BC947:01}
Photo by fuusora san 

エントリーの時にはすでに翌週にSPA Trail 80Kを入れていたのですが、レース後にROD!!のラグジュアリーキャンプがあると聞いて我慢できずエントリーしてしまいました。だってまたmountain circusで見たあのROD!!が誇るキャンパーのみなさんが出動するっていうんですもん。
てなわけで、2週連続でのレース参戦。どうなることやらの2週間です。

さて、お楽しみのキャンプの前に20Kをひとっ走りしてきました。瑪瑙山の下りまでは後ろの方でなんとなく渋滞に巻き込まれながら進みました。瑪瑙山の下りからプッとエンジンがかかり、翌週のレースのことを忘れ、力の限り走りました。下りはかなり飛ばしました。まあ、結果最後の5Kは足が終わってしまい、グタグタw 


{8EDA9E52-8AD2-4846-BEEF-29C488733C67:01}
Photo by fuusora san

最後の3Kを励ましながら走ってくれたカトさんと一緒にゴール!

結果は2時間49分16秒。とはいえ、3年前の記録からは20分ほど短縮。少しは強くなってるのかなーと思える結果となりました。頑張りすぎたのか、ゴール後しばらく足のツリが止まりませんでした。こんなにつったのははじめてです。

{5EF51E4D-9175-4A3D-BE21-7AE5A8AB6AB0:01}

{0947CB79-9800-4BE3-B233-83D9A9673F65:01}
Photo by fuusora san

そうそう今回のレース。一緒に走ったアヤちゃんのリベンジレースでした。一年前は足が痛くなってリタイア。ほんの数ヶ月前までは4Kも走れば足が痛いと苦しんでいたのに。走り方を見直して見事に復活!ものすごい走りを見てせてくれました。本当におめでとうだよ。あやはん!

さてさて、最初にお伝えしたとおり、今回のメインイベントは、レース後のキャンプ!
見てください。このキャンプサイト。クオリティ高くて、もー最高です。焚き火を囲みながらのBBQに美味しいお酒、素敵な仲間とのおしゃべり、なんとも贅沢な時間です。準備してくださったみなさん、本当にありがとうございました。

{FC8704F4-9183-4145-843A-2853CCA8B697:01}{B81A27A8-47D4-4456-B083-032892E3D163:01}この空間に居たんだと思うだけでにやけちゃいます。

{F095AB5E-3F1F-4B5F-8CB8-27E47AD4885F:01}

{7552F767-33B4-4562-8961-980663BDF57E:01}
Photo by fuusora san 

{C6217157-0871-4903-920E-92FB11328029:01}
Photo by Aya 


山が好きだという共通点で、こんな風にたくさんの方々と出会えて本当に幸せです。この原点は芦屋にあるんだって思ってます。

翌日は戸隠神社を参拝。戸隠蕎麦をいただいて東京に戻りました。

{3C571ACB-9B59-43CE-AA81-989F3D64B715:01}



{B9033539-B7B8-46EA-9C7E-1C438D6027B4:01}

{FB7329C1-F50D-4480-9A29-E8D35E5C93C5:01}
Photo by Aya


{EE8FE3E9-65E2-41AC-A4B3-A3A1AFBA15AE:01}

走ってキャンプして、いい空気吸って、美味しいもの食べて。充実した二日間でした。
ご一緒してくださったみなさん、ありがとうございました。

うさウサギ



AD

水上トリップ 2014 June

テーマ:

お友達が水上で借りているお家にお邪魔してきました。なんか穏やかでいい二日間でした。

土曜日はゆっくり移動しBBQ、土曜日はみんなで山ランです。

{16C386BF-EA4E-4ECF-ACF9-0179011FDF71:01}

合宿のようにみんなで朝ごはんを作って食べて、平標山へ。

{FA820157-4E97-49DC-AC82-B0B508CA8748:01}



{D09F9264-8B49-48CA-9A56-5E00A2A07625:01}

週末を水上で過ごすお友達が、3年間で一番の絶景というくらいいいお天気に恵まれました。

{46DDD6E0-B381-4919-A86B-DC60C84A83D3:01}

{2E965B83-39E7-4472-9402-29C79EA2DB66:01}


{8CE14547-244F-4FAE-9079-7D9349A79457:01}

{AA2BEE6A-D414-48B7-AFE4-E85DAEF3320F:01}


{1B8E874B-ECAA-4581-8067-B7C1711DEB90:01}
もー暑くて暑くて、コーラを手にした時のこの顔。二人とも口をポカリと開けてますw

{7288AB47-759F-49BF-B141-2D62FE03CC74:01}

最後は沢でアイシング。んっもう本当はな冷たかった。

なんかのんびりいい休日でした。

と思ったのは束の間。数週間前に急性腎盂腎炎になってしまったおかげで、まったく走れてなかったため、恐ろしいほどの筋肉痛に見舞われました。結局翌週の木曜日まで筋肉痛。翌週末のレース(戸隠マウンテントレイル20K)も危ういところでした。筋肉の衰えってはやいんだなーとつくづく感じた一週間でした。

うさウサギ







AD

Oahu Is Trip Day1

テーマ:
またまたさぼってしまいました。記憶を辿りながらぼちぼち再開です。2014年を迎えましたが(皆様、新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。)、2013年7月のお話です。


早朝リフエ空港からホノルル空港へ。
ホノルルでYoko-man、Tomi&Mamiさん、Miyaっちとも、お別れです。

空港からは、急ぐ必要もないので、のんびりバス(The Bus)でワイキキ近くのホテルへ移動しました。オアフと韓国はガイドブックも買っていなければ、ほとんど下調べをせずに入った私たち。前日に翌日の予定を立てるような感じです。

この日はレストということでのんびり過ごすことにしました。
運転に自信がないので、バスでNorthshoreに向かいます。2時間の長旅です。

Patagonia Haleiwa店でお買い物をした後、PatagoniaのStaffに教えてもらったCafe / Celestial Natural FoodsでLunchです。Kamehameha Highwayを西に徒歩で10分ほど、車だったら1~2分、郵便局のお隣です。後日調べたら、30年以上の歴史あるHaleiwaでは唯一のOrganic/Vegetarian Storeだそうです。私はここでBurgerを、JJはラップサンドを頂きました。数日前、Papaya'sのTaro Burgerを絶賛したところでしたが、ここのVegi Burgerはそれ以上に美味でした。ここのパテはBeans。この味ならお肉はいりません。


{B42EEA65-B2D8-4F56-906A-3A247F7C6924:01}

JJのラップサンドも一口頂きましたが、美味でした。こちらです。あっ写真なかった。 

おなかも満たされたので、ぷ~らぷらお散歩。その後またバスでワイキキに戻ります。

この日は、お目当てのインド料理がすでにクローズしてしまったので、ホテル近くのタイ料理のお店へ。ちょっと甘めのタイ料理ですが、後日別のショップでオススメのお店を聞いたらココを勧められたので、ローカルにも人気のお店のようです。
サイアムスクエア- テイクアウトもできてなかなか使えます。
{960D01E4-DC05-4051-8FB6-AFF6B5B1C384:01}

{BF193E34-9BB8-491D-8E90-BFAE6B7169D7:01}

その後ビールを買って明日のトレイルについてあれこれ作戦会議です。

うさウサギ




 Aloha~
Kauai Tripももう4日目となってしまいました。KauaiのTrailを走れるのも今日で最後です。

今日は、Pu'u Hinahina Trail~Canyon Trail ~ Kumuela Trail ~ Haremaru Koke'e Trail ~ Black Pipe Trail ~ Canyon Trai (partially) ~ Pu'u Hinahina Trail を繋ぎます。今回のKauai Tripの最後を締めくくるにふさわしい、豪華なTrailです。

Day2と同様、WaimeaからRoute550 を北上し、Pu’u Hinahina Lookoutに向かいます。



Pu'u Hinahina Lookoutに車を停めて出発です。と意気込んだものの、Trail Headが見つかりません。みんなでウロウロウロウロ。LookoutからのViewを楽しむだけのためにきた観光客はちらほらいるものの、Hikerらしき人はおらず。ウロウロウロウロ。それらしきものをようやく見つけました。さあ、気を取り直してさあ、出発です。



Pu'u Hinahina Trailはあっという間に終わってしまい、すぐにCanyon TrailとBlack Pipe Trailの分岐点に到着しました。ここからは絶景と噂のCanyon Trailです。このネーミングだけで、絶景が期待できますね。

 

 
 

出ました!これがカウアイ島、Waimea State ParkのCanyonです。合成写真かと思うほどの絶景にで胸の鼓動が止まりません。

 





 
 


 

 



走っている写真を撮ってもらうと、自分の悪いところが見れて勉強になります。
私の走りNGですね。トイちゃん先生にダメ出し受けること間違いなしです。





 

Canyon Trailの途中で、走りそうなカップルと出会ったので、”走ってるの?”って話しかけてみましたが、普通のHikerのようでした。
アラスカから来たそうです。Mountain Hardwareのスカートをはいていました。Ultra SpireのOmegaについて、かっこいいね、どこの国の製品かと聞かれたのでUSAブランドだけど、日本のSHMWというSHOPに売ってるよと説明して置きました。(後半は冗談です。)

 
アラスカから来たカップルに写真を撮ってもらいました。

 


 
 

気持ちい下りを駆け下りると、Waipo'o Fallsです。ここで、何組かのHikerに出会いました。滝を見るためにPu'u Hinahina Lookoutからここまで来て引き返すHikerさんが多いようです。
とあるやさしい笑顔のおじさんが写真を撮ってくれました。



みんな笑顔です。楽しそうですね。ところが、ここでトラブル発生です。
Cayon Trail後半へ続くTrailが探せど探せど見つかりません。コンパスを出して周辺のトレイルらしきトレイルをすべて見尽くしたつもりが、結局見つけることが出来ず。急遽ルートを変更、逆周りをすることにしました。時間が少し心配ですが、とりあえず様子を見ながら逆ルートを進むことにしました。

 

  
 

というわけで、またここまで戻ってきました。先を急ぐ為先ほど大騒ぎした絶景はすっ飛ばしてきました。



ここからBlack Pipe Trailに入り、逆周りです。Pu'u Hinahina Trail~Canyon Trail (partially) ~ Black Pipe Trail ~ Haremaru Koke'e Trail ~ Kumuela Trail ~  Canyon Trai  ~ Pu'u Hinahina Trail となるわけです。

 

Black Pipe Trailの後半は林道になっていて、何軒かお庭のきれいなコテージがありました。
この林道脇から、次はHalemaru Koke'e Trailに入ります。道標が整備されているので本当に助かりました。



 

ご覧の通り藪藪です。この道を行けば最後にCanyon Trailに戻れるのは間違いないので、藪を漕いで進みます。





そこら中に棘のある草木が生えており、痛い痛いと叫びながら走ります。後で見たらみんな足も腕も傷らだけ。特に色の白いTomiさんの足の傷が痛々しかったのを覚えています。そんなTrailでもYoko-manはがんがん進みます。さすがです。本当に。

 

 

藪を漕いで漕いで、ようやくKumuela Trailの入り口まできました。かわいい道標にほっと一息です。
 

ほっと一息も束の間、次はジャングルがやってきました。
これまで歩いたことも走ったことも無いようなジャングルです。6人いたから乗り越えられましたが、このTrail、一人や二人だったら確実に引き返していたと思います。それぐらい”ジャングル”でした。






 
 

 

分岐分岐で地図を広げ、みんなでルートを確認します。ジャングルを越えて、Canyon Trailの看板を発見。ここから、朝、引き返した場所まで進みます。



少し進むとすぐにこれぞCanyon Trailという景色が見えてきました。



 

 

 

 



 



 

 

こんなGreat VeiwのTrailを進むと、出てきました。ここです。私たちが引き返したあの場所。この丸太を越えればよかったのです。逆から来たらまったく迷うことなく出てこれました。でも、反対から来てここを見つけるのは難しいよ~。でもTakuさんはひょいと言ったのでしょうね。不思議です。



無事に戻ってこれたのでみんなでハイタッチして、次はCanyonをバックに記念撮影です。Iphoneでもタイマー機能、使えるんですね。初めて知りました。
Miyaっちはアロハのサインをするつもりが間違えて "きつねさん" になってます。本当にお茶目です。



ここからまたあの絶景を横目にPu'u Hinahina Lookoutまで戻ります。
  



ちょっとしたアクシデントもあったけど、絶景に、藪こぎ、ジャングルとVarietyに飛んだ楽しいすばらしいTrailでした。これからカウアイ島に、走りに来る方がいらっしゃれば絶対に走ってほしいTrailです。
{95CEE4F3-9165-4165-A278-2F313D6DBF13:01}


Kauai Tripはこれで終了。これでは、ぜんぜん走り足りません。また来ることを誓って、明日の早朝リフエ空港に向かいます。
Yoko-man, Tomi & Mamiさん、Miyaっちは帰国、JJとUpakokoの旅はまだまだ続きます。
明日からはオアフ島です。 またTrailを走ってきましたよ。

Mahalo
うさウサギ