1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-07 00:04:55

【第771話】実績のある場所は実績の出る場所

テーマ:ブログ

※ポイントの位置を特定できる情報は書いておりません。

 

実績のある場所は

実績の出る場所

 

2016年の初め、冬~春に2回、

2016年の終わり、秋~冬に2回、

アマダイの新規開拓のために釣れた場所を

解析してました。

 

大津のアジと同じように1匹1匹、ログを取っては

眺めてにやにやしてます( ´艸`)(変態ですね・・・)

 

 

魚が良くヒットする場所、しない場所、

徐々に濃い薄いが見えてくるとともに、

同じ場所で毎回実績が出るというパターンもだんだんと見えてきて

おもしろいです。

 

 

次はどこを攻めてみようかと、

GPSを使ったデジタルなアマダイ釣りを楽しんでます(^ε^)♪

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2016-12-03 09:18:43

(ちょっと息抜き)先週の忘れ物取りにマリーナへ

テーマ:ブログ
先週、船舶免許をマリーナに忘れて帰ってしまって今取りに来ました。
油壺の海、沖はちょっと風ありそうですが湾内は穏やか

{FCD42594-EC7D-43EF-9BC3-559B4410E1C3}

今日は釣りの予定でもないのでこのまま三浦半島の散歩です。
{D864F024-1914-4427-A395-43F79074FA67}

{DB07BC62-3244-4158-A9FE-B6EC980658E9}

{38985625-5252-4AE6-B330-142D6495D24A}

キャベツと大根の畑が多いですな

{EAF05819-5A9A-4E12-9724-D5369BBD96AC}


金田湾側に抜けました
{25AFD512-7179-4AB9-B608-94974AE490DF}

{A1C94B8F-8287-449C-8941-4E1938913704}

{08A1C134-5D82-425C-BBD8-A3043297B04A}


大根@三浦海岸
{6A87C69B-4654-40EB-B68F-36865B5835D2}

{202170E7-EF01-4682-9042-D1996EC0653F}

{5B3CDC3E-D387-46BA-ACD3-14994655EDB9}

横須賀のパン屋さん「ザクロ」
{2B53C3EE-F385-4321-A43C-9A8B96B96ABB}


油壺→ザクロ経由で久里浜、徒歩での散歩でした

{FF1B1A02-BA01-43DE-A3FA-F72D1B723E6A}

{F7A3E5F1-259A-4672-A458-EB0FB6024434}

{73263D52-F88D-4AB2-8122-106BC04E6FA7}




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-27 23:05:34

(ちょっと息抜き)油壷の恵みをいただく。魚はアクアパッツァが楽

テーマ:ブログ

 

アクアパッツァ用にとっておいたカイワリ、イヤゴハタ、アマダイ、

今朝料理しました。

オリーブオイル、ニンニク、トマト、魚、白ワイン、塩コショウ、水、

材料が少なくて済むアクアパッツァ、らくちんです。

 

 

あと、通常、アサリを入れるみたいですけど、

アサリを探したんですが無いです。

冷凍庫を探しましたら

コレはダメです。

釣り餌の生アサリですので。

 

魚だけでいきます。

 

まずは焼き目をつけて

 

白ワイン入れて水入れて塩コショウ!あとは蒸し煮にするだけ。

単純明快です。

 

 

 

アマダイのお寿司。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-11-26 21:39:47

(速報)お刺身速報。油壷からアマダイ第2弾50cmに一歩届かず!でも大健闘。

テーマ:ブログ

【速報】11月26日(土曜日)

油壷からアマダイ第2弾

50cmに一歩届かず!でも大健闘


 

予告記事無しぶっつけ本番でしたが、

えらいこっちゃの皆さんと油壷京急マリーナから

ヤマハシースタイルさんでボートをレンタルし、

本日KAKE船長になっておりました。

 

今日は40cm級が4本出たり。

大アマダイが良かったです。

 

KAKE船長49cm(1.5kg)

アマダイ自己記録更新ヾ(@°▽°@)ノ

 

 

 

みなさんの釣果です。(アマダイ、ホウボウ以外に、オニカサゴ、カイワリ、レンコダイ、アオハタ、イヤゴハタ、カナド(カナガシラ?)、クラカケトラギスです)

 

↑カイワリ(上)、イヤゴハタ(下)

 

 

以上、速報でした。また詳細記事は後日書きます。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2016-11-15 22:50:40

(油壷発)ヤマハシースタイルのボートで油壷沖アマダイ&偶然釣れた大型カイワリ

テーマ:ブログ

(油壷発)ヤマハシースタイルのボートで油壷沖アマダイ&偶然釣れた大型カイワリ

11月12日、油壷京急マリーナよりヤマハシースタイルのボートをレンタルしまして、

釣りに行ってきました。

狙うは冬の高級魚アマダイ。

そしてアマダイ釣りには時として本命ではないもののアマダイ以外の美味しい外道が釣れることがあるので、この釣りはやめられない。

 

カイワリ

 

「カイワリ」は魚屋さんではあまり見かけないし、結構マイナーなお魚なのかもしれない。

でもめちゃくちゃ美味いし、釣りたい!(けど僕はいままで手のひらサイズを数匹。ほとんど

釣ってないのだ。)

どれぐらい美味しいかって、

↓naverまとめにまとめられちゃうぐらい

http://matome.naver.jp/odai/2142824050909764901

 

ましてや大型のカイワリとなれば脂の乗りもハンパない

高級魚シマアジなんかより僕はコレの刺身のほうが好きだと今回思い知らされた。

↓中トロのようなサシが入ってますし、身はキメが細かくしっかりした歯ごたえ。

でもとろける脂は上品で甘い。

 

相模湾ではアマダイとカイワリをセットで釣らせてくれる釣り船屋さんもある。

でもそんなアマダイ+カイワリのゴールデンコンビをいつか自分の選んだポイントで、と憧れを抱いてたのですが、偶然にもそんなカイワリの大型が来てくれたという釣行でした。

 

11月12日(土曜日)

天気予報は晴れ!だが前日からのGPV風予報は7~8m/sの風が吹くという相模湾。

あえて相模湾の様子を見ながら油壷に行きたかったので、明け方の一般道で鎌倉経由で向かってみました。

 

逗子の渚橋から富士山や江の島がキレイに見えている。

しかもベタナギの無風!

これは今日は予報が良いほうにハズレたかと、

森戸海岸のちょっと手前でも木々の葉っぱ動いていない。

無風!!

 

そして、油壷。今日はナギかと思ったのもつかの間、

海はフラットだが、じわじわと風が吹き始めていた。

そううまくは行きませんね・・・

 

風は2m/sぐらいだろうか。流し釣りは全然問題なし!と、この時は思ったのでした・・・

この時は・・・

いよいよ9時半、出港ですが、

9時半出港時は穏やかそのものな海も

10時を過ぎれば平均風速4m/s、最大瞬間風速7m/s。

白波がでては波しぶきを浴びることも。

 

(塩まみれ・・。)ヽ(;´Д`)ノ

時々白波、平均で3~4m/sの風が吹いていますが

とりあえず流してみます。

 

午前中は油壷沖にしては潮の流れも非常に速くてまいりました・・・

まず朝イチに流した2本の軌跡ですが、

これですね。

 

結論から言いますと、この2本の流し釣りはうまくいってないのです。

強い風と潮に流されるがまま。

なぜにスタート地点の軌跡が尖がってるのか、というところも

手抜きな流し釣りを物語ってるのです。

 

なぜ途中から軌跡の角度が変わったのか?

 

流し釣りスタート地点で、そのまま船首を風上に向けたまま

最初は放置で、そこそこ風に船が立った状態で

安定して流れたものの、途中から船が左に回頭し、

横から風を受ける状態に・・・強風の強制ドテラ流しですね。

一緒に釣ってたY氏からも、

「底が取れない!」

ずいぶん仕掛けが斜めに出て行ってます・・・

 

強風で船の真横から風を受けて一気に風に流されて加速するという有様です。

今回のGPSの軌跡にもそれは表れています。

 

アマダイ釣りなど、流し釣りで船が加速してしまうと出る弊害は、

まず仮に仕掛けを垂直に落とせていて棚を正確にとれていたとしても、アマダイの上を速攻で通り過ぎてアマダイに気づかれないですし、

仕掛けが斜めに出て行った場合は底から1mというアマダイのタナは気づけば2m、3m、4mと、どんどん上がっていってしまいます。

 

 

そんな中、しばらく流してみたのですが、

 

こりゃ水深80mじゃ流せないね!

と、あきらめて水深65mを流すのでした。

そんな中でもY氏、さすがですね。1匹アマダイをゲットです。

 

午後はちょっと流し方に気を使いました

 

スタート地点の軌跡がとがっている午前中の流し方に比べて、

午後の流し方の軌跡はと言いますと、ちょっと違います。

 

 

スタート地点の軌跡が丸くなってますね。

ここがポイントです。

 

要はスタート地点でわざわざUターンしてから流し始めているという所が

ポイントなのです。

 

Uターンしてから風を船尾から受ける流し方に

午後は変更したのでした。

 

というのも過去に、風が吹いてる日の流し釣りは、船尾から風を受けるようにして風にむかって微速後進かけると良いよ。という話を聞いたことがありまして、

半信半疑だった午前中は「んなことでうまくいくはずねーよ」とそれを実践せず・・・だったのですが。

 

午後からは「まあ、やってみるか~」と素直にやってみたところ、

「おお!たしかに良いね!」と実感したのです。

まず、微速後進で風を船尾から受ける状態を作ることで、

仕掛けをまっすぐ落とせましたし、

 

押してダメなら風に向かって引いてみた

 

風に向かって前進で船を押すのと、

風に向かって後進で船を引っ張るのどちらが安定するのかを

実際にやってみた感想ですが、

微速後進で船尾から風に向かって引っ張るほうが、

はるかに安定して流せますね。不思議です。

 

これは扇風機をお風呂に持ち込んで船のおもちゃで実験しても

なんとなく引っ張るほうが良いということが実感できますよ。

風見鶏のように、不思議と後進で船尾が風に向くじゃないですか。

 

 

風に向かって微速後進!

 

 

これですね。前進微速で風に向かおうとしても動力が後ろにあるので、

舵で修正する回数も多くて、釣りどころじゃなくなります。(スパンカーやシーアンカーがあれば安定させられるのですが、今回は装備無しでした。)

ならば後進で!

 

ちょうど風と微速後進がつりあってたのもあってか、微速後進で放置しても船は振られることもなく、快適に仕掛けを落とせて、船長もボートコントロールに気をつかわずに釣りができる状態に。

吹き続ける3~4m/sの風を逆手に取った作戦は微速後進やりっぱなし!

 

すると、Y氏に再びアマダイヒットです。

↓この瞬間、釣り人はうれしい瞬間です。

  モヤっと大き目の魚影が見える瞬間!

↓ほぼアマダイで間違いなさそう

 

KAKE船長が撮影しながらタモ入れ。

僕もこの後、アマダイとカイワリを立て続けに釣りました。

やっぱり流すスピードは重要です!と実感しましたね。

 

 

もう一つのポイントは、流し釣りの微速後進の時にほんの少しだけ舵を右に切っているという点ですね。少しの角度です。船外機の角度が7°ぐらいでしょうか。

車ならハンドルをまっすぐならバックしてもまっすぐ後進なのですが、船は舵をまっすぐにして後進してもお尻がすこし左に振れるんです。

そこで少しだけ右に舵を切ってると、左に振れる分を相殺してまっすぐに

後進するのです。

 

「なんで?」と

聞いたことがあるのですが、「バックの時はスクリューが左回りだからだよ」

と教えてもらったことがあります。

 

「左回りならばなんで左のほうに横向きに動く力が働くの?」

の答えは「横圧力」と教科書に書いてありました。

 

水深が深い部分は水圧が高く、水深が浅い部分は水圧が低い。

そこで水圧が高い部分をスクリューが左回りにかくので横に行く力が

発生するんだそうで。

最初聞いた時は「ほんとか?」と思いましたが、仮に水圧の高いとこを水として、

水圧の低いとこを空気としたらば、確かに横に走りそうだなと、イメージでは・・・

でも水の中のスクリューの上と下の水圧の差でそこまで横に動くものかと

半信半疑。

 

それよりむしろ↓こちらの作用のほうが強いんじゃないかと、

   本屋で立ち読みした船舶工学の本に書いてあった「側圧作用」

後進した時にできる左回りの放出流が船の右舷側を押すらしい。

「横圧力」以上に説得力があって、なんとなくコレで納得。

 

 

 

今回のアマダイの傾向、・・・

さて、結局今回のアマダイの傾向は水深80m台をまともに流せてないのでなんとも言えないのですが、65mでもアマダイが出てるのでどの水深が良かったのか、何とも言えないですね・・・

 

それともう一つのポイントは

水中ライトアップ!

Y氏は水中ライトをつけて釣ってました。

僕はケミホタル(赤色に光るやつ)をY氏に借りて仕掛けにつけたところ、アマダイと

カイワリを釣ってます。

 

まだまだ海は秋

 

表層の水温は20.9℃、季節は立冬をすぎてもまだまだ20度超えてますので、表層は秋。底から上がってくる魚を掴んでもそんなにヒンヤリしてなかったのでやっぱり秋。

アマダイも冬になれば少しずつ浅いとこにも入ってくるのですが、

今回はちょっと深めが正解だったのかもしれません。

そして90mより先は2016年1月と同じ傾向、小レンコダイの巣です。

そんな中からレンコダイ以外の本命を釣り分けるのはなかなか難しいです。

 

今回は偶然にも等深線と平行して流れたので、攻めるレンジがきまればずっとその水深をキープできて良かったんですけどね・・・

 

 

最終釣果、

KAKEは小物で隙間を埋めて多く見せてます・・・

実は大物?は2匹だけなのです。

 

 

 

油壷のアマダイ釣行2016シーズンイン、今回が第1弾でした。

今月中にもう一度、油壷沖、行きたいと思います!

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。