1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-06-04 23:55:24

(ちょっと息抜き)カナガシラじゃなくてカナドでした。

テーマ:ブログ
(ちょっと息抜き)カナガシラじゃなくてカナドでした。

オニカサゴ釣行の記事で、短いホウボウみたいな魚を
カナガシラ
と書いてしまいました・・・


ずっとカナガシラとばかり思ってましたが
図鑑を見てたら微妙にフォルムが違うので
訂正です。

カナドでした。



なかなか紛らわしい。
カナガシラよりも重厚なモノコックなフォルム。

ヒラメやカレイは左ヒラメに右カレイなんて言いますが、
左を向こうが右を向こうがカナドです。

ここからは余談です

カレイとヒラメは交差する視神経の上下で
見分ける方法もあるとか。(交差してるのでよけいにややこしいし、頭を後ろから見て右側を右目、左側を左目と定義した場合です)



左向きのカレイも時々いる
(突然変異もいるし、ヌマガレイは種類として左向きのカレイ・・・)

http://matome.naver.jp/odai/2136308894658885601

「視神経を確認すると良いです」
と言われてもめんどうなので解剖はしませんが( ´艸`)


AD
2015-05-23 09:14:18

【第751話】初夏のメジナ(グレ)は白子がうまい!(+日本酒)

テーマ:ブログ
初夏のメジナ(グレ)は白子がうまい!
(+日本酒)

image
(この写真は今回の釣果ではありません・・・↑)
神奈川県では春~初夏にメジナは白子が入ってますが、メジナの白子のシーズンは地域により異なります。

さて、5月16日のブログ復帰前、
実はプレ復活として4月30日にこっそり油壺に行って
釣りをしておりました。

4月30日
友人が「日本酒の会やるから魚釣ってきて!」と言ったと思いきや、
「釣り、興味あるから連れてって」

となりまして、いつもボート釣りに行ってはハズレなくそこそこ釣ってくる
ということは友人達の間でLINEやらfacebookで知れ渡ってますからね。
じゃあ!ということで油壺を体験していただきました。

あまり釣れなくてごめんなさいヽ(;´ω`)ノ

ヤギ瀬にアンカリングして釣ってましたが
メジナやメバルなどは来ました。

---------------------
獲物は少ない。
それでも日本酒の会は開催されたのでした。



新政(あらまさ)      秋田県
生成(エクリュ)純米酒

純米酒とカレイの煮付け

魚料理は右から2番目(加賀鳶)が合うと、1個前の記事で書きましたが、
カレイの煮付けとなると、僕の個人的な感想では「純米酒」でしょうか。
米+麹(こうじ)+水だけで作られる純米酒。
広島県の賀茂鶴(純米酒)を飲んだ時に、
「米の味がしっかり!」な感想。

米のご飯にカレイの煮付け、合いますよね。
一般的に日本酒も同じようなことが言えます。
米の味がしっかりとした純米酒が、濃い目の味の料理に合う( ´艸`)

ごはんが進むような濃い目の味の料理と合わせるなら
純米酒。


賀茂鶴(純米酒)  広島県


さて、メジナの刺身、
初夏のメジナは「白子」のチャンスですよ~!
さっと湯通ししてポン酢で食べてみてください。

↓写真中央部



而今(じこん)「純米吟醸」千本錦無濾過生
木屋正酒造合資会社    三重県
↓         寒紅梅(かんこうばい)「純米吟醸」早咲き生
                       ↓ 寒紅梅酒造 三重県



いずれも三重県。
「生」ですのでちょっと炭酸ガスがはいってて
スパークリング感があるんですよ。
純米吟醸酒ですので「純米酒」にくらべればお米感はないですが
キリっとしてます。でも香りが良いです。



メジナの刺身 + メジナの白子 に
「寒紅梅」の純米吟醸!
としました。個人的感想。

刺身には吟醸酒や大吟醸酒で良いと思います。
加賀鳶(かがとび)(石川県)、これ↓刺身に合う!


--------------------------


もっとスパークリング感が強くて
フルーティーな感じの日本酒
風の森ALPHA TYPE1「純米酒」
油長酒造    奈良県

純米酒なんですが、こちらも生
マスカットのようなパイナップルのような香りを感じます。
これ、女子受けしそうな・・
魚料理で言えばポワレとかムニエルとか、
どちらかというとワインと合わせるような魚料理と
合う気がします。個人的感想としてはアサリ!ハマグリなどの貝類。



------------------------

後半、酔っ払ってあまり覚えてません・・・


AD
2015-05-18 20:03:11

【第750話】長い冬眠から目覚めました。川奈でオニカサゴ狙い!

テーマ:ブログ
超超超・・・お久しぶりでございます!
1月下旬から冬眠しておりましたKAKEでございますが、
釣行ブログは本日より再開いたします。

伊豆は川奈でオニカサゴを狙う!
でも欲張りなアマダイ仕掛け・・・


完全に浮気な仕掛けです。
オニカサゴを狙いつつもエサはオキアミ、ハリス3号2本針。
アマダイもついでに狙ってしまおうというような生半可な考えです。

そもそも本気でオニカサゴを狙うのであれば専用の仕掛けを
準備すべきですし、エサもサバ短冊など準備して当然なのですが、
オニカサゴは希少な魚。1日中やってもアタリもそんなに多くないだろうなと
踏んだ僕は、完全に浮気な仕掛けとエサでスタートするのでした。

お世話になりましたのは「川奈観光ボートハウス」さん。
えらいこっちゃ会のみなさんと、友人kagoturi氏もいっしょです。

朝のうちは非常に激しい雨の降る伊豆半島。
到着時も雨は断続的に降っておりました。
雷の心配もあるとのことで9時ごろまで控え室にて出港待ちとなりました。


雨雲が去った!
9時にいよいよ出港です。



攻める場所も決めていました。
ボート店で公開されているポイントマップより、
鬼カサゴの文字があるエリアです。

9時ちょうどに港を出まして僕はエンジン全開(手漕ぎですが)で
沖に向かい、7分ほどで3つある平根のところに着き、
GPSの記録開始です。

そしてまずは沖の鬼カサゴエリアのど真ん中にてパラシュートアンカーを
投入し釣りスタートです。水深は58m。
いきなり何かのアタリです。
思惑通りです( ´艸`)。ただアタリがほしいだけの欲深仕掛け・・・

浮気仕掛けは一投目からアタリます。
タマガシラです。タマガシラやヒメは頻繁に当たってきます。
「それにしてもヒメ多いなぁ・・・」

とにかくヒメが多い印象でした。
はたしてオニカサゴに出会えるのでしょうか・・・
専用仕掛けでは無いですからね。エサもオキアミだし・・・



少し離れた場所で釣っているCOZYさんから
「鬼!」の声が・・・・聞こえた気がしました。

そしてAPさんもファイト中です。

我に返りました。オニカサゴ狙いに来たのだ!
アマダイの仕掛けで鬼を獲る!

____________________


とにかく流れては戻し、少しずらしては流し、
魚の分布の印象をつかもうということで
アマダイ仕掛けをトントン底打ちながら探っていきます。

ですが、アマダイしかけ+オキアミ、
オニはなかなかヒットしません。オニがいるのは確かなのですが・・・

(図はイメージです・・・こんなにうじゃうじゃオニがいるわけではありません)



でもオキアミであるがゆえにオニカサゴ以外の小魚の分布が
徐々に見えてきました。オニカサゴはすでにヒットしている人の
釣れた場所より推測しています。

次は沖のほうも狙ってみます。
一番沖のエリアは水深95m、ここではアマダイ釣りではおなじみの
ヒメコダイがヒットします。美味しいのでキープです。

潮の向きは沖から岸へ。
スタート地点からは徐々に浅い方へとボートは流れていきます。
すると今度はムシガレイがヒット。その後はヒメ、ヒメ、ヒメ・・・
やはりヒメは多いです。アタリが多いので楽しいですが( ´艸`)



オキアミを食ってくるのはヒメ、
さらに60mより浅くなってくると再びタマガシラ。
水深53mまで流れてきたとき、
カナガシラの連続ヒットです。

カナガシラ集中エリア、ここは2回目に流した時も
カナガシラ。明らかに集中してます。

何度も流していると気づきました。
「オキアミを食べる小魚はたくさんいるけど、
 サバ短を食べるオニカサゴはその小魚たちの間にぽつぽつといるのは確実。」
本気でオニカサゴ狙うなら小魚に取られないサバ短でしょ・・・
そう思いました。当たり前ですね。

じゃあ、今のオキアミでのアマダイ仕掛けならば
どうすればよいか、ということで小魚の少ない沖からのスタートします。
さらにオキアミは2匹抱き合わせで付けて大きく見せます。


すると、水深85m付近にてゴンゴン!!っと
いままでにないアタリ。わくわくしながら巻き上げると
ついにきました!

オニです。

美味しそうなサイズです!アマダイ仕掛け(オキアミ)でオニを
釣った瞬間でした。



2回目もまったく同じ場所を流してみます!
なんと2回目のアタリです。ゴンゴンっ!と。
でも2回目は途中でフっと軽くなり針ハズレ・・・
やっぱり針が小さいのがダメなのでしょうか、
先ほどなんとか無事に取り込めたオニカサゴも口の中に
針が軽くひっかかってるだけでしっかりフッキングしてない状態でした。


__________________

このエリア、アマダイがいそうな台地からのスタートで、
割とごつごつとした地形を通過します。

台地からの駆け上がり、ややゴツゴツした底質、
非常に気になるラインでしたので、3回目も流したのですが、
3度目のアタリはありませんでした。

そして相変わらず浅い場所ではヒメのアタリ・・・
今度は専用仕掛けで狙ってみたいです。

沖から上がって思ったのですが・・・
ヒメの切り身をエサに狙えばよかったのですね。




_____________________

(オニカサゴの毒針)



1日寝かせたオニカサゴの刺身



ムシガレイの煮付け



魚料理に絶対に合う日本酒。石川県のお酒です。
「加賀鳶(かがとび)」ですわ( ´艸`)

AD
2015-01-31 13:49:15

(ちょっと息抜き)アマダイチキンラーメン

テーマ:ブログ



アマダイチキンラーメン
アマダイの在庫がまだ冷凍庫にありました。
ついでにチキンラーメンが冷蔵庫の上に。

じゃあ、いっぺんにいただいちゃいましょう、

アマダイは香草焼きの準備です。
スパイシーな味付け。



そんなアマダイ香草焼きを乗せただけ。


2015-01-26 21:38:42

(ちょっと息抜き)アマダイと外道ヒメコダイを誘いで釣り分ける

テーマ:ブログ
(ちょっと息抜き)
アマダイと外道ヒメコダイを誘いで釣り分ける
・・・事ができるのか?


ヒメコダイはクイックな誘いがお好き?

ヒメコダイも非常においしい外道なんですけどね。
狙いはアマダイなんです。



そんなアマダイとヒメコダイ、誘い方で釣り分けることは
可能なのか。
4回目の手漕ぎボートアマダイでなんとなく気づいたこと。

ヒメコダイは
クイックな誘いに乗ってくる
・・・気がする。
さすがはハタ科のお魚。


硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系
スズキ目スズキ亜目
ハタ科ヒメコダイ亜科 ヒメコダイ属 ヒメコダイ


ではアマダイはと言うと
どちらかというとスローな、
聞き合わせるような誘いにヒットすることが
多い気がします。

ちょっと前にも記事に乗せましたが↓このスローな誘いです。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇