前原誠司国土交通相は20日午前の記者会見で、鳩山内閣の支持率低落について「米軍普天間飛行場の移設問題に代表される民主党政権、鳩山政権の約束と実行状況に対する乖離(かいり)、これに対する国民の不満、不信感が増幅している」と述べた。その上で「内閣支持率が下げ止まり、上がるような環境をつくるため、自分の職責を果たしていきたい」と語った。

 普天間飛行場の移設先については「そう遠くない時期に明確な方針が示されることになる」との見通しを示した。

【関連記事】
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も
小沢幹事長「中でごたごたは駄目」 党内の結束呼び掛け
鳩山首相ショック? 内閣&民主の支持率暴落で“退陣方程式”完成か
道路財政特措法改正案 国交委審議メド立たず 首相、大幅修正を否定
鳩山首相、高速新料金「前原案をベースに議論を」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<キセル乗車>相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)
競争激しい旧試験(産経新聞)
あいりちゃん事件、広島高裁が鑑定請求却下(読売新聞)
部下暴行容疑、福岡県警警部補を書類送検(読売新聞)
<天窓事故>小学校長と教諭に罰金命令…東京簡裁(毎日新聞)
AD