菅直人副総理兼財務相は9日の衆院財務金融委員会で、2010年度予算編成の際に廃止した概算要求基準(シーリング)について「部分的には実施を検討していいのではないか。反省も含めそう考えている」と述べ、11年度予算編成で復活を検討する考えを明らかにした。竹下亘氏(自民)への答弁。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

佳子さま、学習院女子高等科へご入学(産経新聞)
落選候補に実刑判決=北九州市議選の偽投票用紙事件-福岡地裁支部(時事通信)
独禁法違反の課徴金、過去最高の360億円(読売新聞)
制裁延長は「当然」=拉致被害家族会の飯塚代表(時事通信)
<厚労省>余剰の補助金、返納手続き怠る…会計検査院が指摘(毎日新聞)
AD