CO2削減の費用を自己負担することについて、家計を預かる主婦はどのように考えているかを聞きました。

 30代は「家計費の節約につながるなら協力したい」が最多で67%。「家計費がプラスマイナスゼロまでなら協力したい」も29.3%の一方、「負担が増えても協力したい」は2.3%にとどまりました。しかし、年代が高くなるにつれて「負担が増えても協力」の割合は増え、50代で4.1%、60代は7.8%に。環境への関心以上に、子育て世代とシニア世代の経済的余裕の差が背景にありそうです。

 ★反対・賛成それぞれの声

・協力したいが家計がとても苦しく、その余裕がない(30代)

・もっと国がうまくやりくりすべき(40代)

・全世帯でやれば少ない負担額でも大きな効果がありそう。何か始めないといけない(50代)

                   ◇

 女性のための生活情報紙・リビング新聞WEB(えるこみ)アンケートから。2月4~9日実施、有効回答数1849。

【関連記事】
「原発推進」を明記 温暖化法案を閣議決定へ 民主内から反発も
「低炭素生活」で家庭はどうなる? 温室効果ガス25%削減の根拠は?
環境税具体案、家計負担は年1127円増
マイカー優遇は「不公平」か…高速無料化に自動車関連減税導入の是非
負担は1世帯「650万円増」

大阪と京都で3人を刺した石津被告に懲役20年(産経新聞)
江戸後期の土人形ざくざく、「工場」跡か(読売新聞)
平安女学院のシダレザクラは「醍醐の花見」の子孫(産経新聞)
名神高速道路で追突事故、出火して2台全焼(読売新聞)
車が電車に接触、逃走…乗客3人のうち2人けが(読売新聞)
AD