マイブームは逃亡弁護士です!
漫画おもしろすぎて一気読みしてしまった!
早く続きでないかな~
(漫画には激はまりちゅうなんですが、ドラマは見てません。だってまたレ~以下略)


昔、馬鹿みたいにはまっていた漫画があった。
りぼんは毎月買っていた。
ジャンプ漫画が大好きだった。
けど、今のあたしはリりぼんを買ってないし(あたりまえっちゃあ、あたりまえ)ジャンプもほとんど読まなくなった。
あたしが物心ついた頃、漫画を幼い頃と変わらず読む人はすこし普通じゃないことを知った。
そしてその時、自分の両親が大多数の大人に比べれば、少し変わっていることに気がついた。
大人のくせに漫画を読む両親。けれども、子どものあたしが読んだところでちっとも大人の読んでいた漫画の面白さは理解できなかった。
どうしてそんなものを読むのかさえも理解できなかった。
夢や、希望や、きらきらした恋愛が溢れている漫画をどうして読まないのか不思議でならなかった。
けれども、今ならなんとなくその理由もわかる気がする。
あたしも世間的にはもう立派な大人の年齢になった。
昔みたいにきらきらした恋愛漫画には手を出さなくなったし、希望ばかりで溢れるものは少し避けている気さえもする。
この変化は何なのだろうか。
これが大人になることなのだろうか。
しかし、夢を与える創作物を世に出すのは主に大人の役割でもある。
ただ、あたしの心が捻くれているだけなのだろうか。
あたしの周りに漫画を多く読む人は多くない。
これが大人になることだろうか。






Eちゃん!

コメントありがとうーvvv
またお茶いこう!
ロシアレストランにランチに行きませんか?w
YOUが見ていてくれるなら!
まだまだ細々続けますわ~






これにてどろん!
AD