April 26, 2005

キネマの哀愁

テーマ:映画評想
人は一生の内に4つ、大きな過ちを犯す。

という大意があるように私には感じられた。

雄大な森と、湖と静寂に包まれた山寺で

老僧と暮らす一人の少年。

幼年期に業を知らず、

思春期には欲望と執着を覚え、

青年期には人を傷つけ、

壮年期に業を知る(不可逆的な意味では過ちとも言えるとおもう)

しかしどんな傷も苦悩も煩悶も、人間のものである限り、

やり直すことは出来ないからこそ美しいのだ。

ひとの一生の、

青春 朱夏 白秋 玄冬

「春夏秋冬そして春」

色鮮やかな東洋画のように澄んだ景色。

その中で四季の移ろいを人の人生と重ね合わせていく。

その旅路はとても非現実だけれど、かみひとえに現実的だ。

これは三軒茶屋の古い小さな映画館で見た。

「天国への手紙」と続けて観たのだけど、

少し前の映画を2本立てで流すような

古い映画館であるがゆえにシートは硬く、

見終わったころはすっかりお尻が痛かったけれどそれすらも

醍醐味みたいに思えた。

映画館にも一生、というものがあるなら

こちらはもう玄冬だろうか?

ロビーにあるレトロともなんとも言えないような灰皿や

壊れかけた券売機、日が入らないせいかすこしかび臭い雰囲気も、

それでいて高い天井も居心地がいい。

こういう所がすごく賑わっていた時代もあったんだろうな、と想像する。

そんな時代の名残だけ残した映画館で、現代の映画を見るのは、

言いようのない不思議な気分だ。

アクオスで昭和の漫才番組とかを観ているような感じだろうか。

いやいや

デジタルハイビジョンの横長フラット大画面から

のいる・こいるの掛け合いなんかが流れてきたら

ノスタルジーもなにもあったものじゃないだろうな。

融合すればいいってわけでもないようだ。

「春夏秋冬そして春」も「天国への手紙」も、この映画館で流されることに

旨く溶けていた。

おとうちゃん、知ってた?

三茶にもあるんだよ!

(しかも向かいにもう一軒)


78557875

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
April 19, 2005

コーヒーと煙草の必然性

テーマ:映画評想

fugyjg

 

 COFFEE&CIGARETTSを観た。

カフェを舞台に繰り広げられる、11本のショート・フィルムから成るリラックスムービー。

そのどれにも、コーヒーと煙草が必然的に登場する。

 

カメラが固定されているのかと思うくらい、

被写体との距離(何ていうんだろう?わからないけど)

が終始一定なので、まるで同じカフェの少し離れた席から

その登場人物たちのさまざまなやりとりを眺めているような気分になれる。

 

                                                   ware                   

 

今もコーヒーを飲み煙草を吸いつつこれを書いてます。

コーヒーと煙草の取り持つ人と人との間。

どんな場面にもコーヒーと煙草を添えるだけで、

少しだけ詩的に、あるいはコミカルに、はたまたドラマティックになる

というジャームッシュの視点に共感。

どうということのない風景だからこそ、噛めば噛むほど、的な味わいのある11本。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
April 16, 2005

それはつまり生命力

テーマ:日々おもうこと

バイオリズム」ってよく聞く単語だけれど、

なんとなーく運だとかツキだとか、

そういう実体のないものの波のことを言うのだと思ってました。

カタカナなので、まあ外国人の「星座とか宇宙系の占い師」

を自称する胡散臭いヴェールを被ったおばあさんが

「“バイオのリズム”。うん、なんか響きがいいしそれっぽいじゃん。使おう」

みたいな感じで言い出したのがもう狙い通りそれっぽく、広まったものなのかと。

 

ところが、これ大変失礼な勘違いで

バイオリズムはアメリカ科学アカデミー学会において承認されたという

科学的根拠また臨床心理に基づいた(世紀の大)発見だったわけで、

「国際バイオリズム協会」なんて

結局どんな活動をしてるのかよくわからない団体があるくらいです。

パワーストーンとかラッキーアイテムなんかの類にカテゴライズしていてどうもすみませんでした。

 

いきなりバイオリズムの話を始めたのは、

ブログの更新が滞っていたのはバイオリズムが低迷していたからだ、

などという言い訳をするつもりではありません。よもや。

なんかいつも言い訳臭くなるのは後ろめたいからでしょうか。

後ろめたい生き方。後ろ暗い生き様。

常に言い訳してるか謝ってるかの自分がイヤー!!

 

ごほん。そんなことはいいんです。

バイオリズムは「知性」「身体」「感情」の3つにおいて、

生まれた瞬間から死ぬまでの間一定周期で刻まれている高・不調のリズムを言うらしいです。

知性は33日。身体は23日。感情は28日。

これがそれぞれ好調と低迷の間で曲線を描き、

リズムに合わせて交差したり離れたりする中で

要所要所に<注意日><好調日>がある、と。

例えば知性の要注意日には判断力や思考力が弱まるので交渉事には向かず、記憶力も減退するため物忘れに気をつける、というように。

誕生日さえ分かればすぐ分かる、簡単!お得!な体内時計。

(アカデミー公認)

 

バイオリズムについて書かれた数あるサイトの中には

バイオグラフを参考にした人の匿名体験談が載せられているものもあり、

「好調日にパチンコ行ったら大勝ちした」(埼玉県・♂・36才)

「好調日に麻雀したら大勝ちした」(以下略)

「事故って鼻がもげて、後で見てみたら要注意日だった」

などそれこそパワーストーンだとか、悪くすれば絵とか壷とか幸運のミニ地蔵とか、そんなレベルの話と混同してしまいそうになるけれど

アカデミー賞です。

科学的です。

無料です。

何か大事なことや大きなことをやる時に、

バイオグラフを参考にしてみるのも一興かもしれません。

「生き様が後ろ暗い」と言い出すような要領の悪い人間は、

リズムに逆らわず、バイオの波に乗ってサーフィンを愉しむかの如く

過ごしてみたら意外といいのかもしれません。

 

更新の滞留において、

このブログを見てくださっていた稀少な方々には

申し訳ない、というか見捨てないで、という気持ちでいっぱいです。

精進して参りますので。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。