February 27, 2005

「音楽は国境を越えるよね」という話

テーマ:音楽なしには・・
Mが先月、カンボジアへ行った時の話。

ベトナムを1週間旅行したあとで、
アンコールワットが見たい!と
カンボジアまで足を伸ばした。
地雷が危険な為、遺跡を見るのにもガイドをつけたほうがいい、
ということで雇ったガイドさんが、
終始ムスっとしていて義務的な話しかしてくれない。
案内のおわりに、「お礼に」とMとその友人が
日本の歌を歌った。「てぃんさぐぬ花」
アカペラで、カンボジアの空の下で。

その光景を想像しただけで私としては胸に迫るものがあるけれど、
それまでニコリともしなかったガイドのお兄さんは
Mと友人の歌ってくれた、初めて聴いた日本の歌に心を開かされ
それからカンボジアの歴史の話や、自分の話をたくさんした。
歌も歌ってくれた。
別れるときは格別の笑顔で手を振ってくれた。

Mがカンボジアとガイドの兄さんのココロに残してきた音楽の話。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
February 24, 2005

コマザワンヌの休日

テーマ:日々おもうこと
引越しが決まった!!
全然知らない人とシェアするのも
あんまり出来ない経験だし面白いかも
という反面
盗られて困るものなんてないけどこのご時世、やっぱり不安・・・
とかなんとかやっているうちに期限が近づき
これは更新するしかないのか?
と思っていたところに舞い込んで来た朗報。

名乗りを上げてくれたのは、
プロフィールに貼り付けてある私の絵を
以前に書いてくれた友人M。
宮古島出身。

とても面白いひとで、音楽・服・本の趣味や興味のあることが
ほとんど一緒なので楽しみ。
晴れた休みの日には、
駒沢公園で半日ブラブラしてても付き合ってくれそうな子だ。
ゴーヤちゃんぷるとかも作ってくれるかもしれない。
そして酒豪。寝る時間を削ってまで飲んでいる。
まずい予感


新居は駒澤大学駅。
これではほんとに宇宙・日本・世田谷になってしまうので
サブタイを変えなくては・・
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
February 23, 2005

春の月

テーマ:日々おもうこと
今日関東では春一番の襲来。
家の外に出た瞬間の暖かさに
一気に春が近づいていたことを思い知らされた。

もうコートを着ない人や、道端に生え始めたみどりの草や
目にするもの、肌で感じる陽気に
自分の奥にある春の記憶をつつかれて、
「春」が実感に変わる

梅林 寒桜 つぼみ 朝霧
あぜ道 ふきのとう 陽だまり
また春が来る

学生の頃に滲み付いた感覚なのだろうが、
生活という尺度でみると
一年は春に始まり、春に終わるという気がする。
春の訪れを感じると、
暖かくて、花が咲いて、緑が芽吹いても何故か寂しい気持ちに
なるのはそのせいだろうか。

冬から春へ。
空気が冷たくて、身を切るような寒さのなかで
温かい缶コーヒーにすがりほっとしていたのに
自分を取り囲む陽気への移り変わりについていけず
季節に追い越されてしまったような気になるからかもしれない。
 
そういう春の始まりは、
夜になって寒さの名残が顔を出すと
部屋で暖房をつけあたたまりながら、
少し安心してしまう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
February 19, 2005

2月19日

テーマ:日々おもうこと
またまた忙しさにかまけてさぼってしまっています
書きたいことはいろいろたまっているのに・・・
放置してごめんね、ブログちゃん。

疲れた自分では書きたい文章が書けません
リフレッシュ て 最近聞かないな、そういえば・・・
とにかく骨を休めてから
万事は体勢をととのえてから。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
February 13, 2005

身軽でいたい

テーマ:日々おもうこと
ルームシェアをしてみようかと
ちょっと考えています。

理由はいろいろありますが・・・
外国では普通のことだし、たった一年半なので。

どんな状況でも、そこで自分なりの暮らし方を
見つていかれるように
そういう力を養ってみるのも、
悪いことではないと思っています。
身軽でいたいということもあるし、
「他人とかかわる」ことについて
ストイックなまでに学べたり
違う世界を見ることが出来たりと、
思いがけない付加価値がついてくるかもしれないし。

それには一年半、というのはなんとなく
いい期間であるような気がします


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
February 11, 2005

目のつけどころを変えたら

テーマ:日々おもうこと
「黒ひげ危機一髪」
という一世を風靡したゲームがありますよね。

どこで読んだのか忘れてしまいましたが
何かで、こういう文章を目にしました。
 
  黒ひげ危機一髪をやると、刀を樽に刺すたびに
  なんとなく手応えを確かめながら、やばい!負ける!と
  ヒヤヒヤするわけです。
  ところがある人から
  「あれは樽に刀を刺して黒ヒゲが飛び出したら勝ちなんだ」
  と聞かされました。もしそれが本当なら、今まで
  「やばい!負ける!」だったのが「やった!勝てるかも」
  に変わってしまうわけです。まったく正反対に。

というような感じだったと思います。
これは極端な例ですが、
何においても発想の転換は
まったく違った結果をもたらすことになるのだと思います。


面倒臭い仕事を面白い仕事に。
嫌いな人を嫌いではない人に。
退屈な映画を興味深い映画に。
苦しい恋を嬉しい恋に。
辛い経験を、それが糧となる経験に。
「何もない」を「何かがある」に

目のつけどころを変えたら、それは180度変わるかもしれない
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
February 08, 2005

ドイツへ

テーマ:日々おもうこと
絶対に負けられない
戦いが、そこにはある!!




いよいよ始まる、W杯アジア最終予選!
本大会よりも過酷な道のりと言われる予選。
長い長いマラソンの幕開けです。

その口火を切る、明日の日本ー北朝鮮
さいたまスタジアム19時半キックオフ
スタメン誰だろ?やっぱ始めは国内組だけでいくのかな
つーか今日雨降っちゃったけどどんな練習してるのかな
明日まで芝湿ってたらやだな
あぁぁぁぁぁなんかもう落ち着かない。
 

 2月9日(水)  日本VS北朝鮮(Home)

 3月25日(金) 日本VSイラン(Away)

 3月30日(水) 日本VSバーレーン(Home)

 6月3日(金)  日本VSバーレーン(Away)

 6月8日(水)  日本VS北朝鮮(Away)

 8月17日(水) 日本VSイラン(Home)


最近テレビでは「日本代表W杯予選の軌跡」みたいな特集が多く、
懐かしく見入っています。
フランス大会最終予選で、
がけっぷちに立たされた直後のアウェー・韓国戦。
勝った時は泣きながら喜びました。
あの試合での選手の気迫は今でもなんとなく、
頭にこびりついているくらい印象的です。
そしてジョホールバルでのイラン戦。
2-1に返されて、もう駄目かもしれない、と
ブラウン管を直視出来なかった中での城の2点目。
半狂乱で喜びました。
スポーツって・・・いいよね・・
ホロリ

しかし裏を返せばその試合には敗者がいて、掴みかけた切符を
あと少しのところで逃した悔しさに苦悶したこともまた現実。
明と暗。
ドーハでの日本のように。

この道のりは決して簡単でない。
「アジアで敵なし」などという慢心は危険。
ただ、どーか!!!8月17日、ホームで歓喜に沸きたい!!!

あの感動をもう一度!
ジーコさん、頼みます!!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
February 07, 2005

愛知スーパー殺傷事件

テーマ:日々おもうこと
このどうしようもなく不条理で、忌まわしい事件で
命をなくしてしまった翔馬ちゃんが
どうか安らかに眠れますように。

そしていつでも、ご両親のそばにいて
自分を責めることの無いよう
その傷が癒えるよう、
願っていてくれますように。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
February 04, 2005

私の主観で言えば

テーマ:日々おもうこと
ある年配の人と話していて、
少し違和感を覚えた出来事がありました。

私の主観で言えば、
「この人はこんなにもお年をとっていて、
 きっとさまざまな、沢山のことを経験しているだろうに
 世間にはそれこそ様々な人がいて、
 皆、思うことも感じることも考えることもそれぞれなのだ、
 ということが分からないのだろうか」と。

そう、何度も繰り返し思わせられるようなことを言っていたのです。
もし、これと似たような事を思わせられる人物が周りに居たら、
その人を想像してください。

(けれど その人を非難しているわけではなく、
 何か自分の思っていることに矛盾が生じている気がして
 腑に落ちなかったんです。)

だって、もし
「そう、世間には様々な人が居る。だから俺のような人間も居る。
 何も不思議はないし、俺の価値観についてとやかく言われる筋合いはない」
と毅然と言われてしまったらどうだろう、と。

確かにそうなんです。
けれど・・



一枚!

Elis Regina 「IN LONDON」
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
February 01, 2005

HAPPY

テーマ:音楽なしには・・
ASIA SunRise です。
アジアの夜明け。

いいんです、歌が。
初めて知ったのはまだ昨年のことで、
Vo&Gの大樹さんという人が地元の和歌山で
虎視眈々と中南米進出を狙っていた頃から好きだった、という
知り合いに、ライブに連れて行ってもらったのが最初です。

実際この大樹さんという人はジャマイカへ渡り、
キューバからブラジルへ流れ、その土地土地のソウルミュージックを
肌で吸収し帰国。その間書いた何十曲か何百曲の中から抜粋した
数曲からなるアルバムというのが「HAPPY」

うれしい。
たのしい。
しあわせ。

オーガニックレゲエというのか、やわらかいけどソウルフル。
ファンクであり、ラテンであり、アフリカンであり、また沖縄でもあり
狭いライブハウスで、
でかい口をあけて楽しそうに歌う様子は太陽そのもの。

ステキなことです。
私もおひさまみたい、なんて思われてみたい。

そして明日2月2日に、2nd「Rainbow man」
をリリース。
アジアのソウルはこんなにもあたたかいのです
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。