引越屋の娘のブログ

江東区木場で引越屋をしているゆうこです。
2012年3代目として実家に戻ってきました。
ペーパードライバーなので運転もできず引越の知識もありませんでした。なので、たま~に下見や現場に出た時に思ったことやお客様からよく聞かれることをお伝えしようと思います♪


テーマ:

おはようございます。

 

江東区木場で引越屋をしているゆうこです爆  笑

 

今回のコイワタイムズ163号にお友達から依頼があった話を載せています。

 

先日、お友達から「おばあ様が高齢者マンションに引越すので荷物の運搬と処分をお願いしたい」という依頼を受けました。

 



(↑何故だろう・・・何故か横になる画像カナヘイびっくり

 

おばあ様は高齢のため、お友達のお父様とお母様が燃えるごみで出せるものは出したりコツコツ作業していらっしゃいました。

 

結果、2回に分けて処分の作業もしました。

 

市区町村で箪笥など出すと安くなりますが手続きやかかる手間を考えて引越の時に一緒に処分される方が多いです。

 

不用品の処分はどこまで受け入れてもらえるのか分からず頼みにくかったようですがうちは引越以外も大丈夫ですのでご相談いただければと思います。

 

最近、とあるお部屋の片付けをしております。

 

というか片付けの手前の使えるものと使えないもの、捨てるものの仕分けの段階です。

 

地味な作業ですがどうにもこうにも大変で体調がおかしくなったり気分に影響が出ましたので毎日1時間と決めて作業することにしました。

 

体を張って体験中です!!!!

 

コイワタイムズはこちら↓

http://koiwatimes.com/

 

奥田商店はこちら↓

http://hikkoshi.ne.jp/

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

おはようございます。

江東区木場で引越屋をしているゆうこです。

 

このたび、初めて新聞折り込みのチラシを作って入れてみました~

12/4(日)読売新聞の朝刊に入れました~~

とりあえず4500枚。

 



 

年末なので「片付け」どうですか~?というお知らせにしました。

 

うちでお引越しされた方に昨年からクリスマスカードと暑中見舞いを送っています。

今年の暑中見舞いの時に父が亡くなったあとに思った片付けのことについて載せたところ秋頃から「引越」+「処分」についてのご依頼が増えています。

 

一戸建てだとやはり荷物の量は多く金額も高くなりますが「今回は1階だけ」などというご依頼でも大丈夫ですので一度、ご相談いただければと思います。

 

色々相談にのってくれた深井君ありがとう。

http://shufu-yutaka-k.jp/wp/2016/12/

 

今回はやめようかな~と思っていたのに背中を押してくれたゆっきーさん、ありがとう。

http://ameblo.jp/interior-canon/

反応があるといいな~。

 

何かありましたらこちらへ↓

http://hikkoshi.ne.jp/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

 

江東区木場で引越屋をしているゆうこです爆  笑

 

まさか未来の話が聞けるとは思わなかった。

 

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて

 

こんなことが課題になっています。

 

・外国人労働者の雇用などで問題はないか?

 

・女性の登用にもっと取り組む必要はないか?

 

などなど今後、社会的責任への対応が求められる時代になると想定されるようです。

 

<排出事業者とのコミュニケーションの重要性>

 

前回、アンケートの中に

 

「排出事業者さんの意識なんて変わらない」(※排出事業者さんというのは処分品を出す人です)

 

「もっと安くしないと他の業者に変えるよ」

 

というところが多いんだから無理無理!

 

みたいなやりとりがあったようです。

 

捨てるものの中に入れちゃいけないものも入れてる時もあると思うし

 

現場のこんな声が出てた中での食品偽造の件とかだったのかな?と思ってしまいました。

 

今後、制度を作ろうとなったり

 

もし難しいのであれば排出事業者さんに人を送り込んで一緒に相談しながらやっていこう!

 

教育も大事ですとのことでした。

 

うちは収集運搬ですが

 

 

 

排出事業者と一緒に収集運搬も処分場もじわじわ変わっていくのかもしれません。

 

お話しされた方がとても熱く

 

まさかここでもいつも周りの人が話しているような

 

自分の業界の常識は非常識で今まで通りで大丈夫だろう、変わりたくない、

 

変わらなくてもいいって言うのは違うと思うというお話をされていました。

 

みんなで協力してやっていこうというのが大切と言われていたので

 

ホントにその通りだと思いました。

 

<今後の問題>

 

・超高齢化・人口減社会の到来・・・ぼみの分別や排出困難な事例。在宅医療廃棄物増加の可能性

 

・災害への備え

 

ごみをため込む人が増えるだろう・・・と。

 

ためこんでしまったり年齢を重ねると

 

片付ける時間も金額もかなり負担になる気がします。

 

私も会社の倉庫を片付けていますが

 

かなりのエネルギーを吸い取られます。

 

(お宝発見もありますが・・・・)

 

いつからあるのか?誰の荷物なのか?捨てていいのか?

 

正直面倒です。

 

怒りすらわいてきます。

 

何の荷物だ?

 

何年も見て見ぬふりをしてきた結果です。

 

もはやときめく、ときめかない、断捨離レベルではなく

 

捨てる・捨てない・お金に換える の三択です。

 

判断できる人が元気なうちに

 

残すかどうか判断してもらう。

 

それだけでも助かるかなと思います。

 

災害対策としても何かが倒れて荷物が散乱した。

 

いざという時にどこに何があるのか分からない

 

ということがないように片付けするのもいいかなと思いました。

 

私も片付けたい!相談したい!と思った方はこちらへ↓

http://hikkoshi.ne.jp/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。