フランス家庭料理教室un petit peu(アン・プチ・プ)

AISO認定オリーブオイルソムリエによる、オリーブオイルと旬野菜たっぷりのヘルシーな南仏料理教室

「フランス家庭料理教室アン・プチ・プ」ホームページ


料理教室ナビで教室紹介中!

世界の料理家が創るキッチンライフで紹介中!

フードソムリエにてレシピ公開中!

テーマ:
2/3(金)、2/4(土) 2日間限定でバレンタインのショコラ講座をおこないます。

ケーキ 日 時
 ① 2/3(金) 11:00〜14:00
 ② 2/4(土) 11:00〜14:00

ケーキ 費 用:5,000円 / ヘルシーランチ付き
ケーキ お申込み・お問合せはメールにて
  kanzaki3jp@ybb.ne.jp
お名前・ご住所・お電話番号・メールアドレスを明記のうえお申し込みください。

ケーキ 詳細はこちら



ご紹介するのは、甘さ控えめの大人向けチョコレートレシピ4品。

本格派からヘルシーにアレンジしたものまで、バリエーション豊かにお教えします。

レシピはすべて生クリーム未使用。バターもほんのひとかけらしか使いません。

上質なカカオの風味を生かした
体にやさしいヘルシー・チョコレートスイーツは、バレンタインのプレゼントはもちろん、美容に良いおやつとしても大活躍してくれます。


ル・クルーゼ  1品目は「ノンバター・タルト・オ・ショコラ」

バター未使用のサクサク食感のサブレ生地に、甘さを控えたビターチョコレートクリームがたっぷり。

パイ生地は、長時間休ませたり、麺棒でのばしたり、型に入れたりなどの面倒な作業は一切不要のオリジナルレシピ。

超簡単・スピーディに本格的なタルトが出来上がります。


ル・クルーゼ  2品目は「ソルベ・オ・ショコラ

ポリフェノール豊富なカカオを贅沢に使った、とびきり濃厚でなめらかなビターチョコレート・シャーベット。

口溶けよくさっぱりとした甘さで、やみつきになるおいしさ。
生クリームやカカオバターなどの脂肪分を含まないので、安心してたっぷり召し上がれます。


ル・クルーゼ  3品目は「アマンド・ショコラ

じっくりと香ばしくローストしたアーモンドに、ほろ苦く焦がしたカリっとした食感のキャラメルを絡め、上質なチョコレートでコーティング。

ショコラ専門店も顔負けの本格派の絶品レシピは、バレンタインのギフトや手土産にぴったりです。


ル・クルーゼ  4品目は「ベジタリアン・ガトーショコラ

卵・バター・牛乳などの動物性食品を一切使わないベジタリアン・スイーツ。

ヘルシーなナッツや大豆製品をたっぷり使い、しっとり食感のリッチな焼き菓子に仕上げます。

チョコレートの風味が濃厚で、通常のガトーショコラに負けないおいしさ。
ダイエット中のおやつや、ヘルシー志向の方へのプレゼントに。

ケーキ ショコラ講座の詳細はこちら


お申込み・お問合せはメールにて
 kanzaki3jp@ybb.ne.jp
お名前・ご住所・お電話番号・メールアドレスを明記のうえお申し込みください。



【外部講座のおしらせ】

ル・クルーゼ ①クリナップ・キッチンタウン東京「春のヘルシーフレンチレッスン」
スパチュラ日 時:2/23(木) 11〜14時
スパチュラ場 所:クリナップ・キッチンタウン東京(新宿ショールーム)
スパチュラ費 用:5,000円(税込み)

スパチュラお申込・お問合せはメールにて 
 kanzaki3jp@ybb.ne.jp
お名前・メールアドレス・お電話番号を明記の上お申込みください。


ル・クルーゼ ②三越日本橋本店 はじまりのカフェ「春の彩りフレンチレッスン」
スパチュラ
日 時:3/21(木) 11:30〜13:30
スパチュラ場 所:三越日本橋本店7階 はじまりのカフェ
スパチュラ費 用:4,320円(税込み)

スパチュラお申込・お問合せはメールにて
 kanzaki3jp@ybb.ne.jp
お名前・メールアドレス・お電話番号を明記の上お申込みください。


皆さまのお越しを心よりお待ちしています


昨年秋に訪れた、オープンしたての熱海の温泉×オーベルジュ。

部屋着がかわいくてリラックマ

朝ごはん美味しかったハート

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
鰹節の名産地、鹿児島県・枕崎の金七商店から「クラシック節」が届きました。


「クラシック節」は、金七商店の四代目、瀬崎祐介さんがひとつひとつ手作業で製造している本枯節。


枯節を作るうえで最も重要な “カビ付け作業” の行程中に、カビの酵母熟成が活性化してより美味しくなることを願い、工場内にモーツアルトを流しているそうです。

クラシック音楽の効果は、鰹節にはまだ実証されていないそうですが、なんとお酒の麹・酵母には研究結果が出ているそうです。

生きている菌は、よい環境を与えてあげるとちゃんと答えてくれるんですね。


さて、金七商店のクラシック節は、燻製風味がしっかりしていて鰹の風味が濃厚。削りたては感動もののおいしさです。

本枯節の表面を覆っているのは、
鰹のよい香りのするきめの細かい麹カビ。

最初の使い始めは、表面の
カビを刷毛やペーパーで落とします。


鰹節の正しい使い方・削り方を記載した分かりやすい説明書を同梱してくれるので、初めて使う方でも安心です。


私は子供のころ、母が目の前で削ってくれたおかかの美味しさが忘れらなくて、いまでも毎日の味噌汁や豆腐に鰹節は欠かせません。

愛用中のシンプルな削り器で、削りたてのふわふわをたっぷり楽しんでいます。


じつは、私は忙しい毎朝の味噌汁には出汁をとらず、仕上げに細かく削った鰹節をそのまま加えて一緒に食べてしまいます。

邪道と言われるかもしれませんが、出汁をとったあとの鰹節を捨てるのは惜しいし、この方法なら市販の顆粒のだしの素と同じ感覚で簡単・お手軽です。

もちろん、削りたてを真空パックした削り節でもじゅうぶんに美味です。


こんなに素晴らしい食材が身近にあるのに、出汁をとるのが面倒だからと添加物の多いインスタントの顆粒だしを使い続けるのは本当に残念でもったいないことだと思います。

皆さんもぜひ天然の鰹節のお味噌汁をお試し下さいね。


そういえば、私が長年愛用し、取り寄せている福井県の「マルカワみそ」の河崎さんも、クラシック音楽を聴かせて熟成させた味噌を作っています。


その名も「ヴィバルディ」

麹をたっぷり使用した甘くまろやかな味噌で、数あるマルカワさんのお味噌の中でも私の一番のお気に入りです。


こちらの「マルカワみそ」は、昔ながらの伝統製法で味噌作りをされている数少ない生産者さんです。
原料の大豆や米は国産の有機栽培のもの。

今ではすっかり姿を消してしまった木樽を使い、丸1年かけて仕込んだ天然醸造の本物の味噌作りをされています。


世界中で注目されている発酵食のひとつ「味噌」は、日本が誇る食材ですが、こうした伝統製法で作られたものこそ正真正銘の発酵食で、本当のおいしさと健康効果が望めます。


今はスーパーで、出汁の風味も加えられている便利な味噌が安価で買えますが、これらは短期間で出来上がるように発酵を促進させる添加物などが加えられたりしています。

こうした大量生産の安い商品に押されて、伝統製法のものはどんどん減少しています。

今回は、クラシック音楽を聴かせた珍しいものをご紹介しましたが、これらの生産者の金七商店の瀬崎さん、マルカワみその河崎さんは、ご自分の作る商品をさらにおいしくする工夫や日々の努力を重ねられています。

だからこそ、まだ実証データの少ない未知の方法もすすんで試されているんですね。


このような素晴らしい生産者さんによる日本の伝統食材は、今後もずっと残していかなければなりません。

安心・安全なまっとうな原料を使い、手間と時間もかけて作られるので当然値段は高めですが、一度買えばかなり長い間使えますし、無添加で栄養価も高く、なによりおいしくて体にいい。

長い目でみればとってもお得なんです。

皆さんもぜひ伝統製法のものを選び購入し、買い支えてくださいね

江ノ島・いのうえ食堂のさざえ丼と、濃厚な煮汁がおいしいきんきの煮つけ。

裏通りですこし入りにくい雰囲気ですが、店主のおとうさん・おかあさんはやさしいですハート








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
本日 、昨年秋に収穫・搾油されたばかりの “オリーブオイル・ヌーボー” を中心にご紹介する講座を開催しました。

ご用意したオリーブオイル・ヌーボーは、イタリアのトスカーナ産とシチリア産、スペインのオリーブオイルの名産地ハエン産。

そして、オーストラリア・ヴィクトリア産。
南半球のオーストラリアではオリーブの収穫期は5〜7月になるため、こちらのオイルは昨年の初夏に搾油されたものです。


そして今回、急きょ飛び入りで、スペイン産の上質オイルを取り扱っている「DE OLIVA」の中野さんにお越しいただきました。

当初ご紹介予定のオイルは6種類ほどでしたが、、、
「DE OLIVA」の中野さんのご好意で、こんなに多種類のオイルをご持参いただき、盛りだくさんの講座になりました。



スペインのオイルは、品質はもちろん、容器のデザインが本当にお洒落で素敵ですね。

もちろん、すべてしっかりテイスティングさせて頂きました。
今回ご参加の方はラッキーでした♪

オリーブオイル講座が初めての方はもちろん、リピーターの方も鮮やかな緑色のフレッシュなヌーボーオイルの美味しさには大変びっくりされていました。


オリーブオイルのテイスティングは、6種のオイルをずらりと並べてひとつひとつ丁寧におこないました。

「オイルなのにフルーティな香り!」

「オイルなのに野菜ジュースのような緑色!」
「オイルなのに飲める!」
「オイルなのにピリッと辛い!苦い〜!」
 .........などなど、いろんなご意見がにぎやかに飛び交いました(笑)

さて、オリーブオイルの基礎知識とテイスティングを学んだあとは、オリーブオイルをたっぷり使ったランチ&デザートタイム。


まずは前菜いろいろ。
フルーツや野菜、国産大豆の豆腐、オリーブオイルで揚げたゼッポリーネ。

豆腐にはオリーブの実入りの塩をパラリとかけて。


ゼッポリーネとは、ナポリ名物の揚げパン。本来は海藻を加えますが、ここでは新年らしく、上品なゆずの風味にアレンジ。
一口サイズのサクサクドーナッツのようでおいしいのです。


自家製ベーコンと塩豚入りの旬野菜のミネストローネ。
化学調味料入りのコンソメ等は一切使わない、無添加の具沢山スープです。


写真を撮り忘れてしまいましたが、茹でたてのペンネにお好きなオリーブオイルをたっぷりかけてシンプルに召し上がっていただきました。

“この料理にはこのオリーブオイルが合いますよ”と、一応おすすめはしましたが、ご自由に好きなオイルを好きなだけかけていただくスタイルで、贅沢なオリーブオイルランチを楽しんでいただきました。


お楽しみのデザート盛り合せ。
オリーブオイルと抹茶のマドレーヌ、ゆずのジェラート、自家製ゆずピール。


抹茶マドレーヌはバターの代わりにオリーブオイルを使用。小麦粉を一切使わないグルテンフリー・レシピです。


香りが命のゆずのジェラートは、前日に仕込んだ作りたてのもの。
生クリーム控えめのさっぱりした口当りのアイスは、オリーブオイルをかけることで絶妙なコクが加わります。


デザートには、
「DE OLIVA」の中野さんイチオシの、スイーツと相性抜群のオリーブオイルを合わせました。
マゼンダピンクのボトルが可愛くて大人気でした。


オリーブオイルをたっぷりとったので、デザートタイムにはウーロン茶ベースのフレーバーティをお出ししました。


このお茶は、毎月来て下さる生徒さんがプレゼントして下さったもの。
デンマーク王室御用達のブランドだそうで、とても香り高くおいしくて皆さんにも大好評でした。ありがとうございます。

おいしくて楽しくて、皆さまの健康維持に役立つオリーブオイル講座を今後も定期的に開催する予定です。



ご参加して下さった皆さま、誠にありがとうございました


【外部講座のおしらせ】

ル・クルーゼ ①クリナップ・キッチンタウン東京「春のヘルシーフレンチレッスン」
スパチュラ日 時:2/23(木) 11〜14時
スパチュラ場 所:クリナップ・キッチンタウン東京(新宿ショールーム)
スパチュラ費 用:5,000円(税込み)

スパチュラお申込・お問合せはメールにて 
 kanzaki3jp@ybb.ne.jp
お名前・メールアドレス・お電話番号を明記の上お申込みください。


ル・クルーゼ ②三越日本橋本店 はじまりのカフェ「春の彩りフレンチレッスン」
スパチュラ
日 時:3/21(木) 11:30〜13:30
スパチュラ場 所:三越日本橋本店7階 はじまりのカフェ
スパチュラ費 用:4,320円(税込み)

スパチュラお申込・お問合せはメールにて
 kanzaki3jp@ybb.ne.jp
お名前・メールアドレス・お電話番号を明記の上お申込みください。


皆さまのお越しを心よりお待ちしています


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
文化出版局「ミセス 2月号」のコーナー、“この店の一皿を食べに〜The Dish” に掲載させていただきました。


“この店の一皿を食べに〜The Dish” は、この季節に食べに行きたいお気に入りの店の一皿を紹介するページです。

私がご紹介したのは、鎌倉・稲村ガ崎の老舗イタリアン「タベルナ ロンディーノ」の “イカ墨のスパゲッティ”

地元湘南には、お気に入りの名店が多くて本当に迷ったのですが、最終的にはこれまで数えきれないほど食べてきた大好きなこの一皿に。。。



ロンディーノは、東京生まれの私が湘南暮らしを初めた20年前から通っているお店です。

じつはまだ若いころ、東京から湘南にドライブに行くたびに、素敵なロケーションのお店だなあ...と眺めていた憧れのレストランだったのです。



長年変わらぬ美味しさのロンディーノのイカ墨のスパゲッティは、とにかく濃厚で真っ黒。

細めのスパゲッティに、ぜんぜん臭みのないイカ墨ソースがよくからみ、やわらかいイカの身もたっぷり。シンプルで飽きない一品です。

あまりにも黒いので、通い始めたころはパスタ自体も黒色のものを使っていると勘違いしていました。



当然、食べると口じゅうが真っ黒になってやっかいですが、毎回必ず注文するほど長年ハマり続けている、まさに「お気に入りの一皿」です。


ちなみに我が家は、冬でも夏でもリラックスできるテラス席でのんびりランチを楽しんでいます。

こじんまりした空間ですが、天気のいい日はイタリアのリゾートにいる気分になれますよ

皆さんもぜひ食べに行ってみてくださいね。


ミセスは、昨年 2016年9月号の「クッキングカード」でも “とうもろこし、トマト、いか” のレシピをご紹介いたしました。

こちらもぜひご覧下さい。


雑誌「ミセス 2月号」は 2017年1月7日発売です。ぜひご覧下さい


おいしすぎる自家製ゆずのジェラート・つくりたて 
明日のオリーブオイル・ヌーボー講座のランチ&デザートのひとつ。

グリーンのヌーボー・オイルをかけるのだ ハート


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
銀座4丁目交差点「GINZA PLACE」内に昨年オープンした、パリの2つ星レストラン「ティエリー・マルクス」のランチに伺いました。


レストランは白を基調としたシンプルなインテリアで、リラックスして食事ができます。

メニューは食材名のみですが、日本の旬の美味を用いた多彩な料理の数々は素晴らしかったです。

“アミューズ”
3種のグリッシーニと、白トリュフの香りの根菜ピュレ。
フレッシュなマスカットのノンアルコールカクテルも作っていただきました。


“始まりのひとさら”
あぶったイカとカラスミ。セロリとアンチョビソースとの相性抜群でした。


“フォアグラ/うなぎ”
フォアグラソテーの下に、軽い燻製風味のうなぎ、青りんごのピュレ。
うなぎの出汁のクリームと青りんご添え。


“もやしリゾット”
お米を使わないもやしのリゾット風で、贅沢にトリュフがたっぷり。
濃厚なきのこ風味で食感も面白く、意外性のある美味なスペシャリテでした。


“ハタ”
ピメント(唐辛子)風味のハタと焼いた九条ねぎ。野菜の出汁入の
クリームソースは濃厚でも重たくありません。
柚子こしょうのソースと大根添え。日本の鍋料理をイメージしたそうです。


“川俣シャモ”
皮目はパリっと香ばしく、身は火通しが絶妙でピンク色に柔らかく仕上がり、じつに美味しい一品でした。
蕪、じゃがいものガレット、トリュフのソース添え。

肉料理と一緒に出て来たのは、クリストフル製の巨大な卵。

開けると中にカトラリーが入っています。


料理とともに供されるパンは、マルクスシェフオリジナルのブリオッシュ。焼き色しっかりで香ばしく、中は空気をたっぷり含んでふわふわです。


“Sweet BENTO お重”

デザートは有田焼のまるい3段重で供されました。

1段めはイランイランのジェラートとグレープフルーツムース、2段めはコーヒーの香りのオペラ風ムース、3段目はクリームチーズのメレンゲとフレーズ・デ・ボワ。


食後のコーヒーは、お隣の「ビストロ・マルクス」のテラス席に案内していただきました。

銀座4丁目交差点の和光や三越が望めるテラス席は大型ヒーター完備で暖かく、ブランケットもたくさん貸していただき、超寒がりの私でも快適にお茶できました。


プチフールもひとつひとつが美しく美味でした。

ご一緒させていただいたのは、なかよしの料理家さん。とっても楽しい新年会ランチになりました。

楽しく美味しい時間をありがとうございました


お正月は新年恒例かに三昧ハート


戸田のみなとで毎年あえるの


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。