カフェ“アンプティシュ”
お菓子教室“プティシュー倶楽部”
のブログにご訪問頂きまして
                    有難うございますm(_ _)m




お菓子教室プティシュー倶楽部では
〈カーディナルシュニッテン〜 苺ムース〜〉
のレッスンが続いています。

苺のバースデーケーキのご注文も頂きました❤︎
{FAE83FE0-1FF7-4FFF-88AD-3E85FFDADC5A}

{2BE3ABCA-9CF9-4A29-8E32-199C588E6415}

六号のデコレーションケーキです。
フラワーケーキと一緒に記念撮影(^^)


       コーヒーコーヒーコーヒーコーヒーコーヒーコーヒーコーヒーコーヒーコーヒーコーヒーコーヒーコーヒー

スリランカ紅茶旅の備忘録をアップしていますが、
少し間が空いてしまいました。
時間の経過とともに記憶も遠退いてしまって
備忘録の大切さを痛感しています(^^)

友人のYさんが「続き楽しみにしているよ。」と
言って下さり、励みになりましたよ(^^)


スリランカ紅茶旅4日目はヌワラエリヤの茶園を
二ヶ所訪問の後、キャンディにある紅茶博物館を
見学しました。

{07708D13-0635-4C4A-8391-E9C783FFC241}
入り口にマスコット犬の様にチョコンと座っている
ワンちゃんが皆気になって(笑)

 
{B156EBA6-6619-4FFB-AD2E-35968EA8DFB1}
紅茶製造の機械の展示

{A51F5AAA-AC18-495E-9F24-A404D6EF154D}
ジェイムス・テーラーの石膏像


{6A90ECC3-E175-488C-B853-0DAA0A6A72DF}

{E6060992-7EDD-49C4-A17F-15AF4741CC34}

ジェイム・ステーラーが使っていた道具や食器などが
展示されています。

食器はテーラーが9歳の時にイギリスから出る時に
母親から持たされたもの。  欠けてしまったものを
大人になってからも使っていたそう。
テーラーのイギリスや母親への思いが感じられ
ますね。
{486DB319-B03B-4158-92D4-E7C39917B64E}
最初の紅茶のパッケージ。


{0CD52F2F-324D-4A9C-9749-3E097DF9E193}

{C70FFE54-5541-4D27-8B00-96D0440AA95C}

ジェイムス・テーラーが紅茶生みの親なら
トーマス・リプトンは紅茶育ての親。
紅茶を世界中に広めました。

セイロンティーの今までの歩みが展示されています。


この後、
〈アールズリージェンシーホテル〉へ
{5F8FC135-5BF4-4D74-942C-5706957D0CD7}


{9B22C09C-FBE7-4FC3-9EE0-E7949CF59AF0}

{47C66F38-B387-42D8-A8C7-1969A58A5F50}

スリランカの誇る建築家 ジェフリー・バワの建てた
五つ星ホテル。
地形を巧みに利用しているのはバワの真骨頂。広々としたコロニアル建築。ロビーの窓からは滝が見えますが 、まるで一幅の絵のよう。

こちらで昼食がわりのハイティーを。
{776C7258-89F3-423C-A56F-5904CAC6735A}
平置きタイプ。


{1333E7EA-68F9-4339-AEB1-D73ABCE1BEEB}

{214CB951-5842-42EF-88C4-C53059045855}

キャンディの美しい景色を眺めながら。。茶園巡り
の後の優雅なひと時でした。



17時より18時まで
キャンディアンダンスショー観賞。
{51BB63FF-FE32-42E4-B7F8-3B862E0A03BE}



18時半よりプージャ(伝統的な礼拝)が始まる
世界遺産〈仏歯寺〉ヘ。
スリランカ仏教の聖地です。

{A822D02F-4E66-442F-9986-CEE1F9E42453}

{D72A575D-03B9-465B-85B7-41321EE06C1B}
お供えのジャスミンやランの花が売っていました。


{C6E4C8C4-0309-4819-875A-A3CA5292AF8F}
私達もジャスミンやランの花を供えました。
立ち止まる事も出来ないくらい
境内は大勢の人でごった返していました。

{C41F9EBB-741C-46F6-BC0A-11573AEDEF8E}

{92108024-F240-41CA-92B9-4359295F384D}

{C30F7761-AB43-4110-9498-23C27384B99A}

敬虔な仏教徒であるガイドのシャンさんは 
頭を床に付けるようにして祈りを捧げていました。


夏に行われるペラヘラ祭りで仏歯を運んだ像の剥製。
とても賢い像だったそうです。

{6A935DD9-D583-49AC-A281-7F199BFA17FA}



{829416BA-D37E-431C-831C-FB77B7F8967A}
二階には 象牙に囲まれた黄金の仏像が有りました。
天井の細工も見事です。

{2E7BFAD9-22AB-4A1E-8054-5A3F55F80A09}

見事な細工がなされているのはシンハラ建築だそう。

{2AB97569-42E4-471C-9581-E9EA27F8E2F9}
夜はライトアップされて神秘的でした。


この後〈マハウェリリーチホテル〉へ。
スケジュール盛り沢山の4日目はやっと夜を迎え
ました。

                      ・・・・続きます。

















AD