UNOSANO.NET 彩リノススメ

イロドリノススメ


テーマ:
こんにちは、佐野みずきです。

ハリウッドのメークアップアーティスト、奈良香織里・ターナーさんが紹介してくださったハリウッドスターのひとりに、スティーブン・セガールさんがいます。
セガールさんにお会いしたのはロザンゼルスにあるワーナー・ブラザーズの21番スタジオ。ちょうど彼が製作、監督、主演を兼ねている『沈黙の要塞』という映画の撮影中でした。 

スティーブン・セガールさんとメークアップアーティストの奈良・香織里・ターナーさん。(撮影:西山奈々子  写真提供:株式会社ウィンブル)

セガールさんは、日本の武士道精神に憧れ17歳のときに来日。日本女性と結婚し、日本の宗教を信心し、合気道や空手の道を究め、鍼や接骨も学んだという日本人以上の日本通。
日本にいた15年間の間に、外国人では初の「武道の道場主」を務め、3000人の弟子を抱えていました。

ですが、日本でそれほどの成功をおさめながら、俳優になる夢をどうしても捨てきれず、ある日突然、妻子と道場を捨ててハリウッドに渡ってしまったそうです。
ハリウッドでの最初の1年間は、映画出演者のための武術指導をしながらチャンスを待ち、間もなくアクション映画『刑事ニコ/法の死角』で、33歳の主演デビュー。
以降の活躍は、皆様もご存知の通りです。
まさに万にひとつのハリウッド・ドリームを体現した方と言えるでしょう。

セガールさんとの会話は、最初から最後まで日本語でした。
イントネーションも言葉の使い方もネイティブで、会話に詰まったり意味が伝わらなかったり……などの不都合は、いっさいありませんでした。
ただ、映画から受けるエネルギッシュで精悍な印象ではなく、終始伏し目がちで、ときどき聞き取れないほど声が小さいことが、強く印象に残りました。たまたま体調が、良くなかったのかもしれませんが……。

ワーナーブラザーズスタジオにて。スティーブン・セガールさんが移動に使っているリムジン。(撮影:西山奈々子  写真提供:株式会社ウィンブル)

セガールさんが選んだ色は、ある極端な傾向を示していました。
それは、「二重人格」といってもいい内容でした。
例えば要素のひとつは、強い物質的な欲求と他者に対する攻撃性です。社会的地位や物質・金銭に対する並外れた欲求があり、目的を達成するためには手段を選ばない面があります。

要素のもうひとつは、他者に対する強い「慈愛の心」です。それは人間だけではなく、生きとし生けるもの全てに対する強い愛情で、神を敬愛し、自分を厳しく律し、清明な精神を求める心……といったものです。
仏教徒である彼は、実際に行動でもその精神を示し、核兵器解体基金に10万ドルの寄付を行った、世界最初の「個人」でもあります。

セガールさんが内包する要素のどちらもが、極端といえるほどに強烈で、例えて言えば「神の顔と悪魔の顔」を同時に持つ人……ということでしょうか。
同じ人間の中に、こういった相反する二つの要素が同居する場合、その人は自分の中の分裂した感情を持て余し、大変苦しむことが多くあります。

そういう意味では、セガールさんが選択した俳優という職業は、天職と言えるのかもしれません。
演技を通して、自身の二面性を自在に解放することができますし、言い換えれば、その二面性を持つことこそが、良き俳優の条件なのかもしれません。



佐野みずき公式サイト  http://www.rays.cx
佐野みずき著書『“サプリメントカラー”で意識を変える・癒しと気づきのカラーセラピー』
> https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0009502
佐野みずき著書『色の好みで相性がわかる?テーマカラー相性診断』
> https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0020278
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

UNOSANO.NET(ウノサノネット)色彩心理研究所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。