オール沖縄 沖縄県議選 2016

テーマ:
仲井真前知事は、普天間の基地機能の移設を「県外」と公約し当選した。しかし、安倍政権に丸め込まれて、辺野古への県内移設を認めてしまった。明らかに公約違反である。自民党沖縄県連も県外移設を当時掲げていた。そして那覇市議会議員選挙で自民党の市議会議員も県外を掲げ当選した。仲井真氏とおなじく保守系ではあるが当時、翁長那覇市長は県外移設を堅持していた。

公約に沿って那覇市議会の自民党「新風会」の12名が県外移設を唱える翁長氏に県知事選挙への立候補を要請した。県外移設を掲げて当選した市議会議員が、県外移設を掲げる人に立候補を要請することは、至極当然のことである。変節したのは公約を破った自民党沖縄県連の方である。

その自民党沖縄県連は、自民党新風会に対し、その中心的役割を果たした3議員を除名し、他の9議員を離党勧告にする処分を決定した。処分の理由は、翁長氏への出馬要請を止まるよう求めた、県連の求めに応じなかったからだという。

あくまで公約を破ったのは自民党沖縄県連の方である。世論調査では県内移設に県民の7割以上が反対している。辺野古の地元である名護市長選では稲嶺市長が、辺野古移設に賛成する候補に、前回以上の大差をつけて再選した。民意は県外である。公約を破った側が力に任せて公約を守ろうとする側を弾圧する。公約を破った自民党県連が、公約を守ろうとしている12名の市議会議員を処分した。処分されるべきは、公約を破った自民党沖縄県連の方である。一体何を自民党沖縄県連そして自民党は行っていたのか? 

 その答えを6月の沖縄県議選そしてそれに続く参議院選挙で出さなければならない。 

「公約を破ればどうなるのかを、思い知らせなければならない」


【ネットアイビーニュース】(クローズアップ)2014/1/15

「異議あり!辺野古移設」沖縄は問う  
仲里利信(元自民党沖縄県連顧問)
「まやかしの振興予算」

県議会議長を務めた、元自民党沖縄県連顧問の仲里利信氏(76)は、2012年末の総選挙では、自民党の西銘恒三郎衆院議員(沖縄4区)の後援会長を務めた。西銘氏と二人三脚で米軍基地の「県外移設」を訴えた。西銘議員や自民党県連が「県外移設」の公約を撤回したことに抗議し、後援会長、県連顧問を辞任。自民党員も離党した。教科書検定意見撤回を求める県民大会では、実行委員長を務めた。19日投票の名護市長選告示前には、辺野古移設問題を演説するため自分で道路使用を申請して許可をとり、各地で訴えた。

<アメとムチでどうにでもなる>
――辺野古移設を強行する日本政府をどうみていますか。

仲里利信・元県議会議長(名護市の稲嶺進事務所で) 仲里利信氏(以下、仲里) 日本政府は、アメとムチで沖縄はどうにでもなると思っている。県内41の全市町村長、議長がこぞって県外移設、辺野古反対の声をあげてきた。自民党5名の国会議員が圧力に屈し、県連が公約を撤回した。ついに仲井真知事までも埋め立てを承認した。仲井真知事は「行政手続き上粛々と承認した」と言うが、公有水面埋め立て許可の権限を持っているのは知事だ。17年前、大田昌秀知事は、辺野古に反対した。知事がノーと言えば、政府といえども強引にはできない。
知事の埋め立て承認は、公約違反のなにものではない。知事を選んだ有権者、県民の72%が公約違反だと思っている。これほど確かな証拠はない。

私は去年までは、西銘恒三郎衆院議員の後援会長でした。おととし12月の総選挙前は、彼は浪人していて、一緒に歩いて、企業も回りました。どこに行っても、「普天間の移設先は、県外しかない」と公約して選挙を戦ったんです。こともあろうに、当選して1カ月もしないうちに、「県外移設」をやめてしまって、辺野古に誘致すると言い始めた。自分で岩国基地のある山口県や長崎県など基地のある3つの県に行って、どこも引き受け先がなかったので、辺野古推進だという論法です。
私は、いろんなところから怒られた。「後援会長が辺野古移設を言わせたのではないか」とまで言われた。そこで、公約を破棄して選挙民を裏切ってまで、これ以上一緒にできないと、昨年5月後援会長を辞任し、自民党県連顧問も自民党員も辞めた。県民党として、県民の声を反映する政治家を推していく。

<4条件で承認 県民を侮辱>
――知事は、辺野古埋め立て承認の条件に振興予算や負担軽減策をあげたが・・・。

仲里 仲井真知事がオーケーしたのは、埋め立てだけではない。基地負担の軽減策の4条件への政府の回答が「驚くべき立派な内容」だとか、3,460億円の振興予算を「有史以来の予算」と言うのは真っ赤な嘘だ。
3,460億円の予算には、見せかけ、まやかしがある。前年度は約3,000億円なので、増えた約450億円で沖縄を売った。しかも、3,460億円には、那覇空港第2滑走路330億円、大学院大学195億円、不発弾処理25億円、学校の耐震化95億円など合計約1,800億円は、国の事業や全国どこでもやっている事業であり、純粋な沖縄振興予算ではない。大田昌秀知事は、辺野古に反対して、約4,730億円あった。今回の予算を「有史以来の予算」というのは、県民をごまかすにもほどがある。
仲井真知事が埋め立て承認したことで、「ウチナーンチュ(沖縄県民)はお金を見せれば言うことを聞く」「ゆすりたかりの名人だ」「お金で誇りまで売るのか」と県民が侮辱されている。
沖縄県議会での知事の答弁を聞いても、ごまかしと嘘。言語明瞭、意味不明だ。「辺野古埋め立てを承認するが、何年かかるかわからない。だから、普天間は5年以内に運用停止し、県外に機能を移す」と言う。普天間を引き受けるところがあるなら、新たな基地を造る必要はない。

名護市長選告示前に、 辺野古移設問題を街頭で訴える 仲里利信 基地負担軽減では、「普天間基地を5年で閉鎖」というが、安倍首相は「認識を共有する」「努力する」と答えただけなのに、それを知事は「首相が言ったことそのものが担保だ」と言う。普天間は返還合意から約18年。1996年に、橋本・モンデールは、7年以内の返還を合意した。総理が変わるたびに、3年以内、5年以内と変わって、結局18年動かなかった。ウチナー(沖縄)はだまされ続けてきた。18年間できなかった閉鎖が、あと5年でできると思う県民はいない。行先もわからずに5年経ったら、移設先は辺野古に戻ってくるに決まっている。米国防総省は、知事が日本政府に4条件を要求したらさっそく、5年以内運用停止を否定した。
オスプレイの半分12機を県外配備というのは、訓練の移転ではなく、移設・移駐だ。米軍とまともに交渉できるはずがない。県外に移設するのを誰がオーケーしているのか。キャンプ・キンザーの7年以内全面返還というが、移設条件付きで動かない。地位協定の改定は、県議会、市町村・議会が何百回要請したかわからない。憲法以上の効力を持っている。米軍人の犯罪に対し、「公務中」である限り、日本側は手を出せず、基地内に逃げ込み本土に帰ってしまう。運用改善・運用見直しに過ぎず、アメリカの判断というさじ加減だ。米軍基地内の環境問題も何度も訴えてきた。地位協定から抜き出して別協定をつくる交渉の開始で合意したというが、米側からそんな合意はないし、検討もしていないと否定された。
点数を付けたら、ゼロ点どころか、マイナスだ。





【ウチナーンチュが一生忘れない画像】
(市中引き回しさらし首の図)
今こそ「命(ヌチ)どぅ宝」優先の
イデオロギーよりサーターアンダギー」へ








沖縄県民総決起大会(1995.10.21)



高校生代表:普天間高校3年 仲村清子さんの言葉

「私たちに静かな沖縄を返してください」

「軍隊のない、悲劇のない、平和な島を返してください 」

http://tamutamu2011.kuronowish.com/heiwanasimawokaesite.htm


AD
日本国憲法の草案はメイドインジャパン







日本国憲法 誕生の真相 ~ 映画「日本の青空」(30分ダイジェスト)
Truth of "The Birth of the Constitution of Japan"







日本国憲法誕生 全編






日本国憲法-1.5倍速-条文朗読






日本国憲法誕生の真実について(山口透析テツ日記)

http://ameblo.jp/tousekitetsu/entry-12156639921.html










シーブン(おまけ)

沖縄のダジャレ看板(宜野湾市真栄原自治会)






中でも、最高傑作がこれだ!




東京23区でも使えそうですね!

例えば、こんな感じ。

【ようこそここへ 区・区・区・区 私の新宿区 】





















AD
【琉球新報】 2016年4月20日付

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-262965.html


「朝日新聞デジタル」

「表現の自由」国連報告者、高市総務相との面会かなわず

http://www.asahi.com/articles/ASJ4M4GBTJ4MUTIL02Q.html



「Youtube」

デビッド・ケイ(「表現の自由」国連特別報告者)(1)




デビッド・ケイ(「表現の自由」国連特別報告者)(2)




報道の自由度・日本72位!!!?











シーブン(おまけ)

沖縄一の美人民謡歌手

花言葉 / 上間綾乃




ウチナーグチバージョン

上間綾乃「悲しくてやりきれない」in なばなの里





AD
【琉球新報】



知事、基地めぐる誤解へ反論 自治体立憲ネットワーク研修会

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-250588.html





基地の誤解、払拭へ冊子 佐藤氏ら研究者が発行

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-250218.html





冊子は56ページで100円。3千部発行予定。問い合わせは同プロジェクト(メール)

okirumor2016@gmail.com






週刊新潮( 2016年3月31日号)


参院選「自民党」最強の切り札の背徳的生活!

一夫一婦制では不満足 「乙武クン」5人との不倫


http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/




自民党に出馬予定の乙武洋匡さん、

裏アカウントに女性との写真が多数あることが判明!

ネット上で大炎上!

http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/361.html




乙武氏は小学校の教師時代、始業式で、

「先生にはできないことがたくさんあります。

だから先生が困っていると思ったら、手伝ってください」と挨拶しています。


ということは、彼は愛人1号~5号の方々に、

介助やシモの世話をお願いしたのでしょうか?


純粋に愛情だけで、そこまでできるものでしょうか?

愛人の方々にせひとも、聞いてみたいものです。


サッカー・スケボー・始球式・ダイビング等々なんにでも挑戦する乙武氏、

不倫もできることを証明したかったのか?


かつての教え子たちに、どう顔向けできるのだろうか?



【教師時代の乙武氏】





【乙武 始球式】





【乙武洋匡の『ブラック』な部分を語る吉田豪】




乙武氏は自分のことを「五体不健全」と発言し、

年1回ヘルプで入る、友人のホストクラブでの源氏名が、なんとビックリマーク 『枕』だと明かしている。

まさに、究極のブラックユーモア 叫び



TVニュースのインタビューで「乙武さんはどういう人ですか?」

と聞かれた吉田氏「一言でいえば、酒と女が大好きなどうしようもない人」と答え、

続けて「酒に酔うといつも、千鳥足ならぬ蛇行運転の車椅子で帰って行った」と語った。


















シーブン(おまけ)

今この時季、沖縄でイッペー(最高に)美らさんイッペー(コガネノウゼン)

ブラジルの国花で英語名は「ゴールデン トランペット ツリー」






家の近所でも満開でした。



(クリックで拡大)