西安咸陽空港から西安中心地への行き方をご紹介します。

中国語がわからない方も、リムジンバスを利用すれば
迷子になることもなく、安心して西安中心地へ行けます。

西安咸陽空港に到着すると、
目の前がすぐに1F出口です。

出口を出ると、そこには西安市内をはじめ
各地域へ向かうリムジンバスの乗り場があります。

西安中心地へは 「鐘楼 (中国語で钟楼と表示されています」行のバスに乗ります。

$Myoshin-TABI blog  -バス停1


バスの前でお姉さんが切符を販売していますので
26元渡して、切符を受け取ります。

$Myoshin-TABI blog  -切符売り場

荷物は自分でバスの荷台に入れてから乗車します。

この時、荷台に貴重品は入れないほうがいいです。

また荷台に荷物を置くときには、
できるだけ他の荷物の間に挟まる位置に置くと
いいでしょう・・。

なぜなら、自分の荷物の周囲が空いていると
鞄があちこちに動いて、奥の方に入りこんでしまうためです。

そうなると、身をかがめて荷台の奥まで
取りにいかなければならず、降りるとき面倒なのです。

リムジンバスは、発車すると「鐘楼 (中国語で?楼と表示されています」まで
ノンストップですから、下車する停留所を気にする必要はありません。


Myoshin-TABI blog  -バスの中


空港から約1時間前後で目的地の鐘楼の目の前にある
美倫大酒店(メロディーホテル)前に到着します。

降りたら自分で荷台の荷物を取りましょう。

バスを降りて、そのまま左へ(鐘楼に向かって)まっすぐ進みます。

目の前に出てくる大通りの右手が
次にご紹介するベルタワーホテルです。

バス停から徒歩1~2分で、大変便利な上に
お手頃価格です。



ベルタワーホテル

参考までにベルタワーホテルの感想を・・・

室内の清掃は隅々まで行き届いている感じで小奇麗でした。

ただ建物そのものが古いため、
室内の設備についてはあまり良いとはいえません。

まずバスルーム&トイレ。

シャワーは水圧が低いため、
長い髪を洗うにはちょっと面倒な感じが・・・

それから備え付けのドライヤーは
昔からあるホース付きタイプのドライヤーのため
風量は弱いです。

またアメニティグッズは、
大きな歯ブラシやボディーシャンプー
クシなど一通りそろっていますが、
使用感等は使っていないのでわかりません。

トイレにウォシュレットはありません。

次にこのホテルの良いところですが・・

何といっても西安の顔、鐘楼が目の前にあることです。

Myoshin-TABI blog  -鐘楼
(お部屋から撮影)

部屋の予約をする際には、
鐘楼が見える部屋にしてもらうと
かなりいい感じで西安らしさを感じられることでしょう。

夜、ライトアップされた鐘楼は大変キレイです。

またホテル周辺は、空港からのリムジンバス発着所が
徒歩1~2分と大変近く、
大型の百貨店をはじめ、飲食店も多いのでとても便利です。

西安の中心地で大変賑わっているところですから・・。

ホテル北側の道路を渡れば、ハーゲンダッツ、
スターバックス、餃子の有名店などがありますし、
東側の道路を渡ればマクドナルドや大型のショッピングモールがあります。

ホテル前の道路は、横断できないので
地下道を通ることになります。

地下道といっても人が大勢でにぎわっていて
とても明るく、はじめての人でも不安なく通れます。

また各観光地へ向かうにも、便利な場所ですし、
宿泊費もこの立地から考えるとかなり安いと思います。

それから、ホテルではパソコンがあれば
無料でインターネットが使えます。

無線LANはつかえません。
部屋に優先ケーブルがありますので
それを自分のPCにつなぎます。

また中国国内のホテルでネットを使うと
繋がりにくかったりするためストレスを感じることが多いのですが
ここはサクサク動いてくれたので、
それほどストレスを感じることはなかったです。

メールチェック(Gmail、Yahooメール等)をしたあと
自分のブログなどを確認し、
アメーバピグ、ピグライフなど試しましたが
まったく問題なく利用できました。

ただTwitter、Facebookにはアクセスできませんでした。

(中国国内は、制限があるため、
アクセスできないものがあります)

それから、私が泊まった部屋は
6Fだったのですが、たまたまその部屋は暖房のききが悪く、
夜はちょっと寒かったです。

また電気がつかない箇所があり、
部屋全体が暗かったです。

この2点は残念な点でしたが、
それでもこのホテルの立地と値段を考えると満足しました。

ホテルはやはり立地の良いほうが、行動するのに便利ですから・・・。


※秋から冬に西安へ行かれる方へ・・・

西安は秋から冬にかけて空気がとても乾燥します。

そのせいもあって、街全体が埃っぽいです。

ですから女性の方は、お肌の保湿を考えたコスメを
準備したほうがいいですし、マスクやハナノアなど
鼻の洗浄剤、ハンドクリーム等を持参することをおすすめします。

私はほこりが苦手ですから、マスクと鼻の洗浄剤は
必需品でした。

またスキンケア用品も徹底的に保湿するものを持参したほうがいいです。

化粧水はいつもよりたっぷり使い
クリームや美容液などいくつかを重ねづけして過ごしました。

そこにマスクタイプのパックなどあればさらに良いと思います。

とにかく乾燥のため普段シワシワにならない手まで
シワシワになる始末でしたから気を付けてください。



※おまけ(咸陽空港のトイレの話)

鍵のかからないこともあるため、
ようをたしているときに扉をあけられることも・・。

トイレットペーパーはありませんが、
個室前の壁にペーパーホルダー?がありますので
ティッシュをおもちでない方はそれを必要な分だけちぎって
もって入りましょう。

また使用済みのペーパーは
ゴミ箱に捨てます。

日本のように水に溶ける紙がない中国は、
ゴミ箱に捨てなければトイレが詰まってしまうようです。

私は水に溶けるポケットティッシュを日本で購入して持参し、
中国滞在中はそれを使用していましたので
ゴミ箱には捨てず、トイレに流していました。



出張や個人旅行等で、はじめて西安に行かれる方は
何かとご不安なこともあるかと思います。

特に中国語がさっぱり・・という場合は尚更ですよね。

この情報がそんなあなたのお役に立てると嬉しいです。




AD

人気ブログランキングに参加しています。

ダウンポチッとクリックしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ


久しぶりの更新です。


今日は台湾旅行の際に、

ちょっとだけ気をつける点をお話しておきます。


これは台湾だけに限ったことではないのかもしれませんが・・


特に女性の方は用心してください。。


台北など街でガイドブックを開いてみていると

日本語で話しかけてくるおじさんやおばさんがいます。


「わからないなら教えてあげるよ」的な感じで声をかけられます。


そんなときは、できるだけ「大丈夫です」といって、

はっきりお断りしましょう。


「このお店を探しているのですが、こっちですか?」なんて

地図を見せて聞こうもんなら・・


「そのお店よりもっと安くていい店があるから連れていってあげよう~」

なんて親切に言われます。


そのままついていったところで安くていい店ではないことが多いですし、

中には怖い思いをする人もいるようです。


ちなみに私はお茶屋さんを探しているときに声をかけられ、

興味半分で試しについていきました。


「歩いてすぐ、2~3分のところよ」といわれたのですが

実際には10分以上歩いてクタクタに・・。


お値段もそこそこ高いお茶屋さんにつれていかれました。


ただお店自体は、観光客が買いにくるお店だったので、

特に問題はなかったのですが・・・。


そんなわけで、声をかけられてついていっても

あまり得することはないと思っておいたほうがいいのでは?と

思います。


地図をみてもわからないときには、そのあたりのお店に飛び込んで

地図を見せて聞いたほうがいいです。


言葉がわからなくても、身振り手振りで何とかなりますから。。


特に台湾人は日本人に対して優しいですしね。


みなさまも旅行する際には、気をつけてくださいね。


それでは、またお会いしましょう~~。。


今日もご訪問いただきありがとうございました。


また遊びに来てくださいね。



人気ブログランキングへ
アップポチットクリックしていただけると助かります~。



AD
ご訪問いただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
ポチッとクリックしていただけると助かります。


ジャワ島 旅行情報
 ↑この記事がトリップアドバイザーの
 おすすめブログに選ばれました!

今日はヒンドゥー教の寺院遺跡としてはインドネシア最大級の
プランバナン遺跡群をご紹介いたします。(ジャワ島)

遠くからの眺めはなかなかなもんです。



広い敷地をブラブラ散歩しながら遺跡に近づいてみましょう。





周辺はとにかく緑がたくさんで気持ちいいです。







敷地に入ると世界中から集まってきた観光客が・・。



では、プランバナン遺跡にもう少し近づいてみましょう。




898年から910年ごろに建立されたといわれている
プランバナン寺院ですが、
2006年に起こった地震によって被害をうけ、
建物が多数倒壊したようです。



 

↓↓遺跡群全体はこんな配置になっているようですが
あちこち倒壊しているので、よくわかりませんでした。



建物は中央にシヴァ神(破壊神)をまつる神殿があり、
その左右にはヴィシュヌ神(平和神・維持神)、
ブラフマー神(創造神)の神殿があります。

またそれぞれの神殿の前には、
各神様の乗り物がまつられている神殿があります。



ちなみにシヴァ神の息子が有名なガネーシャです。

シヴァ神が誤って息子の首を切り落としてしまったため、
象の頭を息子につけたことから、
ガネーシャの顔は象になったといわれています。
(ヒ・ヒ・ヒドすぎる~)

で、↓↓こちらは・・・ ん~誰だっけ?
たぶんヴィシュヌ神(平和神・維持神)だったと思います。
こんな紹介でゴメンナサイ・・



↓↓神様たちの乗り物がまつられている神殿









↓↓この方も、どなただったか・・・?
たぶんブラフマー神(創造神)だったはず・・。
こんな紹介しかできなくてスビバセン。。





壁画には鳥+人間の姿をした動物?神様?が・・。
それにしても豊満なバストだこと。

キナラとキナリって名前があるそうです。





建物の後ろ側はこんな感じ↓↓



どれほど大きい建築物かは、
↓↓この写真で何となくおわかりいただけるのでは?

とにかく大きかったです。



夕暮れ時に撮影したため、色が違ってみえますね~。

最後にもう一度、プランバナン遺跡群全体をパチリ!



それにしても、日本の平安時代に
インドネシアではこんな建物が作られていたなんて・・・。

当時の建築技術のすごさには、本当に驚かされます。

ちなみに、私は二度このプランバナンに行きましたが、
機会があればまた行きたいと思っています。

足を運ぶたびにあらたな発見がありますしね。

まだ一度も行ったたことのない方は、ぜひ観光してみてください。

ボロブドゥールとプランバナンは、本当にすばらしく感動ものです。




今日はご訪問いただきありがとうございました。
お帰りの際、ポチッとしていただけると嬉しいです。


いつも応援いただきありがとうございます

AD
ご訪問いただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ

ポチッとクリックしていただけると助かります。


今日はジャワ島・ジョグジャカルタにある
ムンドゥ寺院とサンビサリ寺院をご紹介します。

バリ島のングラライ国際空港から約1時間のフライトで、
ジャワ島・ジョグジャカルタに到着です。

まずは、ングラライ国際空港の国内線出発ロビー?の様子を・・・

早朝にも関わらず凄い人!確か午前5時代だったはず。



この出発ロビーの難点は、奥にトイレがあるのですが・・
そのトイレが異常に臭いことです。

トイレの近くに座ろうもんなら、朝食をとる気も失せます。

ですから、トイレから離れたところに席を確保しましょう~。



あとインドネシアの国内線は、出発時刻が予定より
遅れることが多々あります。

日本ではちょっと考えられないことですが
1~2時間遅れても、当たり前だと思っておいたほうがいいです。

私も初めてインドネシアの国内線に乗るとき
かなり時間が遅れたので、係の人に文句を言いに行きました。

でも相手は「なぜそんなに怒るんだ?」といった感じで
軽くあしらわれました。 

で、↓↓これがバリからジョクジャカルタ行きのライオン。

あっ、ライオンって航空会社の名前ね。



この飛行機のすごいところは・・・

1つは、乗客が乗り込むまでクーラーなし。

だから乗り込んだはいいけど、
乗客全員乗りこんでエンジンがかかるまで
機内は暑くてたまらない状態に。。

次にすごいところが・・・

エンジンをかけてようやくエアコンがかかったと思ったら
今度はエアコンの吹き出し口から白いスモークが出てきます

時にはスモークと一緒にポタポタと水が落ちてくることも

エンジンがかかったとたん、クーラーガンガン!

そのため、機内は一気に冷えすぎ状態になるのです。

はじめて乗ったときには
「私達氷らされる?」と勘違いしちゃうほど寒かった。

で、近くに座っていた人がキャビンアテンダントさんに
「すみません。寒いのでエアコン緩めてください」と
声をかけていましたが無視。

結局1時間あまりスモークの出る冷えた機内で
震えながら耐えるしかありませんでした。

冷え症の女性が、ライオンに乗るときには
防寒着をお忘れなく



で、何だかんだといいつつ、ジョグジャカルタに到着です。



空港を出てガイドさんの車が待つ駐車場へ移動します。



↑↑上の写真の左に屋根だけ写っている建物を通って
駐車場へ向かいます。

建物に入ると長いエスカレーターが。。



↓↓床はピカピカに磨かれていました。



駐車場で車に乗り込み、いざ出発です。

↓↓出発してすぐにある、何とか駅です。



何て書いてあるのか、読めません。。



空港近辺にある何かの建物。。



朝早いので、ほとんど車が走っていません。





チラホラ車が増えてきました。



この後、先日ご紹介したポロブドゥール寺院遺跡に行き、
帰りに今からご紹介するムンドゥ寺院、サンビサリ寺院へ・・・

で、いきなりムンドゥ寺院に到着です。



一説によるとボロブドゥール寺院には祈りを捧げる対象がないので
このムンドゥ寺院がその変わりを果たしているのだとか・・・。

もうひとつ余談ですが・・・
ボロブドゥール、ムンドゥ、パウォンと3つの寺院は
地図で見ると一直線上に並んでいます。

そこから、その一直線上は、
昔ボロブドゥールへの参道だったのではないかといわれているそうです。

で、ムンドゥ寺院の中には石仏三尊像がまつられており、
これらは東南アジア仏像彫刻の最高傑作に数えられています。

向かって左側に座している観世音菩薩像↓↓



↓↓中央に座している釈迦牟尼仏像



向かって右側に座している金剛手菩薩像(文殊菩薩像という説も・・)。



しっかり壁画も彫られています。どれもみごとなものです。



ポロブドゥールを建造したシャイレンドラ王朝の残したものだけあって
仏像、壁画共、本当にすばらしい限りです。。

↓↓ムンドゥ寺院の象徴的存在である菩提樹の木。

とってもパワフルでした。。。



駐車場からムンドゥ寺院までは、とっても近いのですが
そこにはおみやげ物屋さんが数件ならんでいます。

日本人だとわかると、各お店からいろいろすすめに
出てくるので、ちと鬱陶しいです。

店内には、良く見るとおもしろそうな物が
置いてありるのですが、
あれこれしつこく勧められるので
とても買う気になれませんでした。ちと残念。。

次にサンピサリ寺院(ヒンドゥー教の遺跡)です。

1000年以上、火山灰に埋もれていた寺院遺跡で、
広い敷地に↓↓の建物が残っているだけですが、
クリックして拡大していただくと、
奥の芝生にサンビサリと刻まれているのがわかります。

手入れの行き届いた寺院遺跡です。



が、残念ながら、建物の中には
↓↓これしかありません。



↑↑ これは一体何なのでしょう
いまだになぞです。
ご存じな方、いらっしゃいましたら教えてくださ~い




今日はご訪問いただきありがとうございました。
お帰りの際、ポチッとクリックしていただけると助かります。


いつもポチッとありがとうございます。






ご訪問いただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
クリックしていただけると助かります。


今日はバリの観光地で有名な
ウルワツ寺院&ケチャダンスをご紹介します。
(ケチャックダンスともいいます)

ウルワツ寺院をご紹介・・・といっても、
寺院の中にはヒンドゥー教徒しか入れませんので周辺だけね。

なかなかの絶景で、私の好きな場所の一つです。

写真をクリックしていただくと、拡大されますので
お好きな写真があればクリックしてみてくださいね。

それでは、ご案内いたします~~

↓↓入口付近は混雑しています。観光客がたくさん・・・



中に入ってひたすら歩きます。



途中にはこんな長い階段も。。。



↓↓よ~くみると猿がいます。。

ウルワツ寺院は猿がたくさんいて、
観光客のお菓子やバックを狙い、襲ってくることも。。

大阪の箕面の猿もかなり気合入ってますが、
ここも相当なものです。
目を合わせると結構怖いです。。



↓↓ 猿の群れをスルーしたら、寺院の入口に到着。



ここから先は入れません。

タナロット寺院と同じで
寺院内は神聖な場所ですから
外部の人達によって穢されないために
しっかりカードされているようです。

ちなみにウルワツ寺院とは、
プラ・ルフール・ウルワツと、
プラ・ダラム・ジュリッという2つ寺院の総称です。



で、寺院の周囲は・・・・・

超絶景です 
写真をクリック拡大してご覧ください







波が荒々しくてパワフル~~

水がとってもキレイです~~



この後、ケチャダンスを見るため、
徒歩で会場まで移動しました。

ウルワツ寺院のケチャダンスは、バリのケチャダンスの中で
一番迫力があって、上手なんですよ~。

なので、バリでケチャダンスを見るなら
ウルワツ寺院がおすすめです!

もともとケチャダンスは、この地に疫病が蔓延したときに
祖先の霊を降臨させて、加護や助言を求めるために行われた
呪術的な儀式だったそうです。

現在では、ラーマーヤナの物語を題材にした舞踏劇と
なっているようですが・・・。

(地元の人からは、神様に天から降りてきていただくための
儀式と伺いました。どれが正解なのかは不明。。)

独特なリズムを大勢で奏でながら、メイン?の人が演じるのですが
そのリズムは、バリの男性全員が
子供の頃から練習させられるのだそうです。

私はこのケチャにハマッてしまい、なぜか爆笑しそうになるのでした。。

リズムが頭から離れません。。

では、さっそくケチャダンスの様子をご紹介しましょう~。

まず聖職者の方がお祈りを捧げます。

聖水と線香?、お供え物を持っていたような・・・





聖職者のお祈りが終わったら、
ケチャダンスの合唱部隊が入場してきます。



あっという間に上半身裸の大勢のメンズで溢れかえりました。




あまりの人数にちと怖い。。

合唱部隊が入場して位置につくと
聖職者がみんなに聖水をかけて清めます。







いよいよチャッ、チャッ、チャッ♪と合唱が始まりました。



早くもトランス状態に陥っているおじさんの姿が・・・



しばらくするとメイン?の登場人物が入場し、
ダンスを披露しはじめます。







そこへ爺さん?が登場です。



へんな顔と思ったのは私だけでしょうか?



爺さんは、舞っていた女性を連行していきました。



今度は鳥の怪物ではなく、神様?が登場です。



ケチャのストーリーを知らなかった私は、
どの登場人物?をみても神様というより、
妖怪の登場だと勘違いしながら見ていました。






子供もケチャの合唱に参加しています。





最後に登場人物?の写真を・・・

なぜか、↓↓この方に愛想よくされ私は困惑しました。

目の前までやってきて、何度か手を振られ
どう対応していいかわからず
思わず笑顔で手を振りかえしました。

・・・が、この方は一体誰だったのでしょう?
いまだに役柄、不明。





こうしてみると、誰が悪役で誰が神様なのか
さっぱりわかりません。。



↓↓馬乗りしている上の写真の方・・・

きっと上の写真の方は、神様か神様のお使いなのでしょう。。



そんなこんなでケチャダンスは終了です。

このあと、ファイアーダンスがあったのですが
写真を撮るのに疲れてしまい、写真が一枚もありません。

ケチャダンスの様子は、YouTubeに
いくつかアップされていますので
「ウルワツ ケチャダンス」「ケチャックダンス」等で
検索してみてください。

最後に遠くからのプラ・ルフール・ウルワツ寺院です。





ズームしてみると、こんな感じ↓↓



屋根のような部分をメルといいます。

古刹ならではの雰囲気がステキです。。

次回はもう少し情報収集して行きたいな~と思います




今日はご訪問いただき、ありがとうございました。
お帰りの際、ポチッとクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ

いつも応援ありがとう~~













ご訪問いただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

クリックしていただけると助かります。




今日はバリ島六大寺院のひとつ、
タナロット寺院をご紹介します。

海の神様をお祭りしているこの寺院は、
満潮時と干潮時では周囲の様子が違います。

では、タナロット寺院へGO!

駐車場から寺院までは、
こんなお店がたくさん並んでいます。↓↓



露天にはTシャツや雑貨、おもちゃ、編んだバック、
おみやげ品やお菓子、果物などいろいろなお品が・・・。

ゆっくり見れると楽しいのですが、日本人だとわかると
あれこれすすめられるので、ちとウザイです。

お寺の入り口付近に到着。。↓↓
でももう少し歩きます。。



見えてきました!↓↓
写真、右側の大きな岩がタナロット寺院です。

よく見ると、人が大勢いるのが見えます。
(写真をクリックして拡大してみてください)



もう少し近くによってみると・・↓↓

この岩の上に寺院がありますが、一般の人は入れません。

ですが、岩の下のところでお賽銭を払うと
簡単な洗礼?儀式?を受けることができます。

御利益を求めて大勢の人が並びます。

では、岩の下に行ってましょう。。



岩の下はこんな感じ。↓↓
みんな並んで受けています。



ちょうどここには海の神様のお使いといわれている
海ヘビの巣があって、その巣には何匹もの海ヘビがいるそうです。。

お賽銭を払うと海ヘビの巣をみせてくださいます。

私もお賽銭を払って覗いてみたのですが
どこに巣があるのか、わかりませんでした。 残念・・



日暮れとともに徐々に潮が満ちてきました。



さっきまでいた場所が、どんどん海へと変わってきます。
上から3枚目、4枚目あたりの写真と見比べてください。



ここから夕食をいただきに、海沿いを歩きレストランへ・・・



ブラブラと海を眺めながら歩くと、数分でレストランに到着!



お食事タイム真っ最中の人達もいるようです。



席について夕日をみると・・・・



どんどん沈んでいきます。。



こうしてバリの一日が終わりました。。



肝心のお食事写真は、撮り忘れてしまいました。

あとで気づいてガックシ。。。次回は絶対に撮ってきますね~。


※知ってると得するマメ知識

今日ご紹介したタナロット寺院は、
ツアーに最初から組み込まれている場合もありますが、
そうでない場合は、現地オプショナルツアー会社で
手配していただきましょう~。

同じコースをまわる場合、
日本からツアーと一緒に申し込むより、
数割程度お安くなる可能性大です!

また現地オプショナルツアー会社は何件もあり、
会社によって値段も違いますから、
何件か調べてみるのもおすすめです。

私はちょうどキャンペーンでお安くなっているときに
今日ご紹介したコースを申し込みました。

なので、普段の半額くらいで楽しめましたよ。

また各オプショナルツアー会社ごとに
キャンペーンでお安くなっているコースを
それぞれお願いする・・という方法もいいかも?

こっちの会社はエステがお得、
こっちの会社はこの観光コースがお得といった具合に
合わせていくと、かなりお値打ちな旅になることでしょう。。

バリは日本より物価はかなり安いので、
日本の感覚で安いと思っても、実際はもっと安かったり・・
なんてことがあります。

なので、少々面倒でもしっかり調べておいたほうがいいです~。

それから、バリ観光する際の注意点を・・・

バリの観光地には、絵葉書や写真などを売っている売り子さんが
あちこちに立っています。

こちらが日本人だとわかると、日本語で話かけてきますが
できるだけ無視しましょう。強気な態度で!

なぜなら、一人の売り子さんから買うと、
他の売り子さんもしつこくつきまとってくるからです。

これ、かなり鬱陶しいです。。

ですので、道端にいる売り子さんは、くれぐれも気をつけて!


それから小さいお子様連れで観光する場合の注意点をひとつ!

バリ人は子供好き。特に赤ちゃんや小さい子供を抱いていると
「抱かせてくれ」と言ってくることがあります。

そんな場合、言葉がわからないフリをして笑顔でスルーしましょう。
(怒らない、嫌がる態度をとらないことがポイント)

なぜなら、決して悪気があるわけではないのですが、
一人に抱かせると、周囲からその人の知り合いや仲間がよってきて
みんなでたらい回しに子供を抱きはじめることがあるからです。

そうなると、しばらくその場を離れられませんし、
見知らぬ人に抱かれるお子さんも
ストレスになるのでは?と思うのです。

なので、できるだけ抱かせないほうがいいんじゃないかと思います。

子供が泣き出したら、みんなであやそうとしますし、
それがお子さんにとっては逆効果になったり・・・。

子供を大切にするバリ人ですが、
ちょっとズレちゃんうことがあるようです。



今日はご訪問いただき、ありがとうございました。
お帰りの際、ポチッとクリックしていただけると助かります。

 

いつも応援、本当にありがとうございます。















ご訪問いただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

クリックしていただけると助かります。


今日はバリ島・ヌサドゥア地区にあるリゾートホテルをご紹介します。

ただ、室内の写真を撮り忘れてしまったので
ホテルというより、ホテルの敷地(庭?)の紹介になります・・・。ゴメンナサイ

格安で高級ホテルに滞在したい人にはおすすめです。
(お子様連れでも安心よ)

このホテルのすごいところは、セキュリティー!

一般道から敷地に入るときにはゲートがあって
そこで車のチェックをします。

検査をしてゲートを通過し、しばらく走るとまたゲートが。。。。

ここでも車のチェックをします。

で、しばらく走ってようやくホテルの建物に到着します。

どんだけ敷地広いねん!と思わずツッコミを入れたほど。。ぷぷぷ

そんなセキュリティーバッチリな
ホテルの名前は・・
メリア バリ ヴィラズ&スパ リゾート です。

それでは、ホテル自慢のお庭をご紹介しましょう~~。





ホテル宿泊者が自由に入れる大きなプールが2つあります。

あと客室によっては、プライベートプールもあるのだとか・・。







何気に木をみるとリスがたくさんいます。
とってもかわいい~~♪





散歩していると小高い丘のようなところが
敷地の隅にあるのを発見。

何があるのかと思って覗きにいくと・・・



ジャーン!海でした。曇り空で写りが悪くてごめんなさい。



池には白い鳥が・・・・





曇り空から一気にスコールのような雨が。。。



ホテルのフロントはこんな感じ。窓はありません。

どこもかしこも吹き抜け状態。





写りが悪くてごめんなさい。雨が暗かったのよ。。

 


バリ島リゾートホテルの雰囲気を
少しは感じていただけたでしょうか?

私はバリ島の人達の素朴な温かさと
「がんばろう~」という発展的なエネルギーが
とても気に入っています。

何だかこちらまで元気になってくるから。。

私にとってのパワースポットなのかもしれません。。ぷぷぷ

それでは、また遊びにきてくださいね。




今日はご訪問いただき、ありがとうございました。
お帰りの際、ポチッとクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ
 
いつも応援、本当にありがとうございます。




※知ってると得するマメ知識

バリ島の今日ご紹介したホテルもそうですが、
ヌサドゥア地区にある高級リゾートホテルは、
敷地の中でも十分楽しめます。

お子様連れの方には、安心だと思います。

ただ私のように観光からホテルに帰ってからも
街をウロウロしたい人にとっては
ヌサドゥア地区にあるホテルは、あまりおすすめしません。

なぜなら、一旦ホテルに戻ってしまうと
コンビニへ・・なんて、気楽にでかけられないからです。

外出するのにタクシーや送迎バス?を利用しなきゃいけないのです。

ですから、気軽に街を散策したいタイプの人には
ちと辛いんじゃないかと思います。

私も今日ご紹介したホテルに泊まりましたが、
自由に街をウロウロしにくいので、
クタ地区やレギャン地区に宿泊するようになりました。

その地区にあるショッピングモール“セントロ”の近くに宿が取れると、
かなり便利です。。空港からも近いですし・・・・。

ただし、クタ地区やレギャン地区は、ヌサドゥア地区より治安は
イマイチです。深夜に女性だけで出歩くのはやめたほうがいいですよ。

バリは日本人に対してとても親切な人が多いですから、
全体的にそんなに治安が悪いという印象はありません。。

ただ実際に被害に遭っている人もいるので
日本にいるときほど安心はできないと思いますが・・・。

ちなみに私はクタ地区に泊まって、
深夜にホテル隣のコンビニへ行ったら、
現地のお兄さん達にナンパされまくりでした。

カタコトの日本語で声をかけられたのですが、
これがまたウザイったらありゃしない。。

また、よく聞く話ですが・・

ビーチで現地のお兄さん達にナンパされたとき、
黒魔術?と呼ばれている睡眠薬で眠らされ、
気付いたらレイプされていた・・なんてことがあるようです。

面倒なことに巻き込まれないためにも
女性のみなさまは現地のお兄さん達にはお気をつけくださいね。


私のもうひとつのブログ・・・クリックしてみてね。
※運命館~階~ブログ 更新しました。(6/1)


ご訪問いただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

クリックしていただけると助かります。


今日は前回ご紹介した中国・杭州から
おもいっきり南へジャンプして
インドネシア・ジャワ島にある世界遺産
ボロブドゥール遺跡をご紹介いたします。
(中国・杭州の続きは、またいつかご紹介しますね)

ボロブドゥール遺跡は、世界最大級の仏教寺院で
ジャワ島の中心都市ジョグジャカルタから
北西42kmの位置にあります。

日本の平安時代頃に建てられたようですが、
長い間ムラビ山など近隣の火山が噴火し
火山灰に埋もれていたため、
キレイな状態で残っているのだとか・・・。

それでは、早速ボロブドゥール寺院をご案内いたしましょう。

ボロブドゥール寺院遺跡の敷地はかなり広く、
駐車場から遺跡までだいぶ歩きます。

そのため、園内をまわっている汽車風のバス?で
遺跡の近くまで行くことにします。

もちろん、徒歩でもいけますから
時間に余裕のある方は散歩してください。













遠くにボロブドール寺院遺跡が見えます↓↓



ジャーン!遺跡に到着です。



遺跡の最上階までは、階段であがります。



レリーフと呼ばれる壁画です。↓↓
絵で仏教の教えを伝えています。



レリーフの中には、お釈迦様の前世の姿も
描かれているんですよ。
写真がなくてごめんなさい。。



↓↓ストゥーパから上半身だけ出ている釈迦如来像
近くによると優しさが伝わってきます。



↓↓6~7合目あたりからストゥーパがたくさん並んでいます。



遺跡からみる景色もなかなかの絶景です。









遺跡の頂上には、これ↓↓。巨大なストゥーパ。

このストゥーパは、宇宙や自然界のエネルギーを集めると
いわれています。いわゆるパワースポットですね。





今日ご紹介しましたボロブドゥール寺院、いかがだったでしょうか?

ぜひ一生に一度は、訪れていただきたいところです。

※知ってると得するマメ知識

日本からボロブドゥール寺院遺跡へいざ行こうとした場合、
旅行会社のパンフレットやネットで検索して探されると思いますが、
ボロブドゥール寺院がはじめから組み込まれたツアーは
旅行日数が長いことやお値段が高いこともあって
ちょっと敷居が高いと感じる方がいらっしゃると思います。

たまたま格安でツアーがみつけられるといいのですが
なかなかそうもいきません。

そこで旅行日数を短く、予算的にもお安く行く方法をご紹介します。

それは・・
HISてるみくらぶなどの旅行会社を通して
バリ島の格安ツアーに申し込み、
オプショナルツアーで
ボロブドゥール遺跡観光をつける・・という方法です。

バリ島でのオプショナルツアーは、
現地ツアー会社を通したほうが
日本の旅行会社を通すよりお安いことが多いですから、
ボロブドゥール寺院遺跡だけでなく、
バリ島内や周辺の島などで行きたいところがある人は
チェックしておいたほうがいいですよ。

現地ツアー会社を探すには
「バリ島 現地 ツアー」、又は
「バリ島 現地オプショナルツアー」etcで
検索すると、すぐにみつかります。

私はバリに着いてから、ホテルのPCで検索して何件もみつけ、
観光やエステ、食事など手配していただいた経験があります。
(ボロブドゥール寺院遺跡観光だけは、日本から予約しました。)

現地のツアー会社は、日本人が経営している会社も多いですが
ご心配な方は、口コミなど利用者の声を
参考にしてみてはいかがでしょう?

旅行に行くと、ツアー代の他に空港使用料やビザ、
現地滞在費、おみやげ代など
見えないお金がかかりますよね?

それでも、せっかくだからできるだけ現地でお金をかけず、
120%楽しみたい!と思いますよね?

そんなあなたに現地ツアー会社を利用する方法、
おすすめです。



今日はご訪問いただき、ありがとうございました。
お帰りの際、ポチッとクリックしていただけると助かります。
人気ブログランキングへ


いつも応援、本当にありがとうございます。





おまけの日

テーマ:
せっかく遊びに来てくれたのにごめんなさい。

今日の記事はお休みさせていただきます。

でも、せっかく来てくださったので・・・・



私の尼僧姿でも 見ていってくださいなっ。





私は気に入っているのだけど・・・
この姿になってからグッピグ減りました。 (なんでやねん!!)
     



人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。
この尼僧ピグをクリックしていただけると嬉しいなっ



それでは、今日はこのへんで。
また遊びにきてくださいね。

いつも応援ありがとう~~~~~




霊隠寺とお参りの作法

テーマ:
ご訪問いただきありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
クリックしていただけると助かります。


霊隠寺にはいくつものお堂があります。

それぞれのお堂内には、たくさんの仏像が安置されています。

仏像は順にご紹介するとして、
今日は日本とは違うお参り風景を見てみましょう。



↓↓この写真にうつっている人の手をよ~く見てください。

これはお線香です。
日本ではこんなに長いお線香はみかけませんね。



↓↓ローソク。プラスチックのようなもので
できていて、火は使っていません。

これは、願い事を書くためのローソクです。

日本と同じように火のついたローソクもあります。



お参りの方法も日本と違います。

まず黄色のクッションのところに膝をついて
拝礼し祈ります。



こんな感じ↓↓



日本では、立ったまま手を合わせるのが一般的ですが、
中国や台湾などをはじめ他国では
このように膝をついて祈る姿が一般的です。

ちなみに私は台湾か中国のお寺で
立ったまま手を合わせていたら、
失礼だといって叱られたことがあります。

海外の仏教寺院をお参りするときには
お参りのしかたを前もって確認するといいですね。



今日はご訪問いただき、ありがとうございました。
お帰りの際、ポチッとクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ


いつも応援、本当にありがとうございます。