オリンピック

テーマ:
今年は、ロンドンでオリンピックが開かれます。

今年、六白金星の年は、運動、争い、チャレンジなどがテーマとなる年ですので、
オリンピックは、まさに今年のテーマそのものです。

・・・・・・しかし!!!

オリンピックが開かれる、ロンドンは、日本から見て、今年、大凶の方位、北西となります。
この方位へ移動をすると、強引に物事を運んで、結果的に物事がうまく行かなかったり、他者から、とばっちり等を受けたり、最後で見落としをしたりして、物事が思うように進まなくなります。特にスポーツ事、勝負事をするには、良くない方位ですので、日本から出発するオリンピック選手の成績が心配です。実力を十分に発揮できれば良いのですが・・・。

ただ、その中でも、今月の運気の強い選手や日本から出発したものの、その直前まで、ほかの国で合宿等を行っていた選手は、前にいた場所からの方位の影響が出ますので、調子の良い選手がいるとは、思います。

せっかくの4年に一度のスポーツの祭典ですので、できれば各選手が満足ができるように、
実力が十分に発揮できることを祈っています。
AD

土用期間

テーマ:
気学では、昔、日本で使用していた暦、旧暦を使用します。
旧暦を使用するので、実際の月が変わる日と
気学上の新しい月は、別の時期となります。

現在の暦上の新しい月と混乱しないように、
旧暦の月替わりは、節入り日と呼んでいます。

2012年7月の節入り日は、7月7日1:40AMです。

節入り日前後(大体3日前後が多いようです)は、
天候が荒れることがあります。強風が吹いたり、大雨になったりするので、
大体その時期を境に翌月の気に変わり始めたのかなと、判断しています。

また、
今月、7月19日から8月6日までは、土用期間に入ります。
土用期間とは、四季の間に年4回ある期間で、
この期間中は地中に腐敗の気が起きるので、
土いじり等は厳禁とされていました。建築業界でも、
なるべくこの期間中は、基礎工事は行わない等の風習が残っています。
中でも、夏の土用の作用が一番強いと言われています。

ちなみに土用の丑の日は、文字通り、この期間の事を言い、
日にちの干支(えと)が丑(うし)の日に体力をつけましょうと言うことで、
ウナギを食べるようになりました。
ウナギに関しては、気学的な根拠はなく、
ウナギ屋さんが行ったキャンペーンのようですが・・・(笑)。

気学的には、牛(ビーフ)もしくは、酉(チキン)を
食べるのが良いかと思います。
特に、丑の日は、チキンがラッキーフードとなります。

話を戻して、土用期間中は、大地の磁場が変化しますので、
なるべく、山、海、川等へは遊びに行くのは、避けたほうが良いです。
また、ガーデニング、植木や家具(特に電化製品)の配置換えは、
出来るだけ避けて下さい。

AD

土用パート2

テーマ:
先日も書きましたが、現在は土用という期間です。
11月7日まで、土用が続くので、ガーデニング、海、山登り、土いじり、家電の配置換えは、
11月8日以降にしてください。

今回は、もう少し詳しく土用のことについて書いてみようと思います。

土用期間とは、年4回、季節の間(変わり目)にある期間です。
この期間中は、地中の地磁気が乱れるので土に関する(いじる)ことは避けるのが良いとされています。昔の人は、この期間中は工事も避けていたくらいです。

磁気が乱れると、大地の気に影響を及ぼします。
また、電化製品等の磁石を使う・含む製品にも影響を及ぼします。

気学では、この期間は、地中に五黄の気が充満すると考えます。
地中の五黄の気の影響を受けると、体調の変化や腐敗などが起こります。

その土用期間でも、もっとも強い期間が夏の土用と考えられています。
よって、もし、もうすでに今回の土用期間に土いじりをしてしまったとしても、
それほど大きな影響は受けないので、安心してください。

でも、やはり、避けられるのであれば、土用期間に土いじりは避けましょう。
AD

運気とその人の性格

テーマ:
気学では、基本的に9つの星に分類して性格などを判断します。
(詳しく見ると、9つどころではなく、何百との組み合わせがあるのですが・・・)

星といっても、便利上、星と名づけてあるだけで、一種のエネルギーのようなものです。


それぞれの星には、長所と短所があります。
その星の向いている職業や運を強くする方法、また運が強いかどうかの見分け方、
その星の行動を起こすと良いタイミングや方角等があります。

重要なのは、その星の長所を生かすことです。
人には、向き、不向きがあります。

話し上手の人が、会社を経営する場合は、なるべく言葉で指示を出す、
話が下手な人が、会社で働いている場合は、暖かい言葉を使うことを心がけ、
その分、行動で示す等の方法があります。


この世に生を受けた人間で、役割のない人間などは、存在しません。
この世に誕生した時点で、誰にどう言われようとも、天はその人の存在を求めたのです。

この大きな天の流れを予測して利用するのが、気学です。

長所を生かし、周りにいる人を少しでも明るい気分にさせて、
自分も幸運の波に乗ってください。

アルマーニ

テーマ:
先日、とある縁で、アルマーニのパーティーに出席してきました。

来年、2011年は、七赤金星の年になるので、ファッション業界等は、注目を浴びる年になると思います。

今年の12月くらいからは、来年の七赤金星の気の影響を受け始めますので、オシャレをしてクリスマスパーティーやカラオケに参加して、皆様の運気を上げて下さい。

ちなみに来年のオシャレは、超高級というよりも、センスのある流行のブランド等が注目を浴び、そんな流行に乗ることが運気UPに繋がります。

2011年は、出会いや交流も多い年になりますので、積極的にパーティー等に参加してくださいね。
アルマーニエクスチェンジ等のセンスの良い洋服もおすすめです!

パーティー等はちょっと苦手という人は、オシャレな洋服を着て、スターバックス等のオシャレなカフェでコーヒーを飲むだけでも運気が上がるので、試してください。

土用

テーマ:
先週の10月20日より土用という期間に入りました。
土用期間は、土が五黄の気を帯び、大地の気が不安定になる期間なので、土や植木いじりは、なるべく避けてください。もちろん、土を掘るのも避けてください。

また、電化製品の配置換えもこの期間は、避けたほうが良いと思います。

あやまって土や植木をいじってしまった場合は、皮膚がかぶれたり虫に刺されたり等の恐れがあります。
来週11月7日には、土用期間が終わりますので、ガーデニングや家電を動かすのはそれ以降にして下さい。

ちなみに昔の日本では、この土用期間中は建築現場等はお休みするのが習慣となっていました。
最近、書店で来年の運勢や占いの本を見かけるようになったので、
2011年の世の中の運気の流れを書いてみようと思います。

2011年は、辛卯(かのと・う)、七赤金星(しちせき・きんせい)の気が影響を及ぼす年です。
七赤金星は、喜び、贅沢、食、パーティー、娯楽、おしゃれ、交流などのエネルギーを保有する星なので、来年は、パーティー、美味しいレストラン、映画、等が話題に上がる年になります。

2010年の貯蓄の年とは変わり、2011年2月頃からは、世間の気もゆるみ、お財布もゆるみ、美味しいレストランやおしゃれなカフェ等でみんなでわいわい食事をする機会も増えるとことと思います。

そんな2011年、運気を上げるには、
おしゃれをして、友人達とカラオケや食事会などに出かけてください。
映画やパーティーのお誘いは、なるべく顔を出し、楽しく過ごすことで運気を上がり、新たな良縁を引き寄せてくれます。

去年までの疲れを癒す為にエステ、スパ、マッサージ等でリラックスするのも効果的です。

また、「人を喜ばせること」をテーマに1年を過ごすと運気も上がり、
幸せな年になると思います。

9月の占い

テーマ:
以前、ツイッターに載せていたのですが、ブログにはUPしていなかったので、
言葉を少し付け加えてブログにもUPしておきます。

先月は、不動産業界にとっては苦しい月になったと思います。

9月からは徐々に次の月の気が流れてきます。9月(9月8日以降)は、またウィルス等の噂が流れるのでは、と思い、少し心配です。インフルエンザパニック等の噂の再発、大丈夫だと良いのですが。
ただ、今回は、前回ほどの被害がでないとは思いますが・・・。
もしかしたら、噂が先行するかもしれません。

また、8日が気学でいう、節入り(月替わり)になるので、その周辺は天候が荒れる恐れがあるので、ご注意下さい。というか、今月は風(嵐や突風等)がキーワードになる月になりそうです。

風水・家相 改善方法

テーマ:
今日は簡単な風水・家相の改善方法を書いておきます。

風水・家相では、エネルギーの流れを大事にするので、
簡単な改善方法の第一は、掃除です。
ゴミをゴミ箱にあまりためない、家の中の風(エネルギー)の流れが良くなるように
風(エネルギー)の流れを止める物を置かない、置きっぱなしにしないということが、
良い風水・家相への第一歩です。

次に風水・家相では、溜まっている水(流れない水)を嫌います。
トイレ、キッチン、お風呂の位置などを気にするのはこのためです。

ただ、すでにあるトイレ、キッチン、お風呂の位置等は、
移動できないので、できるだけ、水をためておかないようにします。

また、湿度の高そうなところには、除湿機や湿気取り等を置き、
トイレのフタはいつも閉めておきます。

これだけで、風水・家相は、かなり改善されます。

ちなみに、夏場の日本では定番の風鈴ですが、
実はこれ、昔、中国では、魔よけ&家相改善のために使われていたものです。




風水・気学・エネルギー

テーマ:
風水・気学は、エネルギー(気)の循環を大事にします。
より良い人生を歩む為には、すべてのエネルギーの循環が必要です。

風水や気学では、家相(物の配置)や方位(引越しやお水取り等、ある方向に行動を起こすこと)を使い、エネルギーの循環をはかります。

しかし、心にもエネルギーが循環しなければ、より良い人生にはなりません。

心にエネルギーを循環させ、運気をUPするには、ネガティブな感情を開放する必要があります。
人を許すこと、自分を許すことで、心にとらわれているエネルギーが解放され、より良いエネルギー・運気があなたの人生に循環するようになります。

もし自分が許せないようならば、周りの人を大切にするように心がけたり、
徳を積んだり(人が幸福になるようなことをすること)することで、自分のこころを開放するようにします。

気学では、運は縁によりもたらされ、縁は出会いにより生じると考えます。

ほんのささいな出会いでも、目の前の人が笑顔になるよう、親切に、心温まる言葉を使い、接することにより、あなたの運気は上がっていきます。

レストランのウェーター・ウェイトレスさんや駅の売店で働いている人、お掃除の人、など、
目の前に現れるすべての人に少しだけ、優しくしてみてください。
それだけで、あなたの運勢・人生は、確実に変わっていきます。