Hideki Sekiのブログ

ギターやSONARをはじめとしたDTMの事、音楽、日常のことを気ままに書きます。


テーマ:
さて、旧宣伝用ブログやFB、HPでもしつこいくらい書いてますが、レスポールゲット記念に経緯を記しておきたいと思います。

遡ること約一ヶ月。

仕事で大阪に行った時に、レスポール今激安だよ、とBOSSのHさんに会うなり二言めに言われ、レスポールっすか!??へー、そんなに安いんですか?と、わたくし。

その時、わたくしは韓国でのJazzサマースクールで沢山の刺激を受けてポップスやジャズでも活用できそうなシンラインが欲しくてたまらなかった。

実際、大阪の楽器店さんに目ぼしいギターを見つけていて、良かったら買ってしまおうか、なんて思ってたくらい。

その日の仕事を盛況に終え、打ち上げ&翌日の打ち合わせでご飯を食べながら、ギター談義。

BOSS H氏

「シンラインは、とりあえずストラトとレスポールを持ったあとでいいじゃん。

言ってみればあれだよ。

デザイン関連のソフトでイラストレーターとフォトショップが定番のようにストラトとレスポールはギターの定番じゃん。

と」。

妙な説得力(笑)

それに、録音とかはサウンドイメージってあるからストラトとレスポールは分かりやすいよね。提供する側からしてみてもレスポールの音っていうだけでちょっと嬉しいでしょ。

それに関ちゃん、やっぱロック弾いてるときは生き生きしてるよー、とか何とも微妙だけど有り難いお言葉を頂いたり、、(笑)


確かに、レスポールは憧れがあって欲しいけど、良いと思うやつは「お高い」。

恐らく良いものを探すならストラトの値段に更に10万円くらいは足さないと、という感じ。


高校2年生の時にバイトして貯めたお金でレスポールスタンダードを買っていて、その時から憧れがあった。

楽器屋さんのショーケースに入っていたトラ目のレスポールに釘付けになってたくらい(笑)


初めて自分のお金で買ったギターがレスポールスタンダードだったわけだけど(これが人生で二本目のギターだった)、実はBakerを購入するときに後輩に婿に出してしまった(笑)

弾きづらく感じてあまり弾いていなかったから、、、
(後輩は今でも大事に使ってくれていてとても嬉しい)



、、それで、、大阪で何本かヒスコレを弾かせてもらって薀蓄も色々と聞かせてもらった。


感想。


「やっぱ高いのはいいな(笑)」


断然2013年以降のモデルが良い。


12年のはピックアップがバーストバッカーでパワーがあるけど、コントロールがしづらいのと弾き心地が好みではなかった。


実際、13年のだと思って試奏したレスポールがイマイチで店員さんに話を聞くと、「これは12年のですね~」となる。


こういうのが2~3回あった。


自分的にはピッキングの強弱が出せるように、ダイナミックレンジの広い13年以降のものの方がしっくり来る。

こちらはピックアップにカスタムバッカーが搭載されているが、マーシャル系のアンプでゲインを上げていけば全然ズクズクもいう。

ま、ピックアップに関してはいくらでも交換が聞くけど、大きいのはネックの振動。

断然13年以降の物のほうが良い。

弾いている!っていう感じが凄い。


ちなみに、選定の基準は、値段と見た目で、その次に音(笑)

なぜ音が最後かというと、、

13年以降のヒスコレはどれも音がいいし弾き易い。

だから音で探し始めちゃうと物も多いし、いくつかのお店を梯子すると同じ環境では比べられないから一本に絞りきるのが大変。万が一予算を大きく超えたものを「良い」と思ってしまってからそこそこの予算内のものを買うと、後でやっぱりアレにしておけば良かった、とか、はたまた一文無しになってしまうから(笑)

77年のストラトを調整に出したときに馴染みの工房の人に「安いプレーンのヒスコレでいいじゃないですか?変わらないでしょ」と言われたけど、トラ目はロマンだと思ってかなり見た目の比重は大きかったです。

まー、結局自宅に戻ってからはネットもかなりみて、池袋、渋谷、御茶ノ水、新宿と主要なお店は殆ど回り、結局は最初に大阪で試奏した物を東京の店舗に取り寄せてもらいそちらを購入。


シンラインも良かったけど、レスポール買ってホントに良かった。

ギターの素晴らしさを再認識。

クリーンも歪みもホントに綺麗な音が出ますね。


弾くの楽しくてしょうがないですね。

というか、どちらかというと人が弾いているのを眺めるのが好き(笑)




ちなみに、今50年代のビンテージコンデンサーのBumbleBeeを取り寄せ中。

かなり1959に近くなるんじゃないかな、なんて。


チューンアップが楽しみですぞ!!!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。