今日はニワトリの日、らしいです。


{5D6AA1A1-A2F0-4EAC-B81E-ECDCF216C2E0}

昨日の記事は今日アップすべきだったかな^ ^。




▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう






☆☆☆☆☆☆☆





ワタシの母はなにかを『育てる』ことが趣味で、子ども4人に加え、これまでもいろんな生き物を育ててきた。
集合団地の頃は、金魚やカナリヤなどの小鳥を繁殖していたし、ベランダには鉢植えがたくさん。

一軒家に引っ越してからは、父と協力しながら、ニワトリ・烏骨鶏・めだか、犬や猫ももちろんいる。

そして、


{DD5B2506-B9E6-41AC-B96B-B4CE94DB7EA3}


カブトムシ


ここに写ってる以外にも、カブトムシ倉庫があるほど(^◇^;)。
(ちなみにここはリビング・笑)
繁殖したものは、烏骨鶏の卵同様、


{89CE1C06-B669-4D14-9F6D-3D515BA4826B}



先日、実家に帰った時、あげると言われた。




{8381A9E6-72BB-4DE8-8C75-41FD977D168B}





これまでの数年は、タロは欲しがるも、要らないと断っていた。
だって…




{AB860141-F94D-43B1-814B-9DA71A506F8A}




結局母が育てる的な、あるある話になるんじゃないかと。

が、しかし、今年はタロも一年生。教えながらできるかも。
いろいろ考えて…




{FC45E8A1-40A9-420C-82A3-14CAF8ED4010}




ワタシにとっては悲報(笑)。
しかも取り合いになってはとケンゾの分も。(こっちは確実にワタシ担当だろう・笑)


早速、名前を付けるタロ。



{79BE8FC5-B690-4AA1-AB80-44D0DDAE2BD0}



ニュートカントガスト(タロ)とハウスカントガスト(ケン)。
って、何それーーー( ̄◇ ̄;)
小学生男子の発想が謎すぎる。(笑)


まあ、ニューちゃん、ハーちゃん、(早速略す・笑)これから家族の一員としてよろしくね。





カブトムシをもらい自宅へ帰る途中、ひいおばあちゃんの家に寄る。
そこで、これからも起こりうる恐怖体験を早速体験。




{9E70BCAF-6CA3-413F-8D7E-B4DCFBA58CCD}



蓋はちゃんと閉めてーーーっっ!!

(この後無事に見つかりました。笑)


☆☆☆☆☆☆☆

ネコおやじさんとくま母さんもアメブロ説明会&懇親会の記事をアップされています。
ネコおやじさんの描く、アメブロのWさんが似すぎて爆笑。
くま母さんの、ワタシが到着前のエピソード、そんなことがあったのねーんとニマニマして読みました( ̄▽ ̄)







AD
土曜日の福岡でのアメブロ懇親会から戻り、自宅よりも近いので実家に泊まった。


実家では烏骨鶏を飼育していて、



{D5C952EB-AD74-4DB3-97AA-49992EC97A37}




道の駅で販売している。




{80D0A66B-6653-42B4-9E09-3800F1FDF33E}




ニラ入りの餌で育てた有精卵、ということでなかなかの人気らしい。





{DF52A14F-0F62-47BF-98DE-ACC03D7D2EDB}











{C14EAC15-0D48-46BF-A1B7-CE4EDF4CC8AA}





一瞬、犯罪の香りがした…(笑)
実母、日本語がよくおかしいです。
でも本人は全く気にしてないという(^◇^;)




AD
いつも手書きの字がクソ汚くてすみません(T ^ T)。
硬筆やっておけばよかった…


土曜日は、アメーバ公式トップブロガーの説明会会及び懇親会に参加させていただいた。
会場はサイバーエージェント福岡支社。

かなり余裕を見て新幹線に乗ったのだが、駅からの時間を読み間違え、開始5分前に駆け込むことに。
皆さんはすでに揃っておられたが、部屋に入ってまず皆さんのお召し物に目がいく。
((((;゚Д゚)))))))今日、ちゃんとしてるやつ着る日や…
すげーラフだよ、ワタシ。




参加者は少数精鋭、私を含め6人のブロガーさんが集まっていた。
前日にも同じ説明会・懇親会があったもよう。
いつもメールでしかやりとりをしたことのなかったWさん。
お会いできて感激~。


{677A2113-DDFD-4BB7-85A7-1E8B5CFBC918}
お若いのにテキパキされてて、堂々としてらして、いやーおばちゃん感激しちゃった(笑)


参加者のみなさんはこちら。




{B0096D72-E44F-4616-AC2C-0546BAA3D353}
実物はもっとシュッとされてます。
いくさんのふんわりとした雰囲気がつい輪郭までふんわりと描かせるぅ~(画力だろ・笑)
鈴木京香さんをさらに柔らかくしたようなイメージでした。






{F8C3671B-5F3C-44A9-8103-25B4254FD4ED}

あれ、私たち同じ人間だよね?(笑)
ファッション系ブログが好きな方なら知らない人はいないのでは^ ^
あ、アンジェリーナジョリーだ!と思ったよ、私。




うさぎのふうた ふうたの飼い主さん

{CA0E6E64-6BFA-4484-8BCC-4A61B1FBEC54}
本当は人間です(笑)。
唯一の男性でしたが、とても話しやすく、またとても細やかに気を使えるナイスガイでありました。うさぎ愛に溢れていらした。





くま母もよう くま母さん

{AD536755-D552-4918-8010-C53F3E496749}


育児絵日記系ブログがお好きならご存知のかたばかりでしょう。
今回会うことができて本当に嬉しい!





そんな6人を相手にWさんの説明会はサクッ(笑)と終わり、博多の街を楽しみながら歩いて、懇親会の会場に移動。
お店はなんだかテレビなどで名前は聞いたことあるなぁな『なだ万』。普段なら絶対行かないぜぃ。
美味しいご飯を食べながら、あんなことこんなこと、なかなか聞けなかったこと、などいろんな話に花が咲く。
初めてとは思えない会話の弾みようで、予定時間を大幅にオーバーし、お店の方にやんわりと営業時間を教えていただく(笑)。

帰り間際に皆さんと写真撮影。
撮った写真を見て思う。


{B29CEA07-FE53-4885-9F2C-2B754C9E5AA9}

ねこおやじさん、くま母さん、仲間にしてゴメンなさい。
一番足引っ張ってたのはワタシだが。


この後、くま母さんとは二次会をしたのだが、それはまた別記事で描くことにして、
楽しい時間はあっという間。




{A13F4244-1961-489E-8998-38DF013A5E15}







{F6AF6DB8-2F29-4C65-996E-6B7589C1D1C4}



いや、年下だからヤダとかなんとかではなく(いや逆に精神年齢はみんなの方が上だった気が…笑)、皆様の若く華やかな輝きにBBAの肌は相当くすんで見えたってハナシ。


これまで『自分が年下・もしくは若い方』な社会で生きてきたことが多かったんす、ワタシ。
最近、いろんなところで『ねえさん』って呼ばれ出して、あぁもう若くはないものね…としみじみ感じたりしているのです。



しかし、ブログという共通点があると、年齢差があっても、すぐに意気投合し、盛り上がれることが分かった次第。
本当に楽しかった。
このような機会を設けていただき心から感謝です。
Wさん、アメーバ様、ありがとうございました。

参加者のみなさん、お疲れ様でした。
日々の更新、楽しみましょう( ´ ▽ ` )ノ。

そして読者の皆様、いつも読んでいただき、本当にありがとうございます。
今後とも、『じごんすからのぞけば。』をよろしくお願いいたします。




AD
入学してしばらくすると言い出した話題。
 
 
{34CC3668-AE49-40A0-B8F5-C05F376E2082}

リホちゃん=仮名
 
 
えー、なぁにー、タロのことを好きな子がいるんだ~?ヒューヒュー!
 
と初めのうちは、冷やかしたり母親として嬉しい気持ちになっていたが、何度もその話題を出してくるので、
「どうしてタロのことを好きだって、タロは分かるの?好きって言われたの?」
と聞くと、
 
 
 
{E32E2AF6-718C-4A52-9A83-661138756E6A}
 
 
 
それだけ?(笑)
 
怖い、怖いよ、男子の勘違い。
ある日も、嬉しそうに困りながら、
 

 

 

 

 

 

{A6BD4104-4626-4D52-B172-5DE4EBD96852}
 
 
 
女子が私しかいない、この家庭環境。
しかも唯一の女子は女子力を捨てたBBA。
これでは『女子』を学べるわけもない。
 
これからいろんな体験をして学んでいくしかないんだろうけれど、お母さんからも一つ教えておこう。
 
 

 

 

 

 

 

{845F93BF-6155-413A-9245-06E824093BD0}

 

 

 

 
 
 
 
女子はね、そうやって好きでもない男の子に勘違いさせてくるのよ。
それが無意識(いや有意識の時もありか・笑)だから余計ややこしいのよ。
 
 
なんだかんだでほぼ毎日リホちゃんの話しをしているタロ。
おい、好きになってるだろ?

リホちゃん…恐ろしい子!(笑)

 
 

4歳の頃に結婚したかった相手。↓↓↓↓
 
コイバナするような年齢になってきたのねぇ~。
 
我が家にはいない『女子』を堪能したいとき、おすすめなのがこの一冊。
漫画家の丸本チンタさんのコミックエッセイ「おひさまもっちゃん!」!
 
季節よりオシャレ重視、お化粧道具に大喜び、そんなTHEおんなのこ・もっちゃん。
でも、おちんちん様(笑)を拝んだり、ブラジャーのモノボケするあたり、園児には外せないシモネタのセンスもちゃあんと持っている・もっちゃん。
ご自宅でお仕事をされている分、関わる時間も長いのかな?ちんたさんのもっちゃんへの接し方がとても丁寧で、もっちゃんの目線に合わせて(いや時々もっちゃん以下になるか(笑))なかなかお父さんでそこまで出来る方っていないのではないかなぁ。
漫画家さんなので、当たり前に絵がお上手で、読んでいるうちに引き込まれるのか、自分も親戚のおばちゃんになったような気が(笑)。
 
ラストの部分は、NHKの連ドラを一年通して観終わったかのような気分になりました。
かわいくて、おもしろくて、せつなくて。
小さな女の子が成長していく姿をこれからもずっと見守っていきたい、
そんな感動で目頭がじわっと熱くなったのでした。
(いろんな方のレビューで最後は泣く!と聞いていたので構えて読んでいたのに(笑))
 
実物のチンタさんは、イケメンで変態目線だと萌え、大阪のおばちゃん目線だとめんどくさい方だそうな。
 
いつかお会いしてみたいです^^。
 
 





{35C05017-4A23-4EC4-BDE1-6EF7D2564334}





{65E35F02-A99B-4C77-99A7-EC9EAE633F70}




子どもの頃、自分の名前が嫌いになった時期がありませんでしたか?
私は3・4年生くらいのとき、授業中ずっと自分が名前を変えるなら…という妄想をしていました。(勉強しろよ笑)
その頃は◯◯子と、子の付く名前が主流で、子が付かない名前の友達が本当に羨ましかったなぁ~。

息子たちもいつの日か絶対そんな日(こんな名前ヤダ!どうしてこんな名前にしたんだ!と怒ってくる)が来るだろうと覚悟はしているが、つい先日、3歳にして改名希望の意見が…

うん、再考の余地あり。(笑)



あ、でも偶然『子』の付く名前だ(笑)
たけの子。