【絵日記】むくわれる。

テーマ:
夏休み、かなり、てこずった作文。




市の作文コンクールに入選しました(≧∇≦)。
リビングの壁に賞状を貼ってます^ ^。



{77C5E53A-B417-4CAC-90B5-020488878B80}



先生の添削が入り、もう一度清書。というさらなる難関が待っていたけど、なんとか書き終えた。
頑張ったね〜、タロ。
(そして、わたし・笑)



☆☆☆☆☆☆☆


今日は講演会に行ってきました。
子育て中のお母さんなら、読んだことがある人もかなり多いのでは?^ ^


{CB0D9E82-926E-48D8-B150-CD6AFBB300C0}



質疑応答で、同じく登校渋りをしているお母さんが質問しておられました。
その答えに、やはり私も時がくるまでは、タロのペースに合わせて付き合おうと思いました^ ^




AD
いつもイイね!やコメントをありがとうございます。
全てありがたく読ませていただいています。
特に最近はタロの付き添い登校について、様々な体験談などを聞かせていただき大変参考になります。
また、当ブログを最近知っていただき、はじめから全部読んでくださったという方も(大変だったでしょう(^◇^;))いらして本当にありがたく嬉しいです。



☆☆☆☆☆☆☆



毎日の様子を見たり、療育の先生と話したりする中で、タロに必要なのは

安心できる学校の大人&心を許せるお友達

かなぁ〜と思っている。
給食を時間内に食べることや、登下校と5時間目を乗り切れる体力ももちろん必要だろうけれど。

時間をかければ“慣れ“ていくものだろうとは思う。
が、タロの場合、慣れるのに人より時間がかかるので、やはり大人(担任・支援員・校長教頭でも誰でもよいけれどタロが頼れる人)の介入があるとよいですね〜と、療育の先生も言っていた。
場面場面で話せないことも相談してみたが、今段階では何とも言えない。
通うことでリラックスできるなら、また療育に定期的に通ってもよい。
その中で心理士との面談などもできる。
とのこと。





昼休み、誰とも遊ばずボールを持って立っているタロを発見。



{E7D05D6C-5019-4906-9798-2D4A54CE133C}
毎日、昼休みについて回ってはいません(^◇^;)
この日はたまたま。



と、階段から落としたボールを同じクラスのA君が拾ってくれた。
A君はかなりお友達との距離感が近かったり(相手に構わずグイグイくる)、授業中にフラッと廊下に出ていったり、怒ると寝転がったりしてしまうタイプの男子(^◇^;)



{62938706-D797-460E-9CAD-36DE81CA0FE7}



拾ったボールを投げ返し、また投げろと要求するA君( ̄▽ ̄)。
タロも言われるがままにし、ボールの投げっこが始まった。



{011A3177-9662-44E6-B6C4-D16A8CD4880F}



帰ろうと車に乗っていると、クラスの女子数名が通りかかり、わざわざ車のドアを開けて、サヨナラのタッチをしてくれた。



{6D0D8ACA-07E8-4107-AA32-FE07CF736027}



帰りの車の中や、帰宅してからも、



{A443D316-C655-45BB-924D-7CBC84B04001}



むっちゃ嬉しそうだった(笑)。



先日は、朝登校したものの、
教室の入り口で足が止まってしまう。
タロが纏う暗〜いオーラに『どうしようか…』と私が考えていると、



{828F8FD5-64EF-44B1-AE9A-B6B20ECDA77B}




体つきも考え方もしっかりした女子・Bちゃんがタロに声をかけてくる。



{9DBA2079-FAD0-429E-AFCC-543A9391C3E6}


そう言われて、タロの足が前に出た。
そのまま、教室に入り自分の机に向かった。



こんな場面を見ながら思う。

大人には出来ないこと、子どもにしか出来ないこと、あるなぁ( ´ o ` )。

クラスの子たちには本当に感謝。
子どもたちが自然にやっていることなのだけど、私とタロは随分と助けられている。


今朝は学校に行くことも、私が途中で退席することも、そんなに嫌がってはいないように見えた。
少しずつ、少しずつ。


未来を明るく感じます。





AD

元気ママプロジェクトを更新しました。





【育児あるある漫画】つい、やってしまう朝。

{EDAD057C-D565-4553-88D7-4E7966FEE8CF}



そして、やってしまった…
この漫画をアップする少し前に、きのかんちさんが同じくプリケツネタでアップしてた〜(>_<)。

↓↓↓かんちさんの記事↓↓↓

すぐさま、カンチさんに土下座で謝る。
パクってないよ、パクってないよ〜。カブッただけ〜。
秋は特にプリケツを堪能したくなる時期のよ〜。(笑)

全国のプリケツ好きの変態母さんたち、どちらの4コマもお楽しみください( ̄▽ ̄)。

AD
一年生みんなが通る廊下に座っているので、よく話しかけられる。


どうしていつもこのお母さんはいるんだろう。と思うようで、始めのうち、よく聞かれた質問がこれ。



{E04EA036-216C-4BF8-B12B-2D65D2F9D77F}



(同じクラスの子たちには先生から説明はしてもらったけれど)

そのときには正直に答えている。
「学校にくるの、ドキドキするんだって。
私と一緒だと安心して授業が受けられるんだって」

そう言うと、みんな「へぇ〜」くらいのリアクション。




{DF62CED7-32DC-4915-A082-BC3D32C4FB06}



みんな優しい。



一度、同じような問いかけに、



{F9214C80-D436-463E-A774-FC5D00491681}



転入生のふりをしたら、



{67C10BBE-6CE9-4A34-AF8A-ECC619EB8176}



年齢を確認され、



{F287973C-BD43-4FE5-B531-AD33759988BC}



仲間に入れてもらえなかった(笑)



先日は別のクラスの子から質問。



{B7464B20-6176-4687-8EA5-09F4A6DA7368}


{2780D0E1-D513-479B-B365-6F9386280DEC}



そう答えると、



{DC8DA109-9D0A-404D-BF41-10B4BF55313C}



{9DF52A0E-7C66-434B-960F-9BC37EE6714D}


理解してもらえているのが、とっても嬉しかった。






大きな被害はなさそうで…と書いた昨日。
県内、橋が流されたり、冠水したり、結構被害がありました。情報不足でした(T ^ T)
被害に遭われた方の一日も早い回復を祈っています。




☆☆☆☆☆☆☆



付き添い途中から一旦学校を離れるときの、寂しい気持ちが強くなっている最近。
私が居なくなると思ったら、ぐわぁっと寂しくなるもよう。
私の手をガシッと握って、涙目、やがて泣く。



{1E50D2AA-409A-4B1F-8BA8-5A913A1CEB5D}




急な予定変更は苦手なので、前もって言い聞かせることを小さな頃からやっている。
言い聞かせたところで寂しいもんは寂しいんだけど(^◇^;)。
先々週、掃除時間に帰ったとき、靴棚まで追いかけてきたらしい。
(後から聞いた)
でも、もう私は帰った後で、靴棚で泣いたそうな。
どうして追いかけてきたのか理由を教えてくれた。




{C8115A99-636C-48C7-9220-822818A0EFE4}



そうか。

いつも泣くことは悪いことじゃないよ。泣きたいときは泣いていいんだよ、と伝えるけれど、本人は学校では極力泣きたくないみたい。

あと「どうしても学校にいるのが辛いなら、途中で帰ることもできる。それはそのときによく話し合ってからね」的な会話もしていたので、私が帰るくらいなら一緒に帰ろうとしたもよう。


昨日、途中で抜けたのは、療育の先生に相談にいったから。
そして今日はどうしても家(パソコン)でしかできない仕事があり、帰宅しています。


今日はすんなり帰ってこれました。
これが続けられるといいなぁ。