寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手だけど試験に一発合格

1回以上不合格になった人が対象です。実務担当者が運行管理者試験に2回目で必ず合格するため効率的に合格する合格法。

トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。

現役運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。

何度も挑戦している試験に苦戦している人のためのブログです。

寺子屋塾式合格法は楽して一発合格するための合格法です。


寺子屋式合格法の特徴は

1.過去問の主体の学習法

2.暗記法

です。

この2つが寺子屋塾式合格法の両輪です。

この2つで、

あなたは驚くほど簡単に資格を手に入れることができます。

このブログでは試験情報を得ることができます。

試験の特徴を知ることができます。

過去問を中心に解答のコツがわかります。

また、寺子屋塾では有料の講座もあります。

興味のある方はホームページを御覧ください。

http://terakoyaunkan.com/


















NEW !
テーマ:

問23
 
問 23    下表は、貨物自動車運送事業に従事する自動車運転者の 1 ヵ月の勤務状況の例 を示したものであるが、「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(以下「改 善基準」という。)に定める運転時間に関する次の記述のうち、 正しいものを 1 つ選 び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、1 人乗務とし、「1 ヵ月についての拘束時間の延長に関する労使協定」があり、下表の 1 ヵ月は、当該協定により1 ヵ月についての拘束時間を延長することができる月に該当するものとする。


続きはこちらから
 

 

メルマガ、28年1回試験問題解説がスタートしました。

 

毎日1回、メルマガが試験日まで配信されます。

 

お申込みはホームページ!

 

または、このページのタイトルの右下のメルマガ登録で!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問22

問 22    下図は、貨物自動車運送事業に従事する自動車運転者の 3 日間の勤務状況の例 を示したものであるが、「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(以下、
「改善基準」という。)に定める拘束時間及び連続運転の中断方法に関する次の記述 のうち、正しいものをすべて選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。
 

続きはこちらから
 

 

メルマガ、28年1回試験問題解説がスタートしました。

 

毎日1回、メルマガが試験日まで配信されます。

 

お申込みはホームページ!

 

または、このページのタイトルの右下のメルマガ登録で!


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問題文を見てみましょう。

 

 問 21    貨物自動車運送事業の「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(以下「改善基準」という。)において厚生労働省労働基準局長の定める「一般乗用旅客自動車運送事業以外の事業に従事する自動車運転者の拘束時間及び休息期間の特例について」(以下、「特例基準」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。

 

4.トラック運転者が勤務の中途においてフェリーに乗船する場合における拘束時間及び休息期間は、フェリー乗船時間(乗船時刻から下船時刻まで)については、原則として、休息期間として取り扱うものとし、この休息期間とされた時間を改善基準第 4 条の規定及び特例基準により与えるべき休息期間の時間から減ずることができるものとする。ただし、その場合おいても、減算後の休息期間は、2 人乗務の場合を除き、フェリー下船時刻から勤務終了時刻までの間の時間の 3 分の 1 を下回ってはならない。

 

答えは。

4.誤り。

 

特例基準

4 自動車運転者がフェリーに乗船する場合
自動車運転者が勤務の中途においてフェリーに乗船する場合における拘束時間及び休息期間は、次のとおり取り扱うものとする。
1) 貨物自動車運送事業に従事する自動車運転者のフェリー乗船時間(a)は、原則として、休息期間として取り扱うものとする。
2) 一般乗用旅客自動車運送事業以外の旅客自動車運送事業に従事する自動車運転者のフェリー乗船時間(a)のうち2時間(フェリー乗船時間が2時間未満の場合には、その時間)については拘束時間として取り扱い、その他の時間については休息期間として取り扱うものとする。
3) 上記1)及び2)により休息期間とされた時間を改善基準第4条第1項第3号及び第5条第1項第3号の規定(ただし、2人乗務の場合には上記2、隔日勤務の場合には上記3の2))により与えるべき休息期間の時間から減ずることができるものとする。ただし、その場合においても、減算後の休息期間(c)は、二人乗務の場合を除き、フェリー下船時刻から勤務終了時刻までの間の時間(b)の2分の1を下回ってはならないものとする。

-------------------------------------------------------------

 

メルマガ、28年1回試験問題解説がスタートしました。

 

毎日1回、メルマガが試験日まで配信されます。

 

お申込みはホームページ!

 

または、このページのタイトルの右下のメルマガ登録で!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問題文を見てみましょう。

 

 問 21    貨物自動車運送事業の「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(以下「改善基準」という。)において厚生労働省労働基準局長の定める「一般乗用旅客自動車運送事業以外の事業に従事する自動車運転者の拘束時間及び休息期間の特例について」(以下、「特例基準」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。

 

設問文を見てみます。

 

3.使用者は、トラック運転者(隔日勤務に就く運転者以外のもの。)が同時に 1 台の事業用自動車に 2 人以上乗務する場合(車両内に身体を伸ばして休息することができる設備がある場合に限る。)においては、1日についての最大拘束時間を20時間まで延長することができる。

 

3.正しい。
 

特例通達 2。

 

メルマガ、28年1回試験問題解説がスタートしました。

 

毎日1回、メルマガが試験日まで配信されます。

 

お申込みはホームページ!

 

または、このページのタイトルの右下のメルマガ登録で!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問題文を見てみましょう。

 

 問 21    貨物自動車運送事業の「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(以下「改善基準」という。)において厚生労働省労働基準局長の定める「一般乗用旅客自動車運送事業以外の事業に従事する自動車運転者の拘束時間及び休息期間の特例について」(以下、「特例基準」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。

 

設問文を見てみましょう。

 

2.使用者は、業務の必要上、トラック運転者(隔日勤務に就く運転者以外のもの。) に勤務の終了後継続 8 時間以上の休息期間を与えることが困難な場合には、当分の間、一定期間における全勤務回数の 2 分の 1 を限度に、休息期間を拘束時間の途中及び拘束時間の経過直後に分割して与えることができるものとする。この場合において、分割された休息期間は、1 日において 1 回当たり継続 4 時間以上、合計 10 時 間以上でなければならないものとする。

 

2.正しい。


特例通達 1。

 

1 業務の必要上、勤務の終了後継続8時間以上の休息期間を与えることが困難な場合
 

1) 業務の必要上、勤務の終了後継続8時間以上の休息期間を与えることが困難な場合には、当分の間、一定期間における全勤務回数の2分の1を限度に、休息期間を拘束時間の途中及び後続時間の経過直後に分割して与えることができるものとする。この場合において、分割された休息期間は、1日(始業時刻から起算して24時間をいう。)において1回当たり継続4時間以上、合計10時間以上でなければならないものとする。

 

メルマガ、28年1回試験問題解説がスタートしました。

 

毎日1回、メルマガが試験日まで配信されます。

 

お申込みはホームページ!

 

または、このページのタイトルの右下のメルマガ登録で!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問21

問題文を見てみましょう。

 

 問 21    貨物自動車運送事業の「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(以下「改善基準」という。)において厚生労働省労働基準局長の定める「一般乗用旅客自動車運送事業以外の事業に従事する自動車運転者の拘束時間及び休息期間の特例について」(以下、「特例基準」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。

 

1.使用者は、業務の必要上やむを得ない場合には、当分の間、改善基準第 4 条の 1 ヵ月についての拘束時間及び 1 日(始業時刻から起算して 24 時間をいう。以下同じ。) の拘束時間等の規定にかかわらず、次の条件の下で貨物自動車運送事業に従事する運転者(以下「トラック運転者」という。)を核日勤務に就かせることができる。

 

(1)    2 暦日における拘束時間は、一定の要件に該当する場合を除き、21 時間を超えてはならない。
 

(2)    勤務終了後、継続 20 時間以上の休息期間を与えなければならない。

 

答えは。

 

1.正しい。
特例通達 3。

 

メルマガ、28年1回試験問題解説がスタートしました。

 

毎日1回、メルマガが試験日まで配信されます。

 

お申込みはホームページ!

 

または、このページのタイトルの右下のメルマガ登録で!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問題文を見てみましょう。

問 20    「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」に定める目的等についての文中、A、B、C、Dに入るべき字句を下の枠内の選択肢(1~8)から選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。
                       
1.この基準は、自動車運転者(労働基準法(以下「法」という。)第 9 条に規定する 労働者であって、 A の運転の業務(厚生労働省労働基準局長が定めるものを除 く。)に主として従事する者をいう。)の労働時間等の改善のための基準を定めることにより、自動車運転者の労働時間等の  B  を図ることを目的とする。

 

2.労働関係の当事者は、この基準を理由として自動車運転者の労働条件を低下させてはならないことはもとより、その    C    に努めなければならない。

3.使用者は、季節的繁忙その他の事情により、法第 36 条第 1 項の規定に基づき臨時 に D 又は休日に労働させる場合においても、その時間数又は日数を少なくするように努めるものとする。

 

1.二輪以上の自動車    2.四輪以上の自動車    3.労働条件の向上
4.労働契約の遵守    5.向上    6.維持
7.労働時間を延長し、    8.休息時間を短縮し、    
 
 答えは。
 
正解    A→2    B→3    C→5    D→7
 

改善基準 1 条

 1.この基準は、自動車運転者(労働基準法(以下「法」という。)第 9 条に規定する労働者であって、(A→四輪以上の自動車)の運転の業務(厚生労働省労働基準局長が定めるものを除く。)に主として従事する者をいう。)の労働時間等の改善のための基準を定めることにより、自動車運転者の労働時間等の(B→労働条件の向上) を図ることを目的とする。

 

2.労働関係の当事者は、この基準を理由として自動車運転者の労働条件を低下させてはならないことはもとより、その(C→向上)に努めなければならない。
 
3.使用者は、季節的繁忙その他の事情により、法第 36 条第 1 項の規定に基づき臨時に(D→労働時間を延長し、)又は休日に労働させる場合においても、その時間数又は日数を少なくするように努めるものとする。

 

------------------------------------------------------------- 

 

メルマガ、28年1回試験問題解説がスタートしました。

 

毎日1回、メルマガが試験日まで配信されます。

 

お申込みはホームページ!

 

または、このページのタイトルの右下のメルマガ登録で!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問題文を見てみましょう。

 

問 19    労働基準法及び労働安全衛生法の定める健康診断に関する次の記述のうち、誤 っているものを 1 つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。

 

設問文を見てみましょう。

 

4.事業者は、衛生規則で定めるところにより、深夜業に従事する労働者が、自ら受けた健康診断の結果を証明する書面を事業者に提出した場合において、その健康診断の結果(当該健康診断の項目に異常の所見があると診断された労働者に係るものに限る。)に基づく医師からの意見聴取は、当該健康診断の結果を証明する書面が事業者に提出された日から 2 ヵ月以内に行わなければならない。

 

答えは。

 

4.正しい。
労働安全衛生規則  51 条の 2 第 2 項 1 号

(健康診断の結果についての医師等からの意見聴取)
第五十一条の二  第四十三条等の健康診断の結果に基づく法第六十六条の四 の規定による医師又は歯科医師からの意見聴取は、次に定めるところにより行わなければならない。

2  法第六十六条の二 の自ら受けた健康診断の結果に基づく法第六十六条の四 の規定による医師からの意見聴取は、次に定めるところにより行わなければならない。

一  当該健康診断の結果を証明する書面が事業者に提出された日から二月以内に行うこと。

 

メルマガ、28年1回試験問題解説がスタートしました。

 

毎日1回、メルマガが試験日まで配信されます。

 

お申込みはホームページ!

 

または、このページのタイトルの右下のメルマガ登録で!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問題文を見てみましょう。

 

問 19    労働基準法及び労働安全衛生法の定める健康診断に関する次の記述のうち、誤 っているものを 1 つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。

 

設問文を見てみましょう。

 

3.事業者は、深夜業を含む業務に常時従事する者に対し、当該業務への配置換えの際及び 6 ヵ月以内ごとに 1 回、定期に、衛生規則に定める所定の項目について医師による健康診断を行わなければならない。

 

答えは。

 

3.正しい。
安衛則 45 条 1 項。
 

メルマガ、28年1回試験問題解説がスタートしました。

 

毎日1回、メルマガが試験日まで配信されます。

 

お申込みはホームページ!

 

または、このページのタイトルの右下のメルマガ登録で!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問題文を見てみましょう。

 

問 19    労働基準法及び労働安全衛生法の定める健康診断に関する次の記述のうち、誤 っているものを 1 つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。

 

設問文を見てみましょう。

 

2.事業者は、常時使用する労働者(深夜業を含む業務等衛生規則に定める業務に従事する労働者を除く。)に対し、1 年以内ごとに 1 回、定期に、衛生規則に定める所定の項目について医師による健康診断を行わなければならない。

 

答えは。

 

2.正しい。
労働安全衛生規則 44 条 1 項

 

メルマガ、28年1回試験問題解説がスタートしました。

 

毎日1回、メルマガが試験日まで配信されます。

 

お申込みはホームページ!

 

または、このページのタイトルの右下のメルマガ登録で!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。