寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手だけど試験に一発合格

1回以上不合格になった人が対象です。実務担当者が運行管理者試験に2回目で必ず合格するため効率的に合格する合格法。

トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。

現役運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。

寺子屋塾式合格法は楽して一発合格するための合格法です。


寺子屋式合格法の特徴は

1.過去問の主体の学習法

2.暗記法

です。

この2つが寺子屋塾式合格法の両輪です。

この2つで、

あなたは驚くほど簡単に資格を手に入れることができます。

このブログでは試験情報を得ることができます。

試験の特徴を知ることができます。

過去問を中心に解答のコツがわかります。

また、寺子屋塾では有料の講座もあります。

興味のある方はホームページを御覧ください。

http://terakoyaunkan.com/


















NEW !
テーマ:
いよいよ明日。

最後まで諦めない人が合格できます。

試験ギリギリまで粘りましょう。

繰り返して言います。

まだまだ間に合います。

最後まで決してあきらめてはいけません。

自信がなくてもあと1問の正解にこだわりましょう。

たった1問に泣いた人がたくさんいます。

ケアレスミスはあって当たり前です。

とちっても18問正解を目指しましょう。

開始ギリギリまでチャンスは有ります。

過去問をギリギリまで繰り返すことです。

5分前にやった問題が出題されることもあります。

寺子屋塾式暗記法をもう一度おさらいしてください。

必ず、本番では記憶法が力を発揮します。


何度も繰り返して言います。

頑張って、諦めるな。

最後まで諦めずに続けましょう。

後はやるだけです。

幸運を祈ります。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試験まで後1日。

ラストスパートですね。

まだまだ間に合います。

最後まで決してあきらめてはいけません。

十分に勉強ができてない人も1問の正解にこだわりましょう。

1問に泣いた人がたくさんいます。

ケアレスミスはあって当たり前です。

とちっても18問正解を目指しましょう。

今回は道路交通法について。

何度かお話しましたが。

正解が最低1問なければいけません。

ここで引っかかって不合格なった人が多いです。

なんとかなるって甘く見てしまうようです。

でも、20問以上正解しているにもかかわらず、この1問正解できずに不合格になった人がたくさんいます。

今からできる対策です。

必ず、実行してください。

それは

道路交通法は本屋に行っていちばんやさしい普通免許の参考書を買ってください。手持ちがない人は立ち読みでもしょうが無いけど。

イラストが入ったいちばんやさしい本でいいです。

これが非常に効果を発揮します。

特に見るところは

用語。

交通事故の処理。

交差点における通行方法。

駐車禁止の場所

最高速度違反

運転者の遵守事項

徐行、一時停止

信号機の意味

追い越し

合図

です。



過去問の攻略法は

繰り返すことです。

各自、工夫をして覚えるしかありません。

ギリギリまで繰り返すことです。

受講生は寺子屋塾式暗記法をもう一度おさらいしてください。

必ず、本番では記憶法が力を発揮します。

最後まで諦めない人が合格できます。


何度も繰り返して言います。

頑張って、諦めるな。

最後まで諦めずに続けましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試験まで後2日。

ラストスパートに入っていると思います。

まだまだ間に合います。

最後まで決してあきらめてはいけません。

十分に勉強ができてない人も1問の正解にこだわりましょう。

1問に泣いた人がたくさんいます。

ケアレスミスはあって当たり前です。

とちっても18問正解を目指しましょう。

今回はマークシートでの解答の落とし穴についてお話します。

18問正解していたにもかかわらず不合格になる人が残念ながら必ずいます。

それは、マークシートに記入ミスです。

一番多いのは記入のズレです。

途中から問題と回答記入欄が一つずれていた。

マークシートでの見直しはとても難しいと思って正解。

必ず、問題用紙に正解を記入しておくことです。

いきなりマークシートに記入したら絶対にダメです。

見直す作業が大変になります。

だから、非常にもったいないミスを犯します。

次に多いのが、問われている答えとマークシートへの記入が違った。

これは、問題文が「正しいもの一つを選ぶ」なのに⇒「間違ったもの一つ」と勘違いして記入。

一つを選ぶところを二つを選んでマークシートを塗りつぶした。

実際にマークシートの解答用紙で練習をしておいてください。

正解できたのに!

そんなのはほんとにもったいないです。

マークシートでの練習は

模擬試験問題の解答用紙を必ず活用してください。

また、過去問の攻略法は

繰り返すことです。

各自、工夫をして覚えるしかありません。

ギリギリまで繰り返すことです。

受講生は寺子屋塾式暗記法をもう一度おさらいしてください。

必ず、本番では記憶法が力を発揮します。

最後まで諦めない人が合格できます。


何度も繰り返して言います。

頑張って、諦めるな。

最後まで諦めずに続けましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試験までもうわずかです。

ラストスパートに入っていると思います。

まだ間に合います。

まだまだ間に合います、最後まで決してあきらめないで粘りましょう。

1問に泣いた人がたくさんいます。

ケアレスミスはあって当たり前です。

とちっても18問正解を目指しましょう。

勉強の重点を過去問と重要事項の暗記に移りましょう。

覚えるべき重要条文です。

26年度1回試験で出題された設問文

穴埋め問題です。

一般貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の( A )、荷役その他の事業用自動車の運転に附帯する作業の状況等に応じて必要となる員数の運転者及びその他の従業員の確保、事業用自動車の運転者がその( B )又は睡眠のために利用することができる施設の整備、事業用自動車の運転者の適切な( C )の設定その他事業用自動車の運転者の( D )するために必要な措置を講じなければならない。

下の項目から選びます。

1.勤務時間及び乗務時間  2.数   3.休息  4.拘束時間及び労働時間 5.安全運転を確保     6.休憩  7.種類  8.過労運転を防止

答えは
A:2、B:6、C:1、D:8

一般貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の( 数 )、荷役その他の事業用自動車の運転に附帯する作業の状況等に応じて必要となる員数の運転者及びその他の従業員の確保、事業用自動車の運転者がその( 休憩 )又は睡眠のために利用することができる施設の整備、事業用自動車の運転者の適切な( 勤務時間及び乗務時間 )の設定その他事業用自動車の運転者の( 過労運転を防止 )するために必要な措置を講じなければならない。

こうなります。

過去問の攻略法は

一番確実な方法は繰り返すことです。

各自、工夫をして覚えるしかありません。



受講生は寺子屋塾式暗記法をもう一度おさらいしてください。

最後まで諦めない人が合格できます。


何度も繰り返して言います。

頑張って、諦めるな。

最後まで諦めずに続けましょう。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試験まであと1週間を切りました。
自分を信じて、ラストスパートです。

最後まで諦めてはいけません!


1問に泣かないために、直前までやりぬくことがチャンスにつながります。


運行管理者の試験は競争試験ではありません。

定員100人とか限定した人数しか合格できない試験ではありません。

60点がとれていれば(各分野1問正解、5分野だけは2問正解するしばりがありますが)全員が合格できます。

他の受験生の試験の出来とか、試験問題の難易度とか関係ありません。

自分が基準点が取れれば合格できます。

それも、30問中18問正解で合格できます。

ということは30問中12問も間違っても合格できるということです。

だから、試験の前日まで必ず合格できると信じて頑張る。

ほとんどの人はまあいいや次回頑張ろうと今ぐらいから思ってしまう。

前日だろうが、1時間まで、最後に読んだところが出題されれば1問正解が増えます。

こんなことが本当に起きる試験なんです。

今はもう合格することだけ考えましょう。

そうすれば不思議に合格するための方法が見えてきます。

落ちてもいいやと思った瞬間から、不思議に不合格になるためのことをやり始めます。

受験生が3万人いれば3分の1の人は1問正解するかどうかで合否が決まる合否の線上にいます。

30問正解しても18問ギリギリでも、合格という結果は同じです。


過去問の攻略法は

一番確実な方法は繰り返すことです。

各自、工夫をして覚えるしかありません。



受講生には寺子屋塾式暗記法があります。

充分に役立ててください。

最後まで諦めない人が合格できます。




このブログは続けて読むことによって見えてくることがあります。

最後まで諦めずに毎日続けましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試験まであと1週間を切りました。
自分を信じて、ラストスパートです。

最後まで諦めてはいけません!


1問に泣かないために、直前までやりぬくことがチャンスにつながります。


試験場で失敗しないために
試験場で実力を100%発揮するための
リスク管理が必要です。
今日のセミナーで「事故の報告と速報」についての質問がありましたのでお答えします。

それは、報告、速報の両方に「10台以上の自動車の衝突又は接触を生じたもの」が記載されているがどうしてという質問でした。

条文を見てみます。

(この省令の適用)
第一条  自動車の事故に関する報告については、この省令の定めるところによる。
(定義)
第二条  この省令で「事故」とは、次の各号のいずれかに該当する自動車の事故をいう。
一  自動車が転覆し、転落し、火災(積載物品の火災を含む。以下同じ。)を起こし、又は鉄道車両(軌道車両を含む。以下同じ。)と衝突し、若しくは接触したもの
二  十台以上の自動車の衝突又は接触を生じたもの
三  死者又は重傷者(自動車損害賠償保障法施行令 (昭和三十年政令第二百八十六号)第五条第二号 又は第三号 に掲げる傷害を受けた者をいう。以下同じ。)を生じたもの
四  十人以上の負傷者を生じたもの
五  自動車に積載された次に掲げるものの全部若しくは一部が飛散し、又は漏えいしたもの
イ 消防法 (昭和二十三年法律第百八十六号)第二条第七項 に規定する危険物
ロ 火薬類取締法 (昭和二十五年法律第百四十九号)第二条第一項 に規定する火薬類
ハ 高圧ガス保安法 (昭和二十六年法律第二百四号)第二条 に規定する高圧ガス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

報告についてはここで規定されてますので必要あります。

では速報はどう規定されているのでしょうか。

条文を見てみます。

(速報)
第四条  事業者等は、その使用する自動車(自家用自動車(自家用有償旅客運送の用に供するものを除く。)にあつては、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車を除く。)について、次の各号のいずれかに該当する事故があつたとき又は国土交通大臣の指示があつたときは、前条第一項の規定によるほか、電話、ファクシミリ装置その他適当な方法により、二十四時間以内においてできる限り速やかに、その事故の概要を運輸監理部長又は運輸支局長に速報しなければならない。
一  第二条第一号に該当する事故(旅客自動車運送事業者及び自家用有償旅客運送者(以下「旅客自動車運送事業者等」という。)が使用する自動車が引き起こしたものに限る。)
二  第二条第三号に該当する事故であつて次に掲げるもの
イ 二人(旅客自動車運送事業者等が使用する自動車が引き起こした事故にあつては、一人)以上の死者を生じたもの
ロ 五人以上の重傷者を生じたもの
ハ 旅客に一人以上の重傷者を生じたもの
三  第二条第四号に該当する事故

「第4条1項の三  第二条第四号に該当する事故」

は何か。

定義の条文を見てみると「十人以上の負傷者を生じたもの」ですから「速報」が必要です。

また、第4条1項に「
前条第一項の規定によるほか、電話、ファクシミリ装置その他適当な方法により、二十四時間以内においてできる限り速やかに、その事故の概要を運輸監理部長又は運輸支局長に速報しなければならない。」

また「前条第1項の規定によるほか」と記載されているので「速報」「報告」の両方が必要になるということです。


過去問の攻略法は

一番確実な方法は繰り返すことです。

各自、工夫をして覚えるしかありません。



受講生には寺子屋塾式暗記法があります。

充分に役立ててください。

最後まで諦めない人が合格できます。




このブログは続けて読むことによって見えてくることがあります。

毎日続けましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試験まであと1週間です。
自分を信じて、ラストスパートです。

最後まで諦めてはいけません!


1問に泣かないために、直前までやりぬくことがチャンスにつながります。


試験場で失敗しないために
試験場で実力を100%発揮するための
リスク管理が必要です。

いま確認しておきましょう。

過去ブログで紹介した動画です。

参考にどうぞ。

こちらをご覧ください。

過去問の攻略法は

一番確実な方法は繰り返すことです。

各自、工夫をして覚えるしかありません。



受講生には寺子屋塾式暗記法があります。

充分に役立ててください。

最後まで諦めない人が合格できます。




このブログは続けて読むことによって見えてくることがあります。

毎日続けましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試験まで後8日

貨物自動車運送事業法

点呼について

24年1回試験

ブランクを埋める問題。

貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の乗務を開始しようとする運転者に対し、対面(運行上やむを得ない場合は電話その他の方法)により点呼を行い、次に掲げる事項について( A )を求め、及び確認を行い、並びに事業用自動車の運行の安全を確保するために( B )をしなければならない。ただし、輸送の安全の確保に関する取組が優良であると認められる営業所において、貨物自動車運送事業者が点呼を行う場合にあっては、当該貨物自動車運送事業者は、対面による点呼と同等の効果を有するものとして国土交通大臣が定めた機器による点呼を行うことができる。
 一 ( C )の有無 
 二 ( D )その他の理由により安全な運転をすることができないおそれの有無 
 三 道路運送車両法第47条の2第1項及び第2項の規定による点検の実施又はその確認


1 A:報告 B:適切な助言 C:酒気帯び  D:疾病、疲労 
2 A:意見 B:必要な指示 C:疾病、疲労 D:酒気帯び 
3 A:意見 B:適切な助言 C:疾病、疲労 D:酒気帯び 
4 A:報告 B:必要な指示 C:酒気帯び  D:疾病、疲労

 答えは

貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の乗務を開始しようとする運転者に対し、対面(運行上やむを得ない場合は電話その他の方法)により点呼を行い、次に掲げる事項について(報告)を求め、及び確認を行い、並びに事業用自動車の運行の安全を確保するために(必要な指示)をしなければならない。ただし、輸送の安全の確保に関する取組が優良であると認められる営業所において、貨物自動車運送事業者が点呼を行う場合にあっては、当該貨物自動車運送事業者は、対面による点呼と同等の効果を有するものとして国土交通大臣が定めた機器による点呼を行うことができる。
 一 (酒気帯び)の有無
 二 (疾病、疲労)その他の理由により安全な運転をすることができないおそれの有無
 三 道路運送車両法第47条の2第1項及び第2項の規定による点検の実施又はその確認


過去問の攻略法は

一番確実な方法は繰り返すことです。

各自、工夫をして覚えるしかありません。



受講生には寺子屋塾式暗記法があります。

充分に役立ててください。

最後まで諦めない人が合格できます。




このブログは続けて読むことによって見えてくることがあります。

毎日続けましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試験まで後9日

貨物自動車運送事業法

点呼について

24年2回試験


1 乗務前の点呼は、対面(運行上やむを得ない場合は電話その他の方法)により行い、①酒気帯びの有無、②疾病、疲労その他の理由により安全な運転をすることができないおそれの有無、③道路運送車両法の規定による点検の実施又はその確認について報告を求め、及び確認を行い、並びに事業用自動車の運行の安全を確保するために必要な指示をしなければならない。

2 乗務後の点呼は、対面(運行上やむを得ない場合は電話その他の方法)により行い、当該乗務に係る事業用自動車、道路及び運行の状況の報告を求めるとともに酒気帯びの有無について確認を行わなければならない。ただし、酒気帯びの有無が目視等で確実に確認できる場合にはアルコール検知器を用いての確認は省略することができる。

3 乗務前又は乗務後の点呼のいずれも対面で行うことができない乗務をさせる場合は、当該点呼のほかに、当該乗務の途中において少なくとも1回電話その他の方法により点呼を行い、所定の事項について報告を求め、及び確認を行い、並びに事業用自動車の運行の安全を確保するために必要な指示をしなければならない。

4 点呼を行い、報告を求め、確認を行い及び指示をしたときは、運転者ごとに点呼を行った旨、報告、確認及び指示の内容並びに所定の事項を記録し、かつ、その記録を1年間保存しなければならない。


答えは

1.正しい

2.誤り 酒気帯びの有無について確認を行う場合には、運転者の状態を目視等で確認するほか、当該運転者の属する営業所に備えられたアルコール検知器を用いて行わなければならない。

3.正しい

4.正しい

 

過去問の攻略法は

一番確実な方法は繰り返すことです。

各自、工夫をして覚えるしかありません。



受講生には寺子屋塾式暗記法があります。

充分に役立ててください。

最後まで諦めない人が合格できます。




このブログは続けて読むことによって見えてくることがあります。

毎日続けましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試験まで後10日です。

運行管理者試験センターより大事なメッセージが有ります。

内容は

平成 28 年度第 1 回運行管理者試験における試験時間内の途中退席の禁止及び監視カメラの設置等について

 7 月 20 日、「平成 27 年度第 2 回運行管理者試験における不正行為(カンニング)
について」公表されました。


試験センターは、全国において厳正かつ公平な試験の実施を確保するため、公表資料にある再発防止対策を 8 月 28 日(日)に予定している平成 28 年度第 1 回運行管理者試験から実施します。

試験当日の試験会場(試験教室)においては、新たな措置を講じるとのことです。


こちらをご覧ください。


過去問の攻略法は

一番確実な方法は繰り返すことです。

各自、工夫をして覚えるしかありません。



受講生には寺子屋塾式暗記法があります。

充分に役立ててください。

最後まで諦めない人が合格できます。




このブログは続けて読むことによって見えてくることがあります。

毎日続けましょう。


寺子屋塾式合格法について知りたい方はホームページを御覧ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。