寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手だけど試験に一発合格

1回以上不合格になった人が対象です。実務担当者が運行管理者試験に2回目で必ず合格するため効率的に合格する合格法。

トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。

現役運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。

何度も挑戦している試験に苦戦している人のためのブログです。

寺子屋塾式合格法は楽して一発合格するための合格法です。


寺子屋式合格法の特徴は

1.過去問の主体の学習法

2.暗記法

です。

この2つが寺子屋塾式合格法の両輪です。

この2つで、

あなたは驚くほど簡単に資格を手に入れることができます。

このブログでは試験情報を得ることができます。

試験の特徴を知ることができます。

過去問を中心に解答のコツがわかります。

また、寺子屋塾では有料の講座もあります。

興味のある方はホームページを御覧ください。

http://terakoyaunkan.com/


















NEW !
テーマ:

問題文を見てみましょう。

 

問 9 自動車の登録等に関する次の記述のうち、誤っているものを 1 つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。

 

設問文を見てみましょう。

 

3.臨時運行の許可を受けた自動車を運行の用に供する場合には、臨時運行許可番号標及びこれに記載された番号を見やすいように表示し、かつ、臨時運行許可証を備え付けなければならない。また、当該臨時運行許可証の有効期間が満了したときは、 その日から15 日以内に、当該臨時運行許可証及び臨時運行許可番号標を行政庁に返納しなければならない。

 

答えは。

 

3.誤り。

 

臨時運行の許可の有効期間が満了したときは、その日から 5 日以内に、臨時運行許可証及び臨時運行許可番号標を行政庁に返納しなければならない(車両法 35 条 6 項)。

 

5 日以内に、臨時運行許可証及び臨時運行許可番号標を行政庁に返納」

です。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問題文を見てみましょう。

 

問 9 自動車の登録等に関する次の記述のうち、誤っているものを 1 つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。

 

設問文を見てみましょう。

 

2.自動車の使用者は、自動車検査証の記載事項について変更があったときは、法令で定める場合を除き、その事由があった日から 15 日以内に、当該事項の変更について、国土交通大臣が行う自動車検査証の記入を受けなければならない。

 

答えは。

 

2.正しい。(車両法 67 条 1 項)

 

15日以内です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2.道路運送車両法関係

 

問9

 

問題文を見てみましょう。

 

問 9 自動車の登録等に関する次の記述のうち、誤っているものを 1 つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。

 

設問文を見てみましょう。

 

1.登録自動車の所有者の住所に変更があったときは、所有者は、その事由があった日から 15 日以内に、国土交通大臣の行う変更登録の申請をしなければならない。

 

答えは。

 

1.正しい。(車両法 12 条 1 項、36 条)

 

参考に

登録の種類を説明。

 

ウィキペディアから引用しておきます。

 

新規登録

新車または輸入車の未登録や中古車の一時抹消状態から、新たに自動車を使用する際に受ける登録。登録番号の指定を受ける。

 

変更登録
自動車登録番号の変更や、婚姻による氏名の変更、転居等による住所の変更など所有者(使用者)の氏名・住所の変更と使用の本拠の位置を変更する登録。

 

移転登録
いわゆる名義変更で、所有者の変更(所有権の移転)を行う登録。
一時抹消されている車両の所有権の移転は所有者変更記録となり、一時抹消中所有者として備考欄に記載される。

 

抹消登録
 次の通りあります。
 一時抹消
一時的に車両の使用を中断する際や、車検を切った状態で車両を売却する際等に行う。新たに登録(中古新規検査・登録)を受け、再度使用できる。
 永久抹消
失滅、解体等で当該自動車を再使用しない登録。自動車リサイクル法に基づく解体処理(マニフェスト発行)が終了していないと永久抹消登録できない。検査の有効期間が残存していた場合、残存期間分の自動車重量税還付を受けることができる。
 輸出抹消
当該自動車を中古車として輸出する際に行う登録。登録識別情報等通知書には、「輸出予定届出済み」表記がなされる。原則として日本国内で再登録できないが、輸出届出の取り下げを行い、登録識別情報等通知書の交付を受ければ、再度国内で新規登録できる。
 職権抹消
検査対象自動車で、有効期限切れから3年の間に抹消登録が行われないと、登録地の管轄運輸支局長の職権によって所有者に確認の上で永久抹消扱いとされる登録。職権抹消が行われた旨は運輸支局に公示される。職権抹消が行われた自動車でも、通常の継続検査や一時抹消の手続きを行えば登録を回復することができる。

 

説明の中で

移転登録
いわゆる名義変更で、所有者の変更(所有権の移転)を行う登録。
一時抹消されている車両の所有権の移転は所有者変更記録となり、一時抹消中所有者として備考欄に記載される。

 

特に「所有者の変更」を「移転登記」というところが間違いやすいです。

注意しましょう。

新規、変更、移転、末梢の意味の違いは出題される可能性大です。

必ず覚えておきましょう。

 

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問題文を見てみましょう。

 

問8 一般貨物自動車運送事業者(以下「事業者」という。)の事業用自動車の運行に係る記録等に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該なさい。


設問文を見てみましょう。

 

4.事業者は、国土交通大臣が告示で定めるところにより、当該貨物自動車運送事業に係る主な道路の状況その他の事業用自動車の運行に関する状況、その状況の下において事業用自動車の運行の安全を確保するために必要な運転の技術及び法令に基 づき自動車の運転に関して遵守すべき事項について、運転者に対する適切な指導及 び監督をしなければならない。この場合においては、その日時、場所及び内容並びに指導及び監督を行った者及び受けた者を記録し、かつ、その記録を営業所において 3 年間保存しなければならない。

 

答えは。

 

4.正しい。(安全規則 10 条 1 項)

 

指導及び監督の記録は人事に関連している事項なので保存期間は3年間です。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問題文を見てみましょう。

 

問8 一般貨物自動車運送事業者(以下「事業者」という。)の事業用自動車の運行に係る記録等に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該なさい。

設問文を見てみましょう。

 

3.事業者は、運転者が転任、退職その他の理由により運転者でなくなった場合には、直ちに、当該運転者に係る法令に基づき作成した運転者台帳運転者でなくなった年月日及び理由を記載し、これを 3 年間保存しなければならない。

 

答えは。

 

3.正しい。(安全規則 9 条の 5 第 2 項)

 

人事の記録の保存期間は3年間と覚えます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問題文を見てみましょう。

 

問8 一般貨物自動車運送事業者(以下「事業者」という。)の事業用自動車の運行に係る記録等に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該なさい。

設問文を見てみましょう。

 

2.事業者は、法令の規定により運行指示書を作成した場合には、当該運行指示書を、運行を計画した日から 1 年間保存しなければならない。

 

答えは。

 

2.誤り。

 

運行指示書及びその写しは、運行の終了の日から 1 年間保存しなければならない(安全規則 9 条の 3 第 4 項)。

 

期限の起点もたびたび出題されてます。

 

また、運行指示書のように日々作成するものの保存期間は1年です。

 

保存期間は3年と1年を覚えておけばいいでしょう。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問8

 

問題文を見てみましょう。

 

問8 一般貨物自動車運送事業者(以下「事業者」という。)の事業用自動車の運行に係る記録等に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該なさい。

設問文を見てみましょう。

 

1.事業者は、車両総重量が 8 トン以上又は最大積載量が 5 トン以上の普通自動車である事業用自動車に運転者を乗務させた場合にあっては、当該乗務を行った運転者ごとに貨物の積載状況を「乗務等の記録」に記録させ、かつ、その記録を 1 年間保存しなければならない。

 

答えは。

 

1.正しい。(安全規則 8 条 1 項 6 号)

 

注意するポイントは「車両総重量が 8 トン以上又は最大積載量が 5 トン以上の普通自動車」、「貨物の積載状況」、「 1 年間」です。

 

この3点、今覚えましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問題文を見てみましょう。

 

問 7    一般貨物自動車運送事業者(以下「事業者」という。)の事業用自動車の運行の 安全を確保するために、特定の運転者に対して行わなければならない国土交通省告示で定める特別な指導等に関する次の記述のうち、誤っているものを 1 つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。

 

設問文を見てみましょう。

 

4.事業者が行う事故惹起運転者に対する特別な措置については、やむを得ない事情がある場合及び外部の専門的機関における指導講習を受講する予定である場合を除き、当該交通事故を引き起こした後、再度事業用自動車に乗務を開始した後 1 ヵ月以内に実施する。

 

答えは。

 

4.誤り。

 

事故惹起運転者に対する特別な指導については、やむを得ない事情がある場合及び外部の専門的機関における指導講習を受講する予定である場合を除き、当該交通事故を引き起こした後再度トラックに乗務する前に実施する(指導及び監督の指針第 2 章 3)。

当該交通事故を引き起こした後再度トラックに乗務する前に実施する。

 

当該交通事故を引き起こした後再度トラックに乗務する前に実施する。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問題文を見てみましょう。

 

問 7    一般貨物自動車運送事業者(以下「事業者」という。)の事業用自動車の運行の 安全を確保するために、特定の運転者に対して行わなければならない国土交通省告示で定める特別な指導等に関する次の記述のうち、誤っているものを 1 つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。

 

設問文を見てみましょう。

 

3.事業者は、法令に基づき事業用自動車の運転者として常時選任するために新たに雇い入れた場合には、当該運転者について、自動車安全運転センター法に規定する自動車安全運転センターが交付する無事故・無違反証明書又は運転記録証明書等により、 雇い入れる前の事故歴を把握し、事故惹起運転者に該当するか否かを確認する。


答えは。

 

3.正しい。(指導及び監督の指針第 2 章 5)

 

運転者として常時選任するために新たに雇い入れた場合には、当該運転者について、自動車安全運転センター法に規定する自動車安全運転センターが交付する無事故・無違反証明書又は運転記録証明書等により、 雇い入れる前の事故歴を把握し、事故惹起運転者に該当するか否かを確認する。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

問題文を見てみましょう。

 

問 7    一般貨物自動車運送事業者(以下「事業者」という。)の事業用自動車の運行の 安全を確保するために、特定の運転者に対して行わなければならない国土交通省告示で定める特別な指導等に関する次の記述のうち、誤っているものを 1 つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。

 

設問文を見てみましょう。

 

2.特別な指導を要する事故惹起運転者とは、死者又は重傷者(法令で定めるもの。)を生じた交通事故を引き起こした運転者及び軽傷者(法令で定めるもの。)を生じた事故を引き起こし、かつ、当該事故前の 3 年間に交通事故を引き起こしたことがある運転者をいう。

 

答えは。

 

2.正しい。(指導及び監督の指針第 2 章 2)

 

 

 

昨日のブログでもアップしましたが、

 

事 故 惹 起 運 転 者 


初 任 運 転 者 


高 齢 運 転 者 

 

上記の3つをセットで覚えましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。