寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手だけど試験に一発合格

1回以上不合格になった人が対象です。実務担当者が運行管理者試験に2回目で必ず合格するため効率的に合格する合格法。

トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。

現役運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。

何度も挑戦している試験に苦戦している人のためのブログです。

寺子屋塾式合格法は楽して一発合格するための合格法です。


寺子屋式合格法の特徴は

1.過去問の主体の学習法

2.暗記法

です。

この2つが寺子屋塾式合格法の両輪です。

この2つで、

あなたは驚くほど簡単に資格を手に入れることができます。

このブログでは試験情報を得ることができます。

試験の特徴を知ることができます。

過去問を中心に解答のコツがわかります。

また、寺子屋塾では有料の講座もあります。

興味のある方はホームページを御覧ください。

http://terakoyaunkan.com/



















テーマ:

日常点検は最重要です。

 

道路車両法です。

何回も出題された問題です。

今、覚えてしまいましょう。

 

道路車両法、日常点検。

 

A-Dのブランクに1-8より選んで入れる問題。

 

 

自動車運送事業の用に供する自動車の( A )又はこれを運行する者は、1日1回、その運行の( B )において、国土交通省令で定める( C )により、灯火装置の点灯、( D )の作動その他の日常的に点検すべき事項について、目視等により自動車を点検しなければならない。

 

1.終了後  2.使用者     3.制動装置    4.技術上の基準 5.所有者  6.安全上の基準  7.動力伝達装置  8.開始前

 

 

答え

A-2 B-8 C-4 D-3

 

 

自動車運送事業の用に供する自動車の(使用者)又はこれを運行する者は、1日1回、その運行の(開始前)において、国土交通省令で定める(技術上の基準)により、灯火装置の点灯、(制動装置)の作動その他の日常的に点検すべき事項について、目視等により自動車を点検しなければならない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎回、必ず質問される点。

 

中間点呼がわかりづらいようなので再度確認します。

 

中間点呼とは 

 

業務の開始地及び終了地がいずれも営業所以外の地であるため、乗務前、乗務後のい ずれも対面にて点呼を行うことができない場合(2泊3日以上の運行の場合)は、乗務前、 乗務後のほか、乗務の途中に少なくとも 1 回、電話その他の方法により点呼を行うこと が義務付けられています。
 

続きはこちらから



何回も見て、イメージを膨らませましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回のブログについてのメール沢山いただきました。

 

踏切内の対応についての質問が多かったので過去問を例に説明します。

 

過去のブログですが参考になります。

 

こちらからご覧ください。

 

踏切内の立ち往生

 

どうでしょう。

 

そろそろ出題されそうです。

 

要注意です。

 

あと少し。

 

張り切っていきましょう。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、今日は緊急事態の対応についてお話します。

 

この問題は繰り返し出題されています。

 

一つ目は交通事故。

 

二つ目は踏切内で停車してしまった場合。

 

3つ目は大地震の対応。

 

この3つの問題は出題されたら必ず正解しなければなりません。

 

3つ目の

 

運転中に大地震に遭遇した時を解説します。
 

1.急ハンドル、急ブレーキを避けて出来るだけ安全な方法で道路の左側に停止させる。
2.停止後は、ラジオで地震情報や交通情報を聞き、その情報や周囲の状況に応じて行動する。
3.駐車はできるだけ道路外の場所において、避難する人や緊急車両の妨げにならない場所にする。
4.車をおいて避難するときは、できるだけ道路外の場所に移動しておく。

道路上に車をおいて避難するときの注意点
1.道路の左側に寄せて駐車
2.エンジンを止める
3.エンジンキーを付けたままにする(通行の妨げになった時に移動させるため)
4.窓をしっかり閉める
5.貴重品は車内に残さない
6.ドアをロックしない
7.連絡先が分るようにメモなどを残しておく

実務上の知識及び能力は最低2問正解しないと合格できません。

出題されてもあわてないようにしましょう。

あわせて、「交通事故の対応」と「踏切内で車両が止まってしまった場合の対応」もおさえておきましょう。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
運行管理者試験の5分野の中で点数の取りやすい分野は

15問、50%を占めている道路車両法4問、道路交通法5問、労働基準法6問。

反対に正解しにくく点数の取りにくい分野は

15問、50%を占めている貨物自動車運送事業法8問と実務上の知識及び能力7問。
 
ここまではいいですね。
 
それでは、もう少し詳しい説明していきましょう。
 
4種類の法律の違い。
 
運行管理者にとってこれらの法律はどういう位置づけか。
 
まず、運行管理者の業務を規定しているのは貨物自動車運送事業法です。
 
運行管理者の存在意義や実際の業務を行う上での事項を規定しています。
 
そして、その他の法律。
 
道路車両法、道路交通法、労働基準法の3つ。
 
これらの法律は運行管理者のことは何も触れていません。
 
運行管理者以外にもこれらの法律を理解して、法律の規定に基づいて仕事をしている人は大勢います。
 
もうわかりましたよね。
 
そうです。
 
そのとおりです。
 
これらの3つの法律は運行管理者が業務を行う上で必ず知っていなければならない法律です。
 
仕事をする上で必ず理解しておいてください。
 
という法律です。
 
ですから、貨物自動車運送事業法に比べて浅く広く知っていてほしい法律なんです。
 
4つの法律の中で貨物自動車運送事業法だけが他の法律に比べてより運行管理者に深い知識と理解が求められているのです。
 
最後に「実務上の知識及び能力」はこれらの法律とは全く違う種類の分野です。
 
みなさんが実際に運行管理者になったら、法律の運用上迷う問題や実際の安全な運行にすぐに役に立つ実践的具体的な知識や能力を問う分野です。
 
これが貨物自動車運送事業法と実務上の知識及び能力が他の法律より難しい理由です。
 
どうでしょう。
 
5つの分野の関係性がなんとなくおわかりになったでしょうか。
 
これからは、これを頭に入れて勉強を進めてください。
 
 
 
 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回は5分野の試験問題、点数の取りやすい分野と取りにくい分野があるのを理解してますか。

もう一度おさらいしましょう。

出題問題の総数は30問。

試験センターが発表している分野毎の出題数

貨物自動車運送事業法 8問

道路車両法 4問

道路交通法 5問

労働基準法 6問

その他必要な実務上の知識及び能力 7問

この中で点数の取りやすい分野は

15問、50%を占めている道路車両法4問、道路交通法5問、労働基準法6問です。

なぜならば、正しいもの間違ったものを選ぶにも、ほとんど迷う問題がありません。

過去問をやっていればかなりの高得点が目指せます。

反対に正解のしにくい分野は

こちらも、15問、50%を占めている貨物自動車運送事業法8問と実務上の知識及び能力7問です。

貨物自動車運送事業法は運行管理者の業務を規定しているので、かなり深い知識が求められているし、実務上の知識及び能力は実際の法律の運用と実務との迷う問題が多く、得点を簡単には取らせてくれません。

ということを理解していれば、試験に易しく合格する方法が決まってきます。



もうおわかりですよね。

次回はこの点を詳しく説明していきます。




 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試験は3月5日です。
15日、試験までの日数です。

今回のテーマは試験で必ず合格するコツ。


今回は試験の問題文の読み違いのミス。
 
肝心の試験問題に解答する以前のお話です。
 
問題文がどんな解答を求めているかを誤解して不正解。
 
例えば、正しいものを選ぶのか。
 
間違ったものを選ぶのか。
 
また、一つ選ぶのか、二つ選ぶのか。すべてを選ぶのか。
 
問題文を早とちりして間違った解答をしてしまった人がこれまた、たくさんいます。
 
この1問の正解、不正解が合格、不合格を決めてしまうことだって否定できません。
 
過去問をやる時には問題文を正確に読みこなすことが大事です。
 
せっかく答えがわかっても、問題文を早とちりして不正解にならないようにくれぐれも慎重に。

 

 
 
 
寺子屋塾合格法は
 
過去問だけやって、目標は21問正解で合格です。
 
一、二問、とちっても、うっかりしても、結果18問以上正解して合格する。
 
30問正解することはないのですから。
 
新しい問題が出題されても、正解しなくていいです。
 
複雑な計算問題、応用問題はできなくていいです。
 
でも、過去問は出題されたら必ず正解する。
 
試験の出題範囲は過去問で出題された範囲で90%カバーできます
 
30問のうち、18問正解ですが、12問は間違っていいんです。
 
以上が、寺子屋塾式合格法です。
 
 
 
 
過去問だけをひたすら暗記法で覚える。
 
これが寺子屋塾式合格の方法です。
 
過去問と暗記法で合格しましょう。
 
それでは頑張っていきましょう。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試験は3月5日です。
16日、試験までの日数です。

今回のテーマは試験で必ず合格するコツ。


前回、お話した
 
「過去問が試験範囲だ!」
 
について質問が多かったので少し説明をします。
 
実はこの試験は5つの分野を試験範囲としているだけで詳しい出題範囲の説明はどこにもありません。
 
例えば「貨物自動車運送事業法」と書いてありますが「事業法のどこ」が出題されるのか説明されていません。
 
「車両法」、「交通法」も同じです。
 
そこで「過去問」が重要となってきます。
 
というか
 
「過去問」でしか出題問題を予想することはできない。
 
だから、「過去問」が重要なんです。
 
そして、過去問をやることが一番効果がある試験勉強なのです。
 
 
 
さて、前回の交通法で1問正解のしばりを回避する方法です。
 
どうすればいいか。
 
とても簡単な方法です。
 
それは、本屋で、(交通法のいちばんやさしい、イラストを使ったものがベター)を立ち読みすることです。
 
お金の余裕のある方は買ってください。
 
横断歩道、歩行者、駐車禁止、追い越し、言葉の定義など10分ぐらいでいいので試験までに何回か繰り返しましょう。
 
これが効果てきめんです。
 
とりあえず、交通法が全滅は間違いなく避けることができます。
 








 
メルマガで配信しますが、寺子屋塾を受講している方にお願いします。
 
試験勉強の現在の状況、苦労していること、わからないことをメールにてお知らせください。
 
これからの重要な時期、メールでの個別指導を実施します。
 
直前まで実施します。
 
メルマガでも配信しますが、忘れないようお願いします。
 
必ずお知らせください。
 
 
 
 
 
寺子屋塾合格法は
 
過去問だけやって、目標は21問正解で合格です。
 
一、二問、とちっても、うっかりしても、結果18問以上正解して合格する。
 
30問正解することはないのですから。
 
新しい問題が出題されても、正解しなくていいです。
 
複雑な計算問題、応用問題はできなくていいです。
 
でも、過去問は出題されたら必ず正解する。
 
試験の出題範囲は過去問で出題された範囲で90%カバーできます
 
30問のうち、18問正解ですが、12問は間違っていいんです。
 
以上が、寺子屋塾式合格法です。
 
 
 
 
過去問だけをひたすら暗記法で覚える。
 
これが寺子屋塾式合格の方法です。
 
過去問と暗記法で合格しましょう。
 
それでは頑張っていきましょう。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試験は3月5日です。
17日、試験までの日数です。

今回のテーマは試験で必ず合格する方法。


前回、
 
運行管理者試験は60点がとれていれば(各分野1問正解、5分野だけは2問正解するしばりがありますが)全員が合格できます。
 
反対に点数が取れなければ不合格です。

というお話をしました。
 
また、
 
自分が基準点さえ取れていれば合格できます。

それも、30問中18問正解で合格できます。

 
 
 
ところが、この試験には他にも合格するには条件があります。
 
それは、60点がとれていても(各分野1問正解、5分野だけは2問正解していなければ)全員が不合格です。
 
ということ。
 
不合格になった人の点数を教えてもらうと、なんともったいない点数かとため息が出ます。
 
なぜか。
 
それは、18問以上正解でも不合格になった人の話。
 
ひどい人は25問正解でも不合格です。
 
本当に厳しい話ですが、このしばりを突破できなければ本当に合格はできません。
 
救済処置はありません。
 
そのなかで、もっとも多いのは道路交通法で全滅で不合格の人です。
 
きっと油断しているんでしょうね。
 
少なくとも運転免許を持っていれば、まさか1問も正解できないことはないと。
 
あなたはこんなことは絶対に避けなければなりません。
 
シバリに引っかからないように。
 
では実際にどういう勉強をすればいいか。
 
どうすればいいか。
 
続きは明日お話します。
 
 
 
寺子屋塾式合格法は、過去問と暗記法です。
 
メルマガで配信しますが、寺子屋塾を受講している方にお願いします。
 
試験勉強の現在の状況、苦労していること、わからないことをメールにてお知らせください。
 
これからの重要な時期、メールでの個別指導を実施します。
 
直前まで実施します。
 
メルマガでも配信しますが、忘れないようお願いします。
 
必ずお知らせください。
 
 
 
 
 
寺子屋塾合格法は
 
過去問だけやって、目標は21問正解で合格です。
 
一、二問、とちっても、うっかりしても、結果18問以上正解して合格する。
 
30問正解することはないのですから。
 
新しい問題が出題されても、正解しなくていいです。
 
複雑な計算問題、応用問題はできなくていいです。
 
でも、過去問は出題されたら必ず正解する。
 
試験の出題範囲は過去問で出題された範囲で90%カバーできます
 
30問のうち、18問正解ですが、12問は間違っていいんです。
 
以上が、寺子屋塾式合格法です。
 
 
 
 
過去問だけをひたすら暗記法で覚える。
 
これが寺子屋塾式合格の方法です。
 
過去問と暗記法で合格しましょう。
 
それでは頑張っていきましょう。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回で28年1回試験問題解説は問30まで終了しました。
 
 
 
いかがでしたか。
 
試験の傾向が少し理解できたと思います。
 
試験は3月5日です。

18日、試験までの日数です。

今回のテーマは試験で必ず合格する方法。


運行管理者の試験は競争試験ではありません。

学校の入学試験のように、例えば定員100人とか限定した人数しか合格できない試験ではありません。
 
定員がある試験ではどんなに試験の点数が良くても101番は不合格です。
 
ところが運行管理者試験は60点がとれていれば(各分野1問正解、5分野だけは2問正解するしばりがありますが)全員が合格できます。
 
反対に点数が取れなければ不合格です。

他の受験生の試験の出来とか、試験問題が難しくても易しくても結果に関係ありません。

自分が基準点さえ取れていれば合格できます。

それも、30問中18問正解で合格できます。

ということは30問中12問も間違っても合格できるということです。

それから、寺子屋塾式合格法ではこれからは「過去問」だけをやります。
 
新しい問題、応用問題は正解できなくてもいい。
 
過去問だけやって、目標は21問正解で合格です。
 
一、二問とちっても18問正解する。
 
30問正解することはないのですから。
 
過去問だけをひたすら暗記する。
 
これが寺子屋塾式合格の方法です。
 
それとプラス気持ちの持ち方も重要です。
 
まず、試験の前日まで必ず合格できると信じて頑張る。

ほとんどの人はまあいいや次回頑張ろうと今ぐらいから思ってしまう。

こんな人は間違いなく落ちます。
 
前日だろうが、1時間まえだろうが、ねばる。
 
1時間前に見直したところから2,3問は必ず出ます。
 
それだけで正解が増えます。

こんなことが本当に起きる試験なんです。

今はもう合格することだけ考えましょう。

そうすれば不思議に合格するための方法が見えてきます。

落ちてもいいやと思った瞬間から、不思議に不合格になるためのことをやり始めます。

受験生が3万人いれば数千人は1問正解するか間違えるかで合否が決まる当落の線上にいます。

30問正解しても18問ギリギリでも、合格という結果は同じです。
 
 
それでは頑張っていきましょう。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。