みなさん、こんにちは!

ユニリース広島の初山です。

 

今日は「ナース服の歴史」についてちょっと語りたいと思います。

 

看護師の服装であるナースユニフォームは、

修道院のシスターが着ていた足首まであるドレスが起源です。

 

修道院のシスターが仕事の合間に病院で患者の世話をしたのが

始まりだと言われています。

当時の服装は、足首まである、チェニックというグレーの服を着て、

頭からベールをかぶるというスタイルでした。(映画でよく見かけるものです)

 

 

今のような本格的な看護師スタイルになったのは

有名な「フローレンス・ナイチンゲール」がきっかけで、

看護師の生みの親と言われています。

 

戦地に駆けつけ怪我をした人や病気になった人の世話をしました。

 

看護師の教育が本格的に始まると、

学生は明るいグレーのドレスに白いベルトで4年間勉強しました。

一人前になるとブルーのドレスとベルトを身につけ色で

経験値が判別できるようになりました。

 

 

現在のナース服は制菌加工や静電気防止加工、防臭加工などが

施されていて、昔に比べると、とても機能的になっています。

 

また、ナースのお仕事では患者さんのメンタル面での

ケアもとても大切ですので、視覚的にも優しいイメージのデザインが

多くなっています。

 

{E899B089-2607-4328-9FA2-35648294FF8E:01}

昔から基本的に白色が多かったのですが、

この白色は目が疲れやすいというこもあり、

最近では薄いピンクやグリーンなどのパステル系の色を

採用している病院も多いです。

 

 

子供が多い病院ではカラフルなエプロンをつけて

気持を和ませてたりしています。

 

AD