2010-10-07 10:44:42

インタ―ネットで世界を繋ぐ猛烈バイヤ―がNBで簡単金儲け

テーマ:ブログ

ここクリック

      ⇓

世界唯一の通販型ネットワーク企業の

顧客獲得ノウハウとは!!



こんにちは、今朝はいい天気です

秋晴れですね、おじさんここんとこ
体調不良で微熱続き、気温の変化で

体もだるくて、風邪気味かも


子供のころ良くミステリ―が好きで

特に江戸川乱歩の小説を読んでいました

今日はミステリ―の日だそうです。


10月7日 ミステリー記念日


1849年、ミステリー小説(推理小説)の

先駆者・エドガー・アラン・ポー
が亡くなりました。
 
1845年に発表された『モルグ街の殺人』が、
世界初の推理小説と言われています。



ここクリック

      ⇓

世界唯一の通販型ネットワーク企業の

顧客獲得ノウハウとは!!






サラリ―マンのハイテク金儲け術




エドガー・アラン・ポー

(Edgar Allan Poe、
1809年1月19日 - 1849年10月7日)は、
アメリカ合衆国ボストン市

生まれの小説家・詩人。


1841年に発表された小説
『モルグ街の殺人』には探偵の
C・オーギュスト・デュパンが登場し、
史上初の推理小説と評価されることが多く、
その後の推理小説の発展に寄与した。

また、ホラー小説の分野でも一時代を
代表する作家とみなされている。

さらに作品に科学的事実を取り入れる手法は
ジュール・ヴェルヌによって注目され、
近代SF発展の一因ともなった。

詩人としては、自らの詩を解説しながら
詩の構築を説いた『詩の原理』で、

フランスの詩人、ボードレール、
ステファヌ・マラルメなどの
象徴派の系譜に多大な影響を与えた。


日本の推理作家、江戸川乱歩の名前は、
エドガー・アラン・ポーをもじって

付けられたものである。




ここクリック

      ⇓

世界唯一の通販型ネットワーク企業の

顧客獲得ノウハウとは!!





サラリ―マンのハイテク金儲け術




生涯


エドガー・ポーはマサチューセッツ州ボストン市で
女優エリザ・ポーと俳優デービッド・ポーの
息子として1809年1月に産まれた。


母は再婚(やはり俳優の先夫チャールズ・
ホプキンスとは死別)だった。


兄弟は2歳年長の兄ウィリアムと
1歳下の妹ロザリーの2人。
両親は共にスコットランド系
アイルランド人であった。

ポーの両親はポーが3歳の時に相次いで亡くなり、
ポーはバージニア州リッチモンド市の富裕な


(ただし、本当に富裕になったのは
ジョン・アランの伯父であり同時に
かつての雇い主であったウィリアム・ゴールト

William Galt が1825年に死亡し、
その遺産を手にして以降のこと)商人ジョン・アラン
(スコットランド出身。1804年に帰化)の養子
(ただし、法的に正式なものではない)として
引き取られエドガー・アラン・ポーを名乗ることとなった。

養父が仕事でイギリスに渡った際、
ともに英国に渡った時期もあった。


イングランド・ロンドンの寄宿学校と、
バージニア州リッチモンドの学校に学んだ後に、
ポーはバージニア大学に入学したが、僅か一年で放校された。


1827年5月26日、ポーはエドガー・A・ペリーの名で

新兵として合衆国陸軍に入隊した。2年間の軍隊生活で
上級曹長まで昇級した後、除隊した。


ポーはウェスト・ポイントの合衆国陸軍士官学校への
入学を許可されたが、意図的な反抗により除籍された。


次いでポーは叔母である未亡人マリア・クレムと
従姉妹ヴァージニアと共に、メリーランド州
ボルチモア市に転居した。ポーは自活の
手段として創作を利用し、リッチモンドのトーマス・

W・ホワイトの創立した『南方文学新報』
(the Southern Literary Messenger)の
1835年12月号から編集長となり、1837年1月まで務めた。

この頃、ポーは周囲の猛反対を押し切って
幼いヴァージニアとリッチモンドで結婚した(1836年5月16日)。

ニューヨークでの実りのない15ヶ月の後に、

ポーはフィラデルフィアへ転居した。

到着から間を置かず『ナンタケット島出身の
アーサー・ゴードン・ピムの物語』が出版され、広く評価された。


1839年の夏、元役者のバートンが主宰する
『バートンズ・ジェントルマンズ・マガジン』
(Burton’s Gentleman’s Magazine)の共同編集者となる。

週給10ドルという薄給ながら、編集のみならず多数の記事や物語、

批評を発表し、南方文学新報で確立された
彼の辛辣な批評家としての名声を、
より一層強固なものとすると同時に、売上げに多大な貢献をした。


1839年には、短編集『グロテスクとアラベスクの物語』
Tales of the Grotesque and Arabesque が二分冊で出版された。


金銭的な成功こそ得られなかったものの、
この短編集はアメリカ文学史の道標となった。

だが、バートンが劇場設立に投資を始めたこと、黒人奴隷関連の
小説に関するポーの酷評を掲載禁止としたこと、

そしてポーが自らの雑誌発行の計画を知ったことなどから、
二人は衝突。


1841年、『バートンズ・ジェントルマンズ・マガジン』

の版権は売りに出され、

3500ドルで買い取ったグレアムが新たに作った雑誌
『グレアムズ・マガジン』(Graham’s Magazine)に、

月額50ドルで編集および執筆に参加する。

1842年1月に妻ヴァージニアが肺出血に見舞われた。

この出血は肺結核の最初の兆候であり、ヴァージニアは病臥し、
後死亡することになる。妻の病気による圧迫感から、
ポーは過度の飲酒を始めた。ポーはグレアム社を去り、
妻の看病や創作活動に時間を取れる公務員になろうと試みた。




ここクリック

      ⇓

世界唯一の通販型ネットワーク企業の

顧客獲得ノウハウとは!!







サラリ―マンのハイテク金儲け術





ポーはニューヨークに帰還、『ミラー』(Mirror)の編集に参加後、
『ブロードウェイ・ジャーナル』(Broadway Journal)の編集長を務め、
そのかたわら、短期間『イブニング・ ミラー』紙で活動した。


ここでポーは、ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローとの
公開論争に没頭するようになった。1845年1月29日、
イブニング・ミラー紙にポーの詩『大鴉』が公表され、絶賛を博した。


ブロードウェイ・ジャーナルは1846年に倒産した。
ポーはブロンクスにある一軒家に引っ越した。

この一軒家はグランド・コンコースと
キングスブリッジ通りの東南の角にあり、
現在でも一般に公開されている。1847年に、
ヴァージニアはこの一軒家で亡くなった。愛妻の死から、
より精神に不安を来たすようになったポーは、
詩人サラ・ヘレン・ホイットマンに求婚したが断られる。
ポーの飲酒癖と常軌を逸した行動が原因であったとされる。

しかし、サラの母が二人を引き離すために
介入したとする証拠も存在する。ポー自身の記述によれば、
彼はこの時期に阿片チンキの過剰服用による自殺を試みている。

その後、ポーはリッチモンドに帰郷し、
その頃には未亡人となっていた幼馴染の恋人
サラ・エルミラ・ロイスターとの関係を再開した。


1849年10月3日、ボルチモア市の路上で
重篤状態に陥っているところを発見されたポーは、
ワシントン大学病院へ搬送され、10月7日の朝に死亡した。

多くの資料は、ポーの最期の言葉は

“It's all over now; write Eddy is no more

.

(もう何もかも終わりだ、墓には「エディはもういない」と刻んでくれ)”
であったとしている。別の資料は、

“Lord, help my poor soul.
(主よ、哀れな魂をお救いください)”であったとしている。


ポーの死因については諸説あるが、最期を看取った
J・E・スノッドグラス医師は、過度の飲酒が直接の死因だと述べている。

また、1996年9月のAP通信の報道は、
メリーランド大学助教授の医師が発表した
「狂犬に噛まれたことによる恐水病」での死亡説を伝えている。



世界唯一の通販型ネットワーク企業で

成功者を多数輩出するために、

日本で数百万人の顧客を獲得した
さまざまな通販企業の顧客獲得ノウハウを研究し、

そのノウハウで
「資金をかけずに、売れて感謝されるしくみ」 作りに成功しました。




ここクリック

      ⇓

世界唯一の通販型ネットワーク企業の

顧客獲得ノウハウとは!!



































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「ネットワークビジネス初心者の救世主」佐野亮さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。