1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-06-22

神のお導き

テーマ:依頼
ココ最近、急に釣りにハマってしまいました。






いやスミマセンね釣り話ばかりで、、釣りブログじゃないんですけど(笑)

昨日はついに1人で海上に船で浮かんでいましたよ。

ホントは車を使いたかったんですが、土曜日は何かと用事で家族が車を使うんです。

なので電車でGOでした。

調べてみると現地までは2時間くらいかかるみたいで、しかもルートを調べると

自宅からはわざわざ反対方向に戻ってから乗り換えろと、、新宿に行け!と。

いや新宿苦手なんです。人がとても多いしビルに囲まれてるし、釣りに行くルートという

感じがしないんですよ。

それで自宅を4時30分くらいに出たんですが、5時すぎの新宿からの山手線は予想に反して

人がイパーイ!! ホームにも人が溢れてまして、あ~~~これは始発電車を待っていた

人々かと、、 所々から「俺まだ酔いが醒めないんだよね~~」とか聞こえてましたから。

そんな中で私は長靴に?麦わら帽子に?クーラーバッグと竿を持って完全に浮いてました(泣)

だからヤなんですよ、、新宿。





魚はですね、前回と違って釣れた釣れた ♪

40cmくらいあるサバも何匹か釣れて、これをボートから釣る時は横走りして迫力ありますよ~

ヘタして目を離していると一気に竿を持って行かれる、、なんていうレベルの引きをする魚です。

その日のボート店のブログを見てみると、他の方は鯛やスズキ(知ってます?)を釣り上げた人も

居て、皆さん結構レベルが高いんです。

ん~~~私も本格的に始動し始めるか? でもな~~真夏の炎天下や、真冬の寒風吹きすさぶ海上に

ボートで浮かぶ、、なんていう根性は無いからな~(笑)

それを皆さんやるんです。信じられん、、マジもんの釣りキチですよ。





まあそんな感じでここ数週釣りに行っている訳ですが、身体も少しずつ慣れてきたのか、

先週は、腰が===って言っていたのが、今日はそこまで酷くない!

疲労度が少なくなった! 体力も回復して朝もOK!(何が?)

いや~~趣味に没頭するっていいもんです。

もうね、こうなったら、スピ系から釣り系にジャンル移動?(笑)


え? 許されんって??

あ===== 分かってますって、昨日もですね夜にご相談者と さとこ は会話してましたよ。

その間、私は釣行後でも、炊事洗濯子供の世話と毎度家事にいそしんでますから~~

ここのところ看護師さんのご依頼も多いみたいで、最近その中でも、私が聞いた話が

なかなか面白かったので書いてみますね。


今日も今日とて、夕食の準備をしながらブログをシコシコ書いてますから(H?)

昨日釣ったお魚食べるぞ!と。

あ!そうだ、味噌汁も作らなきゃです。




という訳で少し夕食の仕上げ&食事で一時中断。

後半につづく。

で、満腹で眠くなって、zz、zzz、、   ハッ! もう朝じゃん!!


いやいや(笑)






ーーーーーーー






「最近は看護師さんのご相談が多いんだよね。女性が多い職場で徹夜もある激務だから、

 色々精神的に辛いのもあるのかな? と話してみると少し方向が違うんだよね。

 どちらかというと、職務に誇りは持っているけどどうしてこのような職業をやっているのか?

 そんなお悩みが多い」





看護師さんか~~ 

俺のいとこも看護師さんだけど、それはそれは激務って聞いているからな、、

生半可な体力じゃ勤まらないし、精神的にも相当に強くないと多くの患者さんを

救えないからマジで大変だと思うよ。





「以前にご相談頂いた方は20代の方で、そろそろ結婚を、、と考えているらしいんだけど、

 本来の看護師の仕事から、もっと人の心情に迫る仕事や活動をする事になって、何かに導かれて

 いるように物事が進んでいっているんだって。慣れた看護師の仕事をしながら仕事と家庭を両立

 する、、そんな本人の将来設計から遠ざかっているようで、何か有るのか? という

 ご相談だった」





何かに導かれていて結婚から遠ざかっている?

導かれる感じか、、その感覚って分かるよ。 

え~~と俺と さとこ はなぜスピリチュアルブログに居るのかな?

みたいな?(笑)





「まあね、私だってこうなるとは思ってもみなかったよ。まあそれはそれとして、よく、神のお導き

 何て言われる事あるじゃない? この方の場合も、産婦人科の看護師ではあるんだけど、病院内で

 DVとかレイプとかもっと看護の裏に隠された内情を救うみたいな考えの基に、そんな問題の

 ある方へのカウンセラー的な仕事をするようになったんだって。それも何か?勤務先の院長さん

 から夢だったかな?この方をその仕事に就かせなさいと言われたみたい」





ふ~~ん院長の夢のお告げ、、か。

でも素晴らしい病院だね。直接的な診療だけじゃなくて心のケアもするか、、

確かに産婦人科の患者さんにも事情が有る方も多そうだね。





「そこに引かれて看護師として、この病院に勤める事になったみたいだけど、まさか自分が、、

 という思いみたい。でね仕事とは別に行きつけの飲み屋さんだったかな? そこのママさんが

 少し視える方で、この方の背後にマリア様が居ると言われた事があるらしい。そこの飲み屋さん

 仲間で神社とかに行ったり、先祖供養や場を清めるボランティアみたいな活動もしていると。

 でも本人は結婚して家庭を築く、、という希望からも遠ざかっているようで悩んでいた」





ん~~ 結婚という本人の希望とは遠ざかって行っているという感じか、、

職場といい、飲み屋さん? 女性が集まる場所という感じがしなくもないけどね。





「それで視始めたんだけど、まずこの方に憑いていると言われたマリアの様な人は

 白いベールをかぶったシスターのような姿をした清い霊だったよ。人間ではなくて

 神ではあるんだけど、何て言うかな、、人に対して直接向かい合う存在。まあ日本でいえば

 地蔵のような、、

 例えが良いか分からないけど、例えば公務員と行っても総理大臣から役場の窓口まで

 色んな人がいるでしょ? 窓口の人には普通の人も会えるけど、総理大臣には会えない。

 そんな身近な存在の神だったね、この人に憑いているのは」





あ~~何となくその例えは分かる。

超高尚な霊を総理大臣とすると、普通の人は会えないけど役場の窓口の人には

会えるね。そうか~~普通の人が接するのは窓口レベルの神か。





「なぜこの霊が憑いたのか視てみたら、どうも古い教会から来ている。ご相談者に聞くと

 アメリカに看護留学した時に、確かに古い教会を訪ねた事があったらしい。どうもこの霊は

 戦争時にアメリカがアジア地域で民間の人にした悪事の謝罪がしたかったみたい。

 この教会は戦争に行った軍人が贖罪を行うために訪れていたみたいで、多くの人が民間人に

 行った悪事を懺悔していたみたいなんだよね。だからその話を聞いたこのシスターのような

 霊が、日本から来た看護師のご相談者に、この人なら何とかしてくれるかも、、と

 憑いたようなんだよ」





なるほど~~ そういう経緯で憑いて来たのか。

良く分かるよ。

看護師さんだし何とかしてくれるだろう、、というその霊の気持ちも分かるよ。





「ご相談者が勤めている院長の夢のお告げもこの神の仕業。それらの影響があって、この神の想いを

 具現化するべく、ご相談者は心のケアをする仕事やボランティアに従事するようになったみたい。

 でも本人の希望はあくまで結婚。この導きをそのまま受け入れるのが良いのか?と」





本人の希望とはズレている導きだと。

どうなの? それは従うべきだったの??





「結論から言うと、いくら導きでもそれを踏襲する必要は無い。だっていくら神と言えどあくまで

 この神の希望で他人だから。ご相談者とは全く関係のない過去の事を看護師だからと頼まれて

 自分の望む人生を変える必要は無いの。それが血のつながった先祖様だとまた違うけど、でも

 ご先祖様は自分の子孫を守る立場だし、死を避けるのが一番の目的。どちらかと言うと子孫を

 自由にさせているよね。そしてそこまで高尚な霊が普通の人を導くなんていうのは、

 ほとんど無いんだよ。現れもしないし。総理大臣が普通の人に国の政策なんて聞かないでしょ?

 それと同じ(笑)」





へ~~そういう物なんだ。

という事は導くという行為自体が無いのかな?





「現世で自分が一番影響を受けているのは前世の影響だね。前世の生き方や考え方が残っているから

 その時と似た様な状況を歩む事になる。その次が浮遊霊。特に夜なんかにマイナス思考が次々

 浮かんでしまう、、なんていうのは影響を受けているんだよ。くらい気持ちになりやすい、なぜか

 悲しい気持ちになる、ヘタすると死にたくなる、、そんな気持ち。それと前世と浮遊霊の仕業が

 混じっている場合もあるね。だいたいこれらに区別できる。だから今回のご相談者の方の場合は

 すごく特殊で、ただの霊ではなくて窓口の神の影響だったというのが珍しかったよ」





ふ~~ん、前世と浮遊霊が、現世での生き方に影響しているか、、

私はそんな事を思いながら次々に伝えられる さとこ の言葉を聞いていたのです。。






ーーーーーーー






神のお導き、、

そんな言葉を耳にする事があります。

でも さとこ曰く「そこまで高尚な霊が普通の人の前に現れ、しかも導く事はない」

との事でした。

そして現世での生き方は、前世と浮遊霊に影響を受けているのがほとんどであると。

前世はともかく、つまらない浮遊霊に影響を受けていると碌な事がありませんよね?

もし夜にマイナス思考が浮かんでしまう、、そんな方が読者の皆さんの中に

居らしたら注意して下さいね。




それを避けるにはどうすれば良いか? については以前のブログに書きましたから

見つけて下さい(他人任せ:笑)

ではでは










多くの皆様にご理解戴きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD
2014-05-25

お墓とお仏壇

テーマ:依頼
毎度! よっちゃんで~~す!!(だれ?)






さて、私いま1人です。H画像も見放題です(ちがう)


私以外の家族はみな映画を見に行ってから食事するってさ。

2、3日前に、さとこ が「あ~~~~映画みたいな==」とふと漏らしていたのが聞こえたん

ですが、大概それは前フリな訳で「確実に実行する」の決まり文句なんですね(笑)

詳細を聞くと某巨大遊園地系列のアニメ系とか。いや~~~私それ系苦手ですし、特に見たい

とも、、とかフニャフニャ言っていたら、「じゃあ子供と私で行く!」で、前述のごときなんです。

もちろん私の晩ご飯なんか用意されてませんよ?

ヘタに食事を作れてしまうから、自分で何とかしろ!の定説になっているらしいです。

なので、先に車で最寄り駅まで送った後、近所のスーパーで晩ご飯の材料の買い物。

だからブログを書きながら食事の準備をして、生き物の世話をして、部屋も片付けるという

相変わらずマルチな生活を送っているざます。





そうそう、生き物と言えば一昨日に一匹増えるハメになってしまいまして、、、

というのも毎朝子供を駅まで送ってやっているのですが、我が家の玄関に出るとどこからともなく

「ピ~~ピ~~」って雀のヒナの声がしていたんですよ。

隣の家の軒先かな? とか思っていたら、先日なんとそのヒナが我が家の玄関に落ちてた!!

最初に発見したのが、さとこ と一番下の娘だったのですが、ヒナをいえど驚いて

一生懸命逃げようとしていたらしいんです。

でも弱っていたみたいなので、とりあえず保護という形で家に入れたんですね。

丁度、先に子供が文鳥のヒナを飼っていたので不用になったヒナ用の入れ物もありましたし。

とりあえず近所の病院にどのようにしたら良いか? と聞いたところ、まずは糖水(さとう水)を

あげてから様子を見て、次に練り餌とかワームをあげると。

そして飛べる様になったら自然に帰してやるのが一番良いと。

まあ野生の生き物ですから、それもそうなのですが、落ちたヒナが助かる確率は動物病院でも

10羽に1羽という難しさらしいんですよ。

今は買って来た、生きたワームとか喜んで食べて一山越えたみたいですが、今後どうなるか

心配です。我が家に来たからには、必ず元気になって帰って欲しいので、、

そう、そんな訳でどんだけ生き物居るの?という動物王国みたいな家に本格的になってしまい

ました(笑)





さてとご飯を炊くか、、

明日も さとこ に子供の分と共に弁当を作ってもらうので、少し多めに、、と。

でね今日のご飯は牛肉を焼いただけにしようと思って。

ただの手抜きじゃないんです。まあレシピは手抜きなんですけど私には思い出の一品なんですよ。

私が幼い頃、今も私を守護してくれる母方の婆ちゃんが夕食に用意してくれたものなんです。

きっと牛肉なんて当時は高い物だったろうに、私の為だけにわざわざ買い物に行ってくれて

サッと塩と胡椒で焼いただけの物をソースで食べたんですけど、それがとても美味かった。

裸電球の小さな部屋にちゃぶ台があって、そこにお皿に盛られた肉とご飯、もしかしたらみそ汁も

あったかもしれませんが、もう何十年と経っているのに未だにその時の光景が、婆ちゃんの

ニコニコした顔と共に思い出されますね。

なので、私にとってのレクイエム料理なんですよ。





おっと感傷的になりつつありますが、やっぱ、さとチカと言えばパンツ一丁!

今年ももちろんお決まりの姿で日々家の中をうろついています。

今日も朝からその姿で食器を洗っていたら、さとこ から

「あの~~、お尻の割れ目が見えているんだけど、、勘弁してくれない?」

とか言われちゃいましたよ。

い==じゃん、い==じゃん暑いんだから~~~ とか言いながら

さとこ だって似た様なものじゃん、知ってる?? 今年のサラリーマン川柳の優秀賞だったかな?

「うちの妻 うしろ姿が ふなっしー」

きゃはは(笑) さとこ も似た様な、、、という所で、急に目の前が暗くなって星が飛びましてね。

さとこ からグーパンチを頭にお見舞いされたです。

いや~~食器を洗っていて後ろ姿を見せていたのが不覚、、 殺気をもっと感じ取れるように鍛えなきゃな。

まあサバイバルな関係なのですよ。





え? 何? ウニマリ(ポメ)??

ご飯? あ~~~そう。ご飯ねハイハイ。

え?? 何? ご飯をくれ? (雀のヒナの声)

あ~~ハイハイ。

自分のご飯を食べる前に一通り動物達にご飯をやらないとウルサイので、、

あ~~何か飼育係にもなっているな、、俺。

じゃあ、動物達のご飯タイムらしいので、少し中断しますね。


あ、今日のお話は「お墓とお仏壇」です。

これは以前に視させて頂いた方のご相談内容なんですが、目からうろこなんだな。

うろこ と言えば先週の釣りで日焼けしたせいか、腕の皮がムケルムケル♪

やた==非常食ゲットだぜ! と時々ペリッとむいては食べていますが(いやいや)



じゃあ後半に続く






ーーーーーーー






「この間の相原さん(仮名)の話は印象に残ったな~~~」





日々皆様からのご相談を受けている さとこ ですが、その都度色々と勉強になるようで

特に印象に残った事は、私に話してくれる事があります。

色々と さとこ の話を聞いていると、いままで漠然としていた霊の話も

徐々にハッキリしてくるようで、私も興味深いです。





「相原さんの地域では、昭和に入ってからも土葬がメインだったみたいなんだよ。珍しいよね。

 日本では火葬して納骨して、先祖代々の墓に入るみたいな習慣だけど、まだそういう風習が

 残っていた地域があるんだなって」





土葬? わ~~何か怖そうなイメージがあるんだけど、自分はその風習に触れていないから

かな、、なんか火の玉とか出て来そうで、、





「相原さんが最後にみたのは自分のお爺ちゃんの時だったようだけど、その地域ではそれが昔から

 ずっと続いている。本当に土に埋めて30cmくらいの角柱を建てるだけなんだって。そして木が

 朽ちると今度は石を積み上げる程度らしい。一部の人はその近くに骨を拾って今風の墓を

 建てたりする事もあるらしいけど、これはこれで骨を引き上げた、、という意味で以降は一切

 供養をしないで、草ぼうぼうで荒れ放題みたいなんだよ。だからまだ土葬のままの人の方が時々

 掃除やお供えをして面倒を見ているんだって。それに加えて仏壇を持っている人も少なくて、

 相原さんの場合は、今は旦那さんの家に居るんだけど、仏壇と言っても押し入れの一部を改造

 したような感じで、先祖代々ではなくて人数分のお供えがしてある、、そんな状況。お墓は?と

 旦那さんに聞いても、有るらしい、、という認識レベルだって。まあ世間的には信仰が無い

 地域に見えるよね。死んだら死んだままのようで。

 だから相原さんも、フトこれでいいのだろうか? どうすれば良いのでしょうか? と私に相談

 頂いた次第」





いや~~土葬しかり、仏壇しかり、何かご先祖様達をほったらかしにしている様に思えるけど、、

世間とは少しズレた感覚の地域なんだね、、ん~~~相原さんじゃないけど、これはマズイんじゃ

ないの??





「話を聞いて行くとどうも、旦那さんのお母様も昔に自殺しちゃったんだって。でもそんな風習の

 ある地域なんでやはり土葬のままだと。その心配もあって相原さんは何とかしたいと思って、

 新興宗教に入って写経とかして供養しているらしいんだけど、自分の家の宗教でもないしこれも

 続けていいのか迷っていたんだよね」





そんな事情もあったのか、、それじゃあ余計にそう思うのは納得だな。





「私も視始めるまでは、こんな状態ではご先祖様も相当に不満があるんじゃないか?と思いながら

 見ていたんだけど、予想とは全く違ったんだよ」





え?? 予想とは違った?? どういう事?





「ご先祖様達は土葬する事で、のびのびと寝られる事をとても気持ちよく思っていたの。その

 地域は昔からそうやって土葬されてきたからごく普通に受け入れていて、身体が自然に帰って

 行く事が嬉しいみたい。もし今のお墓のように一族が火葬されて一カ所に集まっている中、

 自分だけが土葬、なんていうのは嫌だけど、わざわざ皆を一カ所に入れられる方が窮屈だから

 このままでいいって」





いや~~以外。

1人でのびのびと寝られるからこのままが良いか、、

昔からの習慣を受け入れているんだ、、





「相原さんご先祖様のお母様が、ちょくちょくと土葬のご先祖様の周囲を掃除しては、お供えを

 しているようなんだけど、それがとても嬉しいんだって。やはり仏壇も旦那さんの実家と同じ

 ような感じで質素なんだけど、そこに居る一人一人に心の中で、今日はどうですか?成仏して

 くださいね。家族を守って下さいねと毎日お供えしてくれる事がとても嬉しいみたいで、この

 お母さんの事は皆で全力で守りたいって思っていると。形にこだわるよりも真心のこもった

 供養の方がよほど嬉しいと。それを伝えて欲しいって言われたんだよ」





お墓や仏壇の形にこだわるのではなく、真心のこもった供養か、、

なるほどね~~





「心配な事を伝えてくれたんだけど、親族がバラバラで埋まっているから皆で協力しようとか、

 話し合おうとかが出来なくてコミュニケーションが取れていない事。それが一カ所に集まる

 普通のお墓の他の人達と違うし、子孫も同じような状況だろうと。それに普通は親族が集まると

 争い事が起きる事が多いけど、広々とした所に適度に距離を保っているから争い事も起きにくい」





適度な距離がコツか、、

スープが冷めない距離が上手くいくと。。





「今回霊視に至った理由は、相原さんのお母さんが亡くなってしまうとお墓に誰が入っているか

 分からなくなるから、このままの土葬で良いからどこかに名前を付けて欲しいんだって。それと

 食べ物を供えてくれるんだけど地べただと水に土ぼこりが入ったり、お供え物も汚れやすいから、

 小さな台をつくってそこに供えて欲しいって。そして山猿が多いからお供えは帰る時には

 片付けて欲しいとも言っていた」





そうだね、、自分の事は忘れて欲しく無いから名前は欲しいよね。





「仏壇は押し入れのままで良いから、もう少し中を明るくして欲しいと。一番後ろに金色の板を

 付けてぼんぼりも有ると良いって。手前の水の下には金色のマットもあれば明かり取りになる
 
 からって。でもそれをやっていくと仏壇の形式にそっくりになってしまうから、仏壇を買っても

 構わないけど、人数が多くて狭くなるから簡単でいいと。ただ暗いのは嫌だから明るして欲しい

 というのが望みみたい」





立派な仏壇の形式にはこだわらないけど、押し入れが暗いから明るくか。

暗いままはやはり嫌だよな、、





「今入っている宗教に関しては、相原さんがそこで貰った言葉にピンと来たようなので、やめる

 必要はないけど死んでいる人を供養するというよりは、生きている人の気持ちが安定すれば

 良いので続けても構わないって」





そうか、、生きている人の心の安定ね。

さうそう、さっき言っていた相原さんが霊視に至る理由なんだけど、これって何?

さとこ が向こうの世界でも知られているという事?





「そうかもしれない。たまたま相原さんが、さとチカブログを見ていて目に留まる様に仕向けた

 みたいだよ。あなたが書いた文章を通して、私が言葉を伝える事が出来るという事を分かった

 みたいで、この人であればきっと伝えられると思ったみたい」





さとこ はそんな事を言いながら、相原さんのファイルを見つめていました。。






ーーーーーーー






お墓とお仏壇



世の中には色々と立派な物が溢れています。

でも、相原さんのご先祖様が言いたかったのは、立派にする事だけして忘れられるより

質素でもいつも「想ってくれる事」の方がとてもありがたいと。




真心で接する事の大切さ。




それを今回教えてもらったような気がします。










多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD
2014-05-11

結婚できない、、

テーマ:依頼
ど~~~も 疲労困ぱいの しん です。






え? 何でかって? だ~~って今日は「母の日」じゃないですか!

無論、さとこ は御大臣ヨロシコですから。

もうね、全ての家事がぜ====んぶ俺!('A`)

朝から超働いてますよ?

朝ご飯だって皆の要求する食べ物が違うから時間差で作る訳で、その間に

洗濯して、部屋を掃除して、ウニマリ(ポメ)を撫でて撫でて、やっぱり撫でて?

いやもちろん、たまにはH画像で、うはッッ!とかしてますけど、とにかく

今の時刻まで休む間無しで働きづめ!! これからもブログ書きながら

夕食の準備ですよ? 食材を買いに行く所から始まりますからね。

しかも何?ヒレカツが食べたい?? あ~~~アレは煮込み料理系じゃないから

常に火の元に居なきゃいけない、、う、う、辛い、、('A`)('A`)('A`)





さとこ ですか?

もうね、朝から飲んだくれてゴロゴロしてます。

「あ~~シシャモが食べたいな~」とか?

「なんか昼はオサレにサラダとパスタがイイね!」とか?

「あれ?もうビール無いの? 買ってきて!」などなど

母の日満喫しすぎ!


実は昨日は昨日で、私はGW終了後のやっとの休みで疲れて、昼間に寝てしまったんですよ~

まあそれでも少しは家事をやったんですが、その間、さとこ は食事もろくに取れないほど

働いていたようで、私が起き上がって「ハロ~~」とか言いながらリビングに行ったら

(# ゚Д゚) ムッカー ってしてましたね。

もうね、しゃれ通じないですから(泣)

それから得々と私が寝ていた間どれだけ大変だったか?の小言をずっと、、

ハイハイ、じゃあ明日は家事全部やるから、、で冒頭の通りと言うわけさ ('A`)




いや、私時々思うんですよ。

「ん~~~~、、家庭を持って良かったのだろうか?」って。

アレコレと問題は有りますし、一人の方がずっと楽だったかも、、

でもね明らかにバカな私でも分かるのは、人間的に一段上がったという自覚

ですかね。

自分の想い通りにならない、、これほど難儀な事はないです。

子供が小さいうちは、とにかく守る為に他人に頭を下げる、、

どんどん嫌な思いがのしかかる、、

それを大なり小なり解決して行かなければ、次に進めない。

いわば修行です。

なので、結婚に関して振り返ると最後には「これで良かったんだ」と自分なりに

納得してるんです。





世の中には「結婚をしたくてもできない」という方が多々いらっしゃると思います。

人によってその理由は様々かと思いますが、国が地方時自体に予算を組む、、なんて

言う話も出て来ているほど、日本の少子化は深刻です。

それについていつも思うのは「お金が全てを解決するのでは?」という疑問ですね。

働く人の収入は、物価に比較してどんどん減っているように思うんです。

皆さんの収入が増えていくような世の中になぜ出来ないのか??

世の女性が安心して子供を産める環境になぜできないのか?

それを国は一番に考えなくては、そのうち日本という国は無くなってしまうかも

しれません。





そんな政治的な話も一般には有ると思いますが、このブログは、さとチカですから。

何てったってH満載ですよ!(ちがう)

いや、霊視的にどうなの? という角度から責めます。

「ええか? ええのんか?」という感じですかね?(笑)





そんな適当さでGO!!






ーーーーーーー






「この間視た、大谷さん(仮名)は真面目で良い人だったな~~ でもね、なかなか

 結婚できないんだって。あ、この人は40代の男の人なんだけど、なんか色々あるみたいで

 私に相談してきたの」





さとこ はビールでほろ酔いになりながら、トロンとした目つきで私に話しかけてきました。

いや、もうね家事三昧ですから私。いいよね~~~母の日。

で? 大谷さん?? あ、ちょくちょく話に出て来た人か。どんな内容だったの?





「最初のご相談内容は、あまりにも他人にキツく言われる事が多いから、一体これは

 どういう事なのか?という話だった。それから結婚をしたくてもできないのは何故か?

 という話にもなったんだよ」





虐げられる?





「そう。何か職場とかでも人間のクズ? なんていうとても酷い言葉でののしられたりして

 それが嫌で転職しても、また同じような暴言を言う人が現れたり、、

 だからすごくコンプレックスを持ってしまって、女の人にも積極的になれない気分に

 なってしまっているみたい。でも家庭環境を聞いてみると、もの凄い責任感で家族を守って

 いるんだよね。自分を差し置いてという気概で行動をしている」





それは酷い職場だな。思いっきりパワハラですがな!

人は職場で見せる性格だけではない、、という事を大谷さんは示していると思うね。

それだけ家族の為に尽くしているんでしょ?





「そうなんだよ。なんか昔に結婚を意識した彼女が居たらしいんだけど、ちょうど

 その時にお父さんが亡くなってしまったんだって。で、法事を主催したり、

 これからの親族の主として家族を助けているうちに、だんだん彼女とは疎遠になって

 しまったという話だった。彼女に様々な事を強く押せなかったという事も、その原因だと

 言っていたね」





いやいや、男は強く押せないじゃなくて、ズボって強く入れちゃえば良いんでない?





「バカ?? そんな適当な考えが一番嫌われるから。話戻すけど、大谷さんの発想は

 お父さんが亡くなってから一層自分を差し置いて家族に向かうようになったの。

 子供が多いからと結婚した妹さんへの仕送りとか、お母さんやおばあちゃんへの援助とか。

 そうこうしている内に、自分も婚期を逃しつつあるのか?と悩んでいると」





ん~~~ 大谷さんの家の事情はあくまで一例だけど、同じような境遇の人は

世の中に沢山いるだろうな、、





「霊視をしてみたんだよ。そうしたら大谷さんの前世は大きなお寺のお坊さんだったね。

 まじめに修行していたみたいで、若くして出世している。行事の進行を任せられたり、

 お経でメインの読経を勤めたり。でもお坊さんだから結婚してはいけないと思っている。

 だからお寺に若い女性が相談にきても、恋愛対象として見てはいけないという強い

 自重が働いていたみたい。前世では咳に関する病気で若くして亡くなっていたよ。

 30歳くらいかな、、栄養失調で青い顔をしている姿が視えた。

 亡くなる時に、お坊さんになって結婚できなかった事を後悔していた。だから

 今度産まれ変わる事ができたら普通の人になりたい、、と思っていたみたい」





お坊さんか、、、それは結婚できないわ。

そんな前世の人って多そうだね。





「それで現世で望み通り普通の人になったのは良いんだけど、前世の行いの影響で人の道を

 正しく進まなければならないという想いは残ってしまった。だからお父さんが亡くなった

 後の大谷さんの考え方に影響しているんだよね。でも、私と話す事す事になったのは、

 前世の大谷さんが経験していない精神的な年齢に達したから。これからは家族ばかりで

 なく、もっと自分のために行動をするという選択をすべきだと、ご先祖様が伝えたかった。

 まずは家族に縛られていた責任感を緩めて自分の幸せを考える時期だと」





転換期か、、、さとこ に相談に来る人はそういう人も多いね。

皆さんのご先祖様が伝えたいんだろうな、、

ところでさ、大谷さんの前世はお坊さんだった、、という場合もあるけど、

他には今までのご相談からなんか原因ある??





「他にはね~~、、やはり神に仕える人が多い、シスターとか巫女とか。現世で結婚できない

 障害になっているね。それとか子供時代に亡くなっていて恋愛をしていないとか、、

 他には結婚はしたけどあまりにも男尊女卑が酷くて、不幸な想いのまま亡くなった人とかね。

 色々な形が現世での障害になっている事も多いね」





あ~~ なるほど。

どれもこれも障害になりそうだな。

でもさ、何とかそんな状況を打破する手だては無いの?





「そうね~~、やはり同じし好や趣味を持っている人というのは繋がりやすいよね。

 大谷さんにもアドバイスしたけど、職場だけでなく男女が集まるサークルに

 積極的に参加して縁を自分で作るのが一番良いと思うんだ。損得無しの世界で

 なにより自分の魂が解放されている場だから、伴侶となる人と出会う可能性が高いし

 お互いの気が近い存在なんだよ」





そんな事を言いながら、さとこ は「あ、おつまみ無くなっちゃった、作って」と

私の母の日は続くのでした、、

いや詳しく言えば、この日は「妻の日」だっけ??(笑)






ーーーーーーー






結婚ができない、、そう思い悩む方は多いと思います。

今回はご相談頂いた大谷さんの場合の一例ですが、その理由は人それぞれです。

そして、さとこ にご相談頂く方は、前世から脱皮する転換期である事が

とても多いですね。

それは、皆さんのご先祖様達が、さとこ を通じて伝えて欲しいとの想いも

有るのだと思います。




大谷さん

早く良い人が見つかると良いですね。

応援してます。










多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>