1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-05-17

赤いランドセルの女の子

テーマ:依頼
私の座るスグ側にTVがあるんです。






リビングの部屋に子供の勉強机が3つ、、

そしてその中心に結婚時に買った、ハート型の半分の形の大きなリビングテーブルが

鎮座しています。

このテーブルは、さとこ が当初「大きさ間違えた!」と自分で買っておきながら

今になって邪魔だ!と自分で言っているテーブルなんですが(笑)、普通の四角形では

ないため、今まで散々向きを変えて対処している代物なんですよ。

で、つい先日またテーブルの向きを変えたのですが、真横にTVがある!!

つまりウルサイ(泣)





いや、自分の部屋があれば良いですよ?

以前に私の居場所として安い机を2階の部屋の片隅に用意した事もあったのですが、

使用している時にヒジが腕に当たり痛い事や、部屋の中に荷物が溢れ私の机の上に物が

置かれ始めた為リビング机に戻ったのです。


狭い家の中に人が5人、ポメが2匹、ハムスター2匹、文鳥、熱帯魚の水槽、、

とにかく生き物溢れまくりで騒々しいのに加え、今はTVの真横という劣悪な

環境の中で、このブログは書かれているんですね。

いや、もちろん整理整頓はしていますよ? でも物が多いというのが根源ですか、、

私は常々「物を1つ買ったら、2つ捨てろ!」と言ってはいるのですが、どこかで

その決まりが守られていないからでしょうね。

ん~~~~ この家に越してきた時の広々した感じが懐かしいやです(泣)





なので、私はせめて会社の机はと思い「あれ?ここに誰か居たっけ?」と

思われるほど、見事に机の上にはPC以外置いていないという殺伐とした環境で

仕事していたりします(笑)

家の中の反動と言いましょうか、良い捉え方をすればホテルライクな、

雰囲気が好きなんですね。

これは私の実家が静かだった影響が大で、家族全員がB型という個人主義の

集合体でしたから、ご飯の時も弟と食べるくらい、そして食後は各々の部屋に、

という実にサッパリした家庭だったからだと(笑)

それに反して、さとこ の実家は和気あいあいの典型的な家庭でして、

常に家族皆が同じ部屋で過ごしているという、、、あ!!! まさに今この

雰囲気ですやん!!!





ところで皆さんのご家庭の中はどんな感じでしょうか?

今回はその家庭環境で問題が有った女の子の話なんです。

いや、元々はご相談者の方の結婚について、、という話が元なんですけど、

さとこ が語るその女の子の話が、何か最近の子供に対する事件と重なる部分が

あると思いまして、皆さんにもお聞きして欲しいのです。





まじめな文章??

いや~~~ 私、元々まじめでから(笑)

だって、パンツ一丁で半ケツになりながらブログ書いてるんですよ?

最近、娘にキモイと言われ始めていますけど、、(泣)

略してキモパンツオヤジ?(何だそりゃ)



ではでは






ーーーーーーー






「この間のご相談者の方も、結婚できるでしょうか?というご相談だったよ。

 やはり女性の方にとって、歳を重ねると色々と心配になってくるんだろうね。

 元々自分からそんなに結婚願望があった訳ではないんだけど、ここ数年に

 その願望が出てきて、合コンに行ってみたり婚活パーティー出席したりと

 本人は努力はしているみたい、でも今ひとつピンと来る方が居ないのと、

 上手く話せなくて、だんだん気乗りしなくなってきたらしい。

 それで私は何でそんな心理状態なのか? 上手く結婚の話にならないのは

 どうしてか? という内容だった」





女性は親御さんにもアレコレ言われるだろうからね~~

男より辛いと思うよ。うん。





「頂いたお部屋の写真を視ると、女性らしく花柄のカーテンや布団カバー、

 ピンク色のラグとか柔らかい感じにしているんだよ。それはとても良い事

 なんだけど、光が入っているはずなのに空気が重くて暗いの。

 本人のお写真も顔のUPと全身のお写真で別人みたいに視えた。

 特に全身のお写真の方に、小学校の3~4年生くらいの女の子が重なって

 視えたんだよ。

 前世だったらもっと古い服装なのに、昭和50年代の服装なんだよね。

 その時代というと、今回のご相談者の小学生くらいの時とちょうど時代が重なった」





昭和50年代、、あ~~だいたいそれは俺の中学生の時と同じか。

当時の女の子の姿ね。何となく分かるな。





「ただこの憑いている女の子から、怨念とか恨みのような念は全然感じなかったの。

 どちらかというと大人しい気の小さい子という雰囲気。

 だから、まずこの子は悪い子ではないな、、と思ったよ。

 でも、じゃあ何でこんなに暗い空気を出してくるんだろうと思って、今度は

 女の子の視点に入って過去視をしてみたの。

 そうするとまず団地の中の一室が視えてきて、部屋にお母さんが何か内職をして

 手を動かしている様子が視えてきた。時刻は薄暗いから女の子が下校してしばらく

 経った夕刻だと思う。

 部屋の中は整頓されてはいるんだけど、子供の物がほとんど置いてない。

 そしてお母さんは女の子と目も合わせなければ話もしない」





お母さんが目も合わせなければ話もしない?

喧嘩している訳ではないんだよね?

だとすると、何か違和感を感じるんだけど、、





「お母さんに遠慮しているか、壁があるような雰囲気だったの。

 そして何かをお母さんに話しかけたんだけど、お母さんはムっとして立ち上がると

 黙って女の子の方に近づいて、髪をセットする熱いコテを女の子の腕に押し付けたの。

 腕を掴まれてコテ押し付けられるから、女の子はヤメてと言うんだけど、

 お母さんは無言なんだよね、、 これはこの子に対して虐待をしている様子だった。

 しばらくすると今度はお父さんが帰ってきて、いきなり何もいわず女の子の頭を

 殴るんだよ。訳が分からないよね? この子の記憶の中にお父さんとの思い出が

 出て来ないから、おそらくお母さんが再婚した相手だと思う」





自分達は再婚したから、子供が邪魔という雰囲気なのか、、

子供に罪は無いのに、、





「夫婦は普通に会話をするけど、この子にはまるで居ないように振る舞う。完全無視。

 ご飯は同じテーブルではなく、別の部屋の薄暗い部屋の小さな机で一人で食べていた。

 学校では先生も怖い感じだから相談もできないし、何より自分の親を悪く言っては

 いけない気持ちを持っていたから、少ない友達にも相談できなかったみたい。

 ある日、またお父さんに頭を殴られ、当たりどころが悪かったのと、その反動で壁に

 ぶつかった時の打ち所が悪くて、割とあっさりと亡くなってしまったんだよ」





え~~~~!!

無視を続けたあげく、ついに親が子供を殺した?? これ犯罪じゃん!!





「警察は来たんだよ。でも目立った外傷も無いし、親がこの子が遊んでいて頭を

 打って死んでしまったと説明したの。だから事故という事で処理され、

 親は逮捕される事もなく処理された。

 そしてこの子は集団墓地に埋葬されてそれで終わり」





そんな事って有るのか、、昭和50年代ね、、

今と違って子供に対して適当だったかもしれない。

でもこの子が不憫すぎるよ、、





「でね、今回ご依頼頂いた方がどうも同じ小学校に通っていたみたいなんだよ。

 学年は3~4年上だったみたいだから、その事件については何も知らなかったみたい。

 この亡くなった子はいつも学校の正門のところに立っていた。

 家には自分の居場所が無いからね。

 学校で自分の話を聞いてくれる人は居ないか?といつも赤いランドセルをしょって。

 そんな時に、当時小学生だったご依頼者が友達4~5人と楽しそうに登校してきて

 その中で一番優しそうだったから、自分の事を分かってもらえるかもしれないと

 ご依頼者に憑いてしまったの」





そんな接点があったのか、、

ご依頼者は普通に過ごしていた訳だけど、全く分からない状況で憑かれてしまう事が

あるんだ、、ただ優しそうという理由で。





「当時流行っていたけど、ご依頼者もコックリさんを学校でやったみたいなんだよね。

 だから憑いた子は、コレは自分の意思を伝えるチャンスだと思った。

 あなたは誰ですか? と聞かれると、女の子と答えたり、どこに居るの?と

 聞かれれば、スグそば、とか。コックリさんをやっている子は、皆キャーキャー

 言いながらあまり自分の話を聞いてくれなかったらしい。

 それから何度も伝えようと、夜寝ている時にご依頼者の手を握ってみたりしたんだって。

 ご依頼者も確かに金縛りにあって手を握られた記憶が有るって言っていたよ」





小学校から? それは長いな、、

というか亡くなった人は時間の感覚が違うかもしれないけど、

現世の人にとっては何十年という単位だからね。





「それだけ長く憑かれていると、だんだんと思考や行動が同化してくるんだよ。

 ご依頼者もご多分にもれず、髪型や服装なんかも大きな小学生みたいになっていて

 化粧もあまりしなくなっていたみたい。そして小学生だから恋愛経験は無い。

 それで判断の仕方も大人のように妥協や柔軟な考え方が出来ないから、

 男の人と会っても第一印象で嫌だと思うと受け入れなくしてしまう」





まあ小学生では大人の思考は出来ないよな、、





「だから私はこの憑いている子の想いを伝えなければ、ご相談者が一生結婚できないと

 思った。そしてどうもご依頼者のご先祖様も限界を感じて私に依頼させたみたい

 なんだよ。本来であれば自分で気付いて成長しなくてはならないのだけど、

 この何十年と本人が気付けていない事にタイムリミットを感じたみたい」





ご相談者のご先祖様が、このブログを見るように誘導して、さとこ に

依頼させたと。という事は俺も少しは役立っているかな?(笑)





「女の子はどうも私が状況を説明してやっと自分の気持ちが伝えられたと安心したみたい。

 それと同時に、側に居ただけなのにこんなに迷惑をかけていた事に気付けなくて

 びっくりしていた。だから罪滅ぼしにお返しをしたいって言ったね。

 自分は友達もほとんど居なかったから、その代わりに小さな熊のぬいぐるみと

 当時流行っていた花やリボンの飾りの付いた髪留めを買って欲しいと。

 それを近くの大きな神社に持って行って、神様の近くに居たいから神主の人に

 燃やして欲しいと頼んで欲しいと。

 その際に、ご依頼者に役立つようなお祈りをしてもらえるはずだって言っていたよ。

 意識してお祈りすれば、悪い物から身を守ったり、エネルギーが高くなったりして

 自分が望む良い事があるはずだって。

 今後男の人が現れた場合、自分がその人の袖を引っぱって、このお姉さんは良い人

 なんですって一生懸命ひっぱるからと。

 ただ自分は小学生だから恋愛は良く分からない。ただ男の人が将来、良いお父さんに

 なれるかどうかの判断しか出来ないから、もしピンと来ない場合でも、まずは

 自分が気になる質問をして、よく話をしてみて欲しいって。

 そうしてくれればその人が良いお父さんになるか分かるからと。

 幸せになって欲しいと言っていた」





赤いランドセルをしょった女の子は、さとこ を介して

ご相談者にこのような事を伝えたようです。。






ーーーーーーー






さとこ へのご相談には、やはり結婚に対する事が多いです。

今まで色々とこの話題に類する話を書いていますが、今回は

ご相談者が優しそうに見えたからと、長年憑いていた不憫な小学生の霊が

ご相談者の思考や行動が同化させてしまった結果、結婚から遠ざけていたという

話です。


でも、この女の子は自分の想いがやっと伝えられた事に安堵し、今度は

ご相談者を守るという事を言ってくれました。

霊の想いを分かってあげる事で、今後良い方向に導かれていくと思います。



お幸せに進まれてください。










多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-05-03

永遠の親心

テーマ:依頼
GW真っただ中、、瞑想にふける しん 、、






各地の行楽地は多くの人が詰めかけて、高速道路は渋滞で、、

毎年そんな声がTVから聞こえる今日この頃。

でも車の整備用の部品代が高額で、まだどこにも行かず家族に迫られている

パンツ一丁のオヤジここに有り(笑)

だって~~~~お金が無くなっちゃんだYO!!





家の中にじっとしていると「あれ? 会社で何をやっていたっけ?」とか

「今日は何日の何曜日だっけ?」とか、日頃の行動と異なるせいか

物忘れが激しいです。

それはこ他にも「え~~とそんな事言われた?」などと、よく さとこ に

聞き直したりして叱られます(泣)

さとこ は昨日今日と、子供達を引き連れて実家に帰っているので、家の中が

静かなのはハッピーなのですが、一日中何もしないという生活は、

マジで人間をダメにしそうですね。

コレ、将来私が退職した後の事を思うに、自分がやりたい事を早々に計画立て

なきゃです。HとかHとかHとか(いやいや)





実家に帰っている さとこ からは「GWの計画立てた??」としばしば電話が

かかってきますから「何も考えてな~~~~い♡」 と言うと、私の

この家での存続が危ぶまれますから、お金が無い中、何とかしなきゃ、、と

このブログを書いてから計画立てる予定です。

いつもと異なり例の車検で今は車が無い状況ですので、電車やバスでの

移動となりますが、GWでさらにボケた頭をひねって何としなきゃです(笑)





アレもコレも全て子供の為に計画するんですけど、自分や さとこ の親しかり

いつの時代になっても、子供に何かしてやらなきゃと思うのは親心で、

皆さんが激混みのGWに遠出すのるも、多かれ少なかれその想いが有るからだと

思います。

それはレクレーションだけではなく、日々の生活全般に関わる事で、

日々口うるさく何かと子供に言うのは、やはり子供が成人し、独り立ち

できる準備を産まれた時からずっと継続しているからですよね。

でも、やがて親という存在は現世から居なくなる訳じゃないですか。

自分達が居なくても、子供達は自立して生活できているか? 何か苦労をしていないか?

などと言う想いは、実は死後も世代を越えて続くもののようです。





今回は、ご相談頂いた丸田さん(仮名)のご相談が印象に残りましたので

皆さんにもお伝えしますね。



いや~~~ GW最中でもブログを更新する俺ってエライ!

自惚しますね!(←キモイ)






ーーーーーーー






「丸田さんの話をあなたに聞かせたいんだよね~~ 最初頂いたご相談の奥に

 隠された内容があったんだけど、なかなか深イイ話(笑)」





丸田サン、、? あ~~確か旦那さんの亡くなったご両親が何を言っているのか

知りたいと言っていたな。

特に深い内容は頂いていなかったような、、でも確か 故人の声をお伝えするのは

さとこ の得意分野だって返信した気がする。





「お子さんが二人いて、もう社会人なんだけど、お二人の自立がうまくいかなくて

 どうしたものか?というお悩み。うちはまだ子供が小さいからこれからだけど

 将来の事だから色々と考えさせられたね。亡くなった義母、義父がこの子供達の

 事を小さい頃からよく観ていてくれて、何か言いたい事があるんじゃないか?と」





亡くなった人にとって自分の孫な訳だね。

小さい頃からこの二人を観ていたと。

で、この二人のお子さんはどういう感じ?





「長男の方は職を転々としていて、今はどうも借金がかさんでいるみたいな生活。

 次男の方は就職はしたけど、病気で離職して今は丸田さんの家に居るんだって。

 せっかく就職はしたものの、二人の自立がうまく行かなくて凄く心配していた」





なるほど、、子供の仕事がうまくいっていないと親としても心配だよな。

うちも将来どうなることやら、、

やだよ? 仕事もしないでこの狭い家に三人とも居るのは(泣)





「それは私もそうだから今から口うるさく言っている訳。それが上手くいくか

 どうかは子供達の自分の考え方だけど。丸田さんも一生懸命子育てされたと

 思うけどなかなか思い通りにならなかったんだよ。そういう方って多いと思うね。

 で、まず長男の方の霊視をしてみた。

 気持ちがとても優しいんだよ。性格が伝わって来る。心の中が視えるんだよ」





ん? ちょっと待って!

心の中が視えるって、今まで聞いた気がするけどそれってオーラとかで

分かるの?





「いや違う。ある人を視ると過去の色々な情景が走馬灯のように視えてくるんだよ。

 ん~~ 過去視の早回しみたいな感じ。その時の本人の視線や感じた事が伝わってくる。

 それが数秒の間に伝わってくるから、その人の心の持ち様が分かるの。

 この人の場合は、子供の頃にある事柄に対して良かったな、、とかうまく行ったな、、

 という光景が視えたし、暖かい気持ちが私の胸のところに伝わって来たから、最初に

 優しい人なんだな、、と思った」





数秒の間に走馬灯のように早回しで、その人の過去の光景や気持ちが伝わってくるの??

スゲ~~~~!! 改めて知って驚愕ものですよ。





「さらにページをめくる様に早回しすると、今度は長男の方の最近の情景が視えてきたの。

 何か胸につかえた感じで、悩んで追いつめられている様子。

 どうしようって頭を抱えている姿。心が苦しくてもがいているんだよ。

 その光景が小学生の頃の姿で、真っ暗な空間で膝を抱えて助けてって泣いている姿に

 なって視えてきた。ページをめくる際に、ときどきスロー再生してみると、その時の

 感情がよく分かるんだ。これは全て丸田さんのご先祖様が私に視せてくれているんだよ」





スロー再生をする事もできるの?

あ~~ なんか昔、映画のマトリックスで脳に特殊能力を送り込む装置が、

ダウンロードしている時の光景のような感じなのかな? あれも時にスロー画面が

出てきたよね?





「あ~~ 言われてみるとそんな感じ。話を戻すけど、この長男の方の場合、

 身体は大人なんだけど、物事の判断は小学生のままなんだよ。

 親としては何で借金をしてしまうのか?と思うけど、本人としては借金しようと

 思ってやっている訳ではない。

 例えると小学生の子供が友達に持ち物を自慢されて、それを借りたあげく忘れて

 返せない感じ。ん~~何だっけ? 確か短期的記憶障害っていう言葉があったと

 思うけど、そんな障害を持っていたね。軽度の発達障害みたいな感じ」





障害とも言えない軽度のものだけど、確かにこれは他人からは誤解される

障害だよね。本人も何でそうなるのか相当に苦しんでいると思う。





「この感じだと片付けが出来ないのでは?と丸田さんに聞いてみたら、やっぱり

 そうだった。おそらく仕事をスグに辞めてしまうのも、この障害に起因してる

 可能性が高い。だから丸田さんには自立は今は無理だと伝えた。そして一人に

 させるのは危険だとも。

 子供の感覚で無理に大人の世界に入ろうとするから、本人が頑張って周囲に

 合わせようとしても、大人のシステムが複雑すぎるから着いて行けない。

 今は本人も自信を喪失しているから、親として救い出してあげないといけない。

 まずは家に連れ帰るのが第一優先で、まずは自分の身の回りの事をさせていく。

 それから手助けしてあげながら除々に経験を積み重ねていくのが良いと思う。

 何となく職人的な仕事が向いていると。同じ事を長期に渡り積み重ねる事で

 スキルを高めていくような、そんな仕事が良いって丸田さんに伝えた」





ご長男の気質からだと、職人的な仕事が向いていると。

職人さんも大変だけど、手に職を持つって素晴らしいよね。





「次男の方の場合は、長男の方とはタイプが違うけど更に強い記憶障害を持っていた。

 ほとんど全てを忘れてしまうんだよ。ただ他人とのコミニケーションがある様だから、

 何とか今まで難を逃れてきた感じ。何かを忘れてもおちゃらけてその場をやり過ごしたり。

 周囲の人にも忘れっぽいんだったらメモを取れば?と進められた光景も視えたけど、

 メモを取る事を忘れてしまっていた」





ご長男より忘れっぽいと。

これは厄介だ。

この光景もご先祖様が視せてくれたの?




「そう。高校生の頃の光景を視せてくれたよ。男女が混ざった友人同士で楽しそうに

 話している光景。この子の話は面白くて皆聞いているんだけど、時として本人が

 あれ?アイツさっき何て言ったんだっけ?とか会話の中で相づちを打っていても、

 何の話をしていたのか分からなくなってみたり、、それとか待ち合わせをしていても

 スグに忘れてしまって、急に用事が出来たとその場で誤摩化しても、本人は心の中で

 そんな約束していたって? なんて言っている光景」





そんなに忘れやすいのか!

これは重傷かも。





「でも女の子が持っているストラップやキーホルダー等の小物や髪飾りにスグに

 目が行っては面白い形だな~とかキレイだな、、と華やかな物に興味があったみたい。

 だから向いている仕事は、女物の服やアクセサリーの販売員なんかが合っているん

 じゃないか?と伝えたよ。コミュニケーション能力が高いのも特技として生かせると思う。

 本人は忘れやすい障害の影響で過去にアルバイトでレジのお金を間違えた事もあった

 みたいで、その恐怖から販売の仕事はやりたくないと思っているみたいだけど、

 レジは別の人がやるという店舗もあるじゃない? だからそういうお店を探せば良いんだよ」





過去の光景を視る事で、その人に合っている仕事をアドバイスできると。

それは本人としても自然な働き方になる可能性が高いね。





「ご長男も次男の方も大人の手法に合わせて頑張ってはいるんだけど、記憶障害のせいで

 どうしても上手く行かなくて苦しんでいる。だから出来る事と出来ない事を親子で確認して

 まずは出来る事だけをして自信を持たせるのが良い。それから苦手な事を手伝ってあげたり、

 出来ない事を人に頼む訓練が必要なの。初めは母親から、やがて彼女に、そして奥さんに

 という様にね」





自信を取り戻しながら、苦手分野を人に頼んだりして少しずつ出来るようになれば

その障害も克服できていくという進み方なんだね。

そうすれば良いのか、、、





「霊視の最後の方に亡くなった義理のお婆ちゃんが出てきて言いたい事が有りそうだから

 聞いてみた。まずは丸田さんに言いたい事があるって。

 子供達の事を気付いてあげれなかったと絶対に自分を責めてはダメだと。

 子供の気持ちは分からなくて当たり前で、自分も死んでから分かる様になったって。

 だから子供達が普通に話せて、日常生活が送れれば気付かないのは当たり前だと。

 子供達の事を育てるのに今までできるだけの事はやっているんだから、これからは

 私も手伝うと。あなたの斜め後ろにいつも付いているから、私の言葉は聞こえない

 けど、私が合図を出してコレだという所で、急に本の文字が目に止まったり、

 TVの音が急に際立って聞こえたり、フトある物が目についたり、その様な事で

 伝わると思うから、それを逃さない様に意識して欲しいと。

 私が付いているから大丈夫だから頑張ろうって。

 二人でお茶をしたいから、薄皮のお饅頭を二つ買って緑茶を入れて欲しいと。

 お爺ちゃんは男だから細かい事は出来ないけど、それぞれの子が落ち込んだ時に

 大丈夫だと励ましに行くと言っているから、子供の気持ちの方はお爺ちゃんに

 任せれば良いって言っていたよ」





さとこ はそんな様に丸田さんに、お婆ちゃんの言葉を伝えたみたいです。。






ーーーーーーー






丸田さんが心配されていた息子さん達はそのような状況だったみたいです。

さとこ はご先祖様に視せてもらった光景を説明しながら、最後は直接

義理のお婆ちゃんの言葉も伝えました。



そこには親として子供を心配する心と共に、さらに悩んでいる丸田さんを

心配する親心まで垣間みれた感じです。



いつの世も親が子供を想う気持ちは変わりません。

子育ての世代は変わっても、それはいつまでも。。。









多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD
2015-04-26

人生の岐路

テーマ:依頼
車検の車整備に相当な費用が、、(泣)







先週の続きで申し訳ないです & 読者の女子の皆様に於いてはご興味のない話で

申し訳ないでござる(←?)

いや、車のタイヤ以外にもオイル漏れとか何とか多々発生している事が発覚し

見積もりが ウヒャ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!! の金額になりまして、

さとこ は「コレだったら新車の頭金になるじゃん!! そ=しよ~~~♡ 」

とか言っていて、私の勤務中にどこで調べたか車の頭金価格をしつこくメールで

送ってくるんです ┐(´д`)┌ ウンザリ

いやいや、この車は一番上の子供が産まれた時の思入れある車だし、本人も18歳に

なったら、これを最初に運転したい!!と強く希望しているんだって!





この車は13年乗っていて、アト最低でも5年間維持しないと本人の希望に叶わない、、

なので最初に高額見積もりを出した店の車検をキャンセルしました。

だって~~ 持ち込みの汎用品の車部品を受け付けないとか言ってるし~~~ (´Д`υ)

それが商売だと分かっていても貧乏人の私には通じない!(笑)

汎用品持ち込み可のお店で仕切り直しして、可能な限りお安く仕上げる予定です。

そんな事もあり、この一週間で自分の車で汎用できる部品にかなり詳しくなりましたね。

今も私の横にフォグライトバルブやロービームバルブ(電球)が転がっています(笑)





問題は本日4/26(日)で車検が切れてしまう事。つまり公道が走行できないので

新たなカーショップに持ち込むにも、仮ナンバーの申請が必要なんです。

私使った事が無いんですけど、車検が切れている車などを車検場まで移動させる際に

車に付けるナンバーです。

街中を走っていてたまに赤い斜線の入ったナンバーを付けている車を見た事有りますよね?

これ個人で申請する時は、役所に言って750円払えば借りる事ができるんです。

でも有効期間は申請日含めて、1~3日間らしいんですよ。

私の予定では、平日に役所に行って仮ナンバーを借り、それを自宅にある車に付けて

カーショップまで運ぶと。

そのカーショップまで距離にして2kmくらいしか無いんですけど、

ん~~~メンドクサイ (´Д`)ハァ…






でも思ったんですけど、この一週間、車が無い生活をしていて結構節約できているし、

子供も自立し出したし、なんかひと昔前の生活みたいになってイイ事づくめかも

しれない、、と思い始めた面もあります。

先には炊飯器が壊れて圧力釜で米を炊いたりしていますが、それが米本来の味が出て

すごく美味しくなってみたり。あ、ついでに食洗機も壊れたので手洗いしてます(笑)

そんな結果、風呂の残り湯を洗濯に使い始めたり、電気の使用を意識したりする生活を

していたのですが、今月の光熱費の請求が、電気代がマイナス10000円、水道代が

マイナス5000円、ガス代マイナス3000円で、合計18000円の節約!!

いや~~~これはデカイ。まるで俺の具みたい(いやいや)

今年は節約の為にノーパンか?(笑)





今日も さとこ は中学校の保護者会? との事で、遠方まで出かけていて今いません。

子供3人は さとこ の実家に遊びに行っています。

という事で静かではあるのですが、私は今から夕食の準備をしなければ、、

あ、洗濯物の取り込み&片付け&風呂の掃除 とか、、、(泣)

貧乏ヒマ無しですって(泣泣)


でね、今週の話題はご依頼頂いた方の中で、さとこ が気になった方の

お話をします。

どうしてもご本人向けの霊視アドバイスではありますが、間接的にでも

何か心当たりのある読者の方のご参考になれば、、と。





じゃ行くよ?

ノーパン&正座 OK??

あったかいんだから~~~~♡(笑)






ーーーーーーー






「最近のご相談では後藤さん(仮名)の霊視が印象に残ったね。ご相談の内容は結果と

 全然違うご相談だったんだけど、いや~~人生は深いよ」




ん? さとこ が言うほどだから結構深いイイ話?

聞かせてよ。





「後藤さんは大学生のお子さんを持つ女性だけど、学費を工面するため単身赴任していて

 ご主人ともお子さんとも皆バラバラの地で生活しているの。後藤さんの職場の雰囲気は

 良いんだけど、仕事自体がけっこうキツく相談しても、ご主人は精神的な支えになって

 くれないという不満も有るみたいなんだよ。仕事も変えたいしご主人とこのまま夫婦として

 続けていくのも疑問に感じていると。だから今後どう進んでいくのが良いのか?

 というご相談」





女性の方が単身赴任? それは大変だな、、というか家族がバラバラなのか。

で? ご主人の対応に虚無感を感じて夫婦としての限界を感じていると。

確かに辛そうな雰囲気だね。





「まずは後藤さんのオーラを視てみた。そうすると二重に重なっていて一つのオーラは

 小さいものだけど、もう一つがムラサキウニみたいにトゲトゲした雰囲気のもの。

 しかも胸の辺りに鉛のような渦が動いているの。これは色々な事に神経が立っていて

 悩みがつきないという気持ちを表している。後藤さんの心の状態が分かってきたよ」





やはりオーラの形は今の状況を良く表しているよね。

でも鉛のような渦って、、、なんか凄く辛そう、、





「後藤さんの前世を視てみると、アメリカの移民の子供で田舎の方の広い土地に小さな家で

 家族と過ごしている姿が視えた。田舎だからか生活する上で必要な物はほとんど手作りして

 いて、編み物をしたり服を作ったりして家族と仲良くすごしていたみたい」





ふ~~ん、、アメリカというと200年くらい昔の話かな。

輪廻としてはまあ普通の期間くらいか、、





「その後、後藤さんの横に日本髪でグレーの着物を着たお婆さんの姿が現れて話し始めたの。

 最初に視せてくれたのが後藤さんが小学生の頃の姿。

 放課後に友達の遊びの話をしていたんだけど、意見が分かれて他の子供達に責められている姿。

 しゃがみこんで泣いていても誰も助けようとしなかった。そのままガックリして下校するん

 だけど、お母さんが働いているから家に帰っても一人で、思い出しては家の中で声殺して

 泣いていた」





小学生の頃って、結構自分勝手で人を思いやる気持ちは少ない子が多かった

記憶があるよ。昔は鍵っ子って言われていたけど、後藤さんも辛い目にあっていたと。





「夜になってお母さんが帰ってくるんだけど、すごく疲れた顔をしているから心配に

 なって無理して明るく振る舞って楽しい話しかしない。寝るまでの短い時間を

 良い物にしかしないように、いつも努力している様子だったよ」





いや~~~ 小学生なのに、そこまで気遣いできるとは、、





「ご先祖様が言うには、すごく親孝行で優しくて良い子なんだけど、泣いて助けを求めるのは

 子供が大人に対する助けの求め方で、大人になった今は通用しない。

 相手に自分の気持ちを言葉で伝えなければ分からないし、またそのようにしても人の助けを

 期待しすぎると助けてもらえない時のショックが大きいから、人に期待しない方が良い。

 だから紙に自分宛の気持ちを書いたり、宛先のないメールを文字に打って保存して欲しいと」





ん? ちょっと待って。

昔の人はメールなんていうもの知らないと思うけど??





「言葉は知らないけど様子を私に見せるんだよ。この場合はパソコンでキーボードを

 打っている姿だから私が解釈してメールと理解した。そんな感じ。続けるけど

 そうして自分で記した不安や愚痴を時間が経ってから見直してみなさいと。

 今の自分が有るのは、そういう問題を乗り越えたから読み返す余裕が出来たからだと。

 まずはそれをやってみてくれって言っていたね」





文字に記すか、、日記を付ける人は少ないと思うけど、そうやって

記述して客観的に自分を見るというのも、確かに良い方法かもしれないね。





「この子は手先が器用でセンスが有るから、それを生かした方が良いと。

 前世でやっていた編み物や小物、服を作る事。一からやるのではなくて、今ある物を

 アレンジするやり方が合っているって言っていたね。例えばビーズとかスパンコールとか

 で手のひらに乗る小さいものから初めてみなさいって。あ、さっきと同じだけど

 それは後藤さんのご先祖様がキラキラしている物を見せたりして、私が解釈して

 いる言葉だからね(笑)」





ご先祖様って、ホントに小さい頃からずっと見ているし前世も分かるのか、、

凄いな。





「だからそれを生かす為に、準備や勉強をした方が良いって。自分で事業を起こす為には

 今まで職場で苦労した経験や、子供の頃の辛い経験も役立つ。あなたが虚無的だと

 思っているご主人も、実は見習わなくてはならない大切な事があると。それは

 ストレスの流し方がとても上手な事。それを見習ってもらいたくてご主人と結婚させた」





後藤さんに欠けていた大切な事を、ご主人に見習って欲しかったから

結婚させたか、、、ん~~~色々な結婚のスタイルがあるけど、相当にご先祖様の

意思も関わっているみたいだね。

まあ、俺達もそういう感じか、、





「ご主人の方を視てみると、身体は特別丈夫な方ではないけどストレスがかかると極端に

 弱るから昔からストレスを溜めない様に防衛していたみたい。

 ご主人の前世は東洋の騎馬戦士で、馬の気持ちが良く分かる人だった。

 だから黙っていても念で心を通わすような人。そして遠征して離ればなれになっていても

 家族の絆は強い関係だという信念を持っていたから何も心配していない。

 翻って現世で、それが冷たく見えたかもしれないけど、今もそんな気持ちを持っているから

 実はもの凄く信頼され愛されているという事」





ご主人はそういう人なのか、、

ストレスを逃す手法を駆使していたのか。

しかも? 黙っていても後藤さんを全面的に信頼していたという事だったんだね。





「仕事も家庭も今を全てマイナス要因に捉えてばかりいるから、何とかして事実を伝えたくて

 後藤さんが私に繋がる様に仕向けたみたい。あまりにも遅かったって言っていた。

 本当の意味に気付いて、これからの生き方の指針に役立つ事である事を気付いて欲しいって。

 今からスグに始めなさいと」





さとこ が故人と会話できる事を知って繋がったのか。

そうだね、今までそういう事を言う故人の方が多かったな。

俺も一役買っている感じ?(笑)





「今回は後藤さんのご先祖様がチラッと未来を視せてくれた。アメリカの市場を調査しながら

 買い付けをしている姿。そんな話をすると、後藤さんも前々からご先祖様に言われたような

 手芸の道を考えていたみたいで、胸の鉛の渦が急に白く変わって1mくらいの大きさになる

 様子が視えたよ。行くべき道が分かった時には、ものすごく大きなエネルギーが出るという

 事なんだよ」





さとこ はそんなご相談の話を私にしてくれました。。






ーーーーーーー






今目の前にある幾多の辛い事も、それは将来に繋がるための試練である。


後藤さんが思っていた全てのマイナス要因は、実は将来を明るく導くための

プラス要因のようでした。


皆様の中にも、今がとても辛い、、と思っている方も多いと思います。

でも、そんな様子はご先祖様はずっと見ていて、もっと先の事を考え

導いてくれているのだと思います。


今が辛いから弱気になるのではなく、それは輝く将来のためだと思う事で

生きる力が湧いてくるような、そんなご相談でした。



後藤さん、ご活躍お祈りしてますね。









多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇