■■■■■■■ ソウルシェイプ霊視鑑定を始めました ■■■■■■■


          多数のお申し込みを頂きましたので、第2回ソウルシェイプ
         
          鑑定のお申し込みは2016/4/1をもって受付を終了させて

          頂ました。

          なお、お電話での霊視は引き続きお受けしていますので

          ご遠慮なくお申し付け下さい。

         ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

          ソウルシェイプ鑑定をお申し込み頂いた方へ

          
          整理番号21~25番の方に案内差し上げました。

          現在お待ちの方は、約165名様です。 

          (6/12更新)

          
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-19

さとこの霊視スタイル

テーマ:日常
ホームセンターに行ってきたっちゃ!(ラムちゃん風:古い、、)






そういえばラムちゃんってほぼパンツ一丁ですよね?

いや~~改めて親近感わくな~~~(笑)

これから暑くなりますしね、さとチカ読者の皆様におかれましては

パンツ一丁で正座して読まれるのが正しいスタイルですのよ?

よく駅前で配られているパンフレットに記載していますし(←?)





え~~と何だっけ?

あ、そうそう、ホームセンターが家から比較的近い場所にあるので、

ちょくちょく利用していて昨日行ってきたのです。

今回はスーパーマーケットでは入手できない金のインゴットを買いに(違う)


昔はダイレクトにDIY用品のみを販売している店舗が多かったですけど、

最近は店舗自体もずいぶん大型の店が増えて、食料品有りの、イートイン有りの

ゲームセンター有りのと、より娯楽施設的な要素が強まっていますよね。

スーパーマーケットですと、一人で買い物される方が多い印象ですが、

ホームセンターですと、家族づれの方の割合が結構増えている感じがします。





私の住んでいる地域では、駐車料金が1時間400円がデフォなんですけど、

近所のホームセンターは最初の1時間が無料で、ちょっと買い物するだけで

3時間まで無料になったりします。

そりゃ車を使う人は寄りますよ。

ホームセンターの策略に、ファミリーほいほいってもんです(笑)

まあ、そんな背景もあり私が訪れた店舗は、相当数の駐車台数があるにも

関わらずほぼ満車、必然的に店舗内に人が居るわ居るわ!

普通に店舗の中をまっすぐ歩けないばかりか、小さな子供が所々で走り回る、

あまつさえ駄々をコネて床で這いつくばって大泣する、そこかしこの販売イベントで

集客のため大声を出している、大人同士のいざこざが起きている等、とにかく

普段より阿鼻叫喚すぎて、私、頭がクラクラしてソソクサと目的の物だけ買って

サッサと退店しましたさ。





目的を果たした私は、寄り添う女に腕枕をしながらベットでフ~~っと一服(違う)

そして何かを作り始める、、 ウフフフ、、キャッキャッ、、ナデナデ ♡
















・・・・さて、ストレスも解消したし、さとこ の霊視話でも聞くか、、と

インタビューをしたのが今回の話 なっし====!!(チト古い)

さとこの霊視って、どんな感じで話が進むの??という秘部を(いやいや)

改めて、さとこ が解説してくれました。


私は さとこ が電話で霊視している場に居ませんので、時々断片的な事を

聞くレベルだったのですが、へ~~~ ホ~~~ ヘイヘイホ~~~(by与作)

って思いましたね。




宜保愛子さんネタもあるYO!

では良いお年を(早すぎ)






ーーーーーーー






「私のところに依頼頂くご相談者の方は、すでに何人かの霊能者や霊感の強い方に

 霊視してもらった後、来られる方が多いかもしれない、、」





さとこ はご相談頂いた方のお写真をPCで見ながら、そんな事を私にポツリと

言ったんです。

そう言えば最初にご連絡頂いて俺が対応する時に、その旨をお伝え頂く方が

何人かいらっしゃったかな、、

まあ、一人の霊能者の言葉だけだと不安なのかな?

分かる気もするけど、、





「そんな方々に言われるのは、先祖は何だと言われたとか、前世は何だと言われた

 とか、先祖に何か悪い事をした人がいるから、その因縁があるとか、、

 そんな事を言われたけど合っているのか? そして問題がある相談内容について

 どう対処すれば良いか?って。具体的に教えて貰えなかったりしているの。

 対面で霊視されている方も多いみたいで、おそらくそのような状況だと、時間が

 決まっているとか、聞きにくい雰囲気があって聞けなかったとお聞きしている。

 だから過去の霊視が本当に合っているのか否か知りたいという方が結構多いよ」





あ、そんなご依頼内容は確かにあるね。

具体的にどうすれば?という。

言われっぱなしだとね~~~ 何かの要因は教えてもらったとしても

解決方法を教えないのでは、単純に不安が増すだけだしな、、





「他の人に視てもらったという状況を嫌がる霊能者の方もいらっしゃるかも

 しれないけど、私は何も気にしない。

 それはまず、視えているチャンネルが霊能者によって微妙に違うから。

 経験から言うと、もの凄く外れていない事が多いし、どちらかと言うと

 大枠ではたぶん似た様な物が視えていて、それが見方によっては前世のように

 視えたり、先祖のように視えたり、服装なども微妙に違って視えているという

 だけで、ただ霊が思っている事までは分からなかったとか、言葉が聞こえない

 とか、たぶんそれぞれの霊能者の得意不得意があって、微妙にバラつきがあると

 思うの。

 だから他の霊能者の方から、こう言われたという話を否定した事は無いよ。

 逆にどう言われたかを良く聞いて、自分が視えているもの、聞こえているものと

 照合して、この部分が視えていたんだな、、という事を、ご相談者の方に

 お伝えして、より深く解説して安心してもらうようにしている」





霊能者の方によって視え方が微妙に異なるという話は以前から言っているよね。

さとこ の場合は、他の霊能者の方がどのように伝えたか?をさらに自分の霊視と

照合しながら解説している訳か、、、そんなに丁寧に話をしていたの?

それは知らなかった。





「他の何人かの霊能者の方に視てもらった後に、私に依頼頂くとよく言われるのが

 点と点が繋がりました! というお言葉。決して他の霊能者の方がウソついて

 いる訳ではなく、自分と似たものが視えているから、単に説明が少ないという

 場合があるんじゃないかな?

 私の場合はご相談者の方が納得頂くまで話をするので、最初にご相談頂いた内容

 以外にも、追加で色々なお悩みを聞く事になる事が多いんだよ。

 なぜなら、最初のご相談の問題は、実はそれ単体ではなく、他の多くの事に関連

 している場合が有って、例えば家について霊視を依頼された時は、家単体の問題

 で終わるのではなく、家族の問題だったり、何代も前の先祖からの問題だったり

 する。それが本人の現在の状況に関わってきたりしてくるから、話の要素も

 必然的に増えて、総合的な問題解決に至る事も多いよ。

 私が心がけているのは、本人を怖がらせない様に伝える事かな。

 例えば凄い形相の霊や、もの凄い怨念を持つ霊が私に視えても、ストレートに

 伝えないようにしている。

 ただ頂いたお写真の中にハッキリ写ってしまった場合だと、霊の方もそれほどの

 念を持っている事で写っているから、ここに写っていますよ、、とお伝えする事は

 あるけどね」





霊視に於いては、問題が複雑に絡み合っている事が多いと。

まあ人間の業だから単純ではないよな。

写真ね~~~~

最初にお写真を頂いた時には気付かないけど、さとこ に指摘されて、

うわ====!な、お写真も確かにあった。

夜一人でトイレにいけないレベル(泣)





「そして私は必ずどうすれば問題を解決できるか?を徹底的に探る。

 その結果はスグには出ないとか、場合によっては解決が難しい事例もあるけど、

 少しでも早くに改善できる方法を、ご依頼者の方の先祖の方に聞いたり、

 私が多少視えている未来をお伝えして希望を持ってもらう事も最近はしている。

 ただ未来については、視えていても相手によって伝えるべきか否かを判断しながら

 言葉を選んでいるよ」





それはよく言っているよね。

解決方法をとことん探すって。

未来か、、、枝分かれしているし、霊界の中では禁句のような意味合いがあるから

そこは さとこ の話し方次第だと思う。





「私の霊視スタイルに感覚に似ているなと思うのは宜保愛子さん。改めて見ても

 雰囲気的に言っている事が分かるし通じる感じ。

 全く同じではないかもしれないけど、ご先祖様の話を聞くスタイルは似ている。

 あまり怖い者や、怖がらせないように愛情を持つように伝えている。

 おそらく彼女も怖い者を視るのはイヤだったんじゃないかな?私と同じ怖がり

 かもしれない。それを思うに、力を与えている霊に怖い者を視えないようにして

 もらっていたと思う。

 怖い者しか視えない霊能者の方もいらっしゃるみたいだけど、それは霊視スタイル

 が私と全然違っていて役割も違うと思う」





宜保愛子さんか~~~~

既に亡くなってしまったけど、そう言われてみると霊視スタイルが似ているかも。





「彼女のオーラを視てみるとピンク色で輪郭がゆるい波形状になっているよ。

 ピンク色は慈悲の現れで、緩やかな波形状は受け入れる気持ち。

 オーラの幅もこの年代の方の倍以上あって、40~50cmで蓮の花のように

 ピンク色の濃淡がある。

 そして霊視する時に、対象の人に向かって白くて濃いオーラがブワっと出て

 いるね。

 ただTVに出ている彼女は、サービス精神があるから、要望に応えようとして

 無理をしてでも伝えている感じがする。だから相当に疲れてしまったんじゃ

 ないかと思うよ。

 たぶん最初は人の役に立てればという想いで出演しはじめたと思うけど、

 やはり批判する人も大勢いたとだろうし、相当に傷ついたんじゃないかな?

 私が顔を出さない理由は、人の為に霊視するという目的はTV出演で異なる

 方向に向かってしまった姿を視て、やはりそうはなりたくないから。

 霊視なら純粋に霊視として、キチンとご依頼頂いた方に全てのチカラを向か

 わせ丁寧に向かい合いたい。だから電話でお話するスタイルにしているんだよ」





さとこ は改めて自分の霊視スタイルを、私に詳しく教えてくれました。。






ーーーーーーー






世の中には霊感の強い方、霊能力のある方が多くいらっしゃいます。

それぞれに役割があり、霊視スタイルは異なると思います。

ただ、私も さとこ も願うのは、依頼を頂いた時に「ではどうすれば良いか?」

の問いを、もっとご相談者の方にお伝え頂きたいのです。



決して、ご依頼者の方を不安がらせるだけで終わらせては不十分だと

思うのです。





多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)
2016-06-12

モナリザの絵

テーマ:
子供の頃のランニングシャツ&半ズボンから

大人パンツ一丁に進化した しん です(笑)






夏が近づくとですね、子供の頃を思い出すんです。

私、夏産まれなのですが暑さには弱くても、あの開放感は好きです。

まあ昭和の子供ですから、夏は冒頭のような姿だったのですが、

(その頃はパンツ一丁で外で遊んでいませんからね!!)

夏休みなんかというと、どれだけ日焼けしたかを2学期の始業式に

競ったものです。虫取り、プール、サイダー、夏祭り、、遠い昔の想い出です。





我が家の子供も一人除き小学校から卒業していますが、子供の成長の過程を

思い返すと全然違うな~~と思いますね。

虫取りといっても、あまり虫が居ませんし、プールで泳ぐといっても

たまに屋内プールで、サイダーは進化して様々な飲料が世に溢れてます。

何よりゲームが進化してしまって、小さな液晶画面に釘付けになってしまって

いるのを見ると、こんなバーチャルの世界で良いのだろうか、それとも時代を

鑑みない、昭和の子供の戯れ言なのだろうか、、と自問自答しますよ。

子供のゲームにつきましては、大人でさえスマホの画面に今や釘付けですから

大きな声で言えませんしね(笑)





インターネットという情報が無い昭和では、子供の世界なんて言うものは本当に

狭くて、親が購入していた新聞のチラシや、人づてに聞いた情報、そして

何よりブラウン管TV(今や絶滅?)から流れるのコマーシャルやニュース

なんかが大きな影響をもたらしていました。

今でも覚えているのは、上野にパンダが来た時ですか。

その時、私は東京に住んでいませんでしたので直接行けなかったのですが、

さとこ は在住でしたので上野動物園に行ったようなんですね。

とにかくすごい人出で、待ち時間も何時間もあり、大人の大勢の波に押されながら

やっと見れたと思ったら、スグに押し出されてしまった、、と嘆いていました。

それと共に覚えているのは、モザリザの絵が初めて日本で公開された時。

その時は、私も さとこ も実物は見れなかったのですが、TVで流れるニュースで

パンダの時と同じ様に、もの凄い人出で落ち着いて鑑賞できる雰囲気では

なかったようですね。





大人になりパリのルーブル美術館で、初めてモナリザを見た時、他の絵と違って

厳重な防弾ガラスに守られていたのが印象に残っています。

(その防弾ガラスは日本で展示していた時のものを使っているとか?)

その時もおそらく各地から来た方が鑑賞していたのですが、何年経とうが

モナリザの絵は他の絵と異なる魅力が有るようで、大勢の方が居ましたよ。

謎の微笑と言われ、赤外線で創作過程を鑑定されたり、様々な検証をされたり

今でも様々な絵が存在するにも関わらず、この絵だけは何か特別な視点で

見られている感じがしています。





それは何故か?

そう、さとこ がレオナルドダヴィンチの製作過程を過去視して

モナリザの絵を分析してみました!

今回聞いた話は、おそらく今まで誰も分からなかった事と思います。

真実を知るのは、さとチカの読者の皆様だけ!!

これだけ検証されていて、いまだに謎の部分があるのは、霊視できない人が

想像で推測しているから。




そこを さとこ はズバッと斬りますから(笑)

今夜は寝かせないぞ~~~~(笑笑)



さて真実はいかに??

では






ーーーーーーー






「モナリザの絵って何であそこまで特別に見られるんだろう? まるで世界一の絵

 みたいな存在じゃない? この世には色々な素晴らしい絵があるのに、あそこまで

 研究された絵って無いと思う。まあ絵を見ると何とも言えない謎の微笑みの表情

 で描かれているな、、と思うけど。

 レオナルドダヴィンチが天才だったからなのかもしれないけど、何か常道を

 逸している感じは受ける。何でだろう??」





私はネットサーフィンをしていて、モナリザの絵の画像にたどり着いたのですが、

何度見ても、何とも言えない雰囲気を醸し出している感じは、子供の頃から

ずっと思っていたんです。





「モナリザか、、まあ何年経ってもあの絵は人をして何とも不思議な感覚を与える

 だろうね。一見暗い絵に見えるけど、なぜそこまで多くの人が気にかけるのか?

 何が伝わってくるか? は絵を視ていれば分かるよ。

 今までこの絵の分析は多くの研究者にされてきて色々な説が有るみたいだけど、

 私はまずは単純にモナリザを描いた時のダヴィンチの気持ちに入って、純粋に

 絵として霊視してみるよ」





おっっ! 話が早い!!

俺の子供の頃から感じて来た事が分かるか!?

霊視だからな~~~ 想像の論評ではなく直接過去視するから、

今までに無い事が分かるかも。ん~~~マンダム(古い)





「じゃあ視るよ? ん~~ まずこの絵を見た人が感じるのは、絵の書き方に関係する

 んだけど、まず顔だけが見える感じ。この時代の絵の描き方は、人物の衣装や

 帽子なんかがカラフルで様々な箇所に目が行くんだけど、それに反してモナリザの

 衣装は地味で、髪の毛の黒っぽく装飾的な物がない。

 だから顔がすごく目立つんだよね。そしてその効果で目に視点がいくようになって

 いる」





まあ一見してそうだよな?

顔と手以外は黒っぽい感じだから、、あ、そうか計算された絵か。





「この顔の表情が神仏的な感じなの。単なる女性の絵というより女神のような

 雰囲気。そしてこの背景がどうも大切で、自然が描いてあるんだけど、普通の

 景色というより輪廻というか遠い記憶を想像させるような効果がある。

 モナリザは絵ではあるんだけど女神のようだから、人が見入ってしまう雰囲気が

 あるの。

 モナリザのモデルの事を色々と言われているけど、この絵を描いた時の

 ダヴィンチの気持ちが伝わってきて、最初はある女性をモデルにしているみたい。

 何枚もスケッチを描いたりしてるし、この絵を描き始めた時も。

 元々はそんな始まりだったんだけど、描いているうちに何か衝撃を受けているね」





あ~~言われてみれば確かに女神的な雰囲気。

信仰がかった雰囲気か、、

でも衝撃って? なにそれ??





「背中からドンと来る様な感覚で、急に目の前が真っ白でキラキラした物が見えて、

 まるで暖かい天国のような真っ白な世界が急に広がった。

 そして女の人の声が聞こえている。

 姿は見えないんだけど、声だけが右耳の側で後ろからささやかれているね。

 私を描きなさいって。

 しばらくしてダヴィンチは現実に戻るんだけど、今起こった出来事の意味が

 分からない。ただ目の前には描きかけのモナリザの絵があって、彼はこの

 絵を描いているうちに分かるのだろうと、また筆を進めたみたい」





モナリザの絵を描いている途中にそんな出来事があったの?

いや~~~ これは聞いた事の無い話だ、、





「それから描き始めるとモデルの顔はどうでも良くなって、自然と筆が動くような

 感じになり、そして先ほどの声を思い出して神の啓示だったのだと思った。

 女神を描かなくてはならないんだろうな、、と。

 どうすれば女神を描けるのかと追求したのが、このモナリザの絵なんだよ。

 だから何度も何度も違うと修正しているよね。

 特に表情については相当な描き直しをしていて、石像の女神像を見に行ったり

 思い出しながら、どうすれば絵の中に石像のような物を表現できるか?追求

 している。結果、眉毛が邪魔だった。最初は描いていたみたいだけど、違うと

 思ったみたいで修正して消しているよ。

 背景については相当に悩んだみたいで、当時はハッキリ描いてみたり、木を

 近くに描いたりするのが普通だっんだけど、モナリザは女神を描こうとしている

 絵なのだから、人間だけのメッセージではないと解釈したの。

 だから当時に金持ちから依頼される今まで通りの様式ではなく、背景については

 遠くにいる色々な生き物や森にいる動植物などの広範囲の者達への愛、、

 そういうものを表現したかった。

 だからこの絵を見た人は、生命の遠い記憶を思い出すような、輪廻のようなものを

 想像するといった効果が出ている」





神からの啓示の絵か、、、

神秘的要素が付加されているわけだ。





「それと手の部分についても力を注いでいて、優しい母親の手のようなもの、

 特に子供の頃に感じる若い母親の手という要素を合わせた。

 つまりそれは神は歳をとらないから、全ての人に対して慈悲深い愛のある手を

 差し伸べ包み込んでくれるイメージを伝えたかったみたい。

 だからこの絵を見る人は安堵感とか、何か許してもらえる、助けてもらえる、

 そして見守られているような感じを受けるんだよね。

 一種の催眠術にかかっているような陶酔した気持ちになる」





モナリザの手にもそんな細かい計算がなされていたのか、、





「ダヴィンチが晩年までこの絵を描いていたけど、神の啓示を受けたという事は

 自分がやっと画家としても神に認められたという喜びや感動を含めて絵に

 している。

 神は自分にしかできないと思って、来てくれたんだから期待に応えられるように

 絶対にその使命を達成させなければならないという、強い使命感でこの絵を

 描いている。

 ダヴィンチは絵の天才でもあったから、金持ちの人から絵を描いて欲しいという

 依頼は常にあったようだけど、決まりきった様式で描く事でイヤになっていたの。

 モナリザの絵で似た様な絵が有るのは、似たポーズにしてこのレベルで良いだろう

 と仕上げているから。

 今、ルーブル美術館にあるモナリザは、ダヴィンチが長期に渡って書き続けた

 神を表現しようとした絵なんだよ」





さとこ はモナリザの絵を視て、どのような気持ちでダヴィンチがこの絵を

描いたのか解説してくれました。。






ーーーーーーー






モナリザ



世紀の天才が残した世界一有名な絵。

多くの人を魅了し、今なお研究が続けられている絵です。

様々な説が唱えられ、色々な視点が常に存在する絵ですが、

それは単にモデルを描いたのではなく、ダヴィンチが神の啓示を

受け神を表現したかった、、

それが本意だったのです。




この絵はきっと未来でも多くの人を魅了する絵として

存在すると思います。









多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2016-06-05

マイケルジャクソンの想い

テーマ:日常
梅雨に入りましたね~~~






やっぱ、つゆ と言えば桃のマークの つゆ ですかね?

それに茹でた蕎麦を冷水でキリッと冷やして、薬味に刻み海苔とか

わさびを添えて、思いっきりすすりながら食べるとウマイ!!

冷たいうどんとか、素麺も良いんですが、これから暑くなる時期を

控える今頃は、私は蕎麦派ですね~~~ ♡ THE 日本人って感じ?

そもそも、、、 え? つゆ違いじゃないか?

あ~~~れ~~~~~????





どうも食事の支度をしながらブログを書いていると、頭の中が

食べ物に関するお花畑になってしまう、、、

えとね、今夜は鳥の唐揚げと鰹のタタキ、、その他もろもろ予定?

唐揚げと鰹のタタキって何か食べ合わせが悪そう、、いや我が家では

この組み合わせは初なんですけど、子供は唐揚げを食べたい、大人は鰹を

食べたい、でこんな組み合わせになっているんですが、各々がそれだけを

食べるはずはなく、総じて食べ合わせ状態になると予想してます(笑)





今は下ごしらえの肉の漬け込み中ですので、その間を利用してブログを書いて

いるんですが、ちなみに我が家の唐揚げの下味は、

*醤油
*にんにく
*しょうが
*酒
*塩
*胡椒
*ごま油
*鶏ガラスープの素

などですね。これに肉を数時間漬け込んでから揚げます。

160℃の油で最初に揚げ始めて、こんな感じかな~~のタイミングで

一度引き上げ、5分後くらいに今度は180℃の油で揚げるんです。

まあ2度揚げをしているんですけど、これをする事で中はジュワ~~&

外側はパリッと仕上がって、これまたウマイ!!

ホントはこれに合う副総菜を適当に作ればそれで終了のはずが、

家族のリクエストが絡む結果、先のような変な食べ合わせに、、、

ん~~~ 汁物はたまごスープにしたいところですが、味噌汁にするか、、

って感じですね。





こう書くとまるで私が一心不乱に調理している感じを受けられるかも

しれませんが、いつも「ながら」ですよ?(笑)

たいがい音楽を聞きながら、適当に身体を動かしてヒョイヒョイ料理してます。

曲は以前にもお伝えしていたと思いますが、80年代~90年代の物が多いんです。

若い頃に聞いていた曲が合っているんですね。

今回の表題のマイケルジャクソンの曲はそれはそれで流行りましたから、

ノリも良いし聞く回数も多いです。





ただ、彼の事を思うにあれだけのスーパースターが、最後は薬の過剰投与で

亡くなってしまった事に、何か寂しさを感じてしまうんですよ。

50歳で亡くなる数年前から、裁判だの何だのと常にバッシングを受けていた

記憶もあります。

もちろん さとこ もマイケルジャクソンの曲は良く知っていますし、

あの曲のキレはスゴ過ぎると良く言っていました。


それなのに、晩年は、、

そんな想いもあり、今回はマイケルジャクソンが当時どう思っていたのか?

前世や、産まれてきた理由も、さとこ に聞いてみました。





若い方で、もし当時の映像を知らないという方がいらっしゃったら、

一度ご覧になって欲しいです。

かなり天才的な様子が良く分かりますよ。





ほな!(関西風)






ーーーーーーー






「またマイケルジャクソン聞いてるの? まあノリがいいから好きだけどさ。

 あなたがその曲を聞く事で心地よくなるのであれば、それは好ましいよ。

 曲というのは人を幸せにする効果があるからね」





先に私がマイケルジャクソンの曲をイヤホンで聞きながら「ポウ!!」とかの

ポーズをしている姿を見て、さとこ がこのように言ったのでした。

だって歳はとっても若かりし頃の曲はノリノリになるからなんですけどね(笑)


でもさ~~ 晩年の状況は可哀想だったよな、、





「確かに晩年のマイケルジャクソンは色々な人に叩かれまくりだったよね。

 裁判とかも起こされていたし。何か人目を避ける様に外出はあまりして

 いなかったんじゃないかな? ネバーランドだっけ? 膨大なお金をかけて

 子供の為なのかな、、理想郷を作っていたよね。

 マイケルジャクソンの亡くなる前の心理とか分かる?」





私は物はついでと、さとこ 聞いてみました。

さとこ がしばらく黙っているな、、、と思っていると、PCで彼の写真を

検索しているようでした。





「・・・この人の晩年の写真を視ていると、もの凄く寂しいという気持ちが

 伝わってくるんだよね。その寂しさというのは大人が感じる空しいような物では

 なく、まるで子供が遊んでくれる人がいなくて、みんな居なくなって一人ぼっちの

 ような寂しさ。亡くなった時の写真をみると、そこからは今度は安堵感が伝わって

 くるんだよ。やっと終わった、、って」





何か寂しさのような物は当時、その片鱗を感じたけどそれは大人の感情ではなく

子供の寂しさ?? そして亡くなった時には安堵感を感じている??





「この人はものすごく心が幼い。子供の心のままで成長していないから、もの凄く

 心が純粋なんだよね。だからいわゆる大人の駆け引きとか、表裏のあるとか、

 そのような思考は上手くできないし理解もできない。そして何より嫌い。

 騙されやすいところもあって、人から心配している、あなたの事を想っている、

 などと言われるとスグに信じてみようかなと思う傾向があるよ。

 子供に関する事にしても、この人なら信用できるだろうという人に託している

 様子が分かる。秘密はそれなりに守られたけど、結果としては理想通りには

 ならなくて、この事に相当にショックを受けている様子だね」





そうか、、そこまで心が純粋なんだ。

大人になっても子供の心のままというのは珍しいね。





「ネバーランドや、ペットの猿のバブルス君、そして子供などにこだわったのは

 大人が信用できない反動みたいなもの。自分の親はおろか兄弟さえも、

 お金の事になると人が変わってしまって信用できなくなってしまったから、

 新たに自分の友達、兄弟に近い存在、新たな親族が欲しかったんだよ。

 とにかく本当に心から自分の事を分かってくれる人が欲しかった。

 そして子供をネバーランドに招いていたのも、子供から育てていけば、自分の

 話もキチンと聞いてくれるのではないか? という想いだったみたいだよ。

 子供はわがままだけど、大人に比べれば表裏が無いし、自分を大スターだとか

 お金が有るとかそういう視点で見ないからね。

 ネバーランドの中に居れば、誰にも邪魔されないで無邪気に笑ったり、遊んだり

 そんな事が自然体で出来るんだよ。そんな環境が欲しかったんだね」





ネバーランドか、、、変わった物を作ったなと思っていたけど、その

深層心理はそんな事だったのか、、言われてみるとそういう雰囲気を感じる。





「一歩でも外にでればファンに囲まれたり、取材にあったりと一時も心休まらない。

 そしてそんな彼の一見奇異に思える行動は、晩年には黒人からも白人からも

 何かと批判されていたよね。

 マイケルジャクソンは黒人だけど、白班病を患っていたから少しずつ皮膚が

 白くなってしまって最後は全身に広がってしまった。それを知らない人は

 何か医療で皮膚を白くして白人になりたかったのではないか? と疑惑を持たれて

 しまったようだけど、この病気は免疫力が低下していった過程だったんだよね。

 だから晩年は相当に身体が弱っていたはず」





あ~~それは有名な話だよね。

この病気を知らない人は心ない事を言ったようだけど、何より免疫力の低下と

共に進行するから本人は相当に辛かっただろうな、、





「裁判の中で、自分が信用していた子供さえも、自分が虐待したという証言をして

 彼は心を打ち砕かれてしまったんだよ。子供であれば信用できるという想いは

 無になってしまって、この件が一番辛かったと言っている。

 だからもう自分には心落ち着く逃げ場は無いと思ってしまったんだよね。

 今まで頑張って走り続けてきて少しでも信用できる人と心を通じたいと思って

 いたのに、もう誰も分かってくれないし見方になってくれる人は誰も居ないと

 思っていたの」





自分が一番信用できると思っていた子供にそう言われると、、、

ホントに何も信用できる物が無くなった訳で、だから寂しい想いが

感じられたのか。





「だから亡くなった時には、これでやっと終わると、死後の世界は自分の

 地位や名誉や財産も関係無く受け入れてくれる、本当に分かってくれる人が

 いて、やっと平等な世界に行けると安堵していたみたい。

 この世に未練は全くないから、マイケル本人の霊は現世にはいないと思う。

 この人が産まれてきた理由は、天使のような奇麗な声を世の中に与える為

 なんだよ。この人の声にすごく意味があった。

 その声に対して有名になった事で真っ当に役目を果たしたんだけど、そこに

 お金が伴う事は本人も、そして生命を司る神も求めていた訳ではない。

 最初からその声で人を幸せにしたいという想いは持ち続けていたんだけど、

 お金を目の前にすると、いとも簡単に心が変わってしまう人を、あまりにも

 多く見すぎて本当に辛かったらしい。

 この人の魂は天使の声と姿で心は純粋。だから繊細で子供っぽい。

 それが普通の大人からすれば変わり者にしか見えないだよ」





声を多くの人に届けるのが産まれた理由か、、

でも現世では、それに伴うお金が付いて回ってきたわけね。

それは本望ではなく、しかもそれで人の心が変わる状況が辛かったと。





「この人の前世は人間になれなかった天使。ヨーロッパの森の中の湖の近くに居て、

 奇麗な鳴き声をしていて、鳥とリスザルの間の子に羽が生えたような姿をして

 いる。大きさは中型犬くらいかな?

 仲間が居て、この天使が鳴くと回りの天使が踊ったり喜んでくれたみたいだけど

 少人数だった。周りの木や鳥なんかも喜んでくれたけど、もっと多くの反応が

 欲しかったみたい。

 それである時、精霊の主に相談したんだよ。

 もっと多くの者に喜んで欲しい、喜んでいる姿が見たいってね。

 精霊の主からは、あまりお勧めできないけど歌への反応が大きい人間になって

 みるか?幸せなだけではないかもしれないと言われたんだよ。でもこの天使は

 人間を見た事がなかったから動物の一種で反応が大きいんだろうな、、という

 程度の認識だったの。

 それで人間になってみたい、多くの生き物に喜んで欲しいと願ったから人間に

 なったの。前世が人間でないというのは、ほぼ無くてすごくレアなケース。

 結果として人間になったけど、目的外の事で相当に傷つけられたから、亡くなった

 時に安堵したんだろうね。もう二度と人間に生まれ変わる事はないし、森の中に

 帰っていったと思うよ」





さとこ はマイケルジャクソンの想いから、前世や産まれてきた理由を霊視して

私に伝えてくれました。。






ーーーーーーー






マイケルジャクソン



まさに時代のスーパースターでした。

当時は彼の姿をTVで見ない日は無いほどに、かならずどこかに存在していました。

ただ本人は人間界の多くの者に傷つけられてしまい、亡くなった時には相当に

安堵していたようです。

それは、彼が前世で天使だったからこそ、純粋なままで現世で生きていたから。

普通の人ではない事は多くの現世の人の心を掴み、人間に産まれた目的を

果たしましたが、それと同時に人間の心の汚さをまざまざと見せられてしまい、

意気消沈の中で亡くなってしまいました。



そんな特殊な存在だったからこそ今でも伝説として残るのでしょうね。

もう彼の魂は人間に出会う事は無いようですが、、、









多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。