■■■■■■■ ソウルシェイプ霊視鑑定を始めました ■■■■■■■


          お申し込み多数のため、皆様をお待たせしないように、
         
          現在受付を停止しています。

          1/30日中までにお申し込み頂いた方が全員終了後、

          再開致しますので、しばらくお待ち下さい。

           なお、お電話での霊視は別途お受けしていますので、

          ご遠慮なくお申し付け下さい。

       ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           【お申し込み頂いた方へ 1/25更新】

          整理番号 144~151番までの方を受付致します。
 
          ご返信を確実にするため迷惑メール設定解除をお願いします。
          

          お申し込み頂いた全員の方に連絡済です。

          お申し込み頂いた方で受付番号が過ぎている方は

          お手数ですがご連絡下さい。

            現在お待ち頂いている方の人数は 約20名 です。

         
          
         
                 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-01-31

霊視による桃太郎

テーマ:
一週間のごぶさた♡






え?何がって?  ん? 何を想像してるのかな?

もちろん、くんずほぐれずの さとチカの更新じゃないですか!

あんな技使ったりこんな技使ったりで汗だくですって(H)

朝まで寝かせないよって感じ?(笑)





ところで昨日、子供のクラブで使うバイク用のエンジンを受け取りに

行ってきたんです。

さとこ が去年の末に、純正メーカーの本物の50ccのエンジンを

直営店に頼んでおいて、入金も済ましてあったんです。

マジもんのエンジンですよ?

バイクにまたがっているだけであれば、その重さは分からないんですが、

単品で持ち上げてみると実に重い! 推定で20kg有るんじゃ無いかと。

車のトランクに入れるのもひと苦労でしたね。

いや~~ 50ccでもこんなに重いとは思いませんでした。





ところで純正のバイクショップですから、それはそれはピカピカの新車が

多数飾られているわけで、昔バイクに乗っていた私としては、かなり

目の毒でした。

学生の頃には、この類いのショップには通ったものですが、何十年ぶりに

立ち寄った感じ。

そもそもバイクに乗れなくなったのは、私の実家の車庫で厳重に保管していた

バイクを盗まれたからなんです。

高校生の頃から欲しかったバイクで、数年後には新車では販売してなくて、

お金も無かったので、当時中古で30万円でやっと購入した記憶があります。

それが今ではフルノーマルの中古だと200万円くらいするみたいで、

新車価格より高いプレミアバイクになってしまいました(泣)

ちなみにコレ











まあ、私も若気の至りで、コール鳴らしまくりで深夜に集団で暴走して、、

というのはウソですから! そういう連中に盗まれたのが明白だった

ので(後日変な改造で発見された)今でも怒りは収まりません。

発見された時のあまりの無惨な姿に、完全ノーマルで大切にしていた私は

悲しみで、廃車費用を支払って処分したのでした。

その時、我慢してまた元通りにしてやれば、上記のような価値になって

いたと思うと残念ですけどね。





でもね、私はまたバイクに乗る事を夢見てます。

今は色々大変ですけど、さとこ と所帯を持った時から、そして車を購入しても

言い続けています。

さとこ には「さっさと買えばよかったじゃん」と言われますが、盗まれた経緯も

あり、自宅内で、できれば室内で保管したいくらいなんです。

それが今では色々と無理な状況ですから、、果たしてバイクに私が再び乗れるまで

体力気力が持つか、、、でもこれをしないときっと動けなくなった時に後悔すると

予想しますので嫌でも乗りますとも(笑)





おっと、今日は私の昔のバイクの話になっちゃいましたね。

そうそう昔話といえば、桃太郎が有名ですよね!(無理矢理)

今回 さとこ とネタ話になった時、昔話の事になり、そう言えば過去ブログに

浦島太郎やかぐや姫の話を書いた記憶はあるんですけど、桃ちゃんは(←?)

無いよな、、という結論になり、じゃあソレで! という軽いノリ?(笑)






桃ちゃんいくよ~~~~!

桃ったら桃! そういえば家に桃缶あったな、、後で食べるか、、(ちがう)



そう言えば桃尻なんていう言葉も有りますよね?

いいな~~桃尻♡ うんうん(また話ズレた)





まあズレまくりで話進めるYO!






ーーーーーーー






「昔話って行ったら桃太郎でしょ。何話かブログにしたけど、この話は さとこ に

 聞いてないから。いや、さわりを霊視してとりとめも無い感じだったら、

 違うネタにするけどさ」





私は今回のネタを探していた時に、そういえば単純に桃太郎の昔話を聞いた事が

ないな、、と想い出し さとこ に聞いてみたのでした。





「桃太郎をやっていなかったっけ? ふ~~ん、、昔の話は伝言ゲームのように

 話の内容が変わっていくからね。ただその話のきっかけになった出来事は

 有ったと思うよ」





語り継がれている話は本当に変わるからね。

時間が長くなればなるほどそれは顕著だと思う。

でも? きっかけは有ったと。





「美化されているのは確かに感じる。桃太郎の話だけど事実では無いのは確かそう。

 でもそれを連想させる事が起こったのも事実っぽいね、、」





さとこ は桃太郎の説明をしている文章を読んでいる最中に、その話の

きっかけになる出来事を、その当時の時代に飛んで行き霊視しだしたようです。

どうもその光景を上空から視ている感じとか。





「桃って縁起が良いから桃という素材を使っているけど、私が視えている感じでは

 何か汚いサビで焦げたようなカプセルみたいな物が視えるね。

 何か宝珠のように先が少しとがっている感じ。そしてその大きさは四畳半くらい

 かな、、 それを当時の村民の人達が見つけたの。

 すごく山奥の小さな集落だから、見つけたのは若い男衆4~5人。

 遠巻きにその妻や子供達が見守っている姿も視える。

 最初はその物体が高熱を発していて近寄れなかったけど、時間が経ってから

 見た事もない物だし大きな岩でもないから、触ってみたり斧で叩いて壊そうと

 したみたい。その時、その物体のロックボタンが外れてドアが開いた、、」





何だそれ? ドアがある四畳半くらいの大きさのもの??

人工的な物が、そこに有ったのか、、

それは見つけた人も怖がるかもしれない。見た事ない物だからね。

で、ドアが開いた、、、





「その中にはミイラ化した身長の低い遺体が入っていた。それが椅子に座った

 状態でベルトで固定されていた。未来的な操縦席で計器がまだ動いている。

 引きづり出して見たんだけど、見た事もない服(現代でいう宇宙服)を着ていて

 男なのか女なのか人なのか判別しがたい様子。

 そしてそれ以外にも、やはり操縦席に座っていた者と同じ様な服を着た

 犬と猿のような動物がいた。どうも計器のついた服を着せられている感じ」





宇宙人キタ! 、、、、かな?と思ったけど犬と猿?? これは地球の

動物だよな、、ますます分からないけど、タイムマシンでワープした未来人とか?

でも死んでいるしな、、





「何となく何年も宇宙を彷徨ったあげくに、地球に落下してきた感じ。

 何か誤操作して失敗した物なのか、、、

 まあそれを見た村民はとにかく怖がって、何か祟りが無いようにしなくてはと、

 その遺体は全部土に埋めた。遺体が乗っていた宝珠のような物体は大きくて

 動かせなかったから、そのまま放置していたけど、それが有った場所は

 渓谷の河原のような場所で、どうも川が増水した時に流されてしまったみたいで

 そのまま行方しれずになった様子が視える」





ん~~ 昔の人ほど「祟り」という言葉に弱かっただろうしね。

今でも祟られると言われると、いい気持ちはしないけど、

良く無いものは封じ込めようとしたのが、昔の人らしいね。





「その出来事を語り継ぐ時に、当時の人は空から降ってきたという発想は無くて、

 河原に有ったから上流から流されてきたと考えた。

 それで動物も人のような遺体と同じ様な服を着ていたから、家来だと思った。

 犬や猿はもちろん当時にもいたけど、服を着ていたから人と話せる存在だと

 考えたみたい。

 そのような人が上流から流れてくるのは、何かの神の使いか、もしくは悪魔の

 使いなのかどちらなのか? と思ったようで、語り継がれている内でも、特に

 自分達に危害を加えられていないし、たまたま、その物体が墜落した村は、

 農作物が豊作になったり、冬の雪が少なめだったりしてきっと良い事をしに

 きてくれたんだろう、、という事になってきたみたい。

 もともとこの地域は豪雪地帯で農業の仕事も冬場は困ったようだし、

 また雨乞いなど自然に対する祈祷はしょっちゅう行っていたみたいだから」





確かに空を飛べるのは鳥くらいしか知らないだろうから、上流から

流されてきたという発想はごく自然だろう。

それを発見してから、災いもなく、たまたま気候がよかったおかげで

豊作になれば、良い方向に捉えるだろうね。





「それから数年は暖冬が続き、農業の豊作もあり飢餓はなかった様子。

 その落ちて来た物体だけど、長年宇宙線にさらされていたのか、燃料に放射性

 物質を使っていたかの理由で、その落下地点の植物が異常に大きくなったり、

 違う形で育ったり、大きな実がなったりした。

 それが土地の悪(鬼)を追い払ってくれたという話に変わっていく、宇宙船の

 ような物も、時間が経過する内に桃というきれいな物に置き換えられ、

 乗っていた人が小柄だったから、子供という話になり、加えて中に居た

 犬や猿を家来にして、鬼をやっつけてくれたんだろう、、という話に変わって

 来たの」





それを聞くと、だんだん桃太郎の話に近づいているよな?

でも、ここまで話が変わってくるか、、、伝言だから仕方ないけどね。





「その話が旅人によって噂話のように各地に伝わった結果、地域によっては

 少しずつ異なる話になっていったみたい。例えば桃を食べたお爺さんお婆さんが

 若返って桃太郎を産んだとか。たが桃というキーワードは必ず使われていた

 ようで、中国から入って来た文化も混じって、身体に良い物で栄養価もあり

 元気になるから、余計にこの話が伝わる一員になったみたい。

 そして桃の形はお尻にも似ているから、桃から産まれた、、と。

 吉備団子や鬼が島はさらに後期になって加わった話だし、宝を持ち帰った

 という話も豊作だった事がそれに置き換わっている」





でたね~~~ 桃太郎解読しちゃったね。

これは誰もしらない新説ですって(笑)

さとこ の霊視のなせる技か、、、





「最初に戻るけど、この宇宙船のような物は何だったかというと、

 まず宇宙空間にはどうも時空のねじれのような空間があって、それは

 つねに移動しているみたい。そしてたまたま地球の近くを通った時に、

 この宇宙船のような物は、短期間の間だけ、人とそれ以外の動物の

 身体機能や感情を調べるために地球から飛ばされたものだったのが、

 その時空のねじれの空間に入り込み、急に時間が逆行してしまった結果、

 長い年月を経て桃太郎の話の発祥となった当時の地域に墜落して

 しまった物。

 この船は、、、アポロ計画って昔あったじゃない? それの前なのかな、、

 今から何十年か前にあった出来事みたいだよ」





さとこ は桃太郎の昔話について、そんな出来事があった事を

私に語ってくれました。。






ーーーーーーー






桃太郎



現代に伝わっている話を読むと、絶対に不自然じゃないですか?

人が桃から産まれる?? ありえないっしょ!です。

今も何かの話がありえないっしょ! と皆様が思われている事例が

有ると思いますが、それは長い年月が経過した結果、尾ひれはひれが

付きまくって伝わっている話がほとんどみたいですから。

現代でも「何言ってるの?」みたいなお話もありますけどね。




またしても事実を語ってしまって、ロマンぶっつぶしな感じに

なってしまいましたね。

まあ私どもも「ありえないっしょ、何言ってるの」の人なのかも

しれませんが(笑)










追)先に私どもの近況を書いたためか、これを読まれている方で

  ご依頼を躊躇されている方がいらっしゃるのであれば何もご心配なく。

  今週も さとこ は皆様のご相談に連日のっていましたし、何より

  私どもより遥かに大変な方がいらっしゃるのは事実ですから、

  ご遠慮なくお申し付け下さいね。

  実際に霊視できる日までには私どもの問題の全ては解決していますので、

  先の予約の感覚で大丈夫ですよ。

  以上CMでした(笑)





多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD
2016-01-24

ペットの想い

テーマ:日常
こんばんは しん です。






前回の我が家のペット;マリモ(ポメラニアン)の危篤に関して

多くの皆様のご心配や応援コメントを頂き、本当にありがとうございました。

マリモの容態ですが、一度は鳴き声を出すまでに復活したのですが、現在は

また横になってしまっています。

毎日動物病院に連れて行き、点滴を打ち、そして今回の症状の最大の要因である

癲癇(てんかん)止めを打つという流れになっています。

最初に癲癇を起こした時の発見が遅かったらしく、どうも初期の処置が遅くなると

その症状は何度も現れる病状のようです。

その他の血液の成分に付きましても、獣医さんに言わせると決して安心できる

ものではなく、出来うる限りの事をしてもらっている、、そんな感じです。





皆様に頂いたコメントを拝見するに、やはりペットを亡くされた方のお気持ち

またそれを乗り越えて私どもを励まして頂いたりと、我が家の中にそんな皆様の

暖かい想いが流れてきている、、と さとこ は言っていました。

私も感は全く鈍いのですが、どうしてもそう思わざる得ない物を感じます。

そしてご依頼頂く方の中には、私どもと同じような境遇のペットが居たり、

もしくは亡くされてしまった方々が、どのような想いをしているか? が

聞きたい、、そんなご依頼が多いです。





だいたいの方はワンちゃんやネコちゃんの事が多いですけど、時には小鳥を

視て欲しいというご依頼もあります。

そんな霊視を多々お受けしていますので、さとこ がこれまで視させて頂いた

お話のと、そして我が家の場合(マリモ)に対して具体的に さとこ が

どのような処置をしているか? を霊視の観点で書かせて頂きますね。

返信コメントの限られた中では、どうしても詳しくお伝えできませんでしたので。





皆様から頂いた暖かい気のお礼という訳ではないですが、飼い主に愛されて

可愛がられていたペット達は、肉体が亡くなった後でどのような行動をしているか?

を書かせて頂きたいと思います。

これを読んでいる読者の皆様も、きっと同様な体験をなされている方が多いと

思います。

各ご家庭のペット達では、もちろん各々の細かい部分の感情はそれぞれですが、

これから書かせて頂くのは、その共通の部分です。





なんか真面目な文ですね。

申し訳ないです。



では






ーーーーーーー






「こんなにも皆様から応援のメールを頂いたんだよ。ありがたいよね」






私は皆様から頂いたコメントを さとこ にも見せました。

さとこ はお一人お一人の文を時間をかけて読ませて頂いた様子です。





「お一人お一人の気がとても暖かい。文章から滲み出ている。以前にあなたに

 教えた言霊ってあったでしょ? まさにこれらがそのものなんだよ。

 一度発せられた言霊というか、皆さんの気持ちは消える事なくずっと我が家の

 空間に漂っている。霊とは違うけど気をとても感じた。すごいし私もとても

 ありがたい気持ちになる」





そうだよね、、だからと言っては何だけど、ペットを飼われている方や

亡くされた方のために何かこれまで さとこ が霊視した事を伝えて欲しい。





「可愛がっていたペットの気持ちを知りたいとご依頼してくる方は多いね。

 気持ちは通じていても、直接会話ができないというのが辛いんだと思う。

 だから私は今まで、そのペット達の事をできるだけ細かく伝えてきたよ。

 まあほとんどがワンちゃんやネコちゃんが多いけどね。

 ご依頼の状況は物言えず亡くなったペットや、亡くなりそうなペットに対して

 どのように想っているか? どうしてやればいいか? そんなご依頼。

 私が今まで霊視してきた中で分かった事は、動物の気持ちってとてもシンプル

 なの。人間と違うなと思うのは、当たり前だけどもの凄く視野が狭いから。

 つまり関わっているのは、飼い主や家族、多頭飼いしている場合は、他の動物達が

 視野の中心だから」





動物は視野が狭いか、、

確かに野生と違ってペットの場合はそうだよね。





「そして人間で有る様な対人関係の悩みのような感覚はない。対人で悩んだり

 恨んだり憎むという感情はないの。これは普通に飼われているペットを霊視して

 いるからかもしれないけど、動画で虐待されてきた動物が、後に保護されて

 優しくされる、、なんていう話があるじゃない? そんな動物達は人間達に

 優しくされると、人間に対する恨みや憎しみが消えているの。それがいつも

 不思議だと感じる。

 ことわざで犬は三日飼えば三年恩を忘れないというけど、そのように保護された

 動物達は人間と違ってあまりにも憎しみが残っていないの。そういう気持ちが

 すごく伝わってくる」





あ~~~ そういう動画や話は良く有るよね。

最近は動物虐待法なんていうのがやっとできているけど、それでも虐待されている

動物達は多く居る訳で、、俺なんかはどうして虐待できるの? という感情が

そうした人に対して怒りをまずは感じてしまうけど、、

そうか、さとこ が視ると保護された動物達はそういう感じで、人間に恩を

感じているのか。





「分からないけど、それが寿命が短い一員かもしれないと思う。魂の位が高いと

 いうか汚れていないというか、、

 人の相談は過去の色々な事を引きずっている事が多いけど、ペットはすごく簡単に

 相手を許す。そして恨んだりしない。

 生前に怒ったりすねたり焼きもちはやくけど、死後は感謝とか愛情しか残って

 いない。色々な方が、犬の恨みとかネコの怨念とかいう話を聞いた事があるかも

 しれないけど、どういう動物がそのような物になるのか、現代の飼い方だと

 分からない。視えた事がないから。

 今回マリモを視ていると、すごく助けてとか、どこが痛いとか、もうダメだとか、

 頑張りたいとか色々な事は言うけど、そんなに生死を彷徨っている苦しい時でも

 危篤の時は動物病院から魂だけ家に帰ってきて私の側に居たり、意識がある時には

 私が悲しそうに泣いていると、私を心配して泣かないでと舐めてきたりした。

 そういう状況の時に果たして人間の場合はそういうようになれるのかな、、と

 思う」





マリモの話は断片を聞いたけど、そういう感じだったか。

自分よりもあくまで飼い主への感情を忘れないんだね。





「今回、マリモを看病しながら体内透視をしたりエネルギーを送ったりしたけど、

 マリモの感情を読み取るから痛い部分が割合早く分かったり、癲癇を起こして

 怖がっているのは早く分かる。

 そしてマリモのエネルギーが落ちているのも良く分かるよ。

 エネルギーが落ちている時に、もの凄く私のエネルギーを送っても、吸い込む

 体力があまりない感じ。

 お腹がはっていた時には、排泄物が溜まっているな、、と手で触ると分かるから

 お腹をさすって出してやる事はできるけど、今回は命のオーラが落ちているのが

 分かるから、心の準備もしなくてはいけないの。

 動物同士でそれが敏感だと思うのは、ウニ(我が家のポメ)を見ていると思う。

 今まで元気で病気や怪我の時には近寄ってきたけど、本当に具合が悪い時には

 近寄ってこない。それは動物の本能だと思うけど、ある意味諦めているというか、

 自分のオーラを守ろうとしているのか、本能的に察知しているな、、というのが

 すごく分かる。

 ある意味、独立した動物というのは、ウニマリのように長く一緒に居ても、

 マリモが死にそうな事が怖くて近寄れない感じ。

 でも少し元気になると近寄ってきたね。

 それだけ動物は生命エネルギーを察知する感覚を持っていると分かったよ」





さとこ はできうる事をやっているのは見ていてよく分かる。

とても大切に扱っていたけど、やはり相当なチカラを使っていたんだよな。

コメントを頂いた方に具体的な事はかけなかったけど、そういう事をやっていたか、、

ウニの行動についても近寄ってこないというのは、本能的にマリモの危機を

感じているんだね。





「今までご依頼で亡くなったペットを数々視て来たけど、たいがいどのペットも

 亡くなっても普通に飼い主の側にいる。今までご相談されたペットの中では

 10年前に亡くなったペットの霊視をしたけど飼い主の方の側に居たね。

 時間が経過しようと、それだけ飼い主の事を気にしているよね。

 たいがい生前によく居た場所に座っていたり、部屋の中を歩き回っていたり、

 はたまた寝室に居た事もあった。

 そして訴えてくる事は、埋葬する時や遺体の側にぬいぐるみとかを入れてやると、

 独りぼっちではないと喜ぶね。
 
 霊界でも愛されている証拠という感じで自慢をするし、それについてよくよく

 お礼を言って欲しいと訴えてきたりしている」





独りぼっちではない、、飼い主の愛情の記しとしてのぬいぐるみか、、

自慢までするんだ。そうなんだ、、





「ペットロスで悲しんでいる飼い主に対しては、自分のせいで悲しませている事を

 悲しんでいる事が多い。だから自分のせいで悲しまないでくれと、そんな飼い主を

 みて落ち込んでいる事も多い。

 そして新しいペットを飼おうと迷っている飼い主に対しては、喜んでいる場合が

 多い。時にそれが子犬や子猫の場合は可愛くて一緒に喜んでいたりする。

 新しいペットが飼い主を元気にしてくれている事もね。

 だから飼い主が留守の時には、面倒をみてやったりあやしてやったり、遊んで

 やったりもするよ。すでに面倒をみる先祖のようにね。

 ご相談で新しいペットを飼う事は、前のペットに悪い、、と思いとどまって

 いる方が多いけど、亡くなったペットはそんな事は思ってはいないの。

 焼きもちはやかなくて、どちらかと言うと飼い主が元気な方がいいみたい。

 ペット以外の事で飼い主が悲しんだり、悩んでいたりすると側にいて、大丈夫?

 などと励ましている事が多いから、部屋のお写真を視るとたいがい写っているね」





以前にココに居るって、頂いたお写真を見ても俺にはまったく分からなかった

けど、、





「地上に居るのは成仏していないのではないか?ってあなたは以前言ったけど、

 そうではないのが霊視していると分かる。それはまず霊自体が軽くて暖かい。

 そして色もカラー。気持ちの明るくて落ち着いている感じが伝わってくるから。

 天上と元の飼い主の間を行き来しているんだろうね。霊は思えば瞬間移動できる

 からね。そういう事を踏まえてもペットの浮遊霊は見た事はないよ」






ーーーーーーー






ペットの想い




皆様が大切にされてきたペット達は、いつも前向きで皆様の側にいます。

悲しんでいれば励まし、喜んでいればいっしょにはしゃぐ。

人間と違って、恨むでもなく憎むでもなく、とても魂の位が高いようなんです。




そんなペット達の気持ちを分かってあげて、いつまでも側に居る事を

感じてあげて下さいね。








多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD
2016-01-17

ペットの危篤(お詫び)

テーマ:日常
こんにちは しん です。






最初に、今回はいつもと文章の内容が異なる事をお詫びします。



実は、我が家のペットの体調が非常に良くない状況が続いています。

今までブログでウニマリと記載していた、ウニとマリモ(ポメラニアン)の

マリモ が今週は何度も病院への入退院を繰り返している最中なのです。

先に15歳の誕生日を迎えたばかりなのですが、昨年頃から緑内障を患い、

眼圧が上がり、ほぼ視力が無い状態でしかも股関節の筋力が弱り、いつも

後ろ足に包帯を巻いて固定していて、足を引きずる状態でした。




一週間前に朝に震えが止まらない状況を発見し、呼びかけてもあまり反応を

しなくなり、ついには癲癇の症状(全身が硬直する)まで出る状況でした。

病院では酸素カプセルに入れてもらったり、点滴を打ってもらったり

様々にできうる処置を施して頂いていますが、先生方もどうしたものか、、と

考えあぐねていました。





病院からは、危ない状況だからと自宅に連れ帰る事を勧められ、この土日は

家に居たり、また急激な変化があった時にはスグに病院に連れていったりと

私どもも心労が酷いです。

さとこ に於いては、ここ何日か家にマリモが自宅にいる間は徹夜で看病をしていて

少しでも変化があれば夜でも病院に連絡したりするなど、さとこ 自身も

かなりの疲労・心労を伴っている状況です。

今はまたマリモは病院に入院していますが、先生からは

「できるだけの事はしますが、何が起こるか分かりませんので、

 そのつもりで構えられてください」との言葉を頂いており今に至っています。





さとこ はマリモが「もうダメだ」と訴えている事が分かり、それに呼応して

「諦めちゃダメ。ウニや家族が悲しむから」と必死で訴えている状況で、

その言葉に反応したのか、今朝方は自分で少し食べられるようになったのですが、

夕刻に癲癇を何度か起こし、また入院しています。

当初、さとこ はマリモの魂がなかなか身体に戻ってくれない、、と言って

いましたし、娘に至っては、魂が玄関先で部屋に入っていいのかウロウロ

している姿が視えた(その時はマリモが入院中)との事で非常に危ういです。





今週にどうなるか分かりませんが、生き物が大好きな さとこ は非常に落ち込んで

おり、また悪い事に、お義父さんの大きな手術が控え、さらに子供の入試が

迫っているという我が家にとっては三重苦のような状況です。





さとこ は気丈に振る舞ってはいますが、私は落ち着いての霊視は無理かも

しれないと思っていますので、現在様々にご依頼頂いている皆様へのご案内、

ご連絡が遅れる事になる可能性があります。





私は さとこ の精神状態を考えつつ、また本人の意思のもとご案内差し上げるか

否かを決めさせて頂きますので、現在お待ちの皆様に於かれましては、

ご迷惑をおかけする事になるかもしれませんが、なにとぞご理解賜りますよう

お願い致します。





今回はいつもと異なる文章、また霊視に関連する事柄が記載できずに申し訳

ありません。




しん







(マリモに似ています)



多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。