■■■■■■■ ソウルシェイプ霊視鑑定を始めました ■■■■■■■


          多数のお申し込みを頂きましたので、第2回ソウルシェイプ
         
          鑑定のお申し込みは2016/4/1をもって受付を終了させて

          頂ました。

          なお、お電話での霊視は引き続きお受けしていますので

          ご遠慮なくお申し付け下さい。

         ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

          ソウルシェイプ鑑定をお申し込み頂いた方へ

          
          整理番号11~15番の方に案内差し上げました。

          現在お待ちの方は、約175名様です。 

          (5/10更新)

          
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-22

あるロックバンドメンバーの死

テーマ:
ジャパ=====ン ♪







億千万 ♪ 億千万 ♪

エキゾチ~~ク、エキゾチ~~~~ク ジャパ==ン ♪

ん~~ 古い、、古過ぎる、、

あ、申し遅れました。野原しんのすけです(笑)



まあこの歌は私が若かりし頃に街中で聞こえていた曲なのですが、

色々な曲が流行っていましたね~

皆様もそうだと思いますが、若かりし頃に聞いた曲って、懐かしいし

よく覚えていますよね?

で、最近の曲は耳に残らないと(笑)

何なんでしょう? 若い頃の脳の記憶と歳とってからの記憶って、

そこまで違うものなんですかね?




改めて思い返すと、学生時代の記憶の残り方と就職してからの記憶の

残り方が全然ちがう。

子供の頃の時間って言うんですかね? そこに存在していた自分は、もの凄く

長い時間だったと今でも思い出すのですが、客観的にみて小学生で6年とか

中学、高校で3年間だけですよ?

会社で働く3年って、まあ周りの人物があまり変わらないとか、やっている事が

似た様な事の繰り返しなのか、アッという間じゃないですか?

年末になって「あ~~今年も色々あったな、、」と思い返したりしますが、

その時間感覚の短さは半端じゃない感じがするのは、、、これは脳の劣化??

そう考えると今以上に一日一日を無駄に過ごさないというか、楽しんで過ごさ

ないとソンしちゃう感じがするんです。





おっと話が違う方向に振れちゃいそうですので、話を戻しますが、

流行曲ですよ!流行曲!!

ご依頼頂いた方のリクエストもあり、何人かの方に謎を解明して欲しい、、

などもあり、私どもが若かりし頃に流行ったロックバンドの方を霊視しました。

具体名は避けますが、ヒントは冒頭。(分かりやすすぎ) 

そのロックバンドの中のお一人が謎の亡くなり方をしているんです。




そう言えば、そんな話があったな、、という記憶しかないのですが、

当時は大騒ぎになっていましたよ。

ファンの方からしてみれば、後追いされて亡くなられた方もいらっしゃる程の

大変なご心痛だったと思います。

当時世間で流行ったロックバンドですから、私どもと同年代のファンの方も

大勢いらっしゃるかもしれませんね。

私も改めて、さとこ にその方の霊視話を聞いていると、人となりが素晴らしい

と感じましたので、敢えて文章に書かせて頂きました。





できればそのロックバンドの関係者の方に伝わればいいな、、と思います。

ハッキリとその方の事を解明しましたので、お読み下さいです。







ーーーーーーー







「お電話での霊視で有名人をご依頼されたのは、あまり無いね。

 もちろんその内容は一部なんだけどさ、珍しいご依頼だったし、あなたから

 何人かの方からかリクエスト頂いている話を聞いていたから、ブログにUPして

 みたら良いんじゃないかと」





さとこ は霊視依頼頂いた内容の事を私に伝えてきました。


有名人? あ、あの有名バンドの話ね?

昔は流行ったよな~~ まあ俺達は特に興味は無かったから、曲が聞こえていたな、、

くらいの感覚だけど、確かその中の一人の亡くなり方が謎だったとか?

警察は自殺で終わらせたみたいだけど。

状況的にもドアノブの所で首を吊っていたような亡くなり方だったような、、





「まあ世間では色々言われているみたいだけど、想像の域を出られない訳

 だから、結局当人を霊視してみないと現実は分からないと思うよ。だから私に

 ご依頼頂いたんだと思う。

 お写真を改めて頂いたんだけど、その方のポリシーで素顔は見せなかったらしく、

 どの写真も、ものすごい化粧しているんだよね。だからここまで素顔を隠されて

 霊視できるかな、、と最初思っていたんだけどさ」





あ~~ご依頼頂いた時に、この方のお写真を送ってもらったけど、ブロマイド用

なのかいかにもロックバンド風情だった。もう少し素顔が分かるものがないか、

ご依頼頂いた方にも送ってもらったな、、俺もネットでだいぶ探したんだけど

無かった。

で、その写真で「どう?」と さとこ に聞いたら、何とかなりそう、、という

回答だったよね?





「そう。最初は私もどこまで分かるかな、、という感じだったけど、視えて来たん

 だよ。写真を視ていて、例えば自殺だったら何かに対する憎しみとか悲しみが

 あるはずなんだけど、そのような感情が全然伝わってこなかったんだよね。

 どちらかと言うと、そのような激しい感情ではなくて、寂しいような落ち込んで

 いるような静かな感じ。なにか悩んでいるような変な静さが印象的だった」





そんな感情が伝わってくるんだ、、

毎回思うけど、ただ写真を見ただけなのに、、

まあ俺には霊感とか無縁だからこそ驚愕なんだけどね。





「その当時の様子と気持ちに入っていったんだけど、まず酔っぱらっている

 姿が視えるんだよね。どうも1、2年前からそのような時が度々あった様子。

 何人かの若い男女がいて、グループでワイワイやっている感じで、浴びるほど

 お酒を飲んではいるんだけど、心の奥でずっと悩んでいた。

 少し変だな、、と思ったのは、一緒に飲んでいる仲間がバンドメンバーでは

 ないという事。もう少し年下のスタッフみたいな雰囲気の人達。

 話している内容が音楽という内容ではなく、世間話をメインとした雑談。

 意図的に真剣な話にならないようにしている感じで、本心を言いたくない

 様子だったね」





本来の仕事からわざと外したメンバーを集めて、何か悩みやストレスを

雑談で騒いで解消しようとしていたのかな、、?





「そんな飲み会が終わって自宅に帰ってくると、いつも悩んでいるんだよね。

 どうしよう、、と。

 どうも数年前から10代から積み上げてきた音楽とは違う、大人っぽいバラードとか

 沖縄民謡の音とか、フォルクローレのような音、、そんな違う楽器の音源を混ぜた

 演奏をやってみたいなという気持ちがすごく涌き上がっていたみたい。

 だから舞台衣装にしても、今までの激しい衣装ではなくて、もっと普段着に近い

 ような衣装を着て、しっとりとしたメロディーや歌詞を表現したかったと」





年代が上がるとどんな演奏家や歌手でもそう考えると思うよ。

坂本龍一だって、最初の頃と全然違うもん。

ただロックバンド出身の人は対外的なイメージが強過ぎるから、

最後まで当初のイメージを踏襲していく人達が多いような気がする。

海外でも高齢になっても、元のイメージを崩さない衣装や化粧で頑張って

いたりするからな、、

確かにそれは悩む、、





「彼の場合はそれだけではなく、どちらかと言うとバンドのメンバーを裏切る

 ような事になりかねないと思っていたみたいなんだよ。

 楽器が異なってくると、どうしても仲間を組み替える事になってしまうし、

 今まで応援してくれていたファンの人達に対しても、裏切るような事になるんじゃ

 ないかなって。

 だからずっと考えてはいるんだけど、だれにも言えないと悩んでいたみたい。

 そのストレスから逃げるためか、音楽の事を深く話さなくてすむ仲間の人達と

 飲んで楽しんで気分を紛らわす。それがずっと続いていた状況で事件が起きて

 しまったの」





事件、、あ、その自殺なのか事故なのかという、今でも不明な死因についてだね?

今までの話からすると、悩んでいた事は分かったけど、自殺なのか事故なのか?

いよいよ核心部分だ、、





「その事件の日は、かなり飲んでしまって意識が朦朧で吐き気が酷かった様子。

 眠い感じだけど横になるとスグに吐きそうになってしまう。

 それで色々な体勢を試していたんだけど、肩こりなのかな? それを治すために

 使っていた首を吊るす様な道具を使えば横にならないで済むから、少し楽に

 なるかな? と思ったらしくやってみた。

 一瞬、首が絞まるかな?と思ったようだけど、今までやってきて締まった事は

 ないし、手を当てておけば大丈夫だと思って、ドアノブの所に紐のような物を

 回して首をかけて最初は手を添えていたんだよね。

 でもそのうちに寝始めてしまって、手が外れて一瞬にして紐が締まった。

 それで亡くなってしまったみたい。

 かなり泥酔していたから、意識が途切れがちだし、楽天的な気分でそのような

 体勢にしてしまったところが有るようだよ」





という事は「事故」か。

その後の状況を発見したした人からすると、まるで自殺のように見えて

しまうだろうね。





「そう。だから本人は死ぬ気は全く無くて、ものすごく後悔していた。

 何よりも自分が変な死に方をしてしまったから、バンドのメンバーに死因に

 ついて考えさせてしまったり、自分のせいじゃないかと責める人が居たり、

 何で気付いてあげられなかったんだろうと悩んだ人も居たみたいだったし、

 何よりマスコミがメンバーに押し寄せて、全然異なる報道をされたりして

 かなりの迷惑をかけたと。

 一番大切にしていたバンドメンバーや家族をすごく悲しませて迷惑をかけた

 事が本当に悔やまれて、亡くなってから、違う!自殺ではないという事を

 伝えたいけど伝わらなかった事がとても辛かった様子だね」





霊になってしまうと伝えたくても伝えられない、、

このジレンマは辛いよ。

特にそんな亡くなり方をしてしまって、多くの人を苦しめさせてしまった

後悔の念は分かる。そしてそれだけ人を大切にしていた事もね。





「亡くなった直後は錯乱状態だったけど、今はだいぶ時間も経って落ち

 着いている。バンドのメンバーが曲を作ったり録音している時に、側に

 行ってこうした方が良いのでは?とアドバイスする感じで寄り添って

 いるよ。

 主にスタジオにメンバーが入る時に良くいるみたいだね。

 この方は亡くなっても、人を思いやる気持ちが強いみたいだから、

 いつまでもその存在を忘れないであげて欲しいと思う」





さとこ はそのロックバンドのメンバーの死因について、私に

そんな事を伝えてきました。。。






ーーーーーーー






そのロックバンドは、当時一世を風靡した記憶があります。

色々と世間を賑わせ、多くの人に元気や幸せを与え続けていました。

時代が移り変わり、その後に続く多くのバンドが出ては消えていきました。

この方々の音楽は多くの人に感激を与える役目を持っていますので、

当時のリアルのファンの方々のみではなく、きっと今の若い方達にも

受け入れられる事も多いはずです。



それだけの才能をもった天才の方でも、亡くなり方が不自然な状況ですと

多くの誤解を産み、そして多くの方を悲しませてしまいます。

何より本人がそれをとても苦しんでいますから、どうかこの方の名誉の

ためにも、この事件は自殺ではなく「事故」であったと広まって欲しいです。



その天性の音楽才能を後に続く人達にアドバイスしてあげて欲しいですね。

それだけ登りつめた方ですから。。









多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD
いいね!(332)  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-05-15

学校の怪談

テーマ:日常
どうも君です。どうも!(←?)






あ、私、某国営TV局の回し者ではないです。

単なる変態パンツオヤジですから。

やっぱね~~~ 気温が上がると蒸れるわけですよ。何かが肉まんみたいに(笑)

週末なんかだとモワッと来たりして、これファブリー○物?

内心やべ~~と思いながら、涼しい顔して勤務していたりするものですから、

周りからはイカした好青年って呼ばれて、照れる毎日なんです(は?)





ところでどうですか?

最近、皆さん怖い目にあっていませんか?

我が家は心霊家族だけあって、その目撃情報が日々氾濫している家庭なのですが、

私はな~~~んも視えませんの人ですので、こう度々報告されると麻痺して

しまって「ふ~~んそうなんだ~~」とか「迷惑だよね~~」などと、あまり

記憶に入らなくなって来ましたよ ♪

さとこ のご相談者との会話も、基本、霊にまつわる話が多いですし、子供も

その血を受けついでいますから、子供と さとこ の情報の整合性を話し合ったりして

どんな家族なの?やっぱ変な家族だよな? と 話するのもしょっちゅうです(笑)





一番下の娘が強い力をもっていそうなのは、前々から気付いていたのですが、

今度は長男(中学生)が、普通に視える事をポツポツ話しだしまして、

おまえもか====!!な状態なのです。

朝起きて何気に扉を視たら、ドアの隙間から黒い影の幽霊が覗いていたとか、

部屋の中を色々な者が横切ってウザいとか、最近はですね、同様な事を

学校の中でも体験しているらしく、ほぼ無視しているようなのですが、

前々からエントランスの近くにあるトイレの空気が重い、、という事を度々

言っていまして、かつ霊的な噂も さとこ は親同士で知ったらしく、

何だろう? と思っていたようなのです。





子供の通う中学は、立て替えられて年月も経過していませんので、とてもキレイな

建物なのです。私も何度か行った事はありますが、外観上そのような話とは全く

無縁に感じるんですね。

学校の怪談っていうと、なにか木造の古ぼけた校舎の和式トイレだとか、昭和な

理科室とか、サビだらけのブランコ等の場面を思い浮かべるかと思いますが、全く

その真逆。デザイナー建築か? と思うほど現代的なんですね。


そんな校舎の中ででも、、、というのが今回のお話。




あ、さとチカ怪談話ですから、CAUTION;注意!ですよ。

夜中にこれを読まれる方、これから寝ようと思っている方は、

先にトイレに行ってからお読み下さいです(笑)




夢に出て来ても知りませんからね?

では(怖)





ーーーーーーー






「この間、中学校の方の用事があって出かけたんだよ。子供も言っていたけど

 ここ最近エントランスの近くにあるトイレには噂があってさ、人が居ないはず

 なのに気配がするとか、空気が重い感じがするというのが、他の子供達や親から

 聞いた事があるんだよね。あの学校自体がキレイだから、そんな話が出て来る

 雰囲気は全く今まで感じていなかったんだけど、、」





あ~~ あそこのトイレね。

俺も何度か使った事あるけど、まあトイレも校舎と同じ様にキレイだよな。

言われてみれば若干暗い雰囲気はあった感じがしたけど、霊感の無い俺には

何も分からなかったよ。





「以前にそのトイレに入った時になかなか電気が点かない事があって、壊れて

 いるのかな? と思いながら薄暗い中で利用した事があったんだけど、その時も

 何か変な感じはしたんだよね。まあ他に人が入っている時には普通に電気も

 点いていた事もあって気にしすぎか、、と思っていたんだけど、この間トイレを

 使った時にまた電気が点かなくてさ。これだけ頻発しているなら誰かが学校に

 伝えているはずだし何かおかしい、、と思いながら使っていたんだけど、

 何かBOXの上が妙に気になって、早くここから出たいなと慌てて手を洗い

 始めたの。その時、顔をフッとあげて鏡を見たらさ、、、鏡に写った壁越しに

 半分だけ身体が覗いている感じで、女の人の 、、、のっぺらぼう が見えてさ、、

 怖くなって走って逃げた」





うわ~~~~~ そんなシチュエーションでのっぺらぼう??

怖い!! 怖すぎる!! もうね心理的にダメ。





「のっぺらぼうの姿なんだけど、おかっぱっぽい前髪を下ろしていて、長さは

 肩ぐらいで内巻きにしたような昭和っぽい髪型。白いブラウスで丸い襟、

 襟のフチはレースが有った。

 それに黒っぽいタイトスカートで年齢は30代くらい。顔以外は普通の姿で

 見れるんだけどとにかく目、鼻、口が無い。単に顔が肌色なだけ。

 以前にも私が勤めていた時、たしか休日出勤をした時にのっぺらぼうを見た

 事があるけど、その時もオフィスに自分ともう一人くらいしかいない状況

 だったね。

 他に誰も出入りする状況ではなかったのに、人が通った感じがして、

 もう一人の人と共にそれは分かってお互いに確認した記憶がある。

 その後、もう一人の人が先に帰ってしまったから、私は一人になって

 しまっんだけど、いい加減夕方で日が暮れてきたし怖いから早く帰ろうと

 した時に、何か背後に気配があって振り向いたら、、、そこに居た。

 男の人で昭和っぽい服装の人がこちらを振り向いている。

 だけど顔にはやはり目も口も鼻も無くて、単に肌色なだけ、、、、」





その状況も、むちゃくちゃ怖い!!!!

俺も若い頃は休日出勤した事も度々あるけど、誰もいないオフィスって

夕刻に近づくとそれだけで雰囲気が怖くなるよな、、

残業で遅くなって一人になった時もそうだけどさ、そんな時に

のっぺらぼうって、、、まさに悪夢でしょ!

まるで小泉八雲が小説にした「むじな」だっけかな?

それと全く同じ様な状況じゃん! リアルで小説そのもの!!





「この二つの出来事に共通して言える事は、事前に人の気配をもの凄く

 感じたという事、誰かに見られているという感覚。そして居るのは後ろ。

 後ろに居ながらこちらを見ている。あ、のっぺらぼうだからこちらを

 向いているかな?

 ハッキリと肌色の顔と髪の毛、服装なんかも視えるのに顔だけないの。

 昭和の雰囲気で歳はどちらも30歳代くらい、、というのが同じだったね。

 何か変な感情が伝わってくるんだよ。寂しいような遠慮しているような、

 姿をハッキリ見せるわりには消極的な感じ。

 何かすごく助けを求めているわけでもなく、呪いや怒りのようなものが

 あるわけでもなく、普通に大人しい霊。驚かす意図もない感じがする。

 だから何をしたいかも分からないし、煮え切らないという中途半端な感じが

 あるんだよ。まあ見た本人はすごく怖いけど(笑)」





ん~~ もの凄く意思がなくて、考えも分からないけど姿だけは表情を

除いてハッキリと現しているか、、

聞いていても何をしたいのか分からないや。

単純に驚かそうとしているのかと思っていたけど、そういう感じでもないし。





「じゃあ先日学校に現れた女ののっぺらぼう自体を霊視してみるよ?

 おそらく学校の近くにお墓があるから、その中のどれかに関係している人じゃ

 ないかな? ただ生きている間はすごく幸せではなかった感じがする。

 普通に社会生活はしていて家族も居たみたいだけど、気分的にいつも一人。

 人生を共に歩む伴侶を探そうとしていたみたいだけどチャンスに恵まれて

 いない。それは特に自分から動いていたわけではないし、人に相談もして

 いなかったから。自分の気持ちを誰にも言わないんだよね。

 ただ将来に対する不安が強かったみたいで、自分はこの先どうなってしまう

 んだろう? という感情が伝わってくる。

 そんな不安や絶望を持ったまま半分事故のように亡くなってしまったみたい。

 結果、自分の理想を達成できなかった未練が居るからこの世にいる。

 人に対する恨み等で浮遊霊になる者ではなく、自分自身の人生に対する未練、

 特に人生を共有できる相手と出会えなかった、家族が持てなかった未練だね。

 この悩みを親はおろか友達にも話せない、本当に心を開いて話せない状況で

 人に対して常に遠慮しているから、、すごく聞いて欲しいという感じもなく、

 だからといって悲しいわけでもなく、モヤモヤした感じで煮え切らない性格。

 そんな感情を持ったまま亡くなった人が、おそらくのっぺらぼうになる」





煮え切らない性格の人ね、、

何となくそういう人ってどこにでも居そうな感じがする。





「目、鼻、口が無いというのは、まず自分をあまり出したくない、顔を見せたく

 ないというのもあるけど、主張そのものがないから顔(表情)が作れない

 んだろうね。つまりどういう表情をしていいか分からないという事。

 お面にしても、怒っている顔、笑っている顔など色々主張がある物だけど

 主張が無いと、どういう顔を作っていいか分からないでしょ?

 能面の小面のような無表情はまだ主張があるんだよ。相手をじっと見ている

 とか自分の存在を知られたい、気付かせたいとか、顔があるのは何らか

 ここに存在していますよという主張がある。

 無表情にもならないというのは、自分の存在もおそらく生きている時から

 あまり前に出ない、常に人に紛れて影の存在で、自分の意思の主張がなかった

 と思う。

 じゃあ亡くなってから出て来なくていいのにと思うけど、完全に無には、

 なり切れなくて、ただ自分が居たという事だけは気付いて欲しいという甘えの

 ようなもの。

 自分から言わないけど、気付いて欲しいという人っているじゃない?

 すごく他力本願で甘えが強いんだよね。そのまま不幸に亡くなったりすると、

 のっぺらぼうになりますよ?という事」





さとこ は自分の体験を分析しながら、それをさらに霊視する事で

のっぺらぼう という存在の霊を私に説明してくれました。。






ーーーーーーー






のっぺらぼう




怪談には良くでてくる存在ですよね?

そのインパクトの強さから、私は作られた妖怪のような者かと思っていましたが、

それは確実に存在するようです。


もしそれを見てしまったら、非常に怖い記憶として残る霊ですが、

のっぺらぼうとしては、人を驚かせる意図はなく、自分を主張しない、

煮え切らない、他力本願的な部分があるため、顔の表情を作る事ができない

霊になってしまっているようですね。



もし今回の話の中で心当たりのある性格の方がいらっしゃったら注意頂きたいです。

さもなければ、のっぺらぼうのような、、、、








多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD
いいね!(304)  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2016-05-08

改めて守護霊について

テーマ:日常
みなさんGWはいかがでしたか?







さとこのチカラ 珍念でございます(←しつこい)

我が家は近場でフナフナしていたんですが、それより何より

このアテクシがですよ? 30年以上ぶりにインフルエンザに罹ってしまった!(泣)

あれほど「インフルエンザ? 何ソレ?」と豪語し、家族が予防接種を受けるなか

固辞していたのですが、マジキタコレ!って感じ。

いや~~~~ 歳をとるってこういうことなのね、、おぢさんマジ辛い(泣泣)





GW休暇始まってから「何となく身体がだるいな~」と3日ほど感じていたのですが、

それも小康状態になり「おっ? 治ったか??」と思っているとやがて咳が出始め

たんですよ。

それ以前に子供が咳が出るインフルエンザに罹っていたので、マジか、ヤバいな、、

と思っていたら、熱が上がる上がる!


初日;38.2℃ (( ;゚Д゚))ブルブル

2日目:39.3℃ ((((;゚д゚))))アワワワワ

3日目;38.8℃ ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ


とか、市販の解熱剤みたいなものが全く効かん!!

しかもGWで病院休み====!!

這々の体で、やっと金曜日に病院に行ったら、鼻の穴に検査用の こより?

みたいな物を入れられて、はい、B型確定でした(激泣)





えとね、おぢさんの知識が昭和だからかもしれないけど、ん~~~

インフルエンザって空気が乾燥した寒い時期に流行するんじゃないの?

って思うのです。どうもワクチン接種した家族の薬効が切れた時期だったから

らしいのですが、何か納得しかねるんですが?

インフルエンザが進化してる? 今後夏でもインフルエンザとか有る? と

危惧しちゃいます。

そんな訳で、私は今、さとこ に強制的にマスク使用を厳命されて、どこに

行くのもマスク野郎ですよ。

外出するにしても、この季節にマスク? もしかして変態?? と

思われるんじゃないかと(泣)





そんなマスクパンツマン(←?) がお送りする今回の話題は、、

え~~と何だっけ?(頭がまわらん) あ~~そうそう、

何か、さとこ が改めて「守護霊」について話をしたいと。

今まで多くの方からご依頼頂いている中でも、この守護霊について

お聞きになる方が多いからだそうです。

過去に似たような記事を書いた記憶がありますが、そこはリロードして

情報を更新して下さいまし(笑)






ーーーーーーー






「今困っている人がたくさん居るのだと思う。景気や仕事の事、家庭の事など、

 霊視のご相談内容をお聞きしてもそれに付随してか、私を守ってくれている人は

 いますか? と結構な割合でお聞きになる方が多いんだよ」





さとこ は霊視させて頂いた方々のファイルを見ながら、私にそんな事を言って

きました。





「その内容について私が霊視する場合、ご相談者の方の全身の写真を視るんだよ。

 するとたいがい向かってご本人の左側(本人からすると右側)に一番守っている

 人がハッキリ視えてくる。それに付随して反対の右側にもう一人、補佐的に居る。

 この方達はご本人の真横という場合もあれば、斜め上の左右に存在する事もある。

 更に視ていくと、影響力は落ちるけど後ろに3,4人という場合が多いね。

 基本的に皆、ご本人のご先祖様達。

 そして前世というのも重なって視えたりする場合、人によっては前世の守護霊が

 守っているという場合もあるんだよ。(この場合は直接のご先祖様ではない)

 人以外では、飼っていたペットというのは普通に居る。生前と同じ様に部屋に

 居ながら、外部から来る侵入者を警戒してくれたりするんだよ。

 それらを踏まえると、ご本人につき少なくても一人は必ず守る存在が居て、

 平均すると4,5人は憑いているんじゃないかな?」





あれ? そうだっけ?

イメージ的に1体で、多くても2体かな、、なんて勝手に思っていたんだけど、

改めて守護霊について聞くと結構認識と違うな。

平均してそんなに人数が居るものなのか、、ふ~~ん。





「自分が知っている人物、例えばお爺ちゃんお婆ちゃんとかだと、ご相談者の方は

 嬉しいみたいだけど、それは守護霊というには、まだ亡くなってから時間が

 経過していないし、守護霊は産まれた時からずっと見ている存在なんだよ。

 自分が知っている、会った事もある人の場合は、話をする為に出て来るような

 感じだね。でも不思議なのはその人達も守護霊と同じ様に左側に現れるの。

 いつも左側だから何か意味があるのかと不思議に思う」





確かに自分が知っている人であれば嬉しいけど、守護霊って産まれた時から?

あ~~その認識もズレていた。





「視え方も不思議な感じで、私が集中していない時には頂いたお写真には何も

 写っていないように見えるけど、集中して視ようとすると姿形が現れてくる感じ。

 色は褪せた感じのカラーだけど、微妙に揺れ動いていたり口を動かしていたり

 する。口が動いていない場合でも意思は伝わってくるよ。

 もちろん髪型とか服装とか顔の感じというも普通に視えるし、たいがいの人は

 ニコニコしているよね。ご相談者の方の子供の頃の話などを音声の無い映像の

 ように私に見せてくれる」





写真は静止画だけど、さとこ に視えてくる写真の中の霊体は動いているという事?

何か不思議だな~~~ どういう映像なんだろうか、、

でも皆さんがニコニコしているというのはいいね。

それこそが守護霊なのか。





「守護霊というのは、生きている人に対してどこまで手を出せるのか?という事

 だけど、どうも命に関わる事、寿命はダメみたい。そして自然災害の災難も守れ

 ない。つまり命に関わる領域の高尚な霊が決めるような事には手は出せない

 みたい。人為的な災難(人間関係)の場合はワザとそれを乗り越えさせようと

 している場合もある。では何ならお願いできるかと言うと、基本的には助ける

 事はあまり出来ないんだけど、交通事故のようなものであれば、寿命でなければ

 命拾いさせる事があるよ。

 他にはご相談頂いた方が悩んでいる事を、直接ご先祖様に聞いてアドバイスを

 貰う事ができる。

 例えば自分は何になりたいのか?何の仕事が向くのか?というご相談の場合、

 その方のご先祖様に子供の頃の映像を見せられる事が多いよ。つまり本来は

 このような事が好きなはずだから、思い出して欲しいという事なんだろうね」





何でもかんでも守護してくれるご先祖様達に「助けて」と願ったところで、

できる事は限られるのか、、、ただ生きている人間の力では及ばない部分も

あるよな。

交通事故を避けるって、、これはスゴい力。





「私に霊視のご相談を頂いて電話が繋がるというのは、ご先祖様にしてみれば、

 何度もご本人に伝えているのに、どうしても伝わらなくて限界に来た時に、

 あなたのブログを見つけさせて何とか伝えようとしているのだなと良く思う。

 何しろ産まれる前からずっと隣に立っているのだから、良い事も悪い事もずっと

 見て知っているんだよ。

 ご相談頂いた方の中には、自分はご先祖様に怒られるのではないか?と心配する

 方がいるけどそれは全くなくて、100%ご相談者の見方になってくれるよ」





自分宛にご相談内容を頂いた時には、さとこ と同じように思う。

ご先祖様が何とか伝えてやって欲しいと願っているんだとうなって。

えと? ご先祖様は怒らない?

何とか商法で、ご先祖様が怒っているから云々の類いはウソという事か、、

困ったものだね。





「お金持ちになりたいとか結婚したいとか、自分の希望や願望を人は叶えて欲しいと

 願うけど、そこには前提として本人の努力や苦労という物が存在して、その苦労が

 本人が経験した方が良いと思われている場合、そこを端折っては決して願いは

 叶えてくれないと思うよ。

 叶えてくれない期間というのは本人的には幸せではないのだけど、それは苦労に

 よって気付きがないから、いつまでたっても苦労から抜け出せない。

 でも気付けば案外あっさりと終わったりするみたいだよ。

 まあ色々と霊視話はあるんだけど、不思議なのはどうやって、あなたのブログが

 霊達に伝わっているのか?という事。ブログを読んだだけで私の事が分かると

 思えないから、可能性として私の元に観察にきているんじゃないかな? って

 思うよ」






さとこ は守護霊について、改めてそんな事を私に教えてくれました。。






ーーーーーーー






守護霊



あなたはどこまで正確にその存在をお知りですか?

私は何度も さとこ から霊にまつわる話を聞いていますが、改めて

細かい部分を説明されると認識とズレがあった部分がありましたので

今回の話は知識としてありがたかったです。


世の中には霊能力が無い、もしくは曖昧な方がご自身の心情に基づき

様々な情報を流されていますが、それは私を含め普通の方々を混乱させる

要因になっていると思います。


曖昧な情報ではなく、教科書的な正しい知識を記した情報があれば

無駄な混乱を防ぐ事になるかもしれませんね。









多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています
よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
AD
いいね!(391)  |  コメント(31)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。