■■■■■■■ ソウルシェイプ霊視鑑定を始めました ■■■■■■■


          多数のお申し込みを頂きましたので、第2回ソウルシェイプ
         
          鑑定のお申し込みは2016/4/1をもって受付を終了させて

          頂ました。

          なお、お電話での霊視は引き続きお受けしていますので

          ご遠慮なくお申し付け下さい。

         ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

          ソウルシェイプ鑑定をお申し込み頂いた方へ

          
          整理番号111~120番の方にご案内差し上げます。

          現在お待ちの方は、約60名様です。 

          (4/20更新)

         
        ■■■■■■■ さとこのオルゴナイト 作品領布のお知らせ ■■■■■■■

       
          さとこ が石を霊視し本当に力のある作品を作製しています。

          ご興味のある方は2017/3/12の記事をお読み頂き、

          私のプロフィール欄をご確認下さい。

         ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
         
         (3/20追加)

         石の仕入れ先在庫不足により、3/20 20:00を持ちまして

         一旦、さとこのオルゴナイトお申し込みを停止します。

         上記時間までにお申し込み頂いた方には、お届けできますが、

         ご検討中の方におきましては誠に申し訳ありません。

         再開は夏頃を予定しています。

          
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-23

春の運気の上げ方

テーマ:日常

先日もTVで怖い系を放映してました。

 

 

 

 

 

 

ある心霊スポットに芸能人やらスタッフ達が行き、ちょろっと

 

オーブやらラップ音の不思議映像が写ったら大騒ぎ!って感じの構成。

 

いや、あの、、つまんないです。

 

構成上盛り上げるためか、わざわざ夜に行くんですよね。

 

さとこ も流し見程度に見ていたのですが、

 

「なんでわざわざこんな場所に行くかな、、分からないから怖くないだろうね」

 

と言っていましたね。

 

つまり霊障にあう危険性が高まるという事。

 

それはその時だけではなく、その後も続きますから非常によろしくないのです。

 

 

 

 

 

その番組の映像にはオーブレベルのものは素人でも分かるように写っていましたが、

 

さとこ はさらにその背後を何気に視ていまして、

 

 

「あ〜〜〜 人がいっぱい集まっているね〜 何やっているんだろう?と

 

 見に来ているね」

 

「この階段の上の方にいるよ。撮影者達を睨んでいる、、いや==良くない」

 

 

など、私には分からない画像をコメントしてまして、つまらない番組が

 

にわかに詳しい解説付きになるのです(笑)

 

 

 

 

 

そのTV放映後でしたか、リビングのインターホンが鳴ったったらしいのです。

 

らしい、、というのは私はちょうどその時、別の場所に居たから。

 

私以外の家族全員が聞いたと。

 

 

「いま鳴ったよね?」

 

「鳴った、、、でも電話の赤い光が光らなかった」

 

「外を見たけど誰もいない」

 

 

我が家のインターホンは普通に作動してれば、受話器の赤いLEDが点滅するの

 

ですが、この時は光っていなかったとの事。

 

そしてTV等からの音源でも無かったと。

 

まあこのレベルは我が家では日常ですから、話題としては流し聞きですが(笑)

 

それより我が家に時々表れる白装束の女性と目が真っ黒の女の子の話を

 

娘から聞くとかなりゾワッとします。

 

 

 

 

 

さて、そんな怖い系は置いといて(笑)  春になりましたから、春らしい話題で

 

行きますね。

 

さとこ の霊視で春を分析した「春の運気を上げる方法」です。

 

運気上げたいですよね??

 

え? どうでもいい??

 

 

もうね、そんな読者の方は怖い系TV番組でも見て勝手にアワアワしてて下さい(笑)

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

「運気を上げる方法って世の中で色々と言われているけど、私が感覚的に春の

 

 空気や自然界の雰囲気から感じるのは、まず基本的に春というのは、元気が

 

 出始める時期で、桜を皮切りに花が咲き始めたり、動物達も活発になって

 

 仲良くしている。暖かくなって繁殖期や子育てが始まる時期だね」

 

 

 

 

 

暖かくなると自然界の者達も、冬の寒さから解放されてホッとするんだろうね。

 

確かに動植物はダイレクトにそれを感じていると思う。

 

 

 

 

 

「だから自然の中に居ると、人間もワクワクしたりする雰囲気があるんだよ。

 

 その自然の流れに乗るという事が大事で、自然の中に行く事が運気が上がって

 

 いる春を吸収しやすい。

 

 だいたい三月から五月くらいまでの間はなるべく外に出て、明るい時間に

 

 行動するのが良いね」

 

 

 

 

 

なるほど。

 

ダイレクトに自然の気を吸収するには、自然の中に身を置けと。

 

春の元気を取り込んで自分の運気も上げるか。

 

 

 

 

 

「山と海のどちらが良いか?と言うと、やはり山だろうね。

 

 森とか森林公園のような場所に行くのが運気を吸収しやすい。

 

 まだ春の海は活発な感じがしなんだよ。魚の産卵期ではないんじゃないかな?

 

 海が良いのは六月から八月くらいだね。

 

 では川はどうかと言うと、山のリズムに似ていて、おそらく山から水が出ている

 

 からという事と、川岸に植物があるから山ほどではないけど、それなりに気が

 

 出ている」

 

 

 

 

 

そうなんだ。

 

春は海より山の時期なのか、、へ〜〜〜

 

 

 

 

 

「三月から五月くらいまでの間に、そのような場所になるべく複数回行く事。

 

 時間は午前中から午後三時までの明るい時間。

 

 太陽の雰囲気を視ていつも思うんだけど、午後三時と四時というのはかなり

 

 違うんだよね。急に気が落ち込み始めるの。

 

 だから山などの自然の中が良いと言っても、四時を過ぎたら留まらない方が

 

 いいね。

 

 その理由は同じ場所でも、守られている感じが急になくなり、危ない感じに

 

 変わるから。浮遊霊や魔物が動き始める感じがするから、基本的に暗く

 

 なったら自然の場所に行かない方がいいよ。

 

 自然の中にある心霊スポットなどもっての外だね(笑)」

 

 

 

 

 

そっか四時を過ぎると危険か。

 

だったら市町村で夕焼け小焼けのメロディーと共に、五時になったから早くお家に

 

帰りましょうって、子供向けにスピーカーで流れたりするじゃない?

 

正解は四時ですね(笑)

 

 

 

 

 

「他に春の運気を上げる方法としては、何か新しい物を買うと良いだろうね。

 

 今まで使っていたものを買い替える。

 

 学生時代は新学期になると色々新調したりするけど、社会人はそのタイミングが

 

 分かりにくいでしょ?

 

 だから日常良く使う物;文房具、財布、食器など割合毎日使う物、触るもの、

 

 口に触れるもの、そういう物を新しくすると気がリセットされ気分も上がるから、

 

 良い発想が出やすくなるんだよ。

 

 女性だと、洋服やバッグ、靴や装飾品など、何か身に付ける物を一つでも新調する。

 

 同じ物をあまりにも長く使っているのは、汚れもあるけどそれだけでは無くて、

 

 想いや気が停滞しちゃうんだよね。

 

 今まで使っていた物と少し違うもの、明るいイメージの物を選ぶと良いだろうね。

 

 それらを探すという行為も大切なんだよ」

 

 

 

 

 

物を新調する行為も大事という事だね。

 

 

 

 

 

「恋愛をしたいというご相談者の方が多いんだけど、まず春は必死になって欲しい。

 

 とにかく春に多くの出会いをし、相手を知って出会いのチャンスを逃さないで

 

 欲しいね。

 

 お付き合いが始まるのが秋なり冬でも、春に出会っているというのは

 

 高いテンションが保ちやすいんだよ。気分が盛り上がる感じ。

 

 時期的に気温が上がって行くという、自然の気が登っているからだと思う。

 

 その自然の大きな気の流れを利用しない手はない。

 

 某社の春のパン祭りじゃないけど、恋愛に関しては春は祭りだよ(笑)」

 

 

 

 

 

さとこ は春の運気の上げ方について、そんな事を私に伝えてくれました。

 

恋愛のスタートは春がベストだという事も(笑)

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

春の運気

 

 

 

少しずつ日も長く、そして気温が上がって来ると、私達も冬の身を縮める

 

ような寒さから解放されて、何かホッとする感覚がありますよね。

 

それは自然の大きな流れから来るもので、その流れに身を任せる事が

 

より運気を上げる事につながるようです。

 

 

山、森。

 

私も次のGWには家族を連れて、そんな場所に行ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています

よろしければクリックお願いします

 


人気ブログランキング

 

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-04-16

生類哀れみの令

テーマ:依頼

電車の広告って皆さん見てます?

 

 

 

 

 

 

何となく電車内を見ていると多くの方がスマホを見ていて、

 

ほとんど周りを見ていないんですね。

 

以前のブログでも記載しましたが、この周りを見ていない状況というのは

 

他人に隙を与えているばかりか、浮遊霊にとっても非常に都合の良い

 

(入りやすい状況)を作り出す事になります。

 

私はその話を さとこ から聞いてから、極力スマホを見ないで

 

周囲を観察しているようにしているのです。

 

 

 

 

 

自宅から目的地に行く場合、つまりスマホに集中している方は点と点

 

(自宅と目的地)しか見ていないので周りの状況は分からない、、、

 

これ非常にもったいないと思うのです。

 

その移動過程には多くの情報が含まれていて、「観る」ものは沢山あるのですね。

 

私の場合は人や景色はもちろん、車内広告なんかもよく見ます。

 

時々ADトレイン(電車広告を一社で全て占める)に乗る事もあるのですが、

 

私が最近目にしたのは、

 

 

「夜は短し歩けよ乙女」

 

 

これ

 

 

 

 

という映画の告知ポスターの数々。

 

アニメなのですが、何となく興味をひかれ色々と調べたのですが、元は小説

 

だったのですね。

 

説明がメンドイので、ご興味のある方はご自分で調べて頂くとして(笑)

 

私が登場人物のキャラの中で気になったのが、

 

 

「パンツ総番長」

 

 

どうも願い事が叶うまでパンツを変えない?というキャラのようです。

 

はっきり言って汚いです(笑)

 

私は家の中で「パンツ一丁オヤジ」ではありますが毎日変えます。

 

ただネーミングで負けてしまった(笑)

 

そんな事もあり、ちょっとこの「夜は短し歩けよ乙女」の小説を読むなり

 

映画を見るなりしてみたいと思います。

 

 

そんな感じで私は常に移動中でもアンテナを張っていますよ。

 

 

 

 

 

さて今週の話題ですが、パンツ総番長とは全く関係無い(笑)

 

ご相談者の方(山崎さん;仮名)のお話。

 

ご自宅で飼っている小さなワンちゃんが、何かを察して常に怯えている、

 

そして時として天上からドンドンと音がする、音の原因と

 

何が怯えさせているのか視て欲しいという内容です。

 

山崎さんは、今まで何人かの霊能者の方に視て頂いたようなのですが、

 

現象は収まらないため、ワンちゃんは怯えたまま。

 

頂いたワンちゃんの何枚かのお写真も、確かに何か怯えている表情に

 

見えました。

 

そしてドンドンと音のする天井のお写真。

 

天井だけのお写真は頂いた事はなかったので、果たしてこれで さとこ は

 

霊視できるのかと思い、何枚かのお写真を送付頂いたのですが、

 

結果として さとこ はかなり細かい霊視をしたようです。

 

 

 

 

今日はそんな話をば、

 

おばQって感じ?(また:笑)

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

「小さなワンちゃんのお写真を頂いた山崎さんっていらっしゃったじゃない?

 

 結構霊視的に内容が深い話なんだけど、話聞く?」

 

 

 

 

 

山崎さん、、ワンちゃん、、

 

あ〜〜〜 部屋の中で何かに対して常に怯えているから、その原因を探って

 

欲しいというご依頼の方ね。

 

さとこ が話題にしたいという事は、また何か新たな発見?

 

 

 

 

 

「発見というかワンちゃんが見ていた者は一つではなく、複数だったんだよ。

 

 動物はどの子でもそうだけど、人間より感が優れているから時々見える子が

 

 多いよ。

 

 山崎さんの場合、今まで何人かの霊能者の方に視てもらった事があるよう

 

 なんだけど、状況が変わらないから、最後の手段として私に相談頂いたのだと

 

 思う。

 

 他の霊能者の方が視たものは確かに居た。

 

 だけどそれだけではなく、もっと強い霊が存在していたんだよ」

 

 

 

 

 

じゃあ話を聞こうか(パンツ一丁でコーヒーを飲みながら;笑)

 

 

 

 

 

「山崎さんが住われている地域は、相当昔は森であった場所を開拓したという

 

 状況が視えたのね。その開拓する時に駆除のために狐や狸など多くの動物を

 

 人間が殺めてしまった。

 

 その殺め方が酷くて、狐を足を挟む罠に仕掛けてそのまま放置してみたり、

 

 産まれたばかりの狸の親子を巣ごと破壊してしまったり、追い出すというより

 

 残酷に扱って殺すような、そんな酷い事をしたようなんだよ。

 

 森の中の動物達にも存在を守る精霊が居て、ハクビシンのような狐のような

 

 尾の長い精霊だったね。存在理由は、苦しんで死んでしまった動物を拾って回り

 

 保護する役目とその防止。

 

 山崎さんの部屋は動物飼育可の物件だったから、天井にはその精霊が居て、

 

 動物達がいじめられていないか?を監視していた」

 

 

 

 

 

色々な精霊が居るよね。特に森の中はかなり多い。

 

 

 

 

 

「山崎さんが他の霊能者の方に言われたのは、内容を聞いた限りおそらくその霊。

 

 もちろんワンちゃんにもこの精霊は見えていたのだけど、実はその精霊よりも

 

 もっと強い存在が居て、それに対して怯えていたんだよ。

 

 この霊は、山崎さんの話からすると他の霊能者の方から指摘されていないと思う」

 

 

 

 

 

もっと強い存在?

 

そっか、さとこ は今回もより深く霊視したわけね。

 

で、ワンちゃんは何が見えていたの?

 

 

 

 

 

「白装束の着物を着た女の人。

 

 江戸時代の人で生類哀れみの令で殺されてしまった。

 

 その霊が怒るでもなく、恨めしいような何とも言えない表情でワンちゃんの傍らに

 

 立っているからその姿をみて怯えていたみたい。

 

 この霊に話を聞いてみたよ。

 

 自分には夫と小さな子供が二人、そして産まれたばかりの赤ちゃんが居て

 

 長屋に住んでいた。そこには黒っぽい色の雑種の野良犬が居て、長屋の人達に

 

 可愛がられていた。この犬が若い頃は自分でどこかで餌をとってくる事ができた

 

 けど、老いてくるに連れ自分で餌をとる事ができなくなるし、長屋の人も残り物を

 

 たくさんあげる余裕もなかった。

 

 その頃、自分は赤ん坊を産んだのだけど、ある時赤ちゃんを部屋に置いて、

 

 井戸に水を汲みに行った際に、この老犬に赤ちゃんをかみ殺されてしまった

 

 んだって。そして怒って老犬を棒で叩き殺してしまった」

 

 

 

 

 

餓えた老犬が赤ちゃんを食べようとしたのか、、

 

そりゃ母親の行動としては怒り心頭でそうなるよな。

 

 

 

 

 

「ただ時代は生類哀れみの令の頃。長屋の人達は事情を知ってこの人をかくまおうと

 

 黙っていたんだけど、それを聞きつけた長屋のつまはじき者の男が褒美目当てで

 

 密告したようなんだよ。

 

 そして子供と夫の前で縄をかけられて役人に無理矢理連れて行かれ、町を引き回して

 

 川原に連れていかた。そこで他の同罪の人達と木の杭に縄で縛られて

 

 見せ物にされた。そして何日間か後、寒さと疲労の中、処刑されてしまったと。

 

 そして死んでしまった後、家族の事を想いながらも、あの時本当はどうすれば

 

 良かったのだろう?と色々な犬を見ながら何百年とさまよっている。

 

 自分は犬は好きでかわいいから、ついつい見てしまうのだけど、触ろうとすると

 

 犬が私の子供を殺したんだ、、と想い出すので、触れないで、ただ見つめる事しか

 

 できない。

 

 この小さなワンちゃんはとても可愛いから恨みきれない、どうも私が見えている

 

 ようだから、ついつい見てしまう事を繰り返してしまい、怖がらせて可哀想な事を

 

 した。

 

 成仏したかったけど、罪人の子となった息子達や夫にも申し訳なくて、ご先祖様の

 

 元に自分が行く事に気が引けてしまった。どうすれば正しかったのか考えても

 

 答えがでなくてさまよっていた」

 

 

 

 

 

酷い法律を作ったものだな。

 

現在では有り得ないけどさ、自分の赤ちゃんを殺されてでしょ?

 

優先順位が間違っていたから、綱吉だったっけ? その人が死んですぐに

 

この御触れが無くなったんだよ。

 

だから、この霊は成仏できずに長い間、犬を見つめる事をしていたのか、、

 

そりゃ山崎さんのワンちゃんも、こんな姿の霊にただじっと見つめられていたら

 

怖かっただろう。

 

 

 

 

 

「この霊は若い女の人の霊で憂い顔が美しかったから、よこしまな思いを持つ

 

 男の浮遊霊も興味をもって一緒に居るんだよね。いつも2人くらい付いているから

 

 合わせて3人くらいが山崎さんの部屋に居てワンちゃんを見ている。ワンちゃんに

 

 とっては何をされるか分からないから怖かったと思うよ。

 

 でもこの女の霊は、自分の事を人(私)に話せて楽になったと言っていた。

 

 そして自分が死んだ理由は人が作った法律のせいだと、今の時代を見て

 

 分かったって。連れて行かれた時、近所の人が助けてくれなかった事を恨んで

 

 しまったけど、皆も自分の家族を守るために仕方のなかった事で、涙ぐんで黙って

 

 見送ってくれた人達は、この時の苦しみを死ぬまで背負ってくれていた。

 

 その事に感謝しなければいけないと今分かった。だから人を恨むのではなく、

 

 皆好きで理不尽な事をしていた訳でなく無力なのだから、それを理解して

 

 楽になって欲しい事を山崎さんに伝えていたね。山崎さん自身も会社の事で

 

 お悩みがあるようだけど、どの組織でも理不尽な事はあるもので、自分や

 

 家族を守るために人は動く。人を恨んでも問題は解決しないと言っていた。

 

 どうかそれを分かって人を恨む事に労力を費やさないで欲しいと。

 

 恨みはいつまで経っても解決せず、それに捕われていると自分のように何百年も

 

 苦しむだけで楽になれない。それを分かってもっと楽になって欲しいと願っていた。

 

 この霊の顔つきが当初の、恨んでいる様な寂しそうな何とも言えない表情から

 

 輝きのような光を伴う柔らかい顔つきに変わっていくのを視たから、おそらく

 

 永年のさまよいから放たれて成仏していったと思う。

 

 山崎さんのワンちゃんも、安心して暮らしていけるようになるよ」

 

 

 

 

 

さとこ はご相談頂いた内容を、そんな様に私に伝えてくれました。。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

生類哀れみの令

 

 

 

 

過去にはそんな酷い御触れが日本にありました。

 

 

当初は殺生するなかれという、跡継ぎのできない綱吉の母親が、寵愛していた

 

僧侶の言葉に感化されてできた法律のようですが、それがやがて過激な内容に

 

変わっていき、江戸では貝や虫さえもみだりに殺してはならないという

 

極端なものになったそうです。

 

 

そこで犠牲になった多くの方々が、今回の霊のように、今も成仏できずに

 

さまよっているかと思うと居たたまれないですね。

 

 

 

 

(話の後、状況説明のために さとこ が描いた絵)

 

 

 

多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています

よろしければクリックお願いします

 


人気ブログランキング

 

AD
2017-04-09

猫の野望

テーマ:日常

東京では桜が満開です。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、この土日は雨時々曇りで肌寒かったですよ。

 

この休みの期間に花見を楽しみにしていた方々にとって

 

ちょっと残念でしたね。

 

桜もせっかく咲いたのに「何だよ〜雨かよ〜」と言っているような気がします。

 

 

 

私は今日は都内某所でそんな雨の中、建物の中から桜を見ていたのですが、

 

雨に濡れた桜と地面に落ちた桜の花びらが、薄いピンク色で風情が

 

有りました。

 

こんな所

 

 

 

 

 

この場所が分かる方は相当な東京通ですね(笑)

 

正解の方には私のパンツをば(いやいや)

 

 

 

 

まあ、できれば晴れて欲しかったな〜〜というのが本音ですけどね。

 

桜の開花期間って短いじゃないですか? ホントにアッという間。

 

その刹那の美しさと、潔さが日本人に愛される理由かと思います。

 

どこかで聞いた話ですが、日本に有るソメイヨシノは遺伝子が全て同じで

 

同じ時期に寿命が来て、一斉に枯れるとか?? ホントですか???

 

いや、いきなり日本全国の桜が全滅なんてなったら花見はどうなるのかと、、

 

ヒヤシンスとか見てもしょうがないですしね(笑)

 

 

 

 

 

そう言えば、ここの場所には猫が所々にいるんですよ。

 

半ノラ猫みたいな感じで、懐くような懐かないような。

 

おそらく多くの方が来るので、そのおこぼれを期待しているのかもしれません。

 

そんな場所って所々にありますよね。子供が通っている学校にもいますし。

 

外猫もそうですが、皆様の中には猫を飼われている方も多いのでは

 

ないでしょうか?

 

さとこ への霊視依頼でも、時々猫の話が出て来ます。

 

 

今日はそんな猫達の想いというか、野望を皆さんに

 

パンチラしますね(←ちがう)

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

「最近依頼頂いた方の中で、本題とは別に猫の話が出て来たんだよ。

 

 けっこう飼われているペットがどう想っているのか?死んでしまったペットは

 

 成仏しているのか? というご相談はあるね。

 

 私が動物好きなのもあるけど、変なチカラがあるせいで、すごく考えている

 

 事が伝わってくるよ」

 

 

 

 

 

さとこ は動物好き。

 

子供にも遺伝した、、

 

狭い家の中が色々な生き物だらけ、、

 

いや、私も好きというか、どうしても無下にできないので可愛がる

 

んですけどね(笑)

 

 

 

 

「このご依頼者の方は2匹の猫を飼っているんだけど、出会いは各々違うし

 

 そして性格も全く違う。でもすごく飼い主に懐いているんだよね。

 

 1匹は部屋の真ん中にあるこたつテーブルの上がお気に入りみたいで、

 

 そこによく居て、能天気で明るい感じの猫。

 

 もう1匹は生真面目で、飼い主や家の中を守らなければならないと思って

 

 いるから、能天気な猫に対して、もうちょっと遠慮しろよとか、

 

 自分にはそんな事できない、何やってるの?みたいに思っている」

 

 

 

 

けっこう性格違うな。ふ〜〜ん。

 

 

 

 

「飼い主の方はいつも猫に隠れてこっそり甘い物を食べてらしいけど、

 

 猫にはバレバレなんだよね。能天気な方の猫の野望はクリームたっぷりの

 

 ケーキのような甘い物を飼い主とほっぺたをくっつけながら、美味しいね〜

 

 と言いながら一緒に食べたいという事。

 

 もちろん、おかしが食べたいのが一番ではあるけど、最近飼い主が元気が

 

 無い事を心配しているの。だから自分と一緒にだらしなく、のんびりニヤニヤ

 

 しながら、そしてほっぺたをスリスリしながら食べるという、そんな余裕の

 

 ある気持ちになって欲しいんだって」

 

 

 

 

猫の野望!面白い!!

 

ほっぺたスリスリ、、かわいい(笑)

 

 

 

 

 

「その想いを知っている生真面目な猫は、なんて図々しい奴なんだと呆れて

 

 いるけど、そう言いながらも家の中の気を整えるために、高いタンスの上に

 

 登ったりしながら、悪い気が入って来ると追い出してみたりと、一生懸命

 

 飼い主を守っているんだよ。猫も結構、家の中を守ったりするんだよね。

 

 普段は必要以外に動かないイメージがあるけど、寝ているようで寝ていない。

 

 なんか日光東照宮の眠り猫みたいな気を常に発しているような感じ」

 

 

 

 

 

眠り猫、、、あの像は侮れない。

 

一見寝ているように見えるけど、寝ていないんだよね。

 

 

 

 

 

「他のご依頼者の方の場合、やはり本筋のご相談以外に、死んでしまった猫は

 

 成仏しているでしょうか?という話があって、送付頂いたお部屋の写真を

 

 視ると、生前よく居たという場所に、ちょこんと座っていたね。

 

 成仏している=生前と同じ様な行動ができる だからキチンと成仏していた。

 

 この猫の場合は、心配そうに家の中を見ていたんだよ。

 

 ご依頼者の方がお子さんに対して心配している事に対して、その様子を

 

 見て自分が何かできないか? と思っていた。

 

 自分が生きていた頃は、家の中が明るかったから、新しいペットを飼っても

 

 良いし自分は焼きもちを焼かないから、早く二人とも元気になって欲しいと

 

 言っていたね」

 

 

 

 

う〜〜ん、死してもなお、飼い主の事を心配するか、、

 

それだけ大事に飼われていた猫だからだろうね。

 

 

 

 

 

「世間では犬の性格として、飼い主の忠実、愛情や思いやりがあると語られる

 

 事が多いけど、それに対して猫の場合、わがまま、マイペース、勝手という

 

 ようなイメージがあるじゃない?

 

 確かに日常のそぶりは、何か用事がある時だけゴマをすりに来るような

 

 感じで、懐いているような懐いていないような雰囲気があって、犬と

 

 比べると何かそっけない感じもあるよね。

 

 でも私が今まで霊視してきた猫達の感じでは、そのそぶりはそっけない訳では

 

 なくで、以外と犬と同じくらい飼い主想いの子が多いんだよ。

 

 死んだ後もずっと心配していたり、家の中を守ったりして生前と同じ行動を

 

 している。

 

 どれだけ飼い主が大切に飼ってきたか? その想いが通じていれば、すごく

 

 人に尽くす生き物であると分かったよ」

 

 

 

 

 

そうか〜〜 犬と変わらないんだ。

 

表面的にそう見えるだけで、心の中は飼い主の事を想っているんだね。

 

 

 

 

 

「用心猫も確かにいるよ。でもそれは飼い方によるかなとも思う。

 

 だから心を開かせるのに、飼い主もそれなりに尽くしてあげないと信用して

 

 もらえないんじゃないかな? その意味では犬より信じてくれるまで時間が

 

 かかるかもしれない。

 

 そして人により動物に対して感のある人、無い人な居るよ。

 

 感が強い人は色々な動物と心が通じやすく、考えている事がテレパシー

 

 みたいに読み取れるけど、感の無い人はおそらく平気で動物を虐待

 

 しちゃうんじゃないかな。

 

 猫に限らず生きとし生ける者達を、大切に想い、大切に飼って欲しいと

 

 思うよ」

 

 

 

 

 

さとこ は猫達が考えている事の一部を、そんな様に私に

 

話してくれました。。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

皆さんは猫を飼われていますか?

 

 

猫好きの方は多いですよね。

 

でも、さとこ が霊視した猫達は、そんな事を想っている猫達も

 

いるようですよ。

 

猫によって、性格は相当異なるようですが、どれだけ大切に飼う事が

 

できるか? によって、猫も飼い主をそれだけ大切に想うようですよ。

 

 

 

 

 

 

多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています

よろしければクリックお願いします

 


人気ブログランキング

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。