夜の末に朝になる。

テーマ:
昔からそうなんだけど、
ライブ前っていっつも寝られないことが多い。

確かに普段、昼間の仕事と並行して深夜の仕事もしているから、
生活リズムはバラバラの木っ端微塵になくなっていて、
他人の目からするとそれが原因なのは明らかだと言われてしまうのだが、
寝られるときは1日近く寝てしまうし、逆に30分程度の睡眠でもう1日起きていられることもあるからそうとは限らないと僕は思っている。


「声」という楽器は、ギターやベース、ドラム以上にその日の気温や湿度、体調、その他ストレス等のたくさんの要因によって、
「出やすい」、「出にくい」というのがあって、
この声という楽器の管理がとても大変だ。

往々にしてボーカリストというのはこの日「声」という楽器をライブ当日にうまく鳴らせるように、
はちみつを舐めてみたり、加湿器を炊いてみたり、微妙な温度のお湯に長く浸かってみたり、試行錯誤をする。

僕はこの声をうまく使うために1番大切なのは、
”ライブ前日によく寝ること”だと思っている。

がしかし、それと同じように大切なのが
”明日ステージに立っている自分をイメージする”ことだと思っていて、頭の中で何度も何度も繰り返しライブをする。

うまくイメージが湧かない場合は、
そのライブ会場で演奏している他のバンドのライブ動画を探してみたり、
知っているバンドのライブ動画を見てイメージをつかむ。

すると、だんだんと緊張してくる。
胸がドクドクと、小学校時代のかけっこの前のように鳴る。
よし、やってやろう。
そんな気持ちが湧いてくる。

すると今度はどうだろう。
手に持ったスマートフォンを閉じ部屋の蛍光灯を消すと、
ライブ当日の自分のことだけじゃなくて、
メンバーのことまで想像が出来るようになってくる。

あ、ここはこうした方がいいな。
あ、この前ここでミスってたな。
やっぱりこの曲は順番変えた方がいいな。


たくさんの「明日のこと」が浮かんで、思わずスマートフォンのメモ機能に書き込む。
忘れちゃいそうなことは深夜だろうがメンバーにとりあえず連絡を入れておく。
朝になって起きたら見てくれるだろう。


もう一度スマートフォンを閉じて、
まぶたを閉じる。



今度は、
あれ?ここの曲の間はこれでいいのかな?


そう思い、またスマートフォンを取り出してyoutubeで他人のライブ動画を見てイメージを湧かせる。


よし、これで大丈夫。

三たび、スマートフォンを閉じて眠りに思いを馳せる。




この時点で新聞配達のスーパーカブのエンジン音が聞こえてくる。


やばい。もうこんな時間か。



そう思ったときには時すでに遅し。


寝付こうと思って目を閉じても全く眠くないし、
焦る。


焦った僕はスマートフォンを取り出し
「寝れないとき 方法」
で、検索をかける。



ほうほう、4-7-8呼吸法か。


4拍鼻から息を吸う。


7息を止める。


そして8拍で口から吐いていく。



全くもってダメだ。


そうしていよいよ朝チュンとやらの時間がやってくる。



そんでもって母親も起きてくる。



その上、
「今帰ったの?」
なんて、こちらからしたらとんちの利いているようで全く利いていない言葉を投げかけてくる。


説明するのが面倒で、
「んー、今起きた」
なんて言ってみるけど、自分が吐いた言葉のせいで余計に朝だということを思い知らされる。


あー、もう朝かー。


集合の8時まであと1時間。


減っているがしかし、全くもって欲を持とうとしない腹にこれでもかと白飯としらすぼしを入れて、
血糖値のケツを叩く。


血糖値も急上昇し、
さーてシャワーでも浴びるか、なんて濡れた頭を湿気ったバスタオルで拭いた頃にはすでに8時15分前だ。


行かなきゃ。




こうして夜が更けていた。




本日は浜松FORCEにて。
出番は17時くらいからかな?
持ち時間は20分だけど、今日起きて何度もライブした分のライブを詰め込みたいと思います。


よろしくどうぞ!



岡本

AD