神社と花と光の写真

(そうは見えないかもしれないけど)スピリチュアルな写真が満載のブログです。観音様と虹龍、屋久島のエネルギーいつもありがとうございます。

コメントは承認制になっておりますので、コメントいただいても直ぐには表示されません。ご承知置き願います。

このブログに直接関係のない、自分のブログに誘導するようなコメントは即削除させていただいております。



なお、神社については、気になる神社や地図などを見ていて眼に着いた神社を巡るようにしています。偶然、神社に出会うこともあります。



神社巡りは好きです。が、決してパワースポットという観点で回っているのでもなければ、皆様にお奨めの神社ばかりを紹介しているわけでもありませんのでどうかご理解ください。




--------------------------------------------------------------------------------------------

自分にとって思い出に残る神社を順不同で列挙してみますね。



月読社
  ..... 月読命の神社が数少ない中で、埼玉にあったのでうれしかった。



武蔵御嶽神社
 .... 狛犬ならぬ狛狼や狛豚がおもしろい。



三峯神社
 .... 交通が不便でなかなか行けなかったので、思い出深い。



穴守稲荷神社
.... 狛狐がすばらしい。



寄居の宗像神社
 ... 近隣の人々に愛されている様子がうかがえる。神社と人とのすてきな結びつき。



富士見市の榛名神社
 .... 何故か知らぬが、行くと心が安らぐ神社。



本家本元の榛名神社
 .... すばらしい、すばらしい。ただし、私の写真はいまいち不調でした。



板倉の雷電神社
..... 全国の雷電神社の元締め。なまずも食べましたよ。



素盞雄神社
..... 桃の花がきれいです。



---------------------------------------------------------------------------------------------






NEW !
テーマ:


江北橋際のオブジェ



江北橋

河川敷では放水車を使った放水訓練がなされていました。

鳥居及び社号標。

狛犬。どこにでもいそうですが、よく見るとユニーク。



社殿。

由緒書きです。びっしりと書かれていますね。

--------------------------------------
宮城氷川神社由緒
祭神素盞嗚尊、例祭毎年九月十五日
当社の由緒は旧記を欠きその詳細は明らかではない。しかし按ずるに南北朝時代(一三一八ー九二)の昔武蔵国豊島郡一円を領していた豊島重信の子重中が新たに足立郡宮城の地を開発し、宮城八郎と称して居館をこの地に構えたとき守護神として足立郡大宮郷(現埼玉県大宮市)に鎮座する式内社(延喜式神名帳記載)武蔵一ノ宮氷川神社の分霊を勧請して祀ったのが始めである。そのころ宮城の地名はすでに足立姫による姫の父足立庄司宮城宰相の名に基づき、地名として存在していたものと考えられるが伝説による人物は、人皇四十八代聖武天皇の神亀天平時代(七二四ー四八)の人なれば、その実在必らずしも信ずべきにあらず。重中の後四代の子宮城泰業のころ泰業は相州小田原(現神奈川県小田原市)の北條氏に属し、武蔵国岩槻城(現埼玉県岩槻市)にあったが天正十八年(一五九〇)七月北條氏政が豊臣秀吉によって滅ぼされたとき宮城氏も亦北條氏と共に滅びた。しかし守護神は宮城氏没落後も猶この地に鎮座し、江戸時代宮城の地が近世村落として成立したとき、改めて鎮守社として之を祀り、十一面観世音菩薩を本尊とした。蓋し神仏習合によるものである。
その後、大正二年三月、荒川河川改修工事が行わるるや、工事遂行のため社殿移転の議が起り、その結果現在の宮城一丁目三十八番六号の地に遷座することになった。しかしその社殿も昭和二十年四月十三日の戦災により焼失したので、昭和二十年十月旧地に再建した。しかるにその後該地に宮城公演が設置されることになったので、境内の一部と公園敷地一部を交換して昭和三十年十月現在の地に新築移転することになり、今日に及んでいるのである。因みに境内には伊弉諾尊伊邪那美尊を祭神とする三峰神社、木花咲邪媛命を祭神とする浅間神社、宇迦御魂命を祭神とする稲荷神社、が摂社として祭祀されている。昭和六十二年正月朔日
--------------------------------------

境内社の浅間神社と三峰神社。



境内社の稲荷。



本殿です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

鳥居を含め、全景です。

オールインワンという感じの社殿。

中を覗くと、扁額が右から左の「素盞雄神社」。まあ、ご祭神は素盞雄さんですが...

境内社の稲荷。



扁額です。

小ぶりの神狐。



榎木です。



境内社の三峯神社。



本殿。うーむ、オーブっぽい。よく見ると多角形ですねぇ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
早生都(わせみやこ)
早生都(わせみやこ)

鵯桜(ひよどりさくら)
鵯桜(ひよどりさくら)

八重紫桜(やえむらさきさくら)
八重紫桜

関山(かんざん)
関山

鬱金(うこん)
鬱金(うこん)

松月(しょうげつ)
松月(しょうげつ)

鬱金
鬱金



八重紅枝垂(やえべにしだれ)
八重紅枝垂

早生都
早生都

細川匂



一葉(いちよう)
一葉(いちよう)

御車返し(みぐるまかえし)
御車返し(みぐるまかえし)

駿河台匂(するがだいにおい)
駿河台匂(するがだいにおい)









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
鬱金
鬱金

普賢象
普賢象









御座の間匂(ござのまにおい)
御座の間匂(ござのまにおい)

手弱女
手弱女

松月
松月

日暮
日暮



太白
太白

手弱女
手弱女



江戸系
江戸系

駿河台匂
駿河台匂

御衣黄




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
連休は天橋立ツアーに参加しました。やっぱり、この歳になっても人見知りは変わりませんね。もっと気楽にコミュニケーションを取れれば楽しいのだろうけど。

カモメはカモメ、私はカモメにもなれません。

遊覧船に乗って湾内を巡りました。カッパエビセンを船から撒いて海鳥に食べさせたのも面白かった。でも、指にカッパエビセンを掲げて手から直接食べさせている女子にはびっくり。勇気あるねぇ。

あれ、カモメじゃないんですよ。カモメの顔はもっと優しいし、冬鳥なんです。

飛んでいたのは、猫の声で鳴くウミネコと、恐ろしいトンビ(猛禽類ですからね)。ウミネコは留鳥で一年中いるのです。

海鮮丼、美味しかったです。

写真はスマホなので、ウミネコはっきり写ってませんね。少しトリミングしても。









いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。