神社と花と光の写真

(そうは見えないかもしれないけど)スピリチュアルな写真が満載のブログです。観音様と虹龍、屋久島のエネルギーいつもありがとうございます。

コメントは承認制になっておりますので、コメントいただいても直ぐには表示されません。ご承知置き願います。

このブログに直接関係のない、自分のブログに誘導するようなコメントは即削除させていただいております。



なお、神社については、気になる神社や地図などを見ていて眼に着いた神社を巡るようにしています。偶然、神社に出会うこともあります。



神社巡りは好きです。が、決してパワースポットという観点で回っているのでもなければ、皆様にお奨めの神社ばかりを紹介しているわけでもありませんのでどうかご理解ください。




--------------------------------------------------------------------------------------------

自分にとって思い出に残る神社を順不同で列挙してみますね。



月読社
  ..... 月読命の神社が数少ない中で、埼玉にあったのでうれしかった。



武蔵御嶽神社
 .... 狛犬ならぬ狛狼や狛豚がおもしろい。



三峯神社
 .... 交通が不便でなかなか行けなかったので、思い出深い。



穴守稲荷神社
.... 狛狐がすばらしい。



寄居の宗像神社
 ... 近隣の人々に愛されている様子がうかがえる。神社と人とのすてきな結びつき。



富士見市の榛名神社
 .... 何故か知らぬが、行くと心が安らぐ神社。



本家本元の榛名神社
 .... すばらしい、すばらしい。ただし、私の写真はいまいち不調でした。



板倉の雷電神社
..... 全国の雷電神社の元締め。なまずも食べましたよ。



素盞雄神社
..... 桃の花がきれいです。



---------------------------------------------------------------------------------------------







テーマ:
 

手水舎。

近頃、あちこちの神社で「ドローン禁止」の看板が目立ちます。それだけ、神社でドローンを飛ばそうとする人が多いのだと思います。

楼門。

楼門の随神。左大神。



随神である矢大神。



楼門の社殿側はどうなってるか知ってます?なんじゃこりゃ。

雷を表しているのでしょうか。不思議な造形ですねぇ。

拝殿です。





拝殿右側の藪の中には歌碑がありました。


AD
いいね!(14)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
社号標と鳥居です。



境内は広いです。



境内社の稲荷の鳥居です。

なるほど、「なおらい」と保食神とはいい取り合わせですね。

ぶさかわの神狐。巻物を咥えています。

こちらは玉、咥えてないですねぇ。

この手のものとしては飾られている狐の像、少ない方でしょう。
AD
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今、訳ありでちょっと落ち着かないんです。ブログの三社巡りはようやく鹿島神宮に到着したところなのですが、ちょっと休憩。

野鳥の写真などを載せましょう。

いつもおなじみ、椋鳥。写真にはちょこっとしか見えない隣の椋鳥と争っている様子。





初めて撮りましたが、オナガ。名前の由来は勿論尾が長いことから。




AD
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



いつもYahooの地図を利用させていただいてます。地図右上端に「がんけ」というホテルがあってその横に龍神社(龍の字は本当は違う字ですが、表記できないので龍で代用)があるのですが、ここでは表記されないようです。

地図左下端の護国院。寄ったわけではないのです。護国院前の道路の反対側を通り掛かったところ、空き地にイルカの像とか仏像とかが置き去りになっていたのです。捨ててあるのかしらん。



それから、一連の物語風のレリーフも。













何なんでしょうね。それから、無料駐車場がありましたので、自転車を留めて歩きました。この時点でもう12時近く。三時間近くも掛かって鹿島神宮ですから、時間掛かりすぎですね。

ようやく、鹿島神宮の看板。

この虎とか布袋さんは捨ててあるわけではないよね。

そして、龍神社。





ご祭神は貴船神社のご祭神、貴船神社奥宮のご祭神と同一です。

そして、鹿島神宮の大鳥居の前にはこの鹿の像がどーんと置かれています。

いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


鳥居です。

鎌足生誕の地?

鹿島市内の名所旧跡の説明板はこんな感じ。多言語スタイルなのは外国人観光者が多いのでしょうか。

ご神木と共に。結構絵になる風景ですね。



下の羽目板の隙間からのぞいてみました。蛇を模しているのでしょうか。

「下生」とは神仏が人間のかたちをとってうまれることのようです。

近くの児童公園に塚原卜伝の像があるというので行ってみました。





塚原卜伝生誕500年を記念して建てられたようです。

塚原卜伝生誕の地?

塚原卜伝は鹿島神宮の神職の家に生まれたわけですから、ぎりぎり三社巡りと関連がある?
いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。