1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-11-20 11:14:39

新しいホームページのお知らせ

テーマ:ブログ
ウニココのホームページが出来てます。

素人仕事で紆余曲折をしましたが。

unicoco.org

でお願いします。

こちらのブログは残しつつ、新しいホームページで更新していきます。
よろしくお願いします!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-07-01 23:11:19

夏です! お知らせ、など。

テーマ:ブログ
またしてものご無沙汰です。
抜けるような青空、夏が今年もやってきました。

そして、1年の後半の半分が始まりました。
いかがお過ごしですか?

ふたつ、お知らせです。
実は、本日このような日です。
あおむしのうた  誕生日の花

スティーブ・ジョブズさんの生前の気まぐれ(!?)により、今までマックのモバイルミーをつかってアップしていたウニココのホームページが消滅してしまいました。
善後策をと思いつつ、なかなかもろもろの事情が許さず、それでも先の話だと思っていましたが、このように時はするすると流れるものとまた痛感です。カスタマーズセンターのお姉さんにいかに困るかをせつせつと伝えてもみましたが、いかんともなりませんでした。
当面はブログのみになりますが、なんとかなにかしらなにをなにしてホームページを作成したいと考えています。
ウニココのホームページは消滅しましたが、ウニココは消滅していませんのでよろしくお願いします。

さて、夏といえば、今年もキジムナーフェスタがおこなわれます。
膨大な演目に、一観客としてちょっとあたふたするくらいなのですが、東京のシアタープランニングネットワークからぜひにとお知らせいただいたので、ご案内しますね。
一人の作家が書いた二つの作品を同じ俳優で、という2作品です。

黄色い月―レイラとリーのバラッド
日時 2012年7月28日(土)13:00 & 29日(日)17:00

宮殿のモンスター
日時 2012年7月28日(土)15:00 & 29日(日)13:00

あおむしのうた  誕生日の花


シンポジウム
「青少年演劇と文化の翻訳・翻案」 
日時 2012年7月29日(日)18:40~19:30

会場  まちなか特設会場Ken’s
主催  TPNプレイズ&プレイヤーズ
特定非営利活動法人シアタープランニングネットワーク
助成 私的録音補償金管理協会

詳細などは、以下のとおりです。
次はウニココの舞台のお知らせをしたいなーと思いつつ。
みなさま、夏バテなど、お気をつけて。ではまた!

一人の作家、同キャスト、同空間、
二つの青少年と家族の物語。

装置、照明は最小限。
詩的なストーリーテリング。
豊かな音楽性。
スコットランドを代表する劇作家ディヴィッド・グレイグの
ユニークでスタイリッシュな2作品。


【黄色い月―レイラとリーのバラッド】

荒んだ17歳の少年リー。セレブにあこがれるイスラムの少女を巻き込んで、母親のボーイフレンドを殺してしまう。二人の逃避行の行き先は、幼い頃に別れた父親の住む深い森の湖のほとり。森の管理人フランクに助けられた二人は、森の中で暮らすことになる…。装置や照明の力を最低限に、チェロの生演奏の力を借りながら、ストーリーテリングの手法を駆使して、俳優は一つの役に固定されることなく、美しく、痛い、詩的な物語を綴っていきます。2006年の英国初演以来、想像力を高める作品として世界各国で上演されています。英語字幕付き(上演時間 90分/対象年齢 12歳以上)

【宮殿のモンスター】

16歳の少女ダック。母の交通事故死の後、父親に育てられた。そのバイク野郎の父親がある日、病気のために目が見えなくなる。社会福祉局が二人を引き裂いてしまうとの懸念から、ダックは二人の暮らしを守ろうと悪戦苦闘。二人を取り巻く人々と、少女のアナログな夢想と父親のバーチャル空間が入り混じって大混戦。ソーシャルで、エデュケーショナル。でも、たまらなく情けなくて、愛おしくて、おかしい。深刻になりがちなテーマを軽快に、さらりとかわしながら、演劇でしかできないユニークな表現を探ります。2010年英国初演。英語字幕付き(上演時間 90分/対象年齢 12歳以上)

【シンポジウム:青少年演劇と文化の翻訳・翻案】

大人でもない、幼い子どもでもない10代後半の青少年のために、どのような演劇が求められているのでしょうか。また、海外戯曲に伴う、わかりにくいコンテキストや、文化的・社会的差異をいかに受容し、表現していけばいいのかを、フェスティバルに参加している外国人アーティスト、観客とともに考えていきます。
通訳付。「黄色い月」の上演終了後に開催。

【出演】

石田 博英(劇団昴)
高山 佳音里(劇団昴)
西村 俊彦(マック・ミック)
備本 よしか
大島 純(山猫合奏団)チェロ:黄色い月


【クリエイティブ・スタッフ】

作 ディヴィッド・グレイグ
訳 中山 夏織
演出 巣山 賢太郎 黄色い月
松本 純一 宮殿のモンスター
ムーブメント 巣山 賢太郎
作曲 三宅 佐保子(桐朋学園大学) 宮殿のモンスター
音響 藤平 美保子
エデュケーション・アソシエート 寺本佳世(劇団青年劇場・ドラマティーチャー)
レジデント・ディレクター 松本 純一
プロデューサー 猿田耀子
芸術監督 中山 夏織

【プロフィール】

ディヴィッド・グレイグ David Greig
劇作家・演出家。1969年スコットランド生まれ、ナイジェリアで育つ。
ブリストル大学で英文学と演劇を学び、1990年、大学時代に出会った演出家グラハム・イートフ、音楽家ニック・パウエルとともに、劇団サスペクト・カルチャーを設立。1992年、劇作家としてデビュー。メインストリームからエンターティメント、ミュージカル、翻訳劇、実験演劇、児童青少年演劇、パブやバーでの上演、あらゆるものに挑み続ける英国で最も多忙な劇作家。多くの国で翻訳・上演されている。
主な作品として、『プルーシア・ハントの奇妙な破滅』(2011年、スコットランド国立劇場)、『ミッドサマー』(2008年、トラバースシアター)、『黄色い月』(2006年、TAGシアターカンパニー)『タンタンの冒険』(2005年、ヤングヴィック&バービカンシアター)、『アメリカン・パイロット』(2005年、RSC)、『ピレネー山脈』(2005年、ペインズ・プロウ&トロンシアター。TMA新作戯曲賞受賞)、『サンディエゴ』(2003年、トロンシアター&ロイヤルライシャムシアター。エディンバラ国際演劇祭招待作品)、『辺境の島々』(2002年、トラバースシアター。スコットランド演劇批評家賞、エディンバラ・フリンジ・ファースト賞ならびにヘラルド・エンジェル賞受賞)『コルチャック先生の選択』(2001年、TAGシアターカンパニー)、『旧ソビエト連邦でかつて愛した女性への宇宙飛行士の最後のメッセージ』(1999年、ペインズ・プロウ。ジョン・ウィッティング賞受賞)、『ヨーロッパ』(1994年、トラバースシアター)他、多数。

中山 夏織 Kaori Nakayama
プロデューサー・翻訳・ドラマ教育アドヴァイザー
三重県生まれ。1985年、明治大学文学部演劇学専攻卒、英国シティ大学院芸術政策経営学修士課程修了、同博士課程中退。文化政策、アートマネジメントを教えるかたわら、1998年、NPO法人シアタープランニングネットワークを設立し、プロデューサー、コーディネーター、通訳として、多様な舞台芸術の国際交流、人材育成プロジェクトにかかわる。2012年4月より、独立行政法人日本芸術文化振興会プログラムオフィサー(演劇部門)。
著書に『演劇と社会―英国演劇社会史』『ドラマ教育を探る12章』他。翻訳戯曲に『アメリカン・パイロット』(楽天団)、『ハンナとハンナ』(国際演劇協会)、『カラムとセフィーの物』『ナシャクラサ』(文学座アトリエ)がある。

【TPNプレイズ&プレイヤーズ】

若い世代の観客を対象とした優れた海外の戯曲作品と俳優のアンサンブルに焦点をあて、シンプルに、かつ、教育プログラムを連携させながら上演していく創造ユニットとして、2011年7月、活動を開始しました。
NPO法人シアタープランニングネットワークが、2000年の設立以来携わってきた、ドラマ教育、俳優トレーニング、アートマネジメント教育、国際交流等様々な事業を統合させる試みです。

芸術監督 中山 夏織
プロデューサー 猿田 耀子
レジデント・ディレクター 松本 純一
エデュケーション・アソシエート 寺本 佳世(劇団青年劇場)

〒182-0003 東京都調布市若葉町1-33-43-202
特定非営利活動法人シアタープランニングネットワーク内
Phone 03-5384-8715
Mobile 090-1813-6276
Mail tpn1@msb.biglobe.ne.jp
Web http://www5a.biglobe.ne.jp/tpn


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-08-01 20:39:02

あめがとうございました。

テーマ:ブログ
「ウニココのおとなとこどものためのおはなしのよる、雨。ー3つの雨のおはなしー」、7月29日に無事晴天決行されました。

ウニココ、ココデ。
6時すぎ、まだまだ明るい。こんな大きな窓なのです。

ウニココ、ココデ。
大きな窓にはった薄いスクリーンの向こうにはまだ、夕ぐれの空がすけて見えています。
日没開演。
この後、ゆうぐれの時間にゆうぐれのシーンから始まる映像でスタートします。

ウニココ、ココデ。
ひとつめのおはなしは、「くじら」。

ウニココ、ココデ。
くじらが見た空。

ウニココ、ココデ。
ごあいさつして、

ウニココ、ココデ。
おまけの即興。
即興の最初は小さな歌から。
3つの雨のおはなしと、お店の名前「3」にちなんで、お客さんからみっつの単語をもらって、うたいました。

ウニココ、ココデ。
「サーフィン」
お客さんに身体を動かしてもらいながら、おはなしを作ります。
ご協力いただいた2名のお客様、あからさまなグッドルッキング。(写真ではお伝えし切れていない美しさです。)すらりとした美人2人の登場に客席からも軽い失笑が。あきらかにお客さんの方に華があるという……舞台上が若干混乱しました。役者2名、軽く心が折れましたが、精一杯頑張ります。
伝説の波乗りが! お客さんに動かされながら、すごい波乗りの方法が判明しました。

ウニココ、ココデ。
うほっ。うっほー! 「英語が好きなゴリラ」のぷちミュージカル。

ウニココ、ココデ。
ふたつめのお話のはじまり。

ウニココ、ココデ。
「サカナとトリのおはなし」。

ウニココ、ココデ。
みっつめは、「スゴイ傘のおはなし」。
お客さんにも協力してもらって、いっしょに作ります。

ウニココ、ココデ。
どうも、あめがとうございました。

大協力していただいた、「cafe & dinning 3」のまっちぃさんに大感謝。スクリーンを美しくセッティングしていただきました。

ウニココ、ココデ。
また会う日までっ!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-07-02 20:15:26

みっつ

テーマ:ブログ
大変ご無沙汰しています。
ウニココメンバーそれぞれに、演劇に関わったり働いたり勉強したりしつつおりましたが、ご報告がおいつかず! みなさま、お元気にお過ごしでしょうか? ウニココは、ウニココとしては開店休業が続いていましたが、久しぶりにライブします! 

夏の日にさっと温度を下げるような。
光る虹を描くような。
リズムを作るしずく。

3つの雨のお話を、大きな窓がある「3」という名前のバーでお届けします。
3つの小さな雨のお話と、付録の即興のお話。
また、お越しのみなさんと、いっしょにお話を作りたいと思っています。

お待ちしています。

$あおむしのうた  誕生日の花

とき
7月29日(金)
18時オープン
19時15分スタート
20時半終了(予定)

チャージ 
1000円、またはるんるんチケット1枚

*ワンドリンクのオーダーをお願いします。
*フード+ドリンクの特別メニューあります!
(別途料金 or るんるんチケット1枚)

ところ
cafe&dinning Three 3

沖縄県沖縄市中央1-17-15 2F
中央パークアベニュー入ってすぐ
左手のパルミラ通りにあります。

バス:胡屋バス停より徒歩3分(23/27/63/62/90/110/77/223/227/263/290ほか)

車:中央パークアベニュー共同駐車場
 (旧BC駐車場)より徒歩3分

*駐車場情報
 http://shop.koza.in/shops/park/

*るんるんチケット→キジムナークラブ6のチケットをキジムナーフェスタ事務局で交換します。商店街の協力店で使えます!

*終演後は通常営業となります。
unicoco's story night for grownups
and children / 3 stories about rain
2011.7.29 fri
open 18:00
start 19:15
at Bar Three
charge
1000yen or 1 Runrun ticket
*one drink order needed
*you can use kijimuna coupon

Program

1. Kujira/a whale

(impro)

2. Sakana to Tori
/Salty Story

3. Fushigi na kasa
/a Funny Umbrella

お問い合わせ&ご予約
unicoco@mac.com
090-1944-8852(いぬづか)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-01 00:00:00

あけましておめでとうございます。ぴょん。

テーマ:ブログ
あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろとお世話になりありがとうございました!
暑い暑い夏を越えて、無事新しい年を迎えられたことを喜んでいます。
どうぞ今年もよろしくお願いします。
よく聞く耳と手渡す花と。
良い年になりますように。

$ウニココ、ココデ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-15 14:27:26

ドラマ教育研究会のお知らせ

テーマ:ブログ
『言葉と身体を使って遊ぼう!』
 講師:棚原恵子(嘉数小学校教頭)

 日時:9月16日(木)午後7時~9時
 場所:宜野湾市嘉数小学校内「すなわいルーム」
 会費:500円

(申込み・問合せ)
 メールはmosumoke☆hotmail.comこちらへ。(イワキモモコ)
*☆を@に変えてください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-06 16:10:51

ニンジャニンジャシュッ!

テーマ:ブログ
今年の夏休みもおしまいです。

今年の夏の発表会「これは星の夜に岩場でとんかつを食べるやどかり。」無事、終了しました。
ご協力いただいたたくさんのみなさん、見に来てくださったみなさん、おうちで支えてくれたみなさん、本当にありがとうございました。

子どもたちは舞台で面白そうにしていました。
それがうれしかった。

ウニココ、ココデ。
とんかつの魅力から生まれた時空のゆがみが忍者と今の子どもたちを出会わせて、

ウニココ、ココデ。
いろいろあって、

ウニココ、ココデ。
空をながめる。星の空。

小さなお話ですが、子どもたちは子どもたちなりにハードルを越え、楽しみ方を見つけ、しゃべり、踊り、歌い、足を踏みならしました。
今年は特に、顔ぶれは随分変わっているのだけど、集団の成長を感じました。子どもたちから、「春もやりたい!」という声が聞こえたのがうれしかったです。

そして、お客さんの方。
小学低学年くらいの子どもが、「ああとーっても面白かったぁ!」とはっきり聞こえる声で言いながら会場を去って行きました。

子どものお芝居を子どもが見て楽しめるっていうの、なかなかすごいよ、と思ったのでした。
子どもたち、よくがんばりました。

夏休みの宿題はうまく終わったかな。
今年も空の青い夏でした。
ありがとう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-26 23:48:30

やどかりのジョー。

テーマ:ブログ
今年の夏休みも宜野座村で子どもたちとワークショップをしています。
がらまんキッズスタジオ、明日小さい発表会です。

ウニココ、ココデ。
のぞきこんだり。

ウニココ、ココデ。
掘ったり。

ウニココ、ココデ。
比べたり。

ウニココ、ココデ。
次の日の朝ご飯でお味噌汁で食べました。

ウニココ、ココデ。
やどかりの好物をさぐったり(右端が一番人気のとんかつ)。

ウニココ、ココデ。
朝の海。

ウニココ、ココデ。
理科の実験したり。

ウニココ、ココデ。
走ったり、笑ったり。

ウニココ、ココデ。
写真撮ったり(大きいレンズ!)

ウニココ、ココデ。
舞台作ったり。

歌ったり、足踏みならしたり、詩を作ったり。
色んな楽器の音色に耳をすましたり、身体でリズムをきざんだり。

今年はお泊まり練習もして、夜の劇場探検にもみんなで行きました。(ちょっと恐かったね。)

それで、子どもたちになにがやりたい? って聞いてみたら、「忍者! 忍者!」と。
なぜ?? と思いつつ、新しいゲームを作ったり、忍者っぽく動いてみたりが加わって、今年も、また新しいお芝居を作ることが出来ました。

8月28日本番です。
午後4時から、宜野座村文化センターがらまんホールで入場無料。

タイトルは「これは星の夜に岩場でとんかつを食べるやどかり。」

ドライブがてらのご来場、お待ちしています<(_ _)>

舞台のくわしい情報はこちらへ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-31 23:23:36

物語にどっぷり。

テーマ:ブログ
脚本講座、終了しました。
ありがとうございました。

$ウニココ、ココデ。

本当に知恵熱が出そうなくらい密度の高い2日間でした。
参加したみなさんの熱も感じて。あつかったです。
田中さんの惜しみない感じもとてもうれしかったし、物語へのアプローチ、物語とのつきあい方、物語っていったい何なんだ? 昔なじみの友だちの新しいところをいっぱいいっぱい発見した気分です。
物語よ、おまえは、そうか、そうだったのか!!
参加した皆さんは、贅沢な時間を過ごすことが出来たに違いない、と思っています。ほんと、田中さん、惜しみなかった。ありがとうございました。

もちろん、ここから先、物語を発見して、そして生き生きと動き出させる、その作業は、そう、ここから先の話なんですけど。

この講座は、そういうわけで、まだ全然終わってないみたい。
参加した皆さんの物語が立ち上がった姿を見るのが楽しみです。

終わらない物語の始まりに、感謝!

ハリウッドストーリーテリング/田中 靖彦

¥2,415
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-06 12:44:04

脚本を書く。

テーマ:ブログ
脚本家・脚本分析家の田中靖彦氏による脚本講座を5月29日、30日に行います。

かつて、話していたこと。
アメリカには脚本のお医者さんがいるんだって。
だから、脚本を書いていて煮詰まっちゃうとお医者さんのところに行って治療してもらえるらしい。

ここでもう一人キーになる登場人物が必要だね、とか、ここの展開が甘いね、とか、この人はここで死んだ方が良いね、とか、言うかどうかは分からないけど……! もうほとんどこのあたりは想像なんだけど。タイプライターに聴診器を当てている絵が浮かんだりして……。

脚本というのは、私たち、普段しゃべってるし、笑ったり怒ったりするし、日本語が分かれば書けちゃうような簡単なものだと思われたり、逆に相当に神がかった天才だけが書けるものだと大きく距離をとられたり。

そうではなくて、脚本作りにはルールがあって、自分の頭の中に浮かんだ物語を設計図に書き上げていくための方法があるということについて、脚本講座を行います。

2日間、がっつり物語と向き合ってみませんか?
くわしくは、こちらをクリック。

$ウニココ、ココデ。

ちなみに講師の田中さんは、アメリカで、その脚本のお医者さんをしていたんだそうです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。