Alfonzo Hunter: Blacka da berry

テーマ:
この顔からは想像できない、甘いこえで、乙女はいちころさ! 96年作。うーん、Slow MotionとかJust the way、だいすきですう!

 聴いてみるw
AD

Jimmy Smith: Standards

彼のアルバムは、どれも結構ジャケットが語ってくるかんじですが、、、。これ、少し気持ちよい顔しすぎではないですか?w 夜に、泥酔しながら聞くのには良い一枚です。 うーん、オルガンほんま気持ち良さそうw

 聴けます
AD

逃亡された、、、。

テーマ:
今日は、朝1コマだけしかお仕事がなかったので、珍しく車で通勤したんですが、、、。
赤信号で待ってると、左の方で、「ガツン!!!」って音が聞こえて、びっくりして見てみると、某高校の制服着た少年が、思いっきりハンドルをウニの車のミラーにぶつけているではないか! しかも、少年は、壊れたミラーを確認したら、全速力で逃走、、、。 ウニ、キレまくって追いかけるも、京都の細い道では、自転車は最速の乗り物なので到底追いつけませんでした、、、。取り敢えず、制服とか確認してるので、学校へ行って、先生に状況説明してたりしました。てか、絶対犯人みつからないよねえ。やだな、、、。
AD
密かに、好きだったりするw 行きつけの散髪屋の親父が、生粋のファンでタマに熱く彼らの事かたられます。うーん、初期の彼らすきですう。

ふう、ようやく某大学の某学部のクーラーが入る様になりました。今までは、60人しか座れないクラスに、55人も登録し(しかも、ほぼ男子)、その上ほぼ全員出席なので、部屋の中は蒸し風呂。ウニの体感温度では、45度位の勢いでしたw 窓開けると飛行機の音で、声通らないし、ドアは「開放厳禁」と大書してあって開ける事できないし、、、。最近、007を意識して、スーツを着てお仕事してるウニとしては、ジャケットを脱ぐ事も出来ず(脱ぐのは、紳士ではないとか思ってるw)、汗だくになりながら過ごしていたのでありましたw

今日も、覚悟して教室にいくと、案の定「むわあ!」という熱気とともに、男子のどんよりした表情w 「ああ~あ、まだクーラ付かないのかな。うーん、てか、クーラーのスイッチ入れる気まったくないんだろうなあ、、、」とか思ってたら、開始のチャイム5分後に、、、、。

ウニの心の叫び: う、うれしいいいいいいい!!!
ウニの実際の叫び: うきょお! クーラーかかっとるでえ!!

心の叫びと実際の叫びが逆さになるぐらい嬉しかったのでありますw 
てか、開始のチャイムなってから、クーラーの電源いれる辺り、本気で節約してるんだなって、見直しました。

中原さん

テーマ:
子供の頃から、英米文学/日本文学専門のウニパパから、早朝座敷で正座させられ、色んな物を朗読させられてたウニですが、、、。成人してから、その有り難さが解ります。1つのメルヘンを解説してる時の、親父のイカレタ顔、今でも思い出しますw Mamiさんの所で出てたので,久しぶりに懐かしくなって、読んでみると、やはり言葉が煌めいているというか、音楽的というか、読んだ後に、余韻を残す不思議な彼の詩です。取り敢えず,好きな詩二つ。是非、本で読んで下さい。
後、小林秀雄さんによる追悼文は、読む度に、、、、。言葉では表現できない物が、心に残ります。


妹 よ 

夜、うつくしい魂は涕(な)いて、
  ——かの女こそ正当(あたりき)なのに——
夜、うつくしい魂は涕いて、
  もう死んだつていいよう……といふのであつた。

湿つた野原の黒い土、短い草の上を
  夜風は吹いて、 
死んだつていいよう、死んだつていいよう、と、 
  うつくしい魂は涕くのであつた。
夜、み空はたかく、吹く風はこまやかに
  ——祈るよりほか、わたくしに、すべはなかつた……


一つのメルヘン

秋の夜は、はるかの彼方に、
小石ばかりの、河原があつて、
それに陽は、さらさらと
さらさらと射しているのでありました。

陽といつても、まるで珪石か何かのやうで、
非常な個体の粉末のやうで、
さればこそ、さらさらと
かすかな音を立ててもいるのでした。

さて小石の上に、今しも一つの蝶がとまり、
淡い、それでいてくつきりとした
影を落しているのでした。

やがてその蝶がみえなくなると、いつのまにか、
今迄流れてもいなかつた川床に、水は
さらさらと、さらさらと
流れているのでありました…

Coke Escovedo: Comin' At Ya

テーマ:
前、Upしたかな? ま、いいやw ウニが車通勤の時に、繰り返しかけてる曲、"I wouldn't change a thing"が入ってるアルバムです。 この曲、思わず一緒に大声で歌ってしまう事必至です。「ららら~ もし、もう一度、人生やり直す事になっても、今の人生と同じことするぜえ~。おおいぇえい~。」てな歌詞と、ウンポコパーカッションがテンションあげてくれます。 "Free Soul"とかにも入ってると思います。

むふふ、77キロ台に突入です。体脂肪も相当落ちて来てるし、パワーも大分回復してきたので、良い感じですう。うーん、ご褒美に焼酎がぶのみ中w

Billy Wooten: Lost Tapes

テーマ:
ヒラミさんの所で紹介してあって、この盤の存在しりました。さすが、P Vine、相変わらず強烈なのを出してくれました。いてもたってもいられず、久しぶりに注文してしまった。ついでに,下のも、、、。 まだ、試聴しただけだけど、あの名盤 "The Wooten Glass"と同じ日に録音された、アルグリーンの"Let's stay together"とかマービン/ダイアナの "You are everything"のカバーとか入ってるみたいです。その他も、盛り沢山な感じらしい。ウーン楽しみ。てか、このアフロと髭とネクタイ、オモロすぎw

本日音源到着いたしました。余りに良いので、是非皆様にも聞いてもらいたいです。下のリンクからサンプル聞けますんで、是非。ぶっとびます!!
 ココで試聴できます。

"In This World"ってアルバムっす。こちらは、ラテン系のノリ。さわやかさんw

Musiq Soulchild: Juslisen

テーマ:
Amazon等では、好きかっていわれていますが、 ウニ的には凄く申し分なく、大推薦の一枚です。最近出されたアルバムと言い、いつも安定した、ソウルフルな歌声を効かせてくれます。よく、スティービーとかと比べられますが、ウニは、そういう評価はあまり好きではなかったりするのね。ソウルフルに歌うと、自然とスティービーとかダニーになるし、やはり良い物は良いし、、、。説教臭いねw 

ふう、今週は明日の5コマ目以外は全部休講にして、家で「音楽休暇」なる物をとっています。勿論休講理由は、「音楽研修の為」と大書しておきました(ごめん、嘘ですw) そんなこんなで、家にあるレコードをかたっぱしから聴こうとおもってたら、何と針がとんでるでわないか、、、。しかも、予備の針ももう一つな状態で、、、。うーん、今月、靴、スーツ、結婚式、その他で、金欠なので、レコード針もかえない、、、ううう。

うーん、 Imoさんの所でUpされてたんですが、、、。相当可愛いと思うのは、昼間から泥酔状態で、ぷらぷらしって、警察官に尋問されたからでしょうか、、、w 正確には、家で一人で大人しく泥酔しながら音楽きいてたら、ピンポーンてなるので、玄関まで行けば、警察官の人がいて、色々あれこれ家族構成とかウニの仕事の事とかいわれたんですけど、あまりに泥酔で、ちゃんと答えられなかったのが原因なんですが、、、、。明らかに、近所の ”怪しい人”リストに入りましたね、、、(前から入ってたが、、、)。


Alice Clark: S.T.

その年齢にして、そんだけ濃い音楽を好きな おれんじさんへの1枚。 多分、女性ボーカルで、純粋に「濃厚」さだけで言えば、今まで聴いた中で最高峰です。間違いなく、全曲さむイボが出ると思います。CDでも出てるみたいなので、是非しいれるか、再来週の金曜日までまってくださいw