思うに、、、

テーマ:
腹が立ちます。陣内の結婚披露宴?で、音楽の成績が「最低の2」なんて事いっていましたが、ウニは、中学2年の時、成績が1で、態度 "×" もらいましたw  1の態度×って、多分聞いた事ないと思いますが、、、、。その当時、音楽の先生自体が嫌いで、授業で聞く音楽自体も、すごくポリシーに反するので、めちゃくちゃ授業中あばれたりしてたので、当たり前ですが、、、。 でも、1の×ってw
AD

Earth, Wind & Fire: Head to the sky

テーマ:
大好きな1枚です。見て下さい、このジャケット。うーん、良すぎます。勿論、中身も大推薦です!

この数日、理由不明で、画像がupできませんでした。うーん、何故だろうか、、、。そんなこんなで、久しぶりのUpになってしまって、ゴメリンこです。

今日は、某大学の講師室で、バク睡してしまいました。ハッと目が覚めたら、あられもない姿で、しかも、ヨダレまで垂らしてました。他の先生に何と思われた事か、、、。明日からは、もう少し気合い入れてお仕事します。

ぐふ、週末、大阪行って、長期悩みに悩んだコルテの靴購入してきます。多分、アルカってモデルの黒にするつもりです。もしかして、ジョンロブのシティーになるかもですが、、、。
AD

あああ

テーマ:
やられてしまいました。オカンにまた、、、。iPodとShureのヘッドフォン、洗濯されてしまいました。めちゃショックです。両方5年保証かけてたんですが、保証書は以前オカンがすててるので、、、、。てか、ほんま勘弁してください。
AD

Betty Davis: Nasty Gal

テーマ:
前にも、アルバムしょうかいした、Bettyさんです。ペットの巨人の元奥さんだったりします。これ、究極いっちゃってる系の濃さです(意味不明ですよねw) タイトルと、ジャケ写真からして、ぶっ飛んでます。重たいドラムに、渋いギターとベース。ソレにのってBettyさんの強烈な歌声が響き渡ります。 大好きですw

亀田は強かったが、明らかにダウンでなく、押して倒してるのに、ダウン取るとは。うーん、止めるのも早すぎた様な気がします。ま、ドッチミチ、勝っていたと思いますが何となくすっきりしない、、、。

The Meters: Struttin'

テーマ:
誰も家にいないので、昼間っからヨッパらって、大爆音です。そして、The Meters連発です。コレは、1970年の、ふぁんきーしっと+歌ものまろやか系の曲も含まれる名盤。 A6 Same old thingとB2 Darlin' darlin'は強力なオルガンとベースが繰り出すグルーブに酔いしれます。裏じゃ毛で、懐かしのジャングルジムの中にはいって、4人ポーズ取ってる姿が、微妙かもw

週3回電車出勤なんですが、そのとき欠かせないのがIpodとshureのイヤホンなわけです。JRのやたら大きい車内放送や、横の人の会話など一切ムシして、自分の音楽の世界へ誘ってくれるこの2つの名機はウニの通勤生活には絶対欠かせない物です。それが!!! 先週、今日と、ホームに立ってイヤホンを差し込んで電源入れて再生おすと、全然音がならないではないか!! くう、たまにある、"すべての曲原因不明消去の刑"にあってました。ほんま、音がないと通勤とかジムでのランニングとか力はいりませんです。


The Meters: Fire on the bayou

テーマ:
さて、最近は軽いのを連発してましたが、今日は濃厚な本来のウニブロに戻りますw The Metersにしては、軽いノリですが、The Metersと知らず聴くと、ソレはソレは濃いです。1975年のアルバムらしい曲多し。うーん、世間では評判悪いですが(初期のより、駄目と言われている)が、これはこれで美味しいかもw

ふう、さて、凄く迷っています。念願のフェンダーローズ(勿論弾けませんw)か、マッキンのアンプか、コルテの靴か、ジョンロブのフィリップⅡか、Kokonで靴をオーダーするか、、、。うーんうーん、思い悩むこのごろですw

Mondo Grosso feat. Amel Larrieux - Now You Know

テーマ:
スローな曲を歌わせたら、抜群なAmel Larrieuxの曲で、二番目にすきなのです。1番目は、勿論 "for real" この曲は、是非したのリンクで、動画をみてもらいたいです。見てみる。この雰囲気たまりません。こんな風に、子供とボーって歩くのが、凄くすきなウニでした。



Lauryn Hill: Ex-factor

テーマ:
聴いてみる
久しぶりに(前にもupしましたが)、ろーりんろりーたちゃん聴いてます。ほんま、この曲聴く度に色々思い出します。この曲が売れまくった時は、まだアメリカの生活になれてなくて、毎朝この映像を見てローリンちゃんにはげまされながら、勉強と日本語教師wに奔走してました。

ウニにとって、女性の魅力的な所って、前腕のすらっとした細長さと指での感情表現の仕方なんですが、特に黒人の女性は、アートを思わせるぐらい美しい人いますよね。ま、基本手足とか指長いしw ローリンちゃんは、顔、雰囲気、インテリな所(過激だけどw)、手、目が離れてる所w、黒い肌とすべてツボです。ああ、ローリンチャンに指差されたいw (すんません、泥酔中ですw)

なんか、2007年のライブ映像聴いてると、多分精神状況やばげで、心配です。元々、ライブでは音程はずしまくりですが、2007年ライブはそれだけじゃなく、切羽詰まった悲しさがつたわってきました。心配だな、、、。

Dee Dee Bridgewater: Afro blue

テーマ:
お久しぶりです。今日は、昼間からこのような盤(高くなってるみたいですね、、、)を爆音でならしております。これまた、何も言う事がない、jazz女性ボーカル名盤です。

昨日は、ある大学の60周年記念パーティーに行ってきました。結構、なめて「所詮、たいした事ないやろ」と思って、ノーネクタイで行ったら、、、、。びびりました。入り口に芸者さん、そして、メインゲストは、元首相の森さん、参加者軽く1000人超ぐらいで、料理も、その場でお寿司、天ぷら、北京ダック、ラーメンなどを作ってくれる気合いの入れよう。会場の真ん中には、どでかい氷の彫刻、芸者さんの「ツルと亀の」なんとかっていう、美しい舞を見た後、ライブのマリアッチw 仲いい先生と、「ぐは、ほんきやで、滅茶金かけてるでえ。取り敢えず、天ぷらと北京ダックたべとかななあ。」とか、貧乏臭さ前回で、会場にわんさか並べられた食べ物を片っ端から食べてやりました。立食であんだけおいしいのも、生まれて初めてでした。ひやあ、ただ飯はたのしいなあw あ、因に、日本の伝統音楽の素晴らしさを再確認したウニでしたあw