金曜日の朝

テーマ:



朝はカーテンから漏れてくる薄明るい光で充分だ。
目を細めて、取り留めのない言葉が巡る。

桜は、散った。

電話線を引っこ抜いたはずなのに、何度も何度も執拗く鳴り続けるコール。
呼ばれている奴は、受話器を取ることもせずに言い訳を繰り返していた。

4年程前だったかな。真夏だった。
バイトに行こうとしたそのとき、玄関に立っていたのは父親だった。その向こう側にいる人から「頼むからもう出ていってくれ」と聞こえた。その人の顔は、逆光で見えなかった。
私はそれでやっと初めて、うちが家賃を滞納していた事を知った。
バイトが終わった後、携帯に留守電が入っていた。「さっきはごめんね、もう大丈夫だから」と。
それから一週間後、私たちは退去を余儀なくされたのだった。


朝方に玄関の方でドアの閉まる音がした。
お昼の連ドラが始まる頃、父親は酒の匂いをぷんぷんさせて帰ってきた。手にはスーパーの袋に入ったあらゆる酒。
随分と機嫌が良く、無理やりに猫を抱きしめていた。
そのままどうやら部屋に倒れ込むようにして眠ったらしい。が、一度トイレに行ってから様子がおかしかった。
それに、きつい臭いもした。
ゴミ箱の中の汚物。

・・・

どれだけ人をうんざりさせたら、気が済むというのだろう。


頭では分かっているんだ。
この人がいなかったら、私はいなかった。
この人がお母さんを愛したから、お母さんがこの人を愛したから、今があるんだ。
だから紛れもなく、私の中に流れている血の半分はこの人と同じなんだ。
私がこのことでつらそうにしていればしているほど、お母さんは自分のことを責めるのだろう。
2年ほど前にそうやって気づいたとき、そのときからもう口も聞かなくなった。
何も見なくて、何も聞かなくて、何も知らないようにしていないと、私もお母さんもつらかった。


でも、それももう終わる。
未来を見透かす力なんて私にはないけれど、こういうことはいつかは終わるものだ。
終わったあとの世界は、今より悪くはないはずなんだ。

6月16日、家族のうちの誰の誕生日でもないこの日。
お母さん、きっと手紙を書くから。

お母さんが頑張れるように、あたしも頑張るから。


私のお願いを、聞いてくれる?
わがままかも、知れないけど。
AD

コール

テーマ:



泣きそうな声でコール
終電が出ていくよ合図
逢いたくなって週末に
雨の糸を照らすタクシーのヘッドライト

どうしても伝わらない体温を
一本の波に預けて空に投げる

だらしなく膝を抱えて
今にも降り出しそうなあたし
通り過ぎていく人の流れに目をやりながら
携帯電話、握り締めて

待ってるだけのあたしは頼りないけど
この番号にかけたことが唯一振り絞った勇気だよ

時刻は間もなく12時
来てくれるかな、あなただったら
人ごみの中にから、こんな小さなあたしを
見つけ出してくれるかな


----
例えば、好きな人が他の女の電話ですっ飛んで行っちゃった。
「泣きそうな声だったから」って、言い訳しながら。
AD
すべてなくすのだと思っていた
大切な人と生き方すべて
週末は飽くまで週末で
ランダムに夜を抱く

とりあえず食べて寝れば明日はやって来て
いつも通り桜が咲いて、街は変わり
ときどきお酒を飲んだり、恋したりして
案外ふつうに生きて、そんなもんだって笑って

わたしの二十歳が終わる頃
わたしはどうしようもなくからっぽだった

やっぱり今日も帰る術もなくて
暗いJR沿線をずっと歩いて、辿り着けなくて
ため息の色はなんとなくピンク色で
ドアをくぐれば、冷たい歴史があった

曖昧がきらいなのは大人になった所為だよ
ちょっと汚れたくらいがむしろ楽で
ずっとこのままでも良かったんだ
ずっとこのままが良かったんだ

朝が眠りに就き
夜は三日月
永遠、なんて言葉がやたらと耳につき
厭なことなんて、きっとそのうち忘れるのさ

だって、口をつぐんで
立ち尽くす

わたしの二十歳が終わる頃
わたしはどうしようもなくからっぽだった

雲隠れ恋

テーマ:
届きそうで届かない背中
いつも斜め向かい側で
そっぽ向いて煙草ふかして笑っている
見えては隠れる淋しいこころ
触りたいけど触れないわけ



失恋を理由に仕事を休んだ女性上司がいた。職場恋愛であった。
その日を境に彼女は数ヶ月で、黒スーツを着ていても分かるほどに痩せ細った身体になった。
彼女の元お相手の周りにいる男性たちは彼女の事を陰で散々罵った。
プライベートな事情を理由に仕事に休むなんて、彼らには考えられない事らしい。

私は、その話を黙って聞いていた。

かく言う私も、同じ理由で仕事を休んでしまった事が過去に数回あった。
勿論「失恋したので」と馬鹿正直に言うわけはないけれど、ただ体調不良でと言って電話をかけるだけで過呼吸を起こしそうなくらいパニックになる。
何故なら、そうやって陰口を叩かれる事くらいその時点で分かっているからだ。
プライベートな事情を理由に仕事を休むなんて考えられないと言う、彼らの意見は正しいのだから仕方がない。
だけど、失恋を理由に仕事を休む事が大人として恥ずべき事だと分かっていて、それを一番責めているのはきっと本人だ。
陰で誰が何と言おうと咎められるものではないけれど、本人が自分の弱さを一番分かっている以上誰も何も言えないはずだ。
自分自身が彼女と同じ、そういう性質の女だから分かる。
夜中、電話越しに最後の「さよなら」を言った後、涙に濡れて朝が来るまで、まさか自分がそんな理由で仕事を休むはめになるなんて誰だって思わないだろう。
私は何も、そんな弱い彼女を、自分を、決して“間違い”だとは思わない。
もし、これをはっきりと“間違い”だと呼ぼうとする人がいるのなら、ひとつ分かっていて欲しい事がある。

全て、言葉で言うのは簡単だ。

人間、頭では分かっていてもいつも正しくいれるとは限らない。
誰だって、自分が自分で思うほど、強くないからだ。

何故なら人間は、意識的・無意識的に関わらず、精神的・身体的刺激に対して少なかれ生体機能に変化を来たす。
これはつまりストレスというやつである。
分かりやすく言うと、例えば極度の緊張で冷や汗や腹痛を引き起こしたり、大勢の人を目の前にうまく口がまわらなかったり、こういう現象である。
環境の変化や事故(アクシデント)、失恋も立派なストレスの原因である。
勿論、これには個人差がある。まず物事の感じ方からして個人差があるのだから、何がストレスの原因になり得るか、これに基準をつけるのは非常に難しい。
またストレスによってどんな変化を来たすのか、これにも個人差がある。冷や汗、腹痛、頭痛、動悸、過呼吸、痒み、食欲不振、不眠、言い出せばきりがないくらいに幅があり、人によってこれも決まっているわけではない。
あるときは腹痛を起こし、あるときは動悸を起こす人もいる。ストレスによって引き起こされる生体機能の変化とは、言わば“非常事態”であるからにこれについて断言できることは少ないと言える。

さて、“個人差”という言葉を使ってきたが、この言葉は先の“正しい意見を言う彼ら”には嫌われがちな言葉である。
“個人差”という言葉を使うことによってもたらされる曖昧ささえ、甘えや弱さだと言う。
だから、ストレスによる体調不良だって彼らには理解されがたい事が多い。
けれど、曖昧にではなくはっきりと言える事は、この現象が起きるのに人間性において言う強いや弱いに関係ないという事だ。
だから昨日まで、失恋で仕事を休むなんて考えられないと笑っていた人間が次の日そうなるのは充分に有り得る話で、むしろそういう人間にこそ多い。
何故なら正しい事をこだわる人こそストレスと溜め込み易い傾向があるからだ。
正しい事にこだわる人とは、弱さを容易には受け入れない人たちの事である。

私が好きになる男は、大抵そういう人だった。
自分自身、自分の弱さを知っていて、それを許さなければ生きていけないと思っている人間だから、まだ弱さを容易に受け入れない、正しい人に、自然と惹かれてしまう。
自分の弱さにまだ出会わないほどに、正しくいることができる強い人だ。
当然、そういう人と一緒にいれば意見が食い違いケンカする事も多かった。
痛いくらいに見てきた自分の弱さ、これを許さなければ到底生きていけないと思うくらい理解している自分の弱さ、これをパートナーに認めてもらえない、許してもらえないのは相当つらい。
電話機を前に、短く浅い呼吸を何とか整えようとする。ただ体調不良で、と言うだけで何度も何度も台詞を心の中に唱える。
体調不良、というのはこのときあながち嘘でもないはずなのに。
どうして自分はこんなにも弱いのだろうと、ただただ打ちひしがれるのだった。
きっと、あの人はこんな弱い私を笑うのだろうな。失恋を理由に仕事を休むなんて、と。

けれど、もしこれを恐れて無理にでも出勤したりするような事があれば、ストレスによる体調不良だって慢性化する事がある。
ストレスによる体調不良が慢性化して、更にそれがまたストレスを呼び次々に調子を崩していく事を、現代では“うつ病”と呼ぶ。

もしも、不幸な出来事があって、心労から体調を崩し(それが一時的な体調不良であっても)仕事を休む人が周りにいたら・・・いや、それがもしも、自分であったら。
決して笑うな。責めるな。馬鹿にするな。
正しい事より大事なのは一人一人の強さである。人の心と身体より大事な正しさなんて無いのだから。
弱いということは“間違い”ではない。弱いということは、必要な事なのだと、そう言い聞かせて欲しい。
そして弱さを受け入れる強さを、この社会全体が獲得できれば、“うつ病”なんて無くなるんじゃないかと、そう思う。

失恋を理由に仕事を休むなんて、と笑う事は簡単にはしないで欲しい。

花よ蝶よ

テーマ:
時計のない部屋でそれ以来
気を煩って春再来
花の代わりに今日あしらい
歌をうたって恋の未来

それならばと名をたずね
その名に於いて夢たずさえ

あした天気に
あたし天気に
なりますように
雨にうたえば

花よ蝶よ
恋および
いのち潰える
恋を呼び

新着メッセージ

テーマ:



いつしか繋がっていたことも忘れていたでしょ
見知らぬ土地に行って、一人で上手に生きたとしても
僕はなんにも変わらないと思っている
空から落ちてきた一筋の光
もう一度、僕らを結びつけるのか
そっと掌におさまる願い

ねぇ今も
変わらないで元気でいますか

地上から雨を見上げると
幾つもの雨粒が純粋な祈りのようで
降り注ぐ希望のようで
誰かの涙のようで
少し空に近づけそうな気分になる

ねぇ僕は
なんにも言えないけど哀しいよ

どれだけ切に心を込めても
どれだけきれいな願いでも
叶わないのなら哀しいんだ
言葉はただ触れず眺めるだけで
なんにもならないって知っているけど
震える指先はとにかく文字をなぞるんだ
せめて、届けよ
雨でも晴れでも空を越えて笑え

猫と満月(memo)

テーマ:



巡り巡る運命の輪を見つめて
真ん丸に満ちた黒い瞳よ
今夜は毛布に包まって
一緒に眠ろうよ

遠眼鏡を覗いて
何でも見えていると思っていた
本当に見えないのは
光のない夜

満ちているの
それとも欠けているの
問いかけて季節を思い出そうとす
一筋の答えを辿り

跳ね返って笑った
気まぐれに触れた
みちびきの月光
今はフルムーン

さつきの街

テーマ:



春になったら
当たり前のように聞こえてくると思っていたんだ
にわか雨と土の香
遥か陽射し、青々とした歌

太陽が落ちた場所から染まっていく
冷えた腕を隠す前に
呼ぼうとして心に刻んだ名前があった
踏み出す一歩があまりにちっぽけで

切ないなあ、切ないなあ
伝えたいだけで切ないなあ
そんな歌をうたっていて
ここには誰一人いなくって

雨が落ちた場所から染まっていく
離れようとする街の片隅の
いつか思い出や紫陽花の色
踏み出す影がまた伸びていって

切ないなあ、切ないなあ
伝わらないだけで切ないなあ
そんな歌をうたっていて
ここには誰1人いなくって