・・・

テーマ:

夜更けに留まろうとすること。時間が死んでいく。

昼夜もわからずただ眠った。電話を切った後、少しだけ泣いて。

夢現に目を開けると、雨の音がひたすらに聞こえた。


無常が一番こわいと思う。

何のための毎日かと考えた途端、自分に負けてしまうのだ。


久しぶりにこんなに眠った。いつも繰り返していた、せいぜい5,6時間の睡眠は、眠りとは呼べなかったのだと気付く。

明日のためと思って眠ることがいつまで経っても得意じゃなかった。今日が去っていくのが淋しかった。

今はただ時間が過ぎ死んでいくのを感じる。頭、腰が重たくて、まだ眠ってるみたい。


外反母趾が板に付いた足の親指、それから小指の両側面の皮がどんどん硬くなっていってる。

言うまでもなく、ヒールで走りまわる仕事のため。

全然、綺麗じゃないのだ。

足も手指も肌も、くたびれて遠くを見る目も。閉じる瞼も。

そう気付くたびに悲しくなる。綺麗になりたいけれど、もし綺麗になれたとして、それが何になると言うのだろう。


そう考えた途端、自分に負けてしまう。問うことをしてはいけない、けれど、私は周りが見てて呆れると言う程、どうしようもなく生真面目なのだ。

AD

時雨夜

テーマ:
雨を辿り歩く夜
立ち上る想いはもう何処か紛れてしまって
あの日も、あの日も数えてみれば
多くの願いは晴天に、叶っていたんだと知る

そして今は温もりだけ
笑顔も泣き顔も打ち消されて
ひとつの温もりだけ、ただ記憶として降り続く

雨を辿り歩く夜は
不安ばかりで、なのに泣くことができない
あまりにリアリティが足りなくて
辿り着けることはないのだろうと思う

恐らくは、次の晴天を見るまで

(それでも歩く、雨音のリズムとともに)




------
晴天の日が遠いとは思わないのです。ただ
11月ももうじき終わり。寒いですね…
AD

いざ夢の国へ!

テーマ:

明日から2泊3日、ディズニーランドに行ってきます。実は行くの初めてなんだよね(笑。

もう随分と寒くなってきて、冬らしくなってきたし、少し早めのクリスマス。

お土産を買ってあげる人はあんまりいないし、現実的な話お金もない。

荷造りをしていて、ビックリするほど服も下着も持っていないことに気が付いた(笑。

まぁ、次の給料日にはがっつり入るから、買い物したいなぁ。貯金もしたいけど・・・。なんか彼氏にお金使わせてばっかり・・・フリーターなのに・・・。

そして旅行から帰ったら次の日から、バイトバイト・・・。本当は休みにしたかったのだけど、この時期当ホテルは多忙を極めており、どうしてもと言われて午後からの仕事を引き受けてしまった・・・。

まぁ、そのへん気合で何とかしようと思えば何とかなるだろうけど

怒られるだろうなぁ・・・彼氏に。ちゃんと断れよって。毎回毎回同じこと繰り返してるけど・・・。

でも!クリスマスは絶対休む!ラグフェアのディナーショーなんか知るかボケ!笑。

あ、それで、明日は始発に乗って伊丹に行くから、3時台に起きなきゃいけないんだよね。やばい、もう寝る。おやすみw

AD

にっきです。

テーマ:

今日ね。レポート6枚もやったよ。

昨晩は色々片付けたりしてたら寝るの遅くなっちゃったんだけど

むりやり午前中に起きて、食欲がないから朝食は抜きで部屋の片付けをした。

O型らしく、見事にずぼらなのであんまり部屋で過ごすことはないのにけっこう汚い。

散乱しまくってる服の大半を洗濯に出し、紙類、雑誌類はまとめ小物は全てリビングに移動。散らかってるものは適当に寄せれば綺麗になるけれど(笑、

改めて見てみると、けっこうあちこち埃がたまってるんだよね・・・。

埃がたまってるのはどうしても気持ちが悪いと思う。というわけでちょっと頑張って、けっこう綺麗になったよ。まぁ、小ぎれいとは言わず並くらい・・・笑。

午後になって、彼氏が訪ねて来てくれたので駅まで迎えに行って

しかし、部屋に来るや否や、キーボード触ってばっかり・・・。

最近、めっきり作曲に燃えてて、それはそれでいいんだけどさ・・・。

なんだろうね。この気持ち。とっても複雑(笑。

仕事より私の方に構ってよ!なんて言う女には自分はならないと思ってた。仕事と言うか、本人が情熱を注いでるところ遮ってまで自分に注視させようとは思わない。頭では。

むしろ、自分の好きなことに情熱を燃やしてる男は素敵。歓んで愛せるかと思ってた。

自分のことより仕事のことより彼女優先の男よりはよっぽどだろうけど。複雑っていうことはね、きっと。

もういいって言って、ちょっとふくれたふりをして、レポートをやっていたのだけど

地理のレポートは一番面倒くさくて嫌い・・・。故に、枚数多いのに一切手を付けてなかったのよね・・・。で、気が付けば明日テストってゆう・・・。

残り3枚も残ってるって知ると、やっと手を止めて、というか半ば呆れながらレポート手伝ってくれた。

そして、やっぱり説教された。先生みたいに・・・。

自分はろくな生徒じゃなかったくせに・・・。と思いつつ、我慢して聞いたけど。正直もういいって!って言いたかった・・・ーー;

けれど、実際レポート溜めてた自分が悪いし。間違ったことは言ってないし。

素直に聞きたいよ。本当は。

前に、本当に「うるさい」って言っちゃったことを思い出す。落ち込むといつも訳なく思い出す。そのたびに余計に泣きそうになってる。

傍にいるのに、落ち込んでばかりだった。傍にいるのに、怒ってばかりだった。

あったかい手が好き。あったかい声が好き。いつだって堅実な考えをしているのが好き。髪の匂い。煙草の煙。

帰ってしまった後、強く残った煙草の匂いが切ない。

いい加減、いじけるふりをするのはやめて、夜遅くまでレポートをやって、残り10枚になった。

来週、ディズニーランドに旅行に行くから

頑張ったね。って笑ってくれるように。


頭の中を音が支配する。それと同時に、目をつむれば、シャンデリア、円卓に綺麗に敷かれたクロス、綺麗にセットされたショープレートとシルバー、4つのグラス。みんなの顔。

頭の中を音が支配する。温度を体全部で浴びながら

幻想ばかり見える。


今日は立冬。寒かったね。抱きしめて欲しかった。

あったかい服を、一枚も持っていないというのに、もう冬が始まってしまうのか・・・。

これから初めて二人で過ごす季節が、本当は何よりも楽しみ。

結局はこういうこと。

テーマ:

久しぶりに日記書こうと思って、途中まで書いたのだけれど

つまらないことしか書けないからやめました。


仕事がどうとか?疲れたとか、眠たいとか?

お金がないとか時間がないとか?

あとは音楽と言葉への憧れ。

それから愛しいということ。


もう聞き飽きたよね、こんな戯言。

四の五の言わずに頑張れたらいい。

いや、四の五の言える相手が本当は欲しい。

憧れも愛しさも変わらない。切ない。