2008年10月19日(日)

みなさん本当に本当にありがとう。

テーマ:保護観察

 23時過ぎに、保護司の家に行きました。

 大晦日でもあるまいし、老人に夜更けまで起きていてもらうのは気が引けたのですが、私がそう希望したのです。

 

 よもやま話に花が咲きました。

 2週間に1回保護司と面接しなくてもよくなる「仮解除」が、結局私の場合なかったというと、「成年の場合はまずない」という話でした。

 少年刑務所から出てきた少年の場合には、3ヶ月くらいで解除になるということでしたが…。

 

 途中で、ご亭主がトイレに起きてきました。

 「ご挨拶したい」と言うと、保護司が「お父さん」と呼び止めてくれて、ご亭主は私の正面にパジャマ姿で座りました。

 いろいろお世話になりました、と頭を下げると、「まぁ本人の力だと思うよ」と言ってくださいました。

 「1人ではここまで来られなかったと思います。いろいろと先生(私は保護司をそう呼びます)に、事あるごとに話を聞いていただけたから…」と言うと、「あなたは真面目だからきっとこの先はだいじょうぶだと思う。強く生きていって」と、静かに言われました。

 はい、と返事をすると、「じゃあ」と77歳のご亭主は、寝に戻って行かれました。

 

 23時55分になり、NHKテレビをつけました。

 時報を見るためです。

 

 2人とも黙りがちになり、所在なくテレビを見つめていました。

 手元の電波時計に目を落とすと、2分前。

 

 4年前、勾留されていた警察署を釈放されて挨拶に戻ったとき、再任用されて留置場係をしていたオッサンに、「4年もつかぁ?」と笑いながら言われたことを思い出して、もったよオッサン、と毒づきました。

 

 やがて番組が静かにフェードアウトして、画面が切り替わり、ニュースが始まり……。

 アナウンサー。

 「日付が変わり、○日になりました。ニュースをお伝えします」

 

 私は1つ、静かなため息をつきました。

 保護司は一言、「おめでとう」と言いました。

 

 少しだけ話をして、すぐに席を立ちました。

 翌日の仕事に障るからです。

 

 ガラガラと玄関の引き戸を開け、保護司に向き直り、「ありがとうございました」と頭を下げました。

 保護司は、いつもと違う一言を言いました。


 「もう、自由なのよ」と。

 

 静まり返った夜道に自転車をこぎながら、「自由」の意味について、考えました。

 俺にとっての自由とは、何だろう?

 

 「2週間に1度」の面接を、受けなくてよくなったこと。

 「遵守事項」を守らなくてよくなったこと。すなわち善行を保持しなくてよくなったこと、いやこれは違うな。

 1ヶ月以上家を空けるときに、保護観察所の長に届けなくてもよくなったこと。

 「心理的な引け目」が、いくぶん緩和されたかもしれない。

 

 そんなことを考えながら家に着いたときには、4年前には分かっていなかったことを、深く実感できていました。

 自由と責任は常にセットである、ということです。

 

 家に帰って寝るときにも、翌朝起きて仕事に行くときにも、帰ってきてからも、数日が過ぎてからも。

 取り立てて、私の心境に変化はありません。

 過去からの道を、引き続きゆっくりと、未来へと歩いていくだけで。

 ただこの4年間、逮捕勾留期間を含めれば、5年近い時間で学んだことを、少しでも生かせたらいいなと思いました。

 

 これで「監獄☆日記」は、やっと終結です。

 読んでくれた皆さん、あたたかいコメントを寄せてくださった方々、

 本当に本当に、ありがとうございました。

 

 心残りは……。

 ビッグダディの評論ができなくなることかな(笑)

 

 私は、がんばって生きていきます。

 皆様にも、よきことが雪崩のごとく押し寄せますように。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年10月13日(月)

みなさん本当にありがとう。

テーマ:保護観察

 私の4年に及ぶ保護観察期間が、もうすぐ終わります。

 最初こそコメント欄が荒れたこともあったものの、暖かく見守ってくださった皆様に、あらためて感謝申し上げます。

 

 先日、保護司の家で見たパンフレットを見て、思わず涙を流しそうになりました。

 「人は、変わることができる。そう信じることから、更生保護はスタートします」。

 

 更生できるのは、少年だけではありません。

 いつからでも、どこからでも、人間は変わることができます。

 適切な、他者との関わりがあれば。


 身近な人は、ぜひ「おかえり」を言ってあげてください。

 更生できる未来への、希望のために。

 

 駆け込みで、40,000カウンターを回すこともできました。

 ユニークユーザーしかカウントされないようですから、リピートしてくださっている皆様の分を合わせれば、20万PVはあったと思います。

 それも、感無量です。

 

 執行猶予期間が終わると、「刑の言い渡しがなかったことになる」のだそうです。

 その意味が私にはよくわかっていないのですが、きっと大きなことなのでしょう。

 

 本当に終わったら、あらためてご報告します。

 4年間もつたないブログを応援してくださって、本当にありがとうございました。




kouseihogo



 


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年01月01日(火)

あけましておめでとうございます

テーマ:保護観察

 新年あけましておめでとうございます。

 皆様に新年のごあいさつをさせていただくのも、これが3度目となりました。


 元日である今日、面接のために保護司さんのところへ行ってきました。

 年の瀬で何かとバタバタしていた私は、12月初旬の面接以降すっかり保護司さんに連絡するのを忘れてしまっていて、気にかけてくださっていたようです。心配するお電話を頂戴しました。

 

 老夫婦である保護司さんのところへは、とりたてて訪問者もなく、元日でもこころよく迎えてくださいました。

 おせち料理も、ふるまってくださいました。

 ひとり暮らしの私は、気分ばかりの「緑のたぬき」で年越しそばを済ませ、100円ショップで買った正月飾りをあわただしく大晦日に下げただけの正月だったので、お心遣いが大変胸に沁みました。

 

 保護司さんが作るおせちは、全部手作りだそうです。

 形どったハス、たけのこ煮、やつがしら煮つけ、きんぴらごぼう、なます、黒豆…。

 やつがしらはちょっと口に合わず、難渋しましたが、おいしくいただきました。

 

 「連絡カード」の余白がなくなって、新しい連絡カードが届いていました。

 観察期間終了日の日付が、今年の日付になっていました。

 執行猶予の期間が終わることを、私はなによりも心待ちにしています。

 

 皆さまに、よき年が訪れますように。


 本年も「監獄☆日記」を、よろしくお願い申し上げます。




                    osechi

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2007年08月23日(木)

晩飯をご馳走になる

テーマ:保護観察

 今日は保護司に、晩飯をご馳走になった。

 夕飯時ではあったが、別に狙って行ったわけではない。

 

 おかずは、メザシ・イカの一夜干し・キュウリの漬物・ゴマ豆腐だった。

 年を取ると、いくら夕食でも肉類が減ってくるという。

 保護観察が始まったころ、保護司は64歳だったから、いまは67歳である。

 

 「これだけ食べれば今日はもういいでしょ」と言うが、それは寝るのが早いからだ。

 私が寝るのは遅いから、何かもう少し食べるかもしれない。

 

 私が犯罪を犯して保護観察中だということを知っている人は少ない。

 そのことを知った上で普通に接してくれる人は、もっと少ない。

 おそらく保護司は、その意味では唯一の存在であると言ってもいいかもしれない。

 

 私には老齢の母がいるが、母が私について理解しているとも知っているとも思えないし、今さら伝えようとも理解してほしいとも思わない。

 

 だが保護司には、私の「何か」が分かってもらえるのではないか、本当のところを伝えられるのではないかというほのかな期待があって、それは希望になりうるものだ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年03月19日(月)

効率的な運用

テーマ:保護観察

 最近連絡カードを持ち歩いていないので、 2月分から訪問日のハンコを押してもらっていなかった。

 なので、前回保護司宅を訪問したときに前2回分もまとめて書いてもらおうとしたら、「記録が手元にないから次回までに調べておく」とのことだった。

 

 手元にないとはどういうことかというと、「泥棒が入ったりして見られたら困るから、物置に入れて鍵をかけてある」とのことだ。

 保護観察所からは「対象者のプライバシーに留意して、取り扱いには十分注意してください」としか言われていないそうだが、「念のため」なのだそうだ。

 

 ある日の面会が終わると、保護司は保護観察官あての報告書を書き、それをFAXで送る。

 手元には原本が残るが、観察期間が終わった人については「保護司のほうでシュレッダーにかけて処分してかまわない」そうだが、それでも心配なので、保護観察所に送り返しているのだそうだ。

 

 保護観察所のほうでの観察記録は、観察期間終了後も5年間保存してあるが、それを経過したものについては処分するという。

 人間は常に変わっていくものだから、たとえ再犯したとしてもそのときの記録が役に立つとは限らないし、法律上も執行猶予期間が終われば保護観察所に特に何かあるものでもないし、それが効率的で実際的なんだろうなと思った。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年02月18日(日)

団子とチョコレート

テーマ:保護観察

 以前保護司にお米を持たせてもらったとき 、保護司は米を粉にして団子を作ったと言っていた。

 私はまだ手作りの団子というのを食べたことがなかったので、食べてみたいと言ったら、作っておいてくれた。

 冷凍をとかしたものではなくて、「焼き立てを食べさせてあげたいから」とのことで日時を厳密に決め、その時間に私が訪ねていったのだ。

 形が不揃いなところが、いかにも手作りという風情がする。

 

 手作り団子はコンビニのものと比べてあまり粘りと伸びがなく、口の中で簡単にほぐれ、タレはしょうゆに少しだけ砂糖が混ぜてあるもので、おいしかった。江戸時代とかの大昔、町の茶屋で町人が食べていたのも、きっと同じ味だったのだろう。

 米の粉が団子になるなんて、それが不思議だ。

 もともとは普通の串だが、ガスコンロのグリルで焼くから柄は焼け落ちてしまうということで、焼いたものには持つところがない。だから、お皿に箸で食べる。

 4本食べて、残りは持たせてくれた。

 

 右はバレンタインのチョコレートだ。

 先日の3連休は家にいる対象者が多くて、あちこち回って届けてきたらしい。

 「妹さんがいたからお兄ちゃんに渡しておいてね、と渡していたところで本人が帰ってきた」とのことで、その人は最近バイトから正社員登用が決まって、保護司としても嬉しいのだと言っていた。

 フランス料理店に就職した人がいて、その人は保護観察期間は終了していたが本人が来てくれと言うので、食事をしにいったらしい。お互いに知らん顔して、一言も言葉は交わさなかったそうだ。

 保護観察期間の終了後に保護司が元対象者に直接接触して、動向を探ることは、それがたとえ善意であろうと、固く禁じられている。ただし、元対象者のほうから保護司を訪ねることには、まったく問題はないという。


 普通は家族からさえ煙たがられている対象者にとって、人生でかなりの不安定な期間を一緒に過ごしてくれる保護司は、かけがえのない恩人だ。

 曇りガラスの嵌まった木の引き戸をカシャンカシャンと叩き、中から「はーいどうぞー!」とこの人の声が聞こえてくると、心の底からホッとする。

 落ち込んでいるときには、なおさらだ。

 



だんご


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年01月29日(月)

前科者カード

テーマ:保護観察

 保護観察中には、「連絡カード」、通称「前科者カード」 というのを持たされる。

 「13階段」には、常時携帯を義務付けられていると書いてあったから、私もまた律儀にカバンの中に入れて、この2年というもの常時持ち歩いていた。

 

 ところが前回ふと思いついて、保護司に「これ持ち歩かなきゃいけないんですか?」と聞いてみたら、即座に「そんなもの持ち歩かなくていいわよー」と言われた。

 「もし持ち歩いて、失くしたらどうするの」、「まぁこれにはあなたの名前は書いてないけど、もしそのカバンごと盗まれたりしたらあなたのものだって分かるし、それはあなたにとって都合のいいことじゃないでしょう」と言う。

 「保護観察所のほうでも持ち歩かなくていいってことになってるんですか?」と聞いたら、「そうはなってないけど、私はそれでいいと思う」と言ってくれた。

 

 「連絡カード」は保護観察の記録をつけておくのが第一義であると思うが、保護観察所と担当の保護観察官、保護司の連絡先が記載されていることから、「なにかあったらすぐに連絡するように」という、言ってみれば「名刺的な」意味もあるようだ。

 私の場合はもう、携帯に保護観察所と保護司の電話番号が登録してあるから、その意味では連絡先を常に持ち歩く必要もない。だからとりあえずカードは家の引き出しに入れておくことにした。

 

 ちなみに携帯に登録した名称は、保護観察所は○○(地名)、保護司は××さんとしてある。

 携帯を紛失することも、十分ありうるからである(ずいぶん前に1回あるし)。

 

 そういえば前回は、またお米を持たせてくれた。4,5キロはありそうだ。

 保護司はその日、米を粉にして上新粉にし、団子を作ったのだそうだ。

 私はまだ手作りの団子というのを食べたことがないので食べてみたいといったら、「なんだそれだったら、冷凍にしてあるから次のときに作っておいてあげる」とのことだった。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年12月11日(月)

14才の母

テーマ:保護観察

 14才の母 が話題になっているらしい。

 胸くそ悪いので、私は観ていない。

 

 保護司も観ていなかったが、14才の母をどう思うかということについて聞いたら、「反対せざるをえない」ということだった。

 保護司は2人の娘の母親だから、言葉が重い。


 「高等学校を出て社会で働くようになって、それぐらいの年になって、そこでやっと世の中のしくみや雰囲気が分かるようになるもの」

 「14才というのは、子どもを育てるための知恵が、絶対的に、決定的に足りない」

 「もちろん自分の体が未熟だから、母体の危険もある」

 「だから結果的には命を殺すことになるけれど、中絶するしかないと思う」

 

 私は、大仰に言えば教育の敗北だと思う。

 アフリカを始めとして、発展途上国で人口とエイズが大爆発している主な原因は、性教育の遅れによる避妊具の不使用である。

 しかしここは、先進国である日本だ。

 

 14才の少女に対して、家庭も、学校も、地域社会も、なんら教育力を発揮できなかった。

 「愛するために生まれてきた」と信じ込む、14才の「暴走」を、教育は制止できなかったのだ。

 それを考えるとき、私は暗澹たる気持ちになる。

 

 避妊具を使わなかった相手と使わせなかった自分に、落ち度はないのか。

 生んだからといって、今後どうやって育てていくのか。

 5年後10年後に、本当に後悔しないのか。

 未熟な親に育てられる子どもは、本当に幸せなのか…………。

 

 保護司は、帰りにおむすびを3つ持たせてくれた。

 娘さんの旦那が米どころの出身だということで、そこから送られてきた米である。

 私は梅が嫌いなので、塩むすびにしてもらった。

 海苔は、別に持たせてくれた。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年11月06日(月)

前科者の就職(2)

テーマ:保護観察

 前回書いたことだが、前科者の全てが就職に難渋するわけではない。

 またみんながみんな協力事業主の下で働くわけではないし、ハローワーク経由で就職するわけではない。 


 逮捕直後、会社もクビになりこの先どうなるんだろうという状況のときに、その後の心配ということでかなりの部分を占めていたのは、やはり再就職のことだった。

 前科者が普通の企業に就職できるのかなという、茫漠たる心配があったのである。

 そのことを取り調べの刑事に言うと、「できるに決まってる。江戸時代じゃあるまいし、入れ墨入れて見た目で分かるようにするわけじゃないんだから」ということだった。


 保護観察所は、保護観察中の早期就職を強く勧める。

 保護観察中の再犯率が、有職者の7.1%に比べて、無職者は40.4%と群を抜いているためだ(平成16年)。

 保護観察官は、「観察期間が終わると、こちらでは対象者が何をやっているかわからなくなってしまう」という。再犯がうんぬんというより、「制度が相談にのってやれる期間に生活を立て直してほしい」ということだ。

 

 凡人閑居して不善を為すという言葉は本当で、ヒマがあると人間はよからぬことを考えてしまう。

 いやな仕事をいやいややって、忙しすぎて過労死なんぞしたくはないが、多少「時間がない」と嘆く状態であっても、ヒマよりは忙しいほうが精神的にもよいようだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年10月29日(日)

前科者の就職

テーマ:保護観察

 横山秀夫の新刊に「真相」 というのがある。

 主人公はかつて犯した強盗殺人の従犯という罪が、すでに刑を終えているにもかかわらず、なぜか世間にしれてしまう。

 そのためにアパートは追われ、就職が決まらず、パチンコ屋で夫婦で住み込みをしている。

 なぜそのようなことが起こるかというと、企業がコストのかからない簡易的な身元調査として、「ネットで氏名を検索する」からだというのだ。

 一昔前までは以前の新聞など捜すのに大変な手間がかかったが、いまはそこそこ大きな事件であれば、地方新聞社のウェブサイトにも掲載されて、簡単に検索できてしまう。

 その弊害だというのだ。

 

 そんなことを以前保護司に話したら、保護司会で保護観察官に話を聞いてきてくれた。

 身柄を拘束されていたり、服役していたりして、履歴書上空白期間ができてしまう人は、職務経歴を詳細に書く書式になっている履歴書は使わずに、就職情報誌に付属の、職務経歴欄が簡素にできている履歴書を使うとよいそうだ(もっとも職務経歴書を別途に提出させる企業も多いので、限界はある)。

 また地域のハローワークには当然、希望者が前科者であると知った上で雇用する「協力事業主」が登録されているし、それ以外の事業主にも「暗黙の了解」の上で、前科がある就職希望者をあっせんする職員が、どのハローワークにもいるそうだ。

 保護司なり保護観察所の紹介でその担当職員にあっせん(職業紹介という)を依頼すると、「暗黙の了解」で、先方企業には履歴書上の空白期間を伏せるなりなんなりして、紹介してくれるという。ハローワーク職員の、表に出ない仕事のひとつである。

 もしバレたら? という、保護観察所・保護司・対象者・ハローワークにとっての不都合は常にあるが、それは「そのときはそのとき」なのだそうだ。

 うーん、なかなかすごい。この世の中、ともすれば血も涙もないものに見えてしまいがちだが、じつは無償の愛とでも呼べるものもたくさんある。筋を通そうとすれば通るというか、少なくとも公的関係には、そういうことも多い。

 

 昨日は保護司との面接日だったが、旦那はどこかに出かけてしまっていたので、晩御飯をご馳走してくれた。

 近所の食堂から出前を取ってくれたのだが、帰りがけにスーパーで弁当でも買おうと思っていた私には、うれしい誤算だった。夕食代が浮いたからだ。

 

 私の保護司は、表紙に「保護司手帳」と金文字で書いてある手帳を使わずに、ミスドの「スケジュールン」 を使っている。

 私があげたものだが、手帳としての基本的な機能は充実していて、人前で取り出してもありふれていて目立たないからということで、重宝しているのだそうだ。保護司は対象者のプライバシーには最大の配慮をしているので、第三者に「あぁこの人保護司なんだな」と分かってしまうことまで、嫌がるのである。

 ポイントが貯まったので、来年のものを昨日プレゼントした。シルバーのバインダータイプである。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。