2008年10月19日(日)

みなさん本当に本当にありがとう。

テーマ:保護観察

 23時過ぎに、保護司の家に行きました。

 大晦日でもあるまいし、老人に夜更けまで起きていてもらうのは気が引けたのですが、私がそう希望したのです。

 

 よもやま話に花が咲きました。

 2週間に1回保護司と面接しなくてもよくなる「仮解除」が、結局私の場合なかったというと、「成年の場合はまずない」という話でした。

 少年刑務所から出てきた少年の場合には、3ヶ月くらいで解除になるということでしたが…。

 

 途中で、ご亭主がトイレに起きてきました。

 「ご挨拶したい」と言うと、保護司が「お父さん」と呼び止めてくれて、ご亭主は私の正面にパジャマ姿で座りました。

 いろいろお世話になりました、と頭を下げると、「まぁ本人の力だと思うよ」と言ってくださいました。

 「1人ではここまで来られなかったと思います。いろいろと先生(私は保護司をそう呼びます)に、事あるごとに話を聞いていただけたから…」と言うと、「あなたは真面目だからきっとこの先はだいじょうぶだと思う。強く生きていって」と、静かに言われました。

 はい、と返事をすると、「じゃあ」と77歳のご亭主は、寝に戻って行かれました。

 

 23時55分になり、NHKテレビをつけました。

 時報を見るためです。

 

 2人とも黙りがちになり、所在なくテレビを見つめていました。

 手元の電波時計に目を落とすと、2分前。

 

 4年前、勾留されていた警察署を釈放されて挨拶に戻ったとき、再任用されて留置場係をしていたオッサンに、「4年もつかぁ?」と笑いながら言われたことを思い出して、もったよオッサン、と毒づきました。

 

 やがて番組が静かにフェードアウトして、画面が切り替わり、ニュースが始まり……。

 アナウンサー。

 「日付が変わり、○日になりました。ニュースをお伝えします」

 

 私は1つ、静かなため息をつきました。

 保護司は一言、「おめでとう」と言いました。

 

 少しだけ話をして、すぐに席を立ちました。

 翌日の仕事に障るからです。

 

 ガラガラと玄関の引き戸を開け、保護司に向き直り、「ありがとうございました」と頭を下げました。

 保護司は、いつもと違う一言を言いました。


 「もう、自由なのよ」と。

 

 静まり返った夜道に自転車をこぎながら、「自由」の意味について、考えました。

 俺にとっての自由とは、何だろう?

 

 「2週間に1度」の面接を、受けなくてよくなったこと。

 「遵守事項」を守らなくてよくなったこと。すなわち善行を保持しなくてよくなったこと、いやこれは違うな。

 1ヶ月以上家を空けるときに、保護観察所の長に届けなくてもよくなったこと。

 「心理的な引け目」が、いくぶん緩和されたかもしれない。

 

 そんなことを考えながら家に着いたときには、4年前には分かっていなかったことを、深く実感できていました。

 自由と責任は常にセットである、ということです。

 

 家に帰って寝るときにも、翌朝起きて仕事に行くときにも、帰ってきてからも、数日が過ぎてからも。

 取り立てて、私の心境に変化はありません。

 過去からの道を、引き続きゆっくりと、未来へと歩いていくだけで。

 ただこの4年間、逮捕勾留期間を含めれば、5年近い時間で学んだことを、少しでも生かせたらいいなと思いました。

 

 これで「監獄☆日記」は、やっと終結です。

 読んでくれた皆さん、あたたかいコメントを寄せてくださった方々、

 本当に本当に、ありがとうございました。

 

 心残りは……。

 ビッグダディの評論ができなくなることかな(笑)

 

 私は、がんばって生きていきます。

 皆様にも、よきことが雪崩のごとく押し寄せますように。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年10月13日(月)

みなさん本当にありがとう。

テーマ:保護観察

 私の4年に及ぶ保護観察期間が、もうすぐ終わります。

 最初こそコメント欄が荒れたこともあったものの、暖かく見守ってくださった皆様に、あらためて感謝申し上げます。

 

 先日、保護司の家で見たパンフレットを見て、思わず涙を流しそうになりました。

 「人は、変わることができる。そう信じることから、更生保護はスタートします」。

 

 更生できるのは、少年だけではありません。

 いつからでも、どこからでも、人間は変わることができます。

 適切な、他者との関わりがあれば。


 身近な人は、ぜひ「おかえり」を言ってあげてください。

 更生できる未来への、希望のために。

 

 駆け込みで、40,000カウンターを回すこともできました。

 ユニークユーザーしかカウントされないようですから、リピートしてくださっている皆様の分を合わせれば、20万PVはあったと思います。

 それも、感無量です。

 

 執行猶予期間が終わると、「刑の言い渡しがなかったことになる」のだそうです。

 その意味が私にはよくわかっていないのですが、きっと大きなことなのでしょう。

 

 本当に終わったら、あらためてご報告します。

 4年間もつたないブログを応援してくださって、本当にありがとうございました。




kouseihogo



 


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年10月06日(月)

前科者が就職するには

テーマ:監獄☆日記

 このブログへのアクセスを解析してみると、「前科者の就職」というような検索ワードで入ってこられる方が、非常に多いです。

(次に多いのがテレビ番組名です。不本意ですが笑)

 

 それは、留置場や拘置所からの釈放、あるいは刑務所からの釈放時点で、「前科者は就職できるのか」あるいは「就職はどうすればいいのか」といった不安を持っておられる方が多いということでもあるのでしょう。


 たしかに、裁判で執行猶予付きの判決が出れば、「その時点でポイッ!」です。

 迎えの人も交通費もなく、国選弁護人に千円だけもらって帰る人を見たこともありました。

 たしかに、これでは迷うでしょう。

 

 警察も裁判所も弁護士も、「まずはどうしたらいいのか」ということすら教えてくれないし、“不幸にも”保護観察の付かなかった事案であれば、保護観察官や保護司の指導を受けることもないので、どうしたらいいのかがまったくわからないに違いありません。

 そこで「前科者の就職」ということについて、まとめてみます。

 

 出所後すぐ、住むところのあてもないし働くあてもないというときには、迷わず住所地(住民票のあるところです)の福祉課に、生活保護の受給相談に行きましょう。

(この部分訂正。新聞によれば、生活保護の受給は住所地でなくともよいということです)

 またすぐ再犯して、刑務所に逆戻りなんていうことにならないためにも、まずは住居と生活の安定が必要です。

 おそらく事情が事情ですから、最優先で保護が開始されると思います。

 

 ただし、この制度に安住してはいけません。

 次に考えるのが、働いてお金を稼ぐことです。


 働かないでお金がもらえて、しかも医療費もタダ。

 でもなぜ、そのままではいけないのでしょうか。

 

 生活保護というのは、もらえるお金が絶対的に少ないんです。

 ほしいものも買えないし、遊びに使えるお金もない。

 生来的な遊び好きや、ギャンブル好きの人はどうしますか?

 そのお金を調達するために、また何か犯罪をしてしまうのではないでしょうか。

 そのリスクを減らすためにも、なるべく早く働き始めたほうがいいと思います。

 

 それに、病気のために生活保護を受けている人を個人的に知ってますけど(サエキさん、過去ログ参照)、外食するお金もないような状況で、生きてて楽しいでしょうか?

 ただ「生きているだけ」の人生なんて、味気ないと思います。少しでも、自分の自由になるお金がないと。


 話が横道にそれましたが、実際に職探しをするためには、どうしたらいいのでしょうか。

 ますは最寄りのハローワークに行きます。

 

 ここでの注意点ですが、受付を通して通常の職探しをするのではなく、最初から「専門援助部門」を訪ねてください。

 全国どこのハローワークでも、「外国籍の方・障がい者の方」といったようなことが書かれた案内板が、天井からぶら下がっているコーナーがあるはずです。そこが専門援助部門です。

 そこを訪ね、「刑事事件を起こして失職してしまった」などと申し出てください。

 すると専任の係員が、あなたについて個別の資料を作成してくれ、一般の求職者よりもはるかに手厚い就職支援を受けることができます。

 人に言いたくない事情もあるでしょうが、包み隠さず話してください。

 公務員には法律による守秘義務がありますから、ここで話したことが外部に漏れることはありません。

 きっとあなたに最適な職場を、見つけてもらうことができるはずです。

 

 そして新しい職場で働くことが軌道に乗ったら、生活保護は支給停止(一時保留)を経て廃止になります。

 ようするに、経済的に自立するのです。

 一所懸命働いて、まじめに過ごし、悪友とは関わらず、もう一生犯罪とは縁のない生活を送ってください。

 

 「前科がばれることはないのか」という不安について、お答えします。

 氏名をネットで検索できるぐらいに大きな事件であれば、ばれることはありえます。

 またある程度大きな企業であれば、採用にあたって身元調査を行なうかもしれません。

 こればかりは、「運」も大きいでしょう。

 

 これについては、「それでもボクはやってない」の留置係警察官役の徳井優が、示唆に富んだことを言っています。

 「そんな人はいっぱいいるんだし、黙ってればわからないって」。

 

 しかも、「前科者であることを承知の上で雇用する」協力事業主という人がいます。

 肉体労働が主のようですが、体が丈夫ならそういうところで働くのも有効です。

 

 だいたいお分かりいただけたでしょうか?
 頑張ってください。


参考エントリ

前科者の就職

前科者の就職(2)

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。