2006年12月29日(金)

愛の構造改革って…。

テーマ:日々思うこと

 安倍首相のスローガンが「美しい国へ」だと思っていたら、佐田前行革相の後任の渡辺善美氏は、愛の構造改革 なんだそうである。

 なんかもう、いい加減にしてくれと言いたくなる。気持ちが悪い。

 

 「美しい国へ」が抽象的過ぎて具体的に何をするのかがよくわからないとは言われていたが、私はまぁいいじゃないの、具体的な施策はこれからなんだし…と思っていた。

 しかし、もう批判的なことが言われているところにさらに「愛の構造改革」とは、適当にごまかそうという意図があるのではないかとしか思えない腹立たしさがつのる。

 結果を出せと言われても、美しさや愛は、数字で表しようがない。数字で表せるものがすべてではないことはよく分かるが、総理大臣や大臣の政策結果は、ほんらい数字で表さなければならないものだ。

 

 来年も、こういう流れになるのだろうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月25日(月)

久々の裁判傍聴。

テーマ:私生活的ブログ

 久しぶりに、裁判の傍聴に行った。

 用事を済ませての午後からだから、それほど多くを見られたわけではない。

 

 法廷に入り、傍聴席に掛ける。

 裁判官が壇上から入ってくると同時に、全員が立ち上がる。公判が始まる。

 ここに来ると、いやがうえにも緊張感が高まる。

 裁判官・検察官・弁護士・警察官や刑務官、場合によっては被害者や目撃者や情状証人、入国管理官、そして被告人。

 立場の違う人々が、ここに一同に会する。

 とりわけ被告人にとっては、生殺与奪の場だ。

 刑事訴訟法というこの場を規定する法律にのっとり、許された者だけが発言をする。

 不規則発言は許されない。発言以外に聞こえるのは、低くうなる空調の音と、書記官がパタパタと叩くキーボードの音だけだ。

 

 1件目。強制わいせつ。

 21歳。満員電車の車内で、19歳の女の子のパンティーに指を入れ、右手人差し指を第1関節ぐらいまで、10秒ほど膣に挿入した事案。

 被告人は、19歳の少年時にも同様の犯行を行なっている。また弁護人によれば、今回の犯罪は彼女とのセックスの翌日の事件だそうだ。

 被告人は、「寝不足でボーッとしてやってしまった」と弁明する。

 裁判長は、「痴漢犯罪の中でも、ここまでやる人はあんまりいないです」、「この種の犯罪は繰り返すから、医療やカウンセリングなどを本気で考えなさい」と諭した。

 懲役2年が論告され、情状証人の母親は泣き崩れた。

 大学4年らしいが、試験が受けられず、留年がすでに確定している。

 弁護人は裁判長の退廷後、傍聴席の両親に、「判決までに示談する方向だから、300万用意してくれ」と告げた。

 

 2件目。公衆に著しく迷惑を掛ける行為の処罰条例違反。要するに痴漢。

 スーパーで続けざまに3人の主婦の尻をなでた件で、執行猶予の経験あり。

 今回は、朝のラッシュで女子高生の尻を手の甲で撫でた。

 強制わいせつとまではいかず、この罪名。

 裁判長は「今回はいかんともしがたいのですが」と言った。

 「いかんともしがたい」とは、初犯ではないので執行猶予はつけられない、すなわち実刑になるということだ。

 

 3件目。酔っ払いに包丁を突きつけた強盗。

 警察書類に「そんなことは言っていない部分がある」と、証拠採用で少しもめたが、裁判長は弁護人の異議を却下。精神鑑定請求も却下。

 かなり若い弁護人の、直球過ぎるテクは、どうやら通じなかったようだ。

 

 4件目。常習累犯窃盗。

 窃盗での服役、出所後2ヶ月ホームレス生活をしていたところ、「本屋で立ち読みをしていたら続きを読みたくなって」、リュックにまとめてコミックを万引き。

 中学卒業後、土木作業に従事。親族とは没交渉。

 裁判官に「ここでね、70後半の常習累犯窃盗のおじいさんとよく会うんですよ。その人は刑務所と娑婆の往復人生で、娑婆には人生の半分もいない」、「その人にね、今までの人生をどう思うって聞くと、やり直したいって言ったよ。君はまだ30代前半じゃないの」と諭していた。

 検察官にも、「そういう、ホームレスで窃盗をするような人生じゃない生き方をするには、どうしたらいいと思う?」、「そんなに難しいかな。働いて、お金を稼いで、普通に買えばいいんだ」と諭されていた。

 弁護人も、「彼は私には、自棄になっているように見えるんです」と弁論していた。

 

 しかし被告人たちは、揃いも揃って、みな一様に青白い顔をしている。

 初犯ではない人たちだから、過度の緊張ではない。

 日の差さない留置場の長期勾留で、色素が抜けてしまっているのだ。

 私もきっと、2年前はあんな顔をしていたのだろう。

 

 夕方になり、今日の、人生劇場は終わった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月19日(火)

14才の母(2)

テーマ:日々思うこと

 知り合いの医者に、「14才の母についてどう思うか」と聞いてみた。

 「昔なんか14才だったら元服して、子どもだって生んでいたわけだから、14才で子どもを生むことが問題なわけじゃない」

 「問題は、子どもを生んで育てられる14才なのかどうか」

 ということなのだそうだ。

 

 たとえば信長は、幼い頃からあちらこちらで人質生活の連続だった。

 そういう「敵中に信じられるものは自分だけ」という状況での14才は、いやがうえにも早い段階での自立を迫られる。

 反面いまの子どもは、親が手を掛けすぎる

 なんでも親が先回りしてやってしまい、挫折や自律を知らずに成長してしまうから、プライドばかり高くて打たれ弱い大人ができるのだそうだ。

 たしかに、そうして育った現代の14才には、子どもを生む資格があるのだろうか?

 

 子どもの自立を促し、精神的にタフな人間に育てるためには、「挫折を連続して経験させること」が必要なのだそうだ。

 挫折と言っても、受験の失敗とか、会社をクビになるとか、親友や恋人の自殺とかそういうシリアスなものではない。

 たとえば幼児であれば靴下を自分で履かせてみるとか、小学校低学年であれば夜自分で寝て朝起こされずに起きるとか、ほんの少しだけ本人には高いハードルを常に与え続ける。

 当然最初は失敗するが、いずれそれは本人だけの力でクリアされ成功経験となり、新たな挫折経験と成功経験が繰り返される。

 それがずっと成長の過程で継続されれば、それが自立へのステップとなるのだそうだ。

 

 改正教育基本法には、「自立」という言葉が、あちらこちらに散りばめられている。

 それだけ自立が要請されているということであるが、この場合私にはどうも、「国をあてにせず生きろ」と強いられているように思えてならない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月11日(月)

14才の母

テーマ:保護観察

 14才の母 が話題になっているらしい。

 胸くそ悪いので、私は観ていない。

 

 保護司も観ていなかったが、14才の母をどう思うかということについて聞いたら、「反対せざるをえない」ということだった。

 保護司は2人の娘の母親だから、言葉が重い。


 「高等学校を出て社会で働くようになって、それぐらいの年になって、そこでやっと世の中のしくみや雰囲気が分かるようになるもの」

 「14才というのは、子どもを育てるための知恵が、絶対的に、決定的に足りない」

 「もちろん自分の体が未熟だから、母体の危険もある」

 「だから結果的には命を殺すことになるけれど、中絶するしかないと思う」

 

 私は、大仰に言えば教育の敗北だと思う。

 アフリカを始めとして、発展途上国で人口とエイズが大爆発している主な原因は、性教育の遅れによる避妊具の不使用である。

 しかしここは、先進国である日本だ。

 

 14才の少女に対して、家庭も、学校も、地域社会も、なんら教育力を発揮できなかった。

 「愛するために生まれてきた」と信じ込む、14才の「暴走」を、教育は制止できなかったのだ。

 それを考えるとき、私は暗澹たる気持ちになる。

 

 避妊具を使わなかった相手と使わせなかった自分に、落ち度はないのか。

 生んだからといって、今後どうやって育てていくのか。

 5年後10年後に、本当に後悔しないのか。

 未熟な親に育てられる子どもは、本当に幸せなのか…………。

 

 保護司は、帰りにおむすびを3つ持たせてくれた。

 娘さんの旦那が米どころの出身だということで、そこから送られてきた米である。

 私は梅が嫌いなので、塩むすびにしてもらった。

 海苔は、別に持たせてくれた。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年12月07日(木)

誰の仕業だ!

テーマ:私生活的ブログ

 「現生解決の淫乱女性」

 「高級交際クラブ~招待状~」

 「Re:決定権を参照してください」

 「女性が男性分を負担!?」

 

 ここ数日で私に届いたケータイメールである。

 おそらく出会い系に、メールアドレスを登録したのであろう。

 他人事のように言うのは、私には身に覚えがないからだ。

 

 ずいぶん前にも、こんなことがあった。

 病院づとめをしているときに、看護婦と事務員の二股をかけていたのがばれてやられたのだが、看護婦は復讐のつもりだったのだろう。

 

 その後ケータイを替えて、今のメールアドレスを教えたのは3人で、全員女だ。

 その中の誰かと、トラブッてないと言えば、嘘になる。

 

 くそったれ…。

 誰の仕業だ………。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。